汗の臭いとは違う独特のツンと鼻につく臭い、遥か昔は異性を引き付け子孫繁栄の役割も果たしていた強い臭いですが、今日の日本では無臭を好む傾向にありその臭いが悪者扱いされています。
日本人の場合、10人に約1人程度の割合がワキガ体質なのに対して、欧米では7~10割がワキガ体質であると言われていてワキガの臭いもそこまで嫌がられてはいません。

日本ではワキガが少数派だからこそ周囲が反応する臭いが気になり大きな悩みになってしまうのでしょう。実際私も汗をかく夏だけでなく一年中臭いに対する不安を持っています。

人の集まる場所でもワキガの臭いを気にしなくて済むように、出来ることから一緒に取り組んでいきましょう。

そもそもワキガって何

脇の下辺りから独特の臭いを放つワキガは、正式な疾患名は「腋臭症(えきしゅうしょう)」と呼ばれています。

人の体にはアポクリン汗腺とエクリン腺の2つの汗腺があります。ワキガはこの2つの汗腺の活発な働きにより出される汗と皮脂腺から分泌される皮脂とが混ざり合うことが主な原因になり、強い独特な臭いを放つ疾患です。

ワキガの臭いは脇の下からだけでなく、女性の場合性器や乳輪付近からも同じような臭いが発生する場合があり「すそわきが」と呼ばれています。
子供から大人まで男女問わずお悩みの方が多いワキガですが、今回お話しすることを実践していただければ、ワキガやすそわきがも改善できます。ぜひ参考にして下さいね。
ok-f

ワキガの主役、アポクリン腺について

人間の体から汗を出すアポクリン腺とエクリン腺は、同じように「汗を出す腺」として捉えられていますが、実はその性質には大きな違いがあります。
まず、アポクリン腺からお話しましょう。

アポクリン腺は脇の下、陰部、乳輪、外耳道(耳の中)、乳輪などの限られた部位に存在している汗腺です。エクリン腺と同じように汗も出しますが、水分以外にもいろいろな物質を含むので乳白色や薄黄色をした色の汗です。

アポクリン腺は汗を出すとき、アポクリン腺細胞が内部に分泌物を蓄え、汗腺の一部を崩壊して汗とともに外に出されます。アポクリン腺そのものが崩壊したわけではないので、再生した後また繰り返し排出し続けます。

ここからの汗には脂肪、脂質や糖質、尿素、タンパク質、アンモニア、鉄分などの成分が多く含まれていて、粘り気のあるベタついた汗です。

アポクリン腺から出される汗には臭いがないと説明されていますが、実際のところは臭いの分泌質が混じっているので当然

匂いはするでしょう。

ただし、アポクリン腺から出される分泌物が混じった汗の匂いとワキガの臭いは異なるものであって、正確に言うならば、ワキガ臭と混ざることでいやな臭いを増すという説明が正しいでしょう。

kusai

臭いと汗の量の関係

続いて汗の量の話に移りましょう。人間の体には皆必ずあるアポクリン腺ですが、ワキガ臭の強い人とそうでもない人がいるのはなぜでしょうか。
においの秘密はアポクリン腺の量と大きさに隠されています。皮膚の裏側に粒のような形で並んでいるアポクリン腺はエクリン腺より腺細胞がおよそ10倍も大きいため「大汗腺」とも呼ばれています。

このアクリン腺の量が多いとワキガになった時に臭いが強く出るようになり、またワキガの方はアポクリン腺が発達していてひとつひとつの粒が大きい傾向も見られます。

ただし、アポクリン腺の量が多いから必ずワキガになるわけでもなく、量が多くてもワキガにならない人もいれば、少なくてもワキガになる人もいます。

また、アポクリン腺の量や数は個人差が大きく生まれながらにして決まっていて、先天的や遺伝によっても持つ量が決まります

ワキガの治療では外科手術が行われることもあり、このアポクリン腺を除去する手術が主に行われます。

しかし、アポクリン腺の量が多くてもワキガにならない人がいるように、アポクリン腺だけが悪さをしているわけではないと考えられます。

そのため、外科手術を行ってアポクリン腺を除去しても傷跡だけが残り、実際ワキガの症状は完治しないこともあります。

手術では効果が高く得られるものとそうでない場合とがあり、手術して必ず無臭になるというわけではありません

ワキガの手術にはメリット、デメリットがもちろん生じ、一部では病院と患者との間でトラブルの要因にもなっているようです。

もう1つの主役である皮脂について

先ほども触れた通り、ワキガの臭いにはアポクリン腺だけが諸悪の根源ではなく、汗自体が臭うことはないとされています。

実際に臭いを引き起こすワキガの正体は皮脂腺と呼ばれるところから分泌される皮脂も大きく関わっています

皮脂腺はすべての毛穴1つに対して1つは存在していて、分泌される皮脂(皮脂膜)が皮膚表面に薄い膜を作り、髪の毛や肌の乾燥を防いで潤いを保ったり、保護する大切な役割をしています。

もちろんアポクリン腺のそばにも存在していて、出された皮脂が毛根に溜まり皮脂に含まれている脂肪酸が酸化すると過酸化脂質となり、臭いを発生させます。

さらにアポクリン腺からの分泌物と混ざり合うことで皮膚や腋毛の常在細菌により分解されると、物質が生成されその生成物が一層臭いを強めワキガ臭を引き起こす原因になるのです。

つまり先天的や遺伝でアポクリン腺の量が多くても、皮脂が少なければワキガ独特の臭いも発生しにくくなるということが考えられますね。

皮脂および常在細菌は、脱毛をしたとしても毛根跡に残ります。

外科手術やレーザー脱毛などがワキガ対策として効果的であると薦めている医師やクリニックも多くいますが、毛根を除去しても皮脂腺自体は除去されず、脱毛した後の毛根跡の穴に皮脂が溜まることによって、またアポクリン腺の分泌物と混ざってワキガになることもあります。

また、外科手術で皮脂腺を除去すると皮脂の逃げ場がなくなり、重大な病気に発展する恐れもあります。

そのため、同じように皮脂が原因のニキビ治療で皮脂腺を焼く外科手術を行う時は、皮脂腺一本に対して焼却処理は1回のみとしている病院がほとんどです。

つまり、ニキビ治療では皮脂を完全に無くすための処置ではなく、皮脂腺を焼いてニキビの原因となる皮脂を一時的に抑えることを目的としているので、手術あとに再び皮脂が出てくることもあります。

以上のことからも、残念ながら「脱毛すること=ワキガの完治」ではないということがわかりましたね。

ワキガとの関わりは薄い~エクリン腺について

エクリン腺は主に脇下などび集中しているアポクリン腺とは違い、人間の体の全身にあり皮膚の浅い部分から汗のほとんどを出している汗専門の役割をしています。

普通に「汗腺」とか「汗が出るところ」として、運動した時や緊張して出される汗などはエクリン腺から分泌される汗です。アポクリン腺と違って汗しか出さないエクリン腺からの汗は99%が水分であるため、サラサラとしていて乾きやすく臭いがほとんどしないのが特徴です。
しかし、エクリン腺からの汗そのものに臭いがなくても、雑菌などが繁殖して嫌な臭いに変化すると体臭となります。

ワキガの臭いではないけれど、なんとなく汗臭いと感じる時はエクリン腺からの汗が悪さをしているかもしれません。エクリン腺はワキガにおいては基本的には直接の原因にはなりません。

しかし、全く影響がないかといえばそうでもなく、アポクリン腺と皮脂によって作られたワキガの臭いを発する生成物を外に向かって運ぶ「風」のような立場になります。

エクリン腺の汗が体温を調節するための機能として体内の塩分と共に蒸発する際に、風のようにワキガ臭を放出させるのです。

そのため別の言い方をすると、ワキガの人でも汗をかきにくい人、つまりエクリン腺の働きが活発でない方やエクリン腺の量が少ない方は脇の下に直接鼻を近づけるとワキガ臭を感じても、周囲には臭いが伝わりにくいということになりますね。

ワキガの治療は慎重に行おう

ここまでお話してきたとおり、ワキガの原因はひとつだけでなくアポクリン腺・皮脂・エクリン腺それぞれが絡み合った要因によって起こるので、もし外科的手術を考えている場合は真の原因を見極めた上で手術の方法を考えないとワキガが根本的に治らないどころか傷跡が残ったり、高額な費用がかかってしまうだけで終わってしまいます。

手術は最後の最後の手段として捉えて下さい。メリット以上にデメリットが大きくなる可能性が高いからです。

ワキガ対策に大切な2つのこと

アポクリン腺は大汗腺と言われるとおり大きな腺細胞であり、そこにタンパク質・脂質・糖質・アンモニア・ピルビン酸・色素リポフスチン・鉄分などの血液からの分泌物が溜まります。

これらの中でワキガの臭いのもととなるのがタンパク質・脂質・糖質で普段口にする食べ物の内容が大きく関係します

脂の多い肉(タンパク質および脂質)やごはんなどの炭水化物(糖質)を多く摂りすぎる食事を続けていると肥満に近づくだけでなく、アポクリン腺にこれらが過剰に溜まってしまい臭いの元となります。

肉を好み太り気味の方は臭いやすいと言われるのにも、このような根拠があるのですね。

koukarori
続いてストレスのお話に移ります。

強いストレスによって2つある自律神経のひとつである交感神経が活発に働きます。その影響で副腎皮質をいう腎臓の上にある器官からストレスホルモンの一つであるコルチゾールを血中に出します。

コルチゾールは炭水化物、脂質、およびタンパク質の代謝を制御するために必要なホルモンです。

しかしストレスによって大量に分泌されると血中に炭水化物や脂質、タンパク質などが代謝されずに溜まり、行き場がなくなったことでアポクリン腺に集中して集まることになります。

そして、いわゆる「脂汗」とも呼ばれているドロッとした汗になり強い臭いを発生させるのです。

強烈な臭いのワキガ臭を生む生成物を作り出さないようにするために、まず何より大切なのは食生活の見直し出来るだけストレスを軽減させることです。

もともと日本人は肉ではなく魚や野菜中心の食生活だったため、世界的に見てもワキガの割合は少ない人種でした。しかし時代とともに食の欧米化が進み、肉や脂質を摂取する機会が大幅に増えています。

ワキガに関して問題である肉と脂を多く摂り肥満気味になると、血中での悪玉活性酸素が増えてしまいます。悪玉活性酸素は老化や病気を促進させる悪い影響を与える活性酸素です。

悪玉活性酸素はアポクリン腺から出る分泌類を酸化させ、酸化したことで酸味のあるキツイ臭いに変化します。

肉が大好きでどうしても肉中心の生活がやめられない!という方でも、何かしらの対策をすれば悪玉活性酸素を血中から追い出して、酸味のある悪臭を減らすことはできるでしょう。

ワキガ対策の為にも、せめて悪玉活性酸素を増やさないような心がけをしておきたところですね。

ワキガの主役でもある皮脂をやっつける方法

ワキガの臭いを強調させる皮脂は皮脂腺(脂腺)で作られていて、分泌される皮脂は油分です。

主成分はグリセリン脂肪酸エステルで、パンなどに含まれる乳化剤に多く含まれています。昔は米が主食だった日本では次第にパン食が普及し、食卓にもあたりまえのように並ぶようになりました。

炭水化物であるパンは糖質も多く含み、摂り過ぎによりワキガの主役中の主役でもある皮脂を多く分泌させることになります。
また、お話したグリセリン脂肪酸エステルは酸性物質のため、悪玉活性酸素を生み出すことにもつながります。

アポクリン腺から出る分泌物の酸化を進め、酸味の強い臭いをさらに生み出してしまうのです。ワキガを身近なことから治したいのなら皮脂対策としてパン食をやめる、もしくはパン食を減らすようにしてみてはいかがでしょうか。

pan-ng

汗にも良い悪いがあること知っていますか

汗をかいた時さらさらしてすぐに乾く汗と、ベタベタして乾きにくい汗、こうした汗の違いを感じたことはありませんか?一言で汗と言っても、実は含まれる成分によって良い汗と悪い汗に分類されます

汗の原料は血液中の血漿です。汗腺が正しく機能している時は、血液がミネラルなどの成分とともに汗腺細胞に集まり、ミネラルを血液中に再び戻すことができます。

すると汗の成分はほとんどが水分になるので、サラッとしていて臭いも少ない汗になります。
一方で、汗腺細胞の働きが悪いとミネラルなどの成分が血液中に戻ることができなくなります。

すると残ったミネラルはアポクリン腺の汗腺を通じて毛根にたまり、そのミネラルがアポクリン腺の分泌物と一緒に合わさり、臭いの原因となるのです。

ドロドロとした悪い汗になってしまうのはミネラルが血液中に再吸収されずに残っている状態で、アポクリン腺の汗腺細胞の働きが悪い原因の他にミネラルを再び受け入れる側の血流にも問題があります。

血流が悪い方や血液中に悪玉活性酸素が多い方はミネラルを酸化させて酸味の強い臭いを生み出すだけでなく、ミネラルが血液中に戻ることも妨げてしまいます。

食生活の改善にプラスしてほしいことは

ワキガを防ぐ方法のひとつとして、食生活の改善のお話をして来ました。でも肉やパンをすべて止めるというのは容易ではないかもしれません。そこで、食生活改善以外の方法をご紹介しましょう。

悪い汗の原因にもなりワキガの臭いを強めてしまう悪玉活性酸素を増やさないためには、抗酸化作用のあるものを取り入れてみるといいでしょう。

抗酸化作用があることで有名なのは、カテキンなどのポリフェノール群です。ただし、ポリフェノール群は確かに抗酸化作用もありますがそれほど強いわけではありません。

ワキガ対策の為にはミネラルが血液中に戻り悪い汗になるのを防ぐために血流改善をしておく必要もあります

しかしポリフェノールは血流の改善には効果がなく、血流をスムーズにする対策を他で考えなけらばなりません。そこでご紹介したいのが、自然成分由来の健康食品でもある「高麗人参」です。

kouraininjin-f
高麗人参は、体のめぐりをうながしてくれるパワーがあります。悪い成分によってドロドロになった流れを、サラサラに変えてスムーズな流れにしてくれるのです。

また、日々感じるストレスから現れる悪者からあなたの身体を守ってくれ、高ぶった気持ちを穏やかに調整してくれるので、心強い味方として支えてくれるのです。

出来れば食生活を改善し肉やパンを中心とした食事を改めて欲しいのですが、もしすぐには難しいのなら高麗人参のサポート力を味方にしてみましょう。実際に高麗人参大国である韓国や中国ではワキガ率が日本より低いことが分かっています。

まとめ

肉好き、パン好き、ドンピシャの当てはまりぶりに驚きとともに、やっぱりそうか・・・と感じました。

体は食べたものから作られていると言われているように、食生活は大きく影響するのですね。外科手術や脱毛をしても、リスクが伴ったりワキガが完全には治らないことを知ったことにより、食生活の大切さを改めて実感しました。

しかし、家族がいると自分だけ米と野菜、魚中心の食事というわけにもいかず、即実行するのは難しいのが実情です。

また、忙しい毎日の中何かしらのストレスを感じることも多く、ストレスの全くない生活の実現も難しいのではないでしょうか。

そこで高麗人参を取り入れて少しずつでもワキガの主原因となる元を作らないように、優れたパワーを味方にしてみましょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄