春から夏にかけて着るものが薄くなると自分も、周りも気になる体の匂い。ひとことで体臭といってもいくつかの種類があります。ワキガや、足の匂い、加齢臭等々。
でも「ワキガ」に悩んでいる人は男女問わず多いですね。汗腺が成熟する思春期になると、わきの下からの汗が刺激のある独特な匂いを発するようになりますが、匂いが強い場合を「ワキガ(腋臭症)」といいます。
この記事では、そんなワキガについて深く掘り下げて、原因と対策についてご説明します。

ワキガって一体何?

ワキガに悩む女性

わきの下からの腋臭臭を「ワキガ(正式名称:腋臭症)」と呼びます。

わきの下にある2つの汗腺(アポクリン腺とエクリン腺)から出る汗と皮脂腺から分泌される皮脂が混ざり合い、それに皮膚に繁殖する雑菌なども合わさって強い匂いが出る疾患です。

運動時などにかく汗の臭い(酸っぱい臭い、汗臭いと表現されることが多い)とは異なる特有の臭いがします。

この臭いは、しばしば他人に不快感を及ぼすものとして扱われます。一部の女性には、性器や乳輪からも腋臭臭を認められる場合があり、その症状は「すそわきが」と呼ばれます。

ワキガに対する治療法は様々ありますが、まずは原因を知って、あなたに合った治療法を見つけてください。なお、ここで見つけた治療法で「すそわきが」も改善できます。

匂いの素、アポクリン線って何ですか?

体から汗を出す汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。
エクリン腺は、いわゆる汗だけを専門に出す汗腺です。それに対してアポクリン腺は、ワキの下や陰部、耳の中(外耳道)、肛門、乳輪など限られた部位に存在しています。

汗は白っぽい色で粘り気があるのが特徴で、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれています。アンモニアを含んでいることからアポクリン腺から出る汗は、そのままでも匂いはありますが、いわゆるワキガの匂いとは別物です。

正確には、ワキガが発する匂いにアポクリン腺から出る汗が発する匂いが混じり合って臭さを増すと考えるべきです。アポクリン腺はエクリン腺に比べて細胞が大きいため、大汗腺とも呼ばれています。
アポクリン腺の量が多いとそこから出る汗の量も増えるので、その分、ワキガになったときに匂いが強くなる傾向があります。

ただし、アポクリン腺の量が多いこととワキガになることには何ら関係はありません。量が多くてもワキガにならない人もいれば、量が少なくてもワキガになる人はいます。

また、このアポクリン腺の量は個人差があり、遺伝によるところが大きいことが解かっています。
教えているネコ
アポクリン腺から出る汗がワキガの匂いと密接に関わっていることから、外科的手術によってアポクリン腺を除去してしまう治療法がありますが、アポクリン腺の量が多くてもワキガにならない人がいることからもワキガはアポクリン腺だけが悪いわけではないことは明白です。
また、手術後もワキガが完治しなかった、あるいは手術跡が残ってしまったということで>病院と患者の間でトラブルに発展することもあります。

ワキガのもう一方の主役皮脂について

皮脂とは皮脂腺と呼ばれる器官から分泌される分泌物のことです。最初にも2つの汗腺から出る汗と皮脂腺から分泌される皮脂が混ざり合ったものが肌にいる常在菌によって分解されることでワキガの匂いになることを申し上げました。
つまり、汗がどんなに多くても混ざり合う皮脂が少なければワキガも発生し難いのです。
汗をかくクマ
皮脂腺は毛根一つに対して必ず一つあることから、近年、毛根を除去すればワキガが治るとして、ワキガ治療のために脱毛を勧める医療機関がありますが、皮脂腺は毛根の数だけ体には存在するため、脱毛によって全部取り切れるものではありませんし、脱毛して残った毛根の跡に皮脂が貯まり、その皮脂とアポクリン腺からの分泌物が混ざり合ってワキガになることもあります。
また、脱毛によって皮脂腺が取り除かれた結果、それによって分泌する場所を失った皮脂によって体に悪影響を及ぼす可能性があります。

ワキガ治療のために脱毛するという行為は必ずしも正しいとはいえないことを頭に入れておきましょう。

なお、重症化したにきびの治療のために同じく皮脂腺を取り除くためにレーザーなどで皮脂腺の焼却処理を行うことがありますが、これも処理は一回のみと決まっており、恒久的な処置ではありません。あくまでも症状緩和のための一時的処置と覚えておきましょう。

脇役エクリン腺について理解する

指をさすお医者さん

ワキガの主役アポクリン腺と皮脂について述べてきましたが、体に2つある汗腺のうちのもう一方エクリン腺について少し説明しておきます。
エクリン腺は全身に存在していますが、1平方センチに100個以上もあるのです。汗を出すことで体温を調節する役割を担っています。汗の99%は水分で、残り1%に塩分や尿素、アンモニアが含まれています。
99%が水分であるだけに、匂いはほとんどありません。ですので、ワキガ匂いては、脇役的な存在です。
ただ、このエクリン腺から出る汗が蒸発するときにワキガの匂いを体から外へ運ぶ役割を果たしていますので、汗っかきでワキガの人はより匂いが周囲に伝わりやすく、逆にこのエクリン腺が少なくて、汗の量が少ない人はワキガであってもその匂いがほとんど脇から外に漏れださないため、脇に鼻を近づけないと判らないという人もいます。
つまり、脇役といってもその存在はワキガにとってはとても重要な鍵を握った存在ではあるのです。
びっくりするウサギ
すでに述べてきたように、ワキガの原因は決して一つだけではありません。

一般にいわれているアポクリン腺から出る汗を押さえてしまえば、ワキガにならないかといえば、そんなことはないし、ワキガと一見関係なさそうなエクリン腺から出る汗ですが、汗が蒸発するときにワキガの匂いを周囲にまき散らしているという事実もありますから、色々なことが複合的に絡み合った結果がワキガなのです。

外科的手術をしてしまえばすべてがOKではありませんので、もし手術によって完治を希望される場合は、根本的な原因をしっかり検査によってはっきりさせた上で、実施してもうらいましょう。

手術による治療には、様々なリスクが伴うことを十分理解して行わないと手術前より状態が悪くなってしまう可能性ありますのでご注意下さい。

ワキガを抑えるにはどうしたらいいの?アポクリン腺編

疑問を持つ女性

ここまでワキガとは一体何かについてお伝えしてきました。ここからは、ワキガを抑えるためにはどうすべきかについて考えていきたいと思います。
まずは、アポクリン腺から出る分泌物の匂いをやっつけるにはどうしたら良いかをみていきます。
アポクリン腺の説明のところでも述べましたが、アポクリン腺から分泌される分泌物には、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分が含まれています。

この中で問題になるがタンパク質・脂質・糖質です。匂いの元として、もう一つアンモニアもありますが、これは、タンパク質・脂質・糖質の化合物ですから、一番の問題はタンパク質・脂質・糖質です。

これら3つの物質は、普段の食事で取って栄養がそのまま分泌物の中に含まれるわけですが、これらの物質を多く摂取すれば、当然、分泌物の中に含まれる量も多くなります。

よく、太った人の体臭が酷いといわれるのはこのためです。日常的に食事で脂の乗った肉(脂質)やごはん(糖質)を多く摂取しているからです。

肉やご飯をたくさん食べる女性
日常的に食事で摂取したタンパク質・脂質・糖質は、普通であれば、血液中で代謝されてなくなりますが、仕事や人間関係でストレスがかかると自律神経のうちの交感神経が活発に働き副腎皮質からコルチゾール(ストレスホルモンの一種)が血液中に分泌されます。
このコルチゾールはタンパク質・脂質・糖質の代謝を抑制する働きをするため、3つの物質は分解されずに血液中に残りアポクリン腺に排出されます。

これら3つの物質およびアンモニアが貯まることでアポクリン腺から分泌される分泌物はドロッとした汗になります。これはいわゆる脂汗です。

この脂汗は通常の汗よりもさらに匂いの強いものですから、これがワキガの匂いと結びつくことで強烈な匂いを発することになります。

こうならないためには、日頃から食事に気を使うこととストレスがかからない生活を送れるようにすることが大切です。

ちなみに、今のように生活習慣が欧米化されていなかった昔の日本ではワキガはほとんど問題にならなかったそうです

つまり脂の乗った肉やパンを食べるのではなく、魚や野菜を中心とした食生活を送っていたときは問題なかったということです。ワキガに悩まれている方はまずご自分の食生活も見直してみることが必要ですね。

昔の日本、囲炉裏のイラスト
さて、タンパク質・脂質・糖質を多く含んだ脂汗の匂いをさらに強烈なものにしてしまう活性酸素についてちょっとお話しします。
活性酸素は体内を老化させる物質として知られていますが、肉や脂を多く摂取して肥満気味な方は、この悪玉活性酸素が、血中に通常より多く存在していて、アポクリン腺から分泌された脂汗を酸化させてしまいます。酸化された脂汗は通常のものよりもきつい匂いを発するようになります
普段の肉を中心とした食生活を中々止められないという人はせめてこの活性酸素を体内から減らす努力はしたいところです。活性酸素を減らすことで、ワキガの匂いを多少なりとも抑えることにつなげられますから。

ワキガを抑えるにはどうしたらいいの?皮脂編

悩むネコ

先ほど、ワキガのもう一つの主役である皮脂は、毛根にある皮脂腺から分泌される分泌物ですが、皮脂の主な成分は、グリセリン脂肪酸エステルです。
肪酸エステルは、パンを作る際の乳化剤として多く使用されているため、パンを好んで食べる人は、この成分影響で、それを食べない人よりも皮脂を多く分泌します。皮脂を多く分泌すれば、その分、匂いが強くなります。
思春期の悩みとしてあげられるニキビもこの皮脂によって引き起こされる疾患です。ワキガにしてもニキビにしても、改善したいのであれば、日常で摂取しているパンの量を減らすことをお勧めします。
また、グリセリン脂肪酸エステルは酸性物質でもありますから、これをたくさん摂取することで悪玉活性酸素を生み出すことにもつながります。悪玉活性酸素が体は摂取した栄養素を酸化することで匂いの元を大量に発生させているのです。

良い汗と悪い汗はなぜ存在するの

皆さんは汗にも良い汗と悪い汗があるってご存知でしたか?

教えてくれているお医者さん

「そんな、汗は汗だろ」って思う人もいらっしゃると思います。では、さらっとした汗とドロッとした汗と言い換えたらどうですか?どちらの汗もかいたことがありませんか?
汗の元は血液です。まず血液が汗の出口である汗腺に取り込まれます。その後、水分以外の成分(ミネラルなど)のほとんどは再び血液中に戻されます。そのミネラルの再吸収がきちんと行われているかによって、良い汗、悪い汗の違いが生まれます。
・良い汗
ミネラル分は再び血液中に吸収されているため、成分のほとんどを水分が占めているので、さらっとしていてベタつきや匂いが少ない。
ほとんどが水分で余計なものが混じっていいないのですぐに乾く。
蒸発するときに体から熱を奪うため、体温を下げることができる。
・悪い汗
ミネラル分が再吸収されず多く含まれているため、皮膚についた菌の養分となり匂いの元となる。また体からミネラル分が失われると、体調不良(熱中症など)の原因となる。
大粒で粘性があるためダラダラ流れる
蒸発しにくいため、体温を下げる能力が低い。
では、どうして悪い汗をかくことが多くなってしまったのでしょうか?
疑問を持つ女性
体には約200万~500万の汗腺があるといわれますが、実は、その半分近くが普段は活動していません。

運動不足だったり、冷房のきいた室内ばかりにいたりすると、汗をかく必要がなくなってしまい、活動している汗腺の数がさらに減ってしまいます。

活動している汗腺の数が減ると、1つの汗腺は他の休んでいる汗腺の分まで働かなければなりません。

すると、ミネラル分を血液へ十分に戻すことができなくなり、べたべたとした悪い汗をかいてしまうのです。

この再吸収されなかったミネラル分がアポクリン腺の汗腺を通じて毛根に貯まり、アポクリン腺の分泌物と一緒になることでさらに匂いを増すのです。

しかし、汗腺がきちんと働いでミネラルを再吸収したとしても、それを受け取る血液の流れが悪かったり、悪玉活性酸素がたくさん血液中にいると、ミネラルの再吸収を阻害したり、再吸収されても悪玉活性酸素がミネラルを酸化することで匂いを発することもあるのです。

食餌療法や外科的手術に頼らずにワキガの悩みから解放されるために

ここまでワキガ対策として食生活の改善をお勧めしてきました。しかし、パンや肉をどうしても止められない人はどうしたらいいのかについて考えていきたいと思います。
考える女性
この場合カギとなるのは、体を酸化させない、汗のミネラルを血液中に再吸収させて悪い汗を作らないために血流を改善するという2点です。
これらに役立ちそうな抗酸化物質としてよく知られているのはお茶に含まれるカテキンなどのポリフェノール群です。しかし、実はこのポリフェノールはいわれるほど抗酸化力は強くありません。

しかも、二番目のカギである血流の改善には役に立ちません。では、どうしたよいかということでご紹介したいのが、自然由来の健康食品である高麗人参です。

高麗人参は巡りをサポートしてくれますから、ワキガの強い味方となってくれるだけなく、余分なものを取り込んでドロドロで流れにくくなっている状態からサラサラで流れやすするための強力なサポーターでもあります。

さらに、ストレスに負けそうなあなたを守り、高ぶった気持ちから解放してくれます。

しかし、一番はパン食や肉食を極力減らしてほしいのですが、どうしても無理なのであれば、ワキガ対策として、高麗人参を摂取されることをお勧めしたいのです。

実際に高麗人参を日本人より多く摂取している韓国や中国では、日本に比べてワキガ率が低いのです。

おすすめするネコ

まとめ

ワキガの主な原因は、食事の欧米化(過度なパン食、肉食)による酸化物質とストレスの増大によるものです。

ですからワキガを治したいのであれば、日々の食生活の改善とストレスがかからない生活を送ることが重要です。

それを飛ばして、外科的手術によって治そうとしても完治しないばかりか症状を悪化させてしまう可能性すらあります。

もしも生活の改善が難しいのであれば、せめて、サポーターになってくれる健康食品である高麗人参の摂取をお勧めします

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄