低血圧で朝すっきり起きられない、1日中なんだかだるい…など、女性の約5人に1人が低血圧の症状を感じていると言われています。

低血圧に対する治療薬は少なく、高血圧のように重大な病にはつながりにくいと軽視されやすく、体質だから仕方ないとか症状に慣れてしまっていることなどもあり、特に対策をしていない方が多いのではないでしょうか。

しかし、低血圧でも放っておけば様々な病を引き起こす要因にもなり、何よりその不快な症状が改善することで日常をよりイキイキと過ごすことが出来るのです。高麗人参によって、ポカポカな生活を実現できる根拠についてお話しましょう。

血圧が下がる仕組み

ふらふらとする女性

低血圧とは、血圧が低い状態が持続的に続いたり、一時的に血圧が下がる症状の事を言います。一般的な数値としては、最大血圧(収縮期血圧)が100mmHg未満の場合であり、タイプによって以下の3種類に分けられます。

  • 本態性…原因となる病は判明せず原因がはっきりしない場合
  • 症候性…原因となる病が認められ原因が明らかになる場合
  • 起立性…立つ、座るなどの動作により血圧の下降が見られる場合

血圧が下がる特定の原因を特定するのは非常に難しいのですが、いくつか考えられるケースはあります。

心臓から全身に向けて送り出されて全身を流れている血液の勢いが弱くなっていると血液の圧力である血圧が弱くなり血液が身体に中を十分に循環できなくなると考えられています。車に例えると、身体である車を動かす、ガソリンの役目をしている血液がうまく流れなくなり、身体である車がスムーズに動かなくなるということなのです。

他にもストレスなどの心的要因とも関係があると考えられています。

何らかの原因で副交感神経が敏感になっていると常に緊張しやすい状態で、症状では、頭痛、頭が重い、めまい、力が入らない、手足などの末端が冷たいなどの症状を招きやすくなります。心臓のポンプの役割を強くすることも大切ですが、ストレスをためず小さいことにはクヨクヨ悩まない心がけも必要です。

ストレスを感じる女性

今回取り上げる高麗人参は、緊張してしまった副交感神経を落ち着かせ自律神経を安定させるので、下がってしまった血圧を上昇させることができます。

また、心臓をたくましく打つような強心作用もあるので、全身へ血液や酸素が行き渡るようにもなります。高麗人参と低血圧改善の関係は、以下に示すデータでも明らかになってます。

参考:高麗人参(朝鮮人参)<紅参>が「血圧」を正常に|金氏高麗人参(株)研究開発室

このように、はっきりとした直接的原因を突き詰めることが困難な低血圧には、万能薬と言われている高麗人参のように低血圧にも効き、他の部分の多くにも効果を発揮するような漢方を取り入れることで十分な効果が期待できるのではないでしょうか。

プロポリスとコエンザイムQ10の効果とは

血圧を上げることで知られているプロポリスは、天然の抗生物質とも言われ豊富に含まれているフラボノイドが血流を良くし低血圧にも改善効果があるとされています。代謝が良くなり他の栄養素も補給できることで低血圧の悩みでもあるめまいだるさなどの症状を緩和してくれます。

また、同じように低血圧への効果をうたわれているサプリメントのコエンザイムQ10は、抗酸化作用に優れていて新陳代謝を活発にし、心臓のポンプ作用を正常に保つことから低血圧の改善に効果があるそうです。

両者とも低血圧を改善したというデータは明らかになっておらず、残念ながら根拠をきちんと説明できる記事を見つけることができませんでした。同じように抗酸化作用やめぐりを良くする作用としては高麗人参もかなり優秀であり、高麗人参では低い血圧を改善したというデータがあるのは心強いですね。高麗人参は乱れやすい心身のバランスを正しく調整してくれるので、毎日をポカポカに過ごすための助っ人として積極的に取り入れてみてもいいかもしれませんね。

冷え症対策には美健知箋(びけんちせん)がオススメです

冷え性対策で重要なのは、短期的には生姜の摂取、長期的には高麗人参の摂取を当サイトではおすすめしています。

特に滋養強壮で有名な高麗人参は、温もりを感じ「巡り」も改善する効果がある有用成分で、冷え性に悩む欧米の主婦層に圧倒的な支持を受けている漢方成分なのです。

その生姜と高麗人参の両方が含まれている商品でおすすめしたいのが「美健知箋(びけんちせん)」です。

イチローが愛飲しているユンケルを販売している佐藤製薬製なので信頼性も抜群です。

あのポリフェノールまで含まれているので、冷え性対策だけでなく女性の体全般をサポートしてくれることは間違いないでしょう。