アメリカにあるコロンビア大学のある研究グル―プが2015年6月に発表した論文が話題になりました。なんと、「生まれた月によってかかりやすい病気が異なり、そのかかりやすい・なりやすい病気を突きとめた」というのです。
教授のような格好のネコ
1985~2013年の28年間にコロンビア大学医療センターとニューヨークのプレスビテリアン病院で受診したおよそ170万人の患者さんのデータを使って分析したところ、誕生月によってかかりやすい・なりやすい病気に明らかな差があったそうです。
研究では1688種類の病気と誕生月の相関関係を検証したところ、55種類もの病気について相関があると確認されました。

どうして誕生月によってなりやすい病気・なりにくい病気が異なるのか

研究結果からわかったことは、いくつかの病気は「季節」と直接的な関係があるということです。
例えば妊娠期間の母親の健康状態というのは季節によってかなり左右され、その健康状態は母体内にいる胎児も影響を受けます。それに抵抗力がまだ優れていない新生児の期間に体内に入ってくるアレルゲンの量も季節によって違うので、季節とかかわりの強い病気などの発症率に差が出るのだと考えられています。
この研究結果はニューヨーク市の病院を受診した人たちのものです。ニューヨークと日本(特に北部)の気温・気候は似ているためにデータ結果は日本人にも十分参考になるとされています。
妊婦ネコ

最も病気になりやすい誕生月、なりにくい誕生月は??

ずばり、いちばん病気になりやすい誕生月は――10月生まれです。研究結果によると、誕生月と相関がある55の病気のうち、なんと15もの病気で最高リスクが確認されました。
10月生まれがなりやすい病気として、
  • 風邪(急性上気道炎)
  • 急性細気管支炎
  • 急性咽頭炎
  • 胃の機能障害
  • 中耳炎
  • 近視や遠視などの視覚不良
  • 虫刺され
  • 性的感染症
  • 出産時や産後の会陰裂傷
・・・・こんなにもあるのです。
でも、10月生まれさん!悲しまないでください!
かかりやすい病気も多いのですが、10月生まれは逆にかかりにくい病気も多いのです。
例えば、
  • 動脈硬化症
  • 心房細動
  • 鬱血性心不全
などにかかるリスクは低いとされています。
グッドというポーズをするネコ
では、反対にいちばん病気になりにくい誕生月は――5月生まれです。
最も健康優良な5月生まれさん、おめでとうございます!なんとかかりやすい病気はひとつもないそうです!!もちろん風邪やお腹の病気にもなりにくいという研究結果がでています。5月生まれのかたは、健康に自信を持ってよさそうですね!
また、7月生まれさんも2番目に病気にかかりにくいとされていて、次いで8月、6月生まれの病気へのリスクも低いそうですよ。

ズバリ!誕生月別のなりやすい病気・なりにくい病気リスト

お待たせしました!ここで、生まれた月ごとにかかりやすい病気・かかりにくい病気リストを発表します。

【誕生月ごとのなりやすい病気リスト】

  • 1月 心筋症・高血圧など心臓・血管系の病気
  • 2月 肺がん・気管支がん、喉の異物感
  • 3月 前立腺がん・不整脈・鬱血性心不全・動脈硬化症、心房細動
  • 4月 狭心症・心筋虚血症・血管合併症
  • 5月 特になし
  • 6月 喘息・心筋梗塞前症候群
  • 7月 特になし
  • 8月 結膜炎
  • 9月 喘息・急性細気管支炎・中耳炎・嘔吐・適応障害
  • 10月 風邪・急性咽頭炎・胃の機能障害・月経痛・中耳炎
  • 11月 下痢・急性扁桃炎・急性気管支炎・腸炎・ADHD・ウイルス性感染症
  • 12月 打撲・アザが残りやすい

【誕生月ごとになりにくい病気リスト】

  • 1月  喘息・嘔吐・中耳炎
  • 2月  喘息・発熱・胃の機能障害・急性細気管支炎・視覚不良
  • 3月  急性扁桃炎・呼吸器系疾患・月経痛
  • 4月  急性咽頭炎・腸炎・近視・遠視・アザ
  • 5月  風邪・結膜炎
  • 6月  性的感染症
  • 7月  下痢・妊娠~産褥期の合併症
  • 8月  なし
  • 9月  急性の心臓病・心筋症・狭心症
  • 10月 高血圧・動脈硬化症・前立腺がん・心房細動・ADHD
  • 11月 気管支がん・肺がん・慢性心筋虚血
  • 12月 なし
プレゼントを持つウサギ
どうでしょう?
あなたは当てはまっていますか??
もし今は「全く関係ない」と思っていても、日頃から少し気を付けておくと病気になるリスクを抑えられるかもしれませんね。

この誕生月の人はこの病気に特に気を付けて!

泣いているネコ

【3~4月生まれは心臓・心血管系疾患に注意】

3~4月生まれの人は日照時間が短い季節に母体内ににいたため、心臓や心血管系の病気にかかりやすいと考えられています。
人間は太陽の光をある程度浴びないとビタミンDが不足します。母体にビタミンDが足りないと血液にある鉄分の濃度が薄くなって赤ちゃんに十分な栄養を与えられなくなります。このような理由から、3~4月生まれの人は心臓や心血管系の病気になりやすい体で生まれてきたことになります。

【2月生まれは「がん」に注意】

現在日本人の死亡原因の第1位である病気、「がん」になるリスクがいちばん高い誕生月は2月生まれでした(第2位は1月生まれ、第3位は3月生まれと早生まれが続きます)。

【喘息にもっともかかりやすい誕生月は?】

喘息になるリスクが高い誕生月は7月~10月で、最もかかりやすいのが9月生まれです。
喘息は特に季節が関係する疾患です――というのも、喘息の原因にダニのアレルギーがありますが、ダニの繁殖期に影響を受けていると考えられています。

【長生きしやすい誕生月は?】

シカゴ大学の研究によると、9~11月の秋生まれの人は1~4月の冬生まれの人と比べると、100歳まで生きる確率が高いことが分かったそうです。
さらに、9~11月生まれと、3、5、7月生まれの人とを比較した場合には、9~11月生まれのほうが40%以上も長生きする確率が高かったのです。

同じくシカゴ大学の研究では

秋生まれの人は呼吸器の病気になりやすい、これは免疫力が鍛えられていて、かつ心臓・血管の病気になりにくいため長寿の傾向がある

ということが解明されています。

先ほど「病気にかかりにくい」と喜んでいた5月、7月生まれの人は健康であるがゆえに、いざ病気にかかると急な大病に抵抗できないために長寿が少ない傾向があるとされています。言い換えれば、秋生まれの人は病気がちで長生きできるかもしれませんが、5月、7月生まれの人は元気でポックリという多くの人が理想とする人生が遅れる可能性が高いかもしれませんね。

笑顔のおじいさん

健康に良いサプリを取り入れて病気知らずに!

いかがでしたか?
生まれた月とかかりやすい病気が関係しているなんてびっくりしたというかたも多いのではないでしょうか?
でも、それだけ人間の身体というのは天気や気候、気温といった環境に影響を受けやすいということがわかりましたね。
もちろん今回ご紹介したリストはあくまでもニューヨーク市でのデータであって、日本に住んでいる私たちからすると気候も多少違いますし、食生活や生活環境も異なりますので100%当てはまるとは限りませんが、生まれる前の胎児からの季節の影響だということを考えると、日本人にも当てはまるとも言えますよね。
胎児
かかりやすい病名を見てがっかりしたかたも、いちばん病気にかかりやすい10月がお誕生月だというかたも、今さら生まれた月を変えることはできません。リストを参考程度に頭の片隅に置いて毎日の生活で少し気を付けることで、あなたはもっと、そしてずっと元気に過ごせるはずです!まずは病気にかかりにくい体作りを目指しましょう。
具体的に病気にかかりにくくなるには、免疫力をつけることがポイントです。そのためにはバランスのよい食事と適度な運動が何よりも大切です。でも仕事や家事、育児などで忙しい毎日を送るかたにとっては、この一見簡単そうな食事と運動も実践するのは意外と難しかったりしますよね。そんな時は手軽なサプリメントなどの力を借りて免疫力を保ちましょう。
サプリメント
世の中には選びきれないほど多くのサプリメントがありますが、「健康で長生きしたい」ということをポイントに選ぶなら高麗人参はいかがでしょうか。本場韓国や中国では2000年以上も昔から不老長寿の漢方として愛されてきた自然由来の漢方です。
体の様々な不調に優しく寄り添ってくれるのはもちろん、ストレスや眠れないといった心のトラブルにも一役買ってくれる優れものです。何月生まれでも、自分の努力次第で元気で長生きできますよ!

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄