漢方として有名で健康や美容に役立つとして注目され続けている高麗人参は、名前は聞いたことがあっても実際の効果、効能や効率の良い加工方法など知らないことも多いのではないでしょうか。

高麗人参がもたらすプラスの働きを十分に得るには、製品を選ぶ際にもいくつか気をつけたいポイントがあります。どんなことに重点をおいて選択するとより良い製品に出会えるのか、高麗人参の成分についてお話していきます。

高麗人参の代表的な加工方法

高麗人参は、加工方法の基準によって水参」「白参」「紅参」の3種類に分類されます。加工方法によって成分の含有量や用途が異なってきます。それそれの特徴についてご説明しましょう。

高麗人参

水参(すいじん)

特に加工されたというより、土から掘った生の高麗人参の根の部分を指します。

主に各種料理に使用したり生で食する状態です。水参は、すべての加工された高麗人参の原料となります。

白参(はくじん)

白参として使用される高麗人参は、通常4年根と言われている4年ものです。

生の4年根の人参の皮をむいてそのまま日光によって乾燥させたものを指します。原型そのもので水分の量を14%以下にまで抑えるように乾燥させ加工します。長期保存がしやすい状態なので、薬剤やお茶の材料などに使われています。

紅参(こうじん、べにさん)

長期保存するために生の人参の皮をむかずに水蒸気で蒸し、乾燥させた淡い赤色をした高麗人参です。

高麗人参の皮の周辺には有効成分が多く含まれていることから、紅参という加工方法がもっとも優れていると考えられています。

また、紅参でも6年根の高麗人参を使用したものが最高級品とされていますが、最近ではより良い技術が開発され、紅参そのものを摂取するよりさらに厳選された有効成分を取り出すことも可能になりました。

高麗人参の主役、ジンセノサイドとは何

頭に?を浮かべる女性

あらゆる栄養素がバランスよく含まれている高麗人参ですが、中でも優れているのがサポニンという成分の含有量が圧倒的に多いことです。

高麗人参には40種のサポニン群が含まれていて、最大の注目点は高麗人参だけが持つ「ジンセノサイド」と呼ばれている特別なサポニンが存在していることです。

ジノセノサイドは、ジオール系、トリキオール系、オレアノール系の3つに分類され、それぞれに特徴や効果が異なります。

さらに、吸収率の違いによってそれぞれをメジャージノセノサイド(分子が大きく吸収率が低い)とマイナージノセノサイド(低分子で吸収率が良い)に分けられます。

マイナージノセノサイドは、メジャージノセノサイドが分解されることによって低分子化し、腸での吸収性がよくなったので効果がより発揮しやすい形になりました。

生の高麗人参の成分はメジャージノセノサイドであって、紅参のように加工して熱を加えることで化学反応しマイナー系が増えていきます。

マイナージノセノサイドへと変化することで、吸収率がアップし体内に取り込みやすくなるので、効果効能もどんどん上がっていきます。

高麗人参のサポニンは、3つの系統に分類されます。

  • ジオール系
  • 中枢神経を抑制させる働きがあり、末梢神経を拡張させる作用がある

  • トリオール系
  • 中枢神経を興奮させる働きがあり、血管を収縮する作用がある

  • オレアノール系
  • 免疫機能を活性化し、体内の毒素や老廃物などを取り除く作用がある

このように、ジオール系とトリオール系の働きは、鎮静と興奮とで真逆の働きをしていることが分かり、この2つの働きのバランス大変重要です。

高麗人参の根の部分に最も価値があるのは、根の部分にはジーオール系が多く含まれているからです。ストレスなどでバランスが崩れやすい自律神経は、交感神経が興奮することであらゆる肉体や精神への悪影響が起こりやすくなります。

その不安定な働きを抑えることができるのがジオール系のジノセノサイドであり、高麗人参の根の部分に最も価値があるのは、根の部分には諸悪の根源を断ち切る力を持つジオール系が多く含まれているからです。

これだけ優れた多くの効能をもつ漢方は高麗人参だけであって、太古の昔から「万能薬」として愛され続けてきた事実も納得できますね。

高麗人参の豊富な成分を紹介

高麗人参といえば、主要成分であるサポニンのジノセノサイドの効能が有名ですが、その他にも次に挙げるたくさんの成分を含みあらゆる面からサポートしてくれます。

  • ペプチドグルカン…細胞を強化し免疫力を高める。ガンを抑制したり老化防止、胃潰瘍を予防する
  • マグネシウム…心臓病、高血圧、糖尿病の予防改善など
  • 鉄…ヘモグロビンを生成し体全体に酸素を運ぶ
  • 亜鉛、カリウム…ホルモンを正常に機能させる、抗酸化作用、免疫力を挙げる、生殖機能を高める
  • アルギニン(アミノ酸)…糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、高血圧、脳梗塞、心不全など生活習慣病の改善、性機能改善
  • 核酸…アンチエイジング、ガン予防、新陳代謝の促進など
  • フェノール化合物…殺菌効果
  • 有機酸…便秘改善、疲労回復、代謝アップなど
  • ポリアセチレン類…抗酸化作用
  • テルペノイド…高血圧予防、リラックス効果など
  • 水溶性ビタミン…ビタミンB1やビタミンC
  • ペクチン…コレステロール値を下げるなど

アルギニンやペクチンなどは、その成分単体で商品になってしまうほどの様々な驚く効能を持っている成分であり、高麗人参の栄養バランスはとても優れているといえるでしょう。

医者

高麗人参を選ぶなら高い抽出技術がポイントに

高麗人参の栽培はとても難しいと言われていて、中でも「6年根」という栽培から6年間かけて収穫された高麗人参が最も栄養成分、ジノセノサイドを多く含み、紅参として加工したものが最も価値が高いとされています

高麗人参の製品を選ぶなら、もちろん6年根の紅参使用のものを中心に選ぶことが条件になりおすすめしたいポイントですが、6年根の紅参と使っているから素晴らしいということではなく、漢方やサプリにする際の抽出方法にも着目して選ぶと高麗人参のポテンシャルを最大限に引き出せるでしょう。

高麗人参からのパワーを十分に得るには、ジノセノサイドの抽出技術が大きく関わってきます。6年根の紅参とうたいながらも、安価であるような商品や出所が分かりにくい商品は見送ったほうが賢明です。

もし、メーカーで選ぶなら精製技術で抜きん出ている金氏高麗人参株式会社か次がエバーライフでしょう。韓国№1ブランドとして知られている正官庄は精製技術としては先に挙げた2社と変わりないレベルと品質ですが、価格が高いのがネックです。実質、選ぶ際には2者択一になるのではないでしょうか。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄