緑内障はほとんど自覚症状がないままに進行していくことが多く、日本において一番の失明の原因にもなっていることからも、油断できない病です。

原因である眼圧の上昇が見られなくても視野が狭くなる正常眼圧の緑内障もあり、出来るだけ早く小さな異変にも気づくことで治療の成果も変わってくるでしょう。

薬には何かとつきものの副作用に関しては患者さん自身での対策も必要になります。様々考えられる原因からも、緑内障は自分の力でも改善できる病ということも分かり、病院での治療の他にも有効な手立てが考えられます。

今回は、副作用や原因に沿ってお手伝いしてくれる有効な味方についても合わせてお話しします。

緑内障とはどんな病

目をこする緑内障の女性

私たちが物を見ることができるのは、表面の角膜、水晶体を通過して目の奥にある網膜で集まったものが、神経系を通して色や形などの情報が脳へと送られるからです。

緑内障とは、脳への情報の受け渡しをしている視神経に障害が起こり、視野が狭くなる病です。日本には200万人以上の患者さんがいて、中高年に発症しやすいのが特徴です。
主な症状としては、目がかすむ、疲れる、灯りを見ると虹がかかったように見える、目が痛い、充血する、などがあります。

視神経に起こる障害は、目の固さを示す眼圧が何らかの原因により流れ込んできた房水(目の中の水)によって上昇し、その人の耐えられる眼圧を上回った際に引き起こされます。
眼圧が上がることによって視神経が押し潰されて損傷し、正常に機能しなくなるからです。緑内障の大きな原因は高い眼圧によるものですが、眼圧は正常値なのに緑内障が発症する「正常眼圧緑内障」と呼ばれているタイプがあり、緑内障患者の過半数以上を占めてきていることも分かっています。

正常眼圧緑内障の症状の進行はゆっくりなことが多く、両目が同時に進行することはあまりありません。そのため自覚症状が感じられず、進行してから気づく事も多い病です。そして、一度視神経にダメージを受けてしまうと、緑内障を完治させることはできません

治療が遅れたり症状を放っておくと失明に至ることもあるので、早めの診断と適切な治療が大切です。
緑内障の治療で使用される目薬は副作用が多い傾向あるので、緑内障の治療とともに副作用への対策をしておくことも重要です。

緑内障が疑わしいときは、まず眼科へ

眼科の医師

定期健診を受ける機会がなかなかなく、目の疲れが取れない、目がいつもより見えにくい、何だか目の調子が悪い、など目に違和感を感じたら出来るだけ早く眼科に掛かり検査を進めましょう。

では、緑内障の検査では、どんなことが行われるのでしょうか。

  • 眼圧検査
  • 眼球を外から押して、押し返そうとする力を測ります。目の表面に器具を当てて測定する方法と、目の表面に空気を当てて測定する方法とがあります。どちらも特に痛みはありません。

  • 眼底検査
  • 眼から光を通して目の底である眼底の状態を調べます。視神経が障害されている時はへこみの部分が正常より変形し大きくなっています。

  • 視野検査
  • 光の点などを見て、見えたと感じたらボタンなどを押して合図する方法。緑内障の進行具合を調べます。

  • 画像検査(OCT)
  • 目の中にある網膜と呼ばれている部分の断面図を見る

  • その他
  • 視力検査…視力を測定する
    細隙灯検査…眼との外側と内側との隙間の状態を観察する
    隅角検査…房水の流れを調べる

眼科に行くと、緑内障の怖さをしているため「緑内障では?」と疑われることも多くあるでしょう。
緑内障の症状の度合いには詳しい検査が必要となり、治療方法を決定するまでに検査に時間を要することもあるでしょう。緑内障は完全に治る病ではなく、一生かけて上手に付き合っていく必要があります。

どうしたら、緑内障とうまく付き合えるのか、丁寧な検査を行ってくれる眼科ほど、緑内障のことが良く分かっていると言えるでしょう。

緑内障の治療方法

目薬

緑内障は、眼圧が高くなったことによって視神経に負担がかかることで起こる病なので、まず眼圧を下げて視神経のダメージを増やさないことに重点を置いて治療が行われます。

一般的には、まず眼圧を下げる効果の高い点眼薬を1種類から使用します。眼圧を上げる原因にもなる房水が作り出されることを抑え、房水が流れ出るような効果のある点眼薬です。効果の様子を見て、点眼薬の種類を変更したり、種類を組み合わせたりすることもあります。

もし、点眼薬を使用しても症状が進行し視野が狭くなり続けるのであれば、外科的治療を行います。外科的手術には、房水が排出される部分にレーザーを当て房水の影響を受けないようにするレーザー療法や手術が行われます。正常眼圧緑内障と診断された場合で、眼圧が正常値の患者さんにはビタミンB12の内服が行われることもあります。

緑内障の治療として点眼薬を使用し始めると、副作用でドライアイになりやすかったり目の下にクマが出やすくなったりします。

わずかの量の点眼薬でも副作用が出る場合もあり、ちょっとした体調の変化は必ず医師や薬剤師に相談しましょう。多くの量の点眼薬をさせば回復が早いかといったらそうではありません。副作用のリスクを増やすだけなの、必ず決められた量と回数を守るようにしましょう

正常眼圧緑内障の原因とは

緑内障により視界が狭くなっていく様子

眼圧が高くなることで発症すると考えられている緑内障ですが、眼圧が高くないのに視野が狭くなる正常眼圧緑内障はどうして起こるのでしょうか。原因はいまだ明らかになっていませんが、老化などの他にいくつか考えられている仮説があります。

まず、糖尿病の合併症として緑内障が挙げられていることからも、糖尿病を発症すると眼圧が上がるのでそれが原因で視神経がダメージを受けて緑内障を発症してしまうことが分かっています。

また、メカニズムに関してははっきり分かっていませんが、ストレスによって自律神経がバランスを崩し交感神経が高ぶったままの状態が続くと眠りが浅くなり十分な睡眠が摂れず疲労が残ります。その疲労が目にも影響を与え、緑内障になるのではという仮説もあります。

最後に、低体温、低血圧、頭痛、冷え症など症状をお持ちの方は血流が悪くなっていると考えられます。このように血流が悪くなったり、血液がドロドロの状態だと視神経の環境が悪くなりダメージを受けやすいことが分かっています。

緑内障と上手に付き合っていくにはこの方法を

緑内障は症状が進行すると失明する危険のある病です。決して医師の診断や治療法に逆らうことなく言われた治療方法に従いましょう。

治療を進めていくと、どうしても点眼薬の影響によりドライアイになったり色素沈着が起こり目の下にクマができてしまうこともあります。副作用に関しては医師と相談し、何か自分で出来る対策を行うことも緑内障の治療をうまく進める支えになるかもしれません。

また、緑内障の原因として言われている糖尿病やストレス、血流改善の対策を合わせて行うこともとても大切なことです。眼科医からは、治療以外のアドバイスはない場合も多いので、ご自身で有効な対策をとることをおすすめします

緑内障改善への近道

医師

これまで、緑内障の原因として糖尿病やストレス、血流改善の3つのポイントと病院での治療によってドライアイやクマが出来やすいことをお話してきました。これら、緑内障に関係している事柄全てをカバーできる漢方があるので、ご紹介しましょう。

古くから万病に効果ありとして愛されている「高麗人参」は、乱れがちな心を安定させる力に優れているので、ちょっとした出来事でも気持ちが乱れないようになります。

また、体内のめぐりをよくしサラサラにしてくれるので、流れが悪くなり色素沈着が起こることでできてしまう目の下のクマ対策やになり、血糖値を下げることから血中の成分のコントロールにも役立ちます。このように、毎日の元気をサポートしてくれそうな助っ人を取り入れてみることで、より治療の効果を実感できるようになりそうですね。

まとめ

緑内障は一度発症してしまうと、長い期間お付き合いすることになります。

眼科医で行われる治療は完治を目ざすものではなく緑内障の進行を食い止めることを目的にして行われます。緑内障とうまく付き合いながら症状を緩和させるには、副作用などを出来るだけ少なくし気持ちよく治療を進めることが大切です。

ご自身でも積極的に緑内障のことについて勉強し、高麗人参などを取り入れて昨日より綺麗な世界が自分自身の目で見られるように努力していきましょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄