朝起きると手足がこわばって動かしにくい、関節が腫れて痛みがある、などの症状は関節リウマチの代表的なものです。
日本では約70万人を超える患者さんが関節リウマチの症状と向き合い、治療に当たっています。劇的な改善や治療効果が得にくく、治療にも時間がかかる病のため、「なかなか痛みが良くならない」「この痛みと一生付き合うのか…」などと気持ちも落ち込みうつ病を併発しやすくもなります。
うつになる女性
少しでも痛みや症状に変化がある気持ちも前向きにもなれるような情報も含めながら、関節リウマチの症状や原因を追究していきましょう。

関節リウマチについて

関節リウマチとは、広い意味で関節やその周辺の骨や筋肉にも痛みが及ぶ病全般の「リウマチ」に含まれます。難病とも言われていて、関節の内側の滑膜や関節に腫れを伴い、手足がこわばるなどの炎症、症状が続くと関節の変形ももたらします、また、じっとしていても痛みが生じるのも特徴です。

関節リウマチは免疫の異常によって免疫系が自分の組織を異物とみなし誤って攻撃してしまい、関節やその付近の炎症が起こる炎症性自己免疫疾患で膠原病の一種でもあります。
※自己免疫疾患とは…私たちの体には細菌やウィルスから自分の体を守ろう戦う自己免疫という機能があります。いつもは守りに徹してくれる自己免疫ですがまれに免疫システムが正しく機能しなくなってしまう、誤って自分の体を攻撃してしまうことがあります。そのことよって様々な症状が現れることを現します。
関節リウマチの発症のピークは30歳代~50歳代になり中高年に多い病といえます。また圧倒的に男性に比べて女性の方が5~6倍も発症確立が高いのも特徴の一つです。女性ホルモンの影響を受ける出産や閉経をきっかけに発病したり悪化することも多く、女性ホルモンとの関係性も指摘されています。

ふらふらする女性

関節リウマチは、多くの場合次のような段階を踏んで非常にゆっくりと進行して行きます。
  1. 初期
  2. 微熱が続く、熱っぽい、体がだるい、食欲不振、体がこわばった感じがする(特に朝、手足や体がこわばる)、しびれた感じがする

  3. 中期
  4. 小さな関節や手首、手足の指、手の指第二第三関節が多い痛みを感じはじめる。次第に他の関節や大きな関節、時間をかけて全身の関節に痛みが広がります。他にも、疲労感、だるさ、血管の炎症、肺の貧血、貧血など全身の疾患を伴うこともあります。

  5. 後期
  6. 関節の骨や軟骨が破壊され、関節の変形が進んでいきます。次第に末期になると変形が進んだ関節は動かなくなってしまいます。このように症状が進んでしまうと寝たきりや車椅子での生活になり自力で何かをすることが困難な状況になってしまいます。

関節性リウマチは、急に進行するよりも良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、時間をかけて進行することが多くあります。しかし、初期から関節の破壊が進み急速に進行していくこともあります。
関節リウマチの症状や経過の進行には、いくつかパターンがあり全てが重い症状になるわけではありません。また、関節に痛みがなくても破壊が進行していることもあり、後期になり関節の破壊が起きてしまう前に早期に発見し治療することで進行させないことも可能になってきています。

関節リウマチはなぜ起こる

関節リウマチは自己免疫疾患のひとつで、免疫機能が誤って自分の組織を攻撃してしまう異常により起こります。免疫自体は正常なことは確実ですが、なぜそのようにあなり免疫の異常が生じてしまうのかは現代医学では解明されていないのが実情です。

今まで環境や遺伝など様々な説が唱えられていますが、一番有力視されている免疫機能の異常としていくつか仮説として考えられる原因がありますのでお話しましょう。

お医者さん

①免疫とは=白血球を指すので白血球に異常があるという仮説

免疫担当細胞である白血球へ情報を伝達し指令を出したり、細胞間の調節なども行う大きな役割をになっているのがタンパク質の「サイトカイン」です。体内には数百種類ものサイトカインが存在し、サイトカインが伝達する情報や指令は必ず一つとは限らず数種類のサイトカインが同じ内容の情報や指令を伝達することもあります。

もしサイトカインを生み出している白血球に異常があると、サイトカインが正常に働かなくなり白血球へ正しい情報などが伝えられず白血球が誤った行動を起こしてしまうと考えられます。

②白血球が作られている骨髄に異常があるという仮説

骨髄の造血幹細胞から作られている白血球に異常が起きているなら、骨髄自体に問題があるかもしれないという説も考えられています。

③白血球は確かに骨髄で作られているが免疫の源である腸の腸内環境が問題であるという仮説

免疫細胞の約6割が存在していると言われているのは実は腸であり、腸の中から最近やウィルスなどとい戦っています。免疫細胞を活性化し免疫力を高めるには腸内環境を整えることが有効であると考えられています。そのため白血球の異常にも腸内細菌が関係しているのではないかと考えられています。

ここまでお話した内容はあくまでも仮説であり、臨床データも十分ではありません。現代医学においては、臨床実験により結果、効果が得られた薬物を用いての治療が対症療法になっています。

関節リウマチの主な治療薬

関節リウマチの治療法は、薬物治療、手術、リハビリなどが行われますが基本的には薬物による治療が行われます。薬には、消炎鎮痛剤、抗リウマチ薬、ステロイド、生物学的製剤があります。それぞれについてお話しします。

薬
  • 消炎鎮痛剤 NSAIDS(エヌセイズ)

関節に生じた腫れや痛みの症状を緩和する効果があります。関節性リウマチの原因を根本的に取り除くことはできませんが、痛みに対しては即効性があるので患者さんにとって役立つ薬です。

  • 抗リウマチ薬 DMARDs(ディーマーズ)

関節性リウマチの原因として考えられている免疫機能の異常を改善させる効果があり、病の進行を抑える働きが期待できます。中でもメトトレキサートは多くの患者さんに処方されていて治療薬の中心ともいえる薬です。しかし、抗リウマチ薬は次第に薬に体が慣れ効果が得られないこともあります

  • ステロイド

炎症を抑える力が強いので関節の腫れや痛みを抑える効果があり、消炎鎮痛剤や抗リウマチ薬など他の薬で明らかな効果が得られないときに使用されます。一度使用すると服用をやめたときに痛みが戻るのでなかなか服用を中止できなくなります

  • 生物学的製剤

最近になり治療に役立てるようになった新しい治療薬です。関節性リウマチの症状や炎症を引き起こしていると考えられているサイトカインに対して働き、症状が進行することを防ぐ役割があります。国内で使用できるのは、レミケード、アクテムラ、エンブレル、ヒュミラ、オレンシア、シンポニーなどがあり、点滴もしくは皮下注射で投与されます。副作用が少なく高い抗炎症効果が認められているので、専門家の指導のもと服用すれば有効な効果を発揮します。

関節リウマチには食生活改善も必須

食事をする女性

関節リウマチの治療は薬だけでなく、食生活も非常に重要な役割を占めています。体が冷えないように注意することが大切なので、体を温める食べ物を摂取するように心がけましょう。
また、脂肪の少ない肉類や魚類、大豆製品などの良質なタンパク質やビタミン、ミネラルは有効な栄養素です。タンパク質過多にならないように、野菜を多めに摂り、合併しやすい骨粗しょう症を防ぐためにも牛乳やチーズなどのカルシウム、小魚なども積極的に摂りましょう

日常から取り入れることで必ず力にになってくれる味方

病院で処方される薬や食事の取り方、生活面など関節リウマチの症状改善のために日常で出来ることをいくつかご紹介しましたが、そこへプラスする救世主でもある高麗人参をご紹介したいと思います。

古くからの健康食材として有名な高麗人参はオタネニンジンという和名を持つ多年生植物であり、根の部分の有効成分であるジノセサイドというサポニンを多く含んでいます。このジンセサイドが様々な薬効を発揮し、免疫機能をアップしてくれて正常に整えてくれます。
腸の改善にも役立ち毎日スムーズなお通じを手助けしてくれるので、すっきりとした毎日を送ることができるでしょう。病によって気持ちが落ち込みやすくもなりますが、心のバランスを調整し整えられるようにめぐりをサポートしてくれるので、イキイキと笑顔で過ごすことができます
元気な女性
動かしにくくなると体力の低下も懸念されますが、高麗人参には滋養や活力を高める働きも備わっているため多岐に渡り活躍してくれることが期待できるのです。

まとめ

関節リウマチは症状によっては時間をかけて治療を行う必要も出てくるでしょう。医師の指示に従い、薬物やその他の方法で治療を行うサポート的な役目として漢方などを取り入れて同時に並行して進めることは、さらに高い治療効果を得られるためとても賢明なことだと思います。

体にかかる負担の少ない植物由来の成分であれば、関節リウマチはもちろん毎日の元気もサポートしてくれ、思わぬプラスの効果も得られそうですね。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄