軽くふらふらするなぁという感覚から、ぐるぐる回転するような強い症状まで、めまいやふらつきには多彩な症状があります。原因も様々なケースがありはっきりと特定できる場合もあれば原因不明な場合もあります。

軽く感じる程度のめまいやふらつきであっても実は何かの病の前ぶれのこともあり、おかしいと感じたら早めに病院へ行き原因にあった治療を行うことが大切です。

今回はめまいやふらつきを感じることでお悩みや不安を抱えている皆さんへ、根本的な原因や有効な治療法を含めてお話していきましょう。

めまいの症状の3つのタイプ

めまいは、感じる主な症状の違いによって大きく3つのタイプに分けられます。
まず、自分がどのタイプなのか参考にしてみて下さい。

■回転性めまい

  • 症状
    自分自身、その周辺(天井や壁など)または両方がグルグル回っているように感じるめまい。
  • めまいに伴う他の症状
    めまいの他にも吐気や嘔吐、頭痛、耳がつまった感じなどの症状を伴うことがあります。また耳鳴りや耳が聞こえにくい難聴を伴うタイプと伴わないタイプとがあります。
  • 考えられる原因
    回転性めまいの多くは、耳(三半規管、耳石器、前庭神経)の異常が原因になり起こります。耳の奥の内耳には体の位置や重力を感じる三半規管、耳石器があります。そこから得た情報が前庭神経を通じて脳へと伝えられるのですが、この内耳に障害が起きると、体のバランスを保つ機能が正常に働かなくなり回転性めまいを引き起こすのです。

    耳が原因の場合、症状を放っておくと難聴になる恐れもあり、すでに耳鳴りや難聴を伴う症状の場合はメニエール病や突発性難聴などの可能性も考えられます。また、原因は耳だけでなく脳の異常によっても起こることがあります。

■浮動性めまい

  • 症状
    身体がフワフワと浮いたように感じるめまいです。雲の上を歩いているようでふらつきを感じたり、姿勢を保てずまっすぐに歩けないこともあります。
  • めまいに伴う他の症状
    激しい頭痛や身体のどこかのしびれや麻痺、意識障害を起こすこともあります。
  • 考えられる原因
    浮動性めまいは原因の特定が難しいといわれていますが、多くは脳(脳幹、視床、大脳皮脂)の異常が原因で起こると考えられています。意識がぼんやりしたり、麻痺を感じる場合は脳の神経障害や脳腫瘍などの可能性もあるので、きちんと診断してもらうことが大切です。

■立ちくらみなどを伴うめまい

  • 症状
    立ち上がる時や動き出した時に一瞬ふらっとしたり、急に意識が遠のき目の前が暗くなり気を失いそうになったりします。
  • めまいに伴う他の症状
    症状が強くなると、失神してその場に倒れてしまう危険も伴います。
  • 考えられる原因
    立ちくらみの原因としては血圧の変動やそれに伴い一時的に脳の血流量が減って起きる脳貧血の可能性が考えられます。立ちくらみは耳や脳の異常から起きるめまいと違い、平衡感覚の乱れが原因ではありません。全身の貧血が原因になり脳に酸素が十分に行き渡らないことでも起こる症状です。

まず、何科にかかればいいの

ご紹介しためまいのタイプは、はっきりとした症状の境界線があるわけではなく似たように感じる事もあり、自分自身で何タイプなのか正しく判断するのはとても難しいことです。
激しい頭痛やしびれ、麻痺など神経系への症状がない場合、まずはめまいの原因は耳からであることが疑われるので耳鼻科を受診することをおすすめします。耳に原因があるかどうか調べてもらい、めまいの原因が耳であることが分かったら耳鼻科の医師の指示に従い治療を続けてみましょう。
jibika

耳鼻科で原因が分からなかった場合

耳鼻科にかかっても、耳に何も異常はなくめまいの原因が特定できないケースもあります。その場合は次に疑うのは脳です。脳神経外科には、脳が原因のめまい専門の「めまい外来」を設けている病院もあり、耳の次には脳神経外科にかかりましょう。診察を受ける際には、耳鼻科を受診したけれど原因がいまいち特定できなかったことを伝えると診断もスムーズだと思います。
平衡感覚に関係している脳幹、視床、大脳皮質に原因があるか神経や反応を調べる検査や脳波などの検査が行われ、必要に応じてCTスキャンやMRIの画像診断も行われることがあります。
ct
また、脳が原因のめまいの場合、脳梗塞や脳出血、てんかんなど他の疾患が原因になっていることも疑われるので、原因をしっかり判明させ医師の指示に従い適切な治療を行いましょう。

耳鼻科でも脳神経外科でも原因が分からない場合

めまいの原因が耳でも脳でもなさそうで、いまいち原因が特定出来ない時は内科にかかり貧血の検査をしてみましょう。めまいに関連して調べられる内科的なことは血液検査くらいです。内科で原因が分かりにくい時は「疲れやストレスに注意して無理せず安静にしていましょう」ということで終わってしまうこともよくある話です。
最初にかかるのは「とりあえず内科に」とはしないで下さい。めまいの症状の進行で怖いのは耳と脳に関わることなので優先するべきは耳鼻科と脳神経外科です。

めまいの原因が自律神経失調症やうつ病のこともある?!

めまいの原因が耳であっても脳であったとしても、症状を引き起こしている諸悪の根源はほとんどの場合、疲労やストレスが重なり自律神経のバランスが崩れてしまっていることから起こるとも考えられています。ストレスや不安が大きくなり自律神経が乱れると、耳や脳などの平衡器官に影響を及ぼし普段感じないようなめまいやふらつきを感じることが多くなります。
さらに気持ちが落ち込み、うつ病やパニック障害を引き起こすこともあります。また、強いストレスにより三半規管に水が溜まり、メニエール病からのめまいも起こりやすくなります。めまいは自律神経失調症の症状のひとつでもあり、浮動性めまいの原因でもある脳へ酸素と血流が不足する原因にも自律神経が深く変わっていて、交感神経の働きすぎにより血流が収縮して血流が悪くなってしまうからです。
自律神経の乱れこそが耳や脳の異常を引き起こし、めまいが発生することが実に多くても、その事実に気がつかず医者をたらいまわしにしてしまっていることもあるのです。先ほど、内科医は原因が特定できないと「安静にしていましょう。」と、言うことが多いとして内科医のことお話してしまいましたが、ストレスや疲労が引き金のめまいに関しては内科医のアドバイスこそが結果として一番、的を射ていたと言えるかもしれませんね。
isha3-f
自律神経失調症でもうつ病の症状でも挙げられているめまいで、同じ自律神経の乱れが原因の同じような病気ではありますが、唯一違う点はうつ病ではマイナス的なことをいつも考えてしまうところです。自律神経失調症では自律神経がただ乱れているだけで気持ちの落ち込みはあまりありません
原因不明のめまいも含めて、めまいの原因の根本の多くは実は自律神経の乱れにある可能性が非常に高いのです。

めまいの根本退治には高麗人参

めまいには自律神経の乱れが大きく影響していることがお分かり頂けたかと思います。ということは、めまいで感じるふらつきなどを根本から解決できたらいいですね。そこで健康のサポーターとしてご紹介したいのが高麗人参という漢方薬です。
高麗人参は和漢の王様とも言われていて、数千年も昔から活用されている自然由来の漢方薬です。高麗人参の有効成分であるサポニンの「ジノセサイド」は、疲れや不安などで滞ってしまうめぐりの流れをよくし、若々しさやイキイキとした毎日を実現してくれます。高麗人参は、めまいの原因とも言える乱れてしまいやすい気持ちを抑えてくれるとともに、ストレスに負けないような身体を保つように導いてくれます。
また、ドロドロになってしまった流れをサラサラに戻す力にも優れているので全身のめぐりを回復させ、フラフラしてしまう状態も解決してくれるでしょう。慢性的なめまいやふらつきでお悩みなら病院へ行くことはもちろん大切ですが、イマイチはっきりとして原因が分からないのなら元気パワーを回復させるためにも高麗人参の漢方さプリを取り入れてみることも解決への近道になると思います。

まとめ

今回お話したように、めまいの症状は耳鼻科→脳神経外科→内科で貧血検査の順番で原因を探っていくのが一般的です。しかし、根本にある原因やこれといったはっきりとして原因が分からない場合も多く、なかなか改善につながらないこともあります。

疲れやストレスが溜まってしまうと自律神経失調症が原因であるめまいが現れる場面もが多なりますが、軽いめまいだと「疲れてるからかな…」と自己判断で放置してしまうこともあると思います。なかなか病院へ足が向けられない時は、まずはストレスや疲労をなくしてバランスを整えることに専念してみるといいでしょう。通院する時間がなく面倒に感じたり薬の副作用が心配な時は、すぐにでも試せる身近でメジャーな漢方のサプリなどを試してみるとプラスの効果が得られるるでしょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄