パーキンソン病は、男女問わず50代~60代にかけて発症することが多く、超高齢化社会へと進む中で更に患者数が増える傾向にあると考えられています。日本人の約1000人に1人の割合でこの病にかかるとされていて、高齢者に限らず若い年代の人でも発症する例もあるのです。

今後増えていく可能性の高いパーキンソン病の治療の手助けをできるようなものやパーキンソン病を発症することを防ぐ可能性のあることに関してお話しましょう。

パーキンソン病とは

パーキンソン病は、1817年にイギリス人のジェームズ・パーキンソンという医師によって初めて報告されました。大脳、小脳、脳幹に分けられる脳は、神経細胞の集まりであり脳によって神経細胞による情報伝達や生命維持が保たれています。

パーキンソン病は、この大脳の脳幹部分にある「黒質」という部分と大脳の「線条体」という部分に異常が起こってしまう病です。脳に異常をもたらすことで正常な神経細胞が減少し、「ドーパミン」という情報を伝達する物資の量が低下します。すると脳から出る筋肉への情報伝達や指令が上手く働かなくなり、病気の程度によって下記に挙げるようないくつかの特徴的な症状が現れるのです。
  • 手足の震えが起きる(振戦)
  • 筋肉がこわばり、固く縮んだような状態になる(筋固縮)
  • 歩くのが遅くなったり体の動きが小さくなる(無動)
  • 体のバランスが崩れスムーズに使うことができなくなる(姿勢反射障害)
他にも、立ちくらみ、汗をかきやすくなる(発汗異常)便秘、排尿障害、不眠など自律神経にも影響を与えることがあります。症状が進み脳内のドーパミンが不足すると、やる気が出ない、すぐに疲れる、気分が落ち込むなどの「うつ症状」を引き起こすことにもつながります。ドーパミンは意欲を高めたり、楽しむ感覚やヤル気を起こさせる大切な神経伝達物質です。
nou
さらにパーキンソン病の症状が進行すると日常生活を1人では送れなくなり、いわゆる「寝たきり」の状態になること可能性も高くなります。

今だ解明されていていない原因とは

パーキンソン病によって脳内の黒質の神経細胞に異常が起きてしまう原因は現代の医学ではいまだはっきりと解明されておらず、次に挙げるいくつかの仮説をもとして考えられています。また、単独の原因ではなくいくつかの要因が重なって発症するのではないかとも考えられていすのです。
  1. 神経毒説  

    体内や環境によって取り込まれた神経毒が神経細胞の編成や立脱落を起こすという説です。神経毒などの毒素は肝臓によって毒素を濾過することが可能な為、肝臓の機能を高めるようなことをプラスすると神経毒による影響は軽減すると考えられます。

  2. 遺伝的素因説

    パーキンソン病の約5~10%くらいは家族や血縁者にも発症者がいることがあり、「家族性パーキンソン病」と呼ばれています。家族間に通じる一つの遺伝子の異常によってパーキンソン病が生じる場合もあれば、いくつかの遺伝子による異常や他の因子との組み合わせが原因で発症することも考えられています。

    年齢とともに発症数が増加傾向であることから、家族間での遺伝子の問題だけでなく年齢と共に起きる遺伝子の異常や変化により神経細胞まで変性してしまうことが原因につながる可能性があると指摘されています。
  3. 酸化的ストレス説

    いくつかの原因の仮説の中で、もっとも有力視されているのが「酸化的ストレス説」です。環境の影響や老化などにより活性酸素が生成され体内の酸化した状態が続くと、活性酸素により神経細胞内の酸素や膜の働きを低下させてしまいます。脳からの指令が全身にまわらなくなるということが起こります。

    活性酸素がパーキンソン病の原因のひとつであるなら、生活環境の改善やサプリの服用などによって活性酸素を減らすアプローチができればパーキンソン病の予防や症状緩和にもつながるでしょう。また、ストレスなどによって受けた自律神経を整える働きがあるものを取り入れるのも効果が期待できそうですね。
  4. ミトコンドリア呼吸不全説

    アルツハイマー病の原因の仮説として、ミトコンドリアの機能が低下することも考えられています。たくさんのエネルギーにより活発に働く脳では、脳神経のミトコンドリアがたくさんの酸素を取り込み活躍しようとしています。その一部が故障し動かなくなると、ミトコンドリア自身の機能を低下させエネルギー不足により神経の変性につながってしまうのです。

    ミトコンドリアを攻撃する毒素からミトコンドリアを守る効果の高いものを取り入れてみるといいでしょう。

パーキンソン病の治療法

パーキンソン病の治療には薬物による治療と外科治療とが行われますが、主に薬物療法が中心です。一つの薬を続けるより患者さんの症状や年齢によって2、3種類の薬を上手く組み合わせて服用することが多くなっています。パーキンソン病の治療薬は長く続けていくことで効果を得られるので、副作用とのバランスを取りながら薬の種類や配合、量などを調整していくことがとても重要です。
薬物治療では次第に薬が効く時間が短くなったり、薬を服用しても効果が薄れることも出てきます。副作用により、パーキンソン病の症状の特徴でもある振戦(手足が震える症状)が見られることもあります。
tegafurueru

主に使われる治療薬

  1. L-ドパ…脳で不足したドーパミンを補充するため薬で、治療薬の中では最も効果が強く最も有効です。しかし、症状が悪化しドーパミンを蓄える力が低くなってくると、次の薬を飲む前にウェアリング・オフ現象というパーキンソン病の症状が現れるようになって来ます。また、持続しないドーパミンの供給により、副作用として「ジスキネジア」という手足や口が勝手に動く症状も現れることがあります。
  2. ドパミンアゴニスト(ドパミン受容体刺激薬)…ドーパミンを受け取る次の神経細胞に働き、活発にすることでドーパミンの伝達を促進します。ドーパミンそのものではありませんが、ドーパミンの代わりをする効果が期待されている薬です。効き始めるまでに少し時間がかかりますが、薬の効果の持続時間が長く安定しているのが特徴です。吐き気や食欲不振、幻覚や妄想などの副作用が現れることもあります。
  3. MAO-B阻害薬…ドーパミンを分解する酵素の働きを押さえ、脳の中のドーパミンが分解されるのを抑えてL-ドパの効果を長くし強める働きがあります。L-ドパで十分な効果が得られないときに併用することもあります。

外科的治療とはどんなこと

パーキンソン病への外科治療では、薬を長く服用した上で症状の改善を目的に行われる治療であり、病気の根本治療にはつながりにくいと考えられています。手術の方法としては、主に2種類あります。
  1. 脳深部刺激療法
    脳の骨に穴を開け、細い針の電極を埋め込む。電気で刺激することで、バランスが崩れた神経回路を整え症状の改善を図る方法
  2. 定位脳手術
    パーキンソン病により活性化された脳の一部を調整するために、脳の神経細胞を熱で破壊する方法
どちらも手術をした後も薬物の種類や量を調整し、リハビリなどを取り入れながら日常生活の質を向上させるのが目的です。
shujutsu

悪玉から守るパワーを秘めた、体内をさびからも守る救世主とは

ミトコンドリアはほとんどの生物の細胞に広く含まれ細胞の中で呼吸をしてエネルギーを作り出しています。しかし、ミトコンドリアが毒素に攻撃され壊れてしまうと体内の各細胞までATPというエネルギーを届けられなくなります。先ほどもお話しましたが、パーキンソン病の原因としてミトコンドリアの呼吸不全説があり、何らかの影響でミトコンドリアが呼吸不全を起こしATPが生成できなくなると考えられています。ATPが不足することにより体が動かなくなったりその他の症状を招くのですね。
高麗人参には人体のエネルギー供給源を攻撃する毒素からミトコンドリアをサポートする力があり、北陸大学薬学部で「ミトコンドリア毒素誘発パーキンソン病モデル細胞及びマウスにおける紅参の保護効果」という論文で発表されました。
saibou
また、体のめぐりを良くするサポートもしてくれるので、活性酸素のバランスとさびつきの原因に働きかけてくれ、病状や治療によって揺れ動きやすい気持ちを穏やかに鎮めて安定した体内に整えてくれるでしょう。高麗人参を治療の基本にプラスすることで、さらに人体の可能性をアップさせてくれそうですね。

まとめ

パーキンソン病に対して主となる治療方法である薬物療法には、症状によっては限界があるのかもしれません。そして、パーキンソン病に悩む患者が薬物に期待できる効果には個人差があり、副作用が生じることも多くあります。

通常の薬物治療にプラスし相乗効果を期待できる高麗人参は、副作用もなく自然由来のものであるため、病を発病した方や病の予防を考えている方にとっても頼もしい可能性をいくつも秘めていると考えられますね。マイナスな要素の少ない高麗人参は、手軽なサプリなどを利用して薬物治療の補助として試してみる価値はあるでしょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄