胃潰瘍慢性胃炎などはよく話題に上る身近な疾患ですね。原因は色々言われていますが、実はそのほとんどが「ピロリ菌」によって引き起こされているのです。つまり、ピロリ菌を胃の中から除菌をしないと良くならないということです。
除菌は抗生剤を服用することで行いますが、抗生剤を飲むのは抵抗がありますね。抗生剤はピロリ菌だけでなく、体内であらゆる菌を駆逐してしまう強い薬です。しかも、今までピロリ菌に対して様々な抗生剤が使用されてきたことにより、ピロリ菌の中にはこの抗生剤に耐性を持つものまで出現しているので、服用したからといって必ず除菌できるというわけではないのです。
天ですから、もしも、天然由来の成分で体に優しくて、なおかつ抗生剤と同等の効能があるモノが存在するならば、そちらを選びたいですね。ここではピロリ菌について理解を深めどのように対抗するかを考えていきたいと思います。
ピロリ菌

ピロリ菌ってこんなやつ

まずは「ピロリ菌」とはどんな菌なのか解説します。
ピロリ菌は胃の中に住み着き、胃の壁を傷つける細菌です。先進国では感染率はそう高くないのですが、日本人の感染率はそれに比べるとかなり高めです。日本人の50パーセント以上がピロリ菌に感染していると言われています。日本では井戸水を飲料水として用いていたため終戦直後、衛生状態の悪い中で生まれ育った世代ではさらに感染率が高いのです。50代以降では70パーセント以上がピロリ菌を保持していることも分かっています。
ピロリ菌が生息しているのは胃粘膜の奥深くです。適度に低い酸素と、胃粘膜からたっぷり分泌される栄養源。このふたつのピロリ菌が好むものがある環境の下で、胃粘膜を破壊しながらピロリ菌は着々と増殖していきます。 増えたピロリ菌は胃壁などを壊し、主に胃や十二指腸などを侵して、慢性胃炎胃潰瘍十二指腸潰瘍といった病気を引き起こすのです。
さらに、実はピロリ菌に感染することで胃がんを発症する確率が通常の20倍以上になることが判っていますし、胃がんだけでなく、胃MALTリンパ腫という進行度合いは他の腫瘍に比べると非常に遅いですが、悪性腫瘍の一種などといった恐ろしい病気に罹患しやすいとも言われています。
胃がんとの関わりは深いことが様々な研究で判っていますが、胃がん患者の99パーセントはピロリ菌に感染していることが研究により判明しています。 ピロリ菌はとても恐ろしい菌なのです。
ショックをうけるネコ

ピロリ菌が胃を破壊するメカニズム、ラスボスは活性酸素?

なぜピロリ菌に感染すると胃潰瘍や胃がんなどの重篤な病気にかかってしまうのでしょうか?
ピロリ菌は胃粘膜に住み着いていると先ほど説明しましたね。それは、胃酸によって、ピロリ菌自体が破壊されることを回避しているためです。胃粘膜の奥深くに潜り込むことで、胃酸の影響を受けずに増殖することが可能なのです。
胃酸はそれほど強い酸性を保っているのです。それによりピロリ菌も普通に胃の中に存在していれば溶かされてしまいます。
胃粘膜の奥にいるピロリ菌は、ウレアーゼという酵素を発生させますが、この酵素は胃の粘液に含まれている尿素を分解し、アンモニアと二酸化炭素にします。このとき産生されたアンモニアで胃酸を中和させ、ピロリ菌はその中で生息しているのです。
このようにしてピロリ菌が胃の中に生息していると、体にとっては異分子であるピロリ菌を攻撃するために大量の白血球が集まってきます。ピロリ菌と白血球が戦うときに発生するのが活性酸素です。活性酸素は人間の細胞をサビさせる危険な物質です。胃壁はボロボロに破壊され、痛みや炎症などの症状が現れます。
また、ピロリ菌が発生させる酵素ウレアーゼも、毒素ですので、活性酸素と共に胃にダメージを与えるのでさらに症状は進行してしまいます。
病気が発症するメカニズムを見ていくと、ピロリ菌も毒素を出しますが、それよりも活性酸素の方がさらに悪玉であることがご理解いただけるかと思います。ピロリ菌がいたとしても、何らかの方法で活性酸素の発生を抑えることができれば、発症および病気の進行を抑えることができるのです。

病院で処方される抗生剤と問題点

薬

医療機関でピロリ菌検査を受けて陽性が出た場合、どのような治療が行われているのかご説明します。
除菌のために処方される薬は3種類あります。それらを1週間程度服用して除菌を実施します。
  • プロトンポンプ阻害薬
  • 胃酸の分泌を抑えて、抗生物質の効果を高める作用がある
    エソメプラゾール、ランソプラゾール、ボノプラザンなど

  • ペニシリン系抗生物質
  • 様々な細菌の発育を抑える作用がある
    アモキシシリン水和物、アモキシシリン

  • マクロライド系抗生物質
  • ピロリ菌に対しての抗菌作用を高める働きがある
    クラリスロマイシン、メトロニダゾール

抗生剤の効果は高く、一次除菌での除菌成功率は70~80パーセント、二次除菌以降では90パーセント以上と報告されていますが、それでも100パーセントではありません。中でもクラリスロマイシンは耐性のある菌が出現しやすく効果がないケースも報告されています。
また、強い抗生剤を1週間にわたり服用し続けるため副作用にも気を配らないといけません。下痢、発熱、アレルギー症状、発疹や痒み、味覚障害などが主な副作用です。
最初にも少し記述しましたが、抗生剤はピロリ菌以外にも腸内に住む他の細菌も全て殺してしまいます。その細菌の中には、腸に必要な菌もいます。あらゆる菌を殺してしまうため、腸内細菌のバランスが崩れ、下痢が起こるのです。抗生剤での治療には十分気をつけなければなりません

除菌のための抗生剤服用のサポートとして心強い味方・高麗人参

抗生剤には2つのウィークポイントがあります。
  1. 一部に薬剤耐性のあるピロリ菌が存在していること
  2. 副作用の心配があること
この2つをカバーしながらも、ピロリ菌除菌のケアが期待できる天然由来の漢方があります。それが高麗人参です。 高麗人参の力は科学的に証明されています。
おすすめする教授ネコ
まず、①の薬剤耐性がある菌に対抗するために高麗人参と抗生剤を併せて服用することで薬の感受性を高めるためのサポートをします。薬剤耐性のある菌に負けないということです。
また、ピロリ菌を排除するためには白血球の数を増やすことも不可欠ですが、高麗人参には免疫機能をサポートする力があるので免疫の代表選手である白血球を増やす働きをもサポートします。
そして、高麗人参は自然由来の健康食品ですから副作用の心配はありません
さらに高麗人参には活性酸素を抑える働きをもサポートします。有用成分であるジンセノイドには強い活性酸素抑制に対するサポート力があり、体内の活性酸素を追い出す助けをしてくれます。白血球とピロリ菌が戦ったときに大量に発生する活性酸素。これを減らすことで、活性酸素がもたらす胃壁の破壊から胃を守ってくれるのです。
副作用もないし、ほかの薬との飲み合わせを気にする必要がないので気軽にストレスなく服用できますね。
高麗人参は、遺憾なくその能力を発揮して、体のためにしっかり働き、それでいて、体にダメージを与えるような副作用はなく、さらに別途服用している処方薬の効能さえもしっかりと機能させてくれる――言うことなしの漢方なのです。

まとめ

胃痛、胃炎があってピロリ菌の存在を疑われて医療機関を受診と抗生剤での治療が始まります。出されたクスリを約1週間飲むだけです。簡単で高確率に除菌ができるので、治療法としては確実ですし、ストレスもありません。しかし、抗生剤だけで100%除菌はできませんし、副作用の心配もぬぐえないのが現実です。
抗生剤による治療だけで済ませるのではなく、人間本来の免疫力を高めて、薬剤治療を側面からサポートすることを選択することで確実にピロリ菌を除菌しませんか。医師の言うなりになっていては自分の身をうまく守りきれないことがあることを理解して、自ら治療法を積極的に選択していくのが現代の賢い患者の姿と言えましょう。ピロリ菌の治療は抗生剤だけに頼らず、高麗人参を併せて使っていくのがベストチョイスではないでしょうか。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄