パニック障害の経験がある方を男女比で見ると女性の方が男性の約3倍にもなり、さまざまな要因により今後も増加する可能性が高くなります。
ストレスを感じることが多くある現代社会では、パニック障害につながる要因があちらこちらに溢れている状況かもしれません。
このような社会の中でパニック障害を少なくしたり、ストレスに強い体を作るには決して薬だけに頼らず、自然のものを大切にした生活を重視していきたいですね。
そこで、パニック障害の症状や原因を考えながら、私達の生活をサポートしてくれる漢方をご紹介しましょう。

パニック障害について

汗をかく猫

パニック障害は突然思いがけない瞬間に例えば「このままでは死んでしまうかもしれない」と感じるような急性の強い不安を伴うパニック発作を起こす病です。
パニック発作には突然の激しい動悸 発刊 頻脈、息苦しい、めまいなどの症状があり、場所に関しても不安や恐怖を抱くようにもなります。
検査をしても身体的な異常は何ら見当たらなくても、パニック障害による発作を繰り返してしまうのも特徴の一つです。

パニック障害によりうつ病も引き起こす

パニック発作が繰り返されることで、次の発作に襲われることに不安を感じて再び発作や恐怖感を引き起こすようにもなります。すると毎日の生活に影響を及ぼすシーンも出てくるでしょう。
また病状が進行したり、パニック障害を経験すると、うつ状態やうつ病を引き起こしやすい傾向になります。

パニック障害の実際の症状

泣いているウサギ

パニック障害の主な症状はパニック発作です。
最初の症状では、突然の激しい動悸、発汗、呼吸が苦しい、めまい、頻脈、胸がしめつけられるなどの身体症状が現れ、次第に強い不安や恐怖感を感じてしまう病気です。
発作自体は時間と共に収まっていきますが、発作を何回か繰り返すうちに、また次に発作をおこしたらどうしよう・・・とパニック発作も対しても強い不安や恐怖感を抱くようになるでしょう。
発作は10分くらいから長くても1時間くらいでおさまることがほとんどです。

主なパニック発作

  • 心臓や呼吸器に起きる症状、心臓の動悸、頻脈、息苦しい
  • 胸やお腹に起きる症状
    胸に痛みや違和感を感じる、吐き気、腹部の不快感
  • 全身に起きる症状
    からだの一部がしびれる、体が震える、寒気、ほてり
  • 感覚に感じる症状
    めまい、ふらつき、現実か非現実化分からなくなる
  • 不安や恐怖
    感情をコントロールできない、死んでしまうのではないかと感じる不安や恐怖感
  • 広場恐怖
    以前にパニック発作を起こした状況を思い出し怖くなってしまう。広場恐怖を感じてしまうと、同じ状況になることを避けようと回避行動がおき、生活する範囲が狭くなってしまう。
  • 予期不安
    パニック発作を何度か経験するうちに、また同じような発作が起きるのでは?という不安や恐怖感が強くなり、いつも予期不安を感じるようになる。

見落とせない、パニック障害の診断

びっくりする猫

パニック障害の症状を感じ、救急病院や内科にかかっても検査では身体に異常は見当たりません。そのため特に病気ではないと診断されてしまうことも多く、そのまま放置することで悪化してしまう可能性も出てきます。
特に発作を起こす引き金になる原因やきっかけがなくても、発作が起きてしまうのもパニック障害の特徴的な症状なのです。
パニック障害の診断や治療は、内科ではなく精神神経科や心療内科を受診し、専門医師にきちんと診断してもらいましょう。

パニック障害の診断は、まず患者さん本人に症状や経過を聴く問診が行われます。また、近くにいる家族にも問診を行い患者さんの様子を聞く必要も出てくるでしょう。問診によって得た情報を診断基準と照らし合わせて満たすか満たさないかで診断されますが、診断の確実性を高めるために、心理検査を合わせて行うこともあります。

主に問診で聞かれる内容

  1. 最初に発作が起こった時期
  2. 一番直近に起きた発作の時期
  3. 発作が続いていたおおよその時間
  4. 発作を起こした回数
  5. 発作と合わせて起こった症状
  6. 家族構成、環境、学歴、職歴
  7. 考えられる原因
  8. 他に何か病気にかかっているか
  9. 飲酒、喫煙について
  10. 服用している薬について
  11. ストレスを感じているか
など、精神神経科や心療内科ではこのような内容の問診が行われることが多いでしょう。患者自身や家族が全てのことを打ち明けて話すことが正しい診断へつながります。
米国精神医学会によって2000年に作成された「精神疾患の診断・統計マニュアル第4版、解説改訂版」か、世界保健機構により1992年に作成された「国際質病分類第10版(略してICD-10)」これら二つのどちらの国際的診断基準をもとに診断するのかは、各医師の判断にゆだねられています。
実際のところ2つの診断基準の内容はほぼ同じであり、内容を分かりやすく下記にまとめてみました。
猫の医者
  • 心臓がどきどきする動機や心拍数が増加する
  • 発汗異常
  • 震え、手足の震え
  • 息切れ、息苦しさ、息が詰まる
  • 窒息感
  • 胸の痛み、胸の圧迫感
  • 吐き気、腹部のいやな違和感
  • めまい、ふらつき、頭が軽くなる、気が遠くなる
  • 現実か非現実か判断できない非現実感
  • 離人症状、自分が自分でないような感覚
  • コントロールできない、気が狂いそうなことに対する恐怖や不安
  • 死んでしまいそう、死ぬことに対する恐怖感
  • しびれやうずくような知覚異常
  • 冷感や熱感、ほてり
  • パニック障害が起きた時に場所や状況に対して不安を感じる
などの症状の中で4つ以上の症状が突然起こり、10分以内にピークに達するとパニック発作と診断されます。
パニック障害の発作を一度経験したからといって、すぐにパニック障害と診断されるわけではありません。
予期しないパニック発作が何度も折り返し起こり、予期不安や死んだり狂ったりするのではと感じる強い恐怖や不安などが1カ月以上続く、また発作の原因がほかの薬の服用によるものや他の身体の病気と関係ないなどの確認ができ、一定の基準によって診断されます。

パニック障害と間違われやすい疾患

パニック障害の症状には他の病気や疾患とよく似ていて区別がつきにくいものが含まれています。いくつか間違われやすい疾患がいくつかあり、自己判断は決して良くありません
僧帽弁逸脱症、バセドウ病、低血糖、褐色細胞腫、側頭葉てんかん、メニエール病、社会不安障害、自律神経失調症、心臓神経症、過呼吸症候群、不安神経症などは共通する症状が多く、パニック障害との区別が大変難しい上に併発する可能性もあるのです。
それぞれに治療方法や対処法が異り、パニック障害の場合はうつ病を併発しやすくなる為、きちんとした診断を受けることが大切ですね。

今だ解明されていない原因

腕を組む猫の博士

パニック障害を引き起こす原因は完全にはわかっていないのが現状です。
しかし、脳の中の不安神経機構の異常ではないかといくつかの仮説から考えられています。何かしらの原因で交感神経が過敏に働いてしまっているということですね。

ノルアドレナリン仮説

脳の神経伝達物質であるノルアドレナリンが過剰に分泌され、神経伝達物質やそれを受け止めるレセプターの機能が正常に働かないと考えられている説

セトロニン説

ノルアドレナリンによって起きる不安や恐怖感を抑える役目のあるセロトニンという神経伝達物質が不足したり鈍くなっていると考えられられている説

ギャバ・ベンジゾアゼビン仮説

不安や恐怖感を抑える働きをしているギャバを受け止めるレセプターや連結しているベンジゾアゼビン・レセプターの感受性に異常があるとする説
他にも、遺伝での体質が原因になっているとも考えられていて、患者の家系にパニック障害をはじめとして、うつ病やアルコール依存症の発症率が高いともされています。
何かしらで不安や恐怖を感じやすい体質が関係していると考えられます。また、体質に加えてストレスを多く感じる環境や、幼児期でのつらい経験などの要素によっても発症する可能性もあるようです。
ストレスなどが原因で交感神経が過剰に働いてしまい発症するうつ病と構造が似ていることから、パニック障害とうつ病を併発しやすいのもうなづけますね。
泣いているウサギ
交感神経が過剰に働いているということから、パニック障害の原因は不安ストレスの2点に絞られると断言できるのではないでしょうか。
不安とストレスによって交感神経が過敏に働いた結果、発症する症状は人それぞれでしょう。うつ病として発病する場合や、うつ病ではなくパニック障害として発病する場合、または両方を発病してしまう場合もあるのです。
パニック障害も交感神経が高ぶることで不眠症になりやすいのもうつ病と同じ特徴です。
寝付けたとしても熟睡していない状態なので、疲れが取れず体がだるく感じられる症状もあるでしょう。

パニック障害の治療~ストレスに対応できる体作りを

元気な猫

パニック障害の治療には、抗うつ薬などを服用する薬物療法と認知行動療法、精神療法などの精神療法、また生活から改善していく方法などが取られます。
原因がストレスであるなら、まずそのストレスを軽減させる方法を試してみましょう。薬に頼りすぎず根本的な部分を改善していく、いくつかの効果的な方法をご紹介します。
  1. 軽い運動

    激しい運動は、乳酸がたまることでパニック障害の悪化を招きやすいので、軽く汗を流せるくらいの心地よく感じる軽い運動が有効です。軽い運動は、うつ病にも効果があることが実証されているので、薬物療法以外にできることとしてぜひ取り入れてみて欲しいことです。

  2. 食生活

    栄養バランスの乱れや偏った食事は、内臓によい影響がない上にセロトニンなどの脳の物質にも影響を及ぼします。糖分の取りすぎによる低血糖の状態は、パニック発作を起こしやすくなるので注意が必要ですね。規則正しい食生活を送ることも基本になります。

  3. 呼吸法

    パニック発作が起こる時に乱れる自律神経を整えるのに、腹式呼吸を取り入れた呼吸法が効果的です。パニック障害やうつ病を発症し、不安を感じたり緊張した状態が続くとと自然と呼吸が浅くなりやすい傾向になるからです。肩の力を抜いてお腹を意識して深い呼吸を心がけてみて下さい。ゆっくり腹式呼吸を行うと横隔膜が下がりからだに酸素が十分に巡りやすくなります。

交感神経は不安を抑えるために自然に働くものですが、生きている以上、不安やストレスを感じるシーンは様々あり、実際に不安やストレスを全く無くす努力はなかなか難しいことですね。
不安やストレスを軽減させようと努力し上手く付き合っていくようにすることが賢明でしょう。そのため、周囲の人や家族にはパニック障害の可能性があることは必ず説明しておく必要があり、理解してもらうことがとても大切なことです。

主に使用する治療薬

錠剤

薬物治療では、主に3種類の抗うつ剤を使い分け治療します。
  • 「三環系抗うつ剤」
    三つの環によって構成された薬であり、効果が出るのはSSRIよりも遅く約1ヶ月以上は時間がかかります。
  • 「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」
    抗うつ作用がある他に、不安を和らげ気持ちを落ち着かせる作用があります。
  • 「SNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」
    セロトニンとノルアドレンリンの再取り込みを阻害する薬です。
抗不安薬
  • 「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」
    不安薬の1つであるベンゾジアゼピン系抗不安薬はGABAと呼ばれる物質の脳内作用を働かせ、脳内の活動を抑制し、心の不安や緊張を和らげる効果が期待できます。
  • 「β遮断薬」
    交感神経のアドレナリン受容体の中で、β受容体のみに遮断作用を現す薬のことです。
これらの薬を用いての治療は交感神経を強制的に抑えるので、昼夜問わず強い眠気が起きる副作用が起こりやすいでしょう。
また、人間がもつオホメスタシスによって薬の効果は徐々に少なく感じられるのは、体が薬に慣れていってしまうからなのです。薬物依存にもなりかねない為、本当に重度のパニック障害と診断を受けない限りは、長期に渡る薬物療法はあまり薦められません。

穏やかな気持ちになる、力強い味方とは

疑問を感じる猫

先ほども述べたように、やはり薬物には副作用が伴い長く服用することで薬物依存にもなりかねません。パニック障害を根本治療するためには、薬物療法に入る前にまずは高麗人参を試してみてはいかがでしょうか。
高麗人参は自然の植物由来の漢方薬なので強い副作用もありません。高麗人参はバランスを維持する力が非常に高く、崩れてしまったバランスを最適な形に整えててくれます。
パニック障害やうつ病で使われる抗うつ剤などは、正確にいうと交感神経の過剰な働きを抑えてくれるのですが、高麗人参の場合は抑えるという表現より、バランスを整えるという表現が適切になります。
抗うつ薬などの薬は交感神経を一方的に押さえ込み、次第に体が薬に慣れてしまうことも。高麗人参の場合は、交感神経を副交感神経のバランスを整えるので、強い変化でなく身体にも心にも無理のない一番自然な形に整うのです。
パニック障害では常に交感神経が高い位置にあるために、眠りが浅くなるという症状もあります。うつ病も同じで熟睡できなかったり安眠できないという声も多く聞かれています。高麗人参は安らかな眠りを実現してくれるので、翌朝もシャキッと活動することができます。
パニック障害に処方される薬は副作用として眠気が強く出ることがあり、日中の強烈な眠気は日常生活に支障をきたすこともあります。その点、高麗人参は日中に服用しても交感神経の高まりを適度に押さえてコントロールしてくれるので日中眠くなることはなく、夜になると自然と眠りにつながるのです。

まとめ

パニック障害では、薬物治療は一時的な効果しか得られないと考えられます。
パニック発作を抑えたいあまり薬物治療という方法を選択せざるをえないこともあるかと思いますが、できれば薬物療法だけでなく、軽い運動を取り入れ、まわりの理解を得ながら治療に臨むことを心がけたいですね。
漢方薬である高麗人参は自然由来であることからも、身体を穏やかに元気づけてくれるので、長く付き合っていける味方です。パニック障害と上手に付き合っていくためにも、パートナーとして最適ではないでしょうか。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄