一般に認知症は、脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。その原因は、加齢、病気やあるいは怪我などと様々ですが、現在、日本では65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は推計15%で、2012年時点で約462万人に上ることが厚生労働省研究班の調査で明らかになっています。
認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計されています。
65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”となる計算です。(出所:厚生労働省)
さらに、2015年1月厚生労働省により、2025年の認知症患者は、現状の約1.5倍となる700万人を超えるとの推計が発表されました。
つまり、高齢者の相当数が認知症を発症しているということです。しかし、認知症は高齢者だけの問題はありません。さまざまなことが原因でとなり、最近は若い人でも認知症を発症するケースが増えています
また、「パーキンソン病」、「甲状腺機能低下症」、「慢性アルコール中毒」は認知症を併発することが知られています。ですので、認知症が疑われた場合、他の病気に罹っていないかを疑うことも大切です。
ここでは、初期の認知症を改善するための対策をご紹介していきます。

認知症とは

医者

歳をとると誰でも、もの覚えがわるくなったり、人の名前が思い出せなくなったりしますよね。こうした「もの忘れ」は脳の老化によるものです。
しかし、認知症は「老化によるもの忘れ」とは違います。認知症は、何かの病気によって脳の神経細胞が壊れるために起こる症状や状態を言います。そして認知症が進行すると、だんだんと理解する力や判断する力がなくなって、社会生活や日常生活に支障が出てくるようになります。
認知症のうち、およそ半数はアルツハイマー型認知症です。次に多いのがレビー小体型認知症、そして血管性認知症と続きます。これらは「三大認知症」と言われていて、全体の約85%を占めています。

アルツハイマー型認知症

もの忘れから気付くことが多く、今まで日常生活でできたことが少しずつできなくなっていきます。
新しいことが記憶できない、思い出せない、時間や場所がわからなくなるなどが特徴的です。
また、身内虐められているといった妄想や徘徊などの症状が出ることも良く知られた特徴です。原因は、異常なたんぱく質が脳にたまることで神経細胞が壊死し、脳が萎縮して(縮んで)しまうことだと言われています。
記憶を担っている海馬という部分から萎縮が始まり、だんだんと脳全体に広がります。主な症状は、新しく経験したことを記憶できず、すぐに忘れます。
食事をしたこと自体を忘れてしまうのはそのためです。また、日付、時間、昼夜の区別、自分が今いる場所、身近な家族の顔などがわからなくなることもあります。
また、判断力や理解力の低下がみられ、食事を作ったり、おつりを計算するといったそれまで日常的に行っていたことができなくなったりします。

レビー小体型認知症

特徴的な症状として、
◎実際にはいない人が見える「幻視」
◎眠っている間に怒鳴ったり、奇声をあげたりする異常言動
などの症状が目立ちます。
また、手足が震える、小刻みに歩くなどパーキンソン症状がみられることもあります。
頭がはっきりしたり、ボーッとしたり、日によって変動することも特徴的です。原因は脳の神経細胞の中に「レビー小体」と呼ばれる異常なたんぱく質の塊だと言われています。
このレビー小体が大脳に広くに現れると、その結果、認知症になります。
驚くパンダ
脳の様子は、はっきりした脳の委縮はみられないことが多いです。
主な症状は、
◎注意力がなくなる
◎ものがゆがんで見える
などの症状が現れます。
このレビー小体型認知症では、初期の段階では、記憶障害が目立たない場合もあります。時間帯や日によって、頭がはっきりしていて物事をよく理解したり判断したりできる状態と、ボーとして極端に理解する力や判断する力が低下している状態が入れ替わり起こります
特徴的な症状として幻視があります。
実際には見えないものが本人にはありありと見える症状です。見えるものの多くは小動物や人で「ねずみが壁を這い回っている」「知らない人が部屋に座っている」などと、具体的です。
また、人形を女の子と見間違ったり、丸めてある洋服を動物と見間違えたりするなどの「錯視」もよくみられます。また、睡眠時の異常言動があげられます。眠っている間に大声で叫んだり、怒鳴ったり、奇声をあげたり、暴れたりすることがあります。レム睡眠中に起こしやすいことから、レム睡眠行動障害と言います。
※レム睡眠は、身体は寝ているが脳は活動している状態なので、夢を見ていることが多くあります。
さらに、レビー小体型認知症の人の約5割にみられる症状として、抑うつ症状があげられます。
レビー小体型認知症の特徴として、患者さんによって症状の現れ方が異なります。さらに、時間帯や日によって症状が変動するので、正しく診断しにくい病気でもあります。
以下のような症例が報告されています。
①初めにパーキンソン症状が現れて「パーキンソン病」と診断された後に、記憶障害が出てきてレビー小体型認知症と診断された
②もの忘れでアルツハイマー型認知症だと思われた後にパーキンソン症状が現れたりしてレビー小体型認知症と診断された
③高齢者の場合には、うつ病と診断された後、徐々にレビー小体型認知症の症状が現れた

血管性認知症

ネコの医者

脳梗塞や脳出血などによって発症する認知症です。脳の場所や障害の程度によって、症状が異なります。

そのため、できることとできないことが比較的はっきりとわかれていることが多いです。手足の麻痺などの神経症状が起きることもあります。
原因は脳の血管が詰まる「脳梗塞」や血管が破れる「脳出血」など脳血管に障害が起きると、その周りの神経細胞がダメージを受けることがあげられます。脳の画像を見ると、障害の跡がわかります。
主な症状として認知機能障害があります。障害される能力と残っている能力があります(まだら認知症)。判断力や記憶は比較的保たれています。「せん妄」が起きで突然認知機能が悪化することがあります。
意欲や自発性がなくなったり落ち込んだりすることもあります。感情の起伏が激しくなり、些細なきっかけで泣いたり興奮したりします。
身体面の症状として、脳血管障害によって、手足に麻痺や感覚の障害など神経症状が現れることがあります。ダメージを受けた場所によっては言語障害などが出る場合もあります。
一般に認知症は治らないと言われていますが、中には治療によって治せるタイプの認知症もあります。
認知症の症状があっても、もとの病気を治療することで治ることがあるのです。こうした病気を早く見つけて早く治療を始めるためにも、認知症かな?と思ったら、早めに専門医を受診することが大切です。
治るタイプの認知症には次のようなものがあります。
  • 正常圧水頭症(せいじょうあつすいとうしょう):脳脊髄液(のうせきずいえき)が脳室に過剰にたまり、脳を圧迫します。
  • 慢性硬膜下血腫(まんせい こうまくか けっしゅ):頭をぶつけたりしたときに頭蓋骨と脳の間に血の固まりができ、それが脳を圧迫します。
  • その他:脳腫瘍、甲状腺機能低下症、栄養障害、薬物やアルコールに関連するものなど

認知症の初期症状とは。こんなことに思い当たれば、認知症かも。

日常の暮らしの中で、認知症の始まりではないかと思われる言動をまとめたものをご紹介します。
医学的な診断基準ではありませんが、暮らしの中での目安として参考にしてください。いくつか思いあたることがあれば、専門家に相談してみることがよいでしょう。その結果、何でもなければ安心ですし、他の病気が見つかればそれはそれで対応できます。
指示棒で指さすネコ

もの忘れがひどい

今切ったばかりなのに電話の相手の名前を忘れる
同じことを何度も言う・問う・する
しまい忘れ置き忘れが増えいつも探し物をしている
財布・通帳・衣類などを盗まれたと人を疑う
判断・理解力が衰える

料理・片付け・計算・運転などのミスが多くなった

新しいことが覚えられない
話のつじつまが合わない
テレビ番組の内容が理解できなくなった
場所・時聞がわからない

約束の日時や場所を間違えるようになった

慣れた道でも迷うことがある
人柄が変わる

些細なことで怒りっぽくなった

周りへの気づかいがなくなり頑固になった
自分の失敗を人のせいにする
「このごろ様子がおかしい」と周囲から言われた。
不安感が強い

ひとりになるとこわがったり寂しがったりする

外出時持ち物を何度も確かめる
「頭が変になった」と本人が訴える
意欲がなくなる

下着を替えず身だしなみをかまわなくなった

趣味や好きなテレビ番組に興味を示さなくなった
ふさぎ込んで何をするのも億劫がり、いやがる

認知症の薬物治療

現在、アルツハイマー型認知症を元の状態に戻す治療法はありません。ですからアルツハイマー型認知症の治療はご本人が快適に暮らせるよう、またご家族や介護者の負担を軽くすることが治療の目的となります。

主な治療としては以下の二つがあげられます。
◎非薬物療法:本人の感情や興味を刺激し心の安全をはかる
◎薬物療法:アルツハイマー型認知症のお薬による治療
薬と水
ここではアルツハイマー型認知症に対する薬物療法についてご説明します。
アルツハイマー型認知症の症状は、頭の中の情報をうまくコントロールできない状態です。
これは一般に脳の神経細胞が抜け落ち、そこで情報を伝えているアセチルコリンという物質が減るために起こっているものなので、アルツハイマー型認知症の薬には、アセチルコリンを分解するアセチルコリンエステラーゼを阻害する作用があり、その効果でアセチルコリンを有効に働かせることで、頭の中の情報伝達を助け、アルツハイマー型認知症の症状の進行を遅らせる効果があるとされています。
この働きを持った薬としいて、ドネペジル(商品名:アリセプト)があります。
ドネペジル(商品名:アリセプト):アルツハイマー型認知症およびレビー小体型認知症の症状進行を抑制する薬です。認知症治療薬の中でも古くから使用されており、国内外とも大きなシェアを占めています。
【種類・剤型】

  1. 口腔内崩壊錠(OD錠):少量の水分で溶けるように設計された薬です。口の中に入れると唾液で瞬時に溶けるため、水なしで飲むことができます。飲み込む力の弱い方に便利です。通常の錠剤と同様に水と一緒に飲むこともできます。最もよく処方されています。
  2. ゼリー剤:カップに入った一口サイズのゼリー状の製剤です。飲み込む力が弱い人に適しています。3mg、5mg、10mgの3種類がありますが、用量が変わってもゼリーのサイズは同一です。服用しやすいようにはちみつレモンの風味が付けられています。
  3. ドライシロップ:粉末を水に溶かして液体として飲むことができます。粉末のまま飲むこともできます。
他に錠剤や細粒もありますが、上記のような剤型の普及に伴い、使われる機会は少なくなってきています。
※心筋梗塞、消化性腸潰瘍、肝障害、錐体外路症状が現れた場合は服用できません。
ただし、病院で処方される薬は短期的にはいいが長期服用した場合の臨床データはまだ存在していません。
また、ドネペジルから認知症治療に入ってしまうと、ドネペルジより強い薬を次に進められ、成れの果ては薬漬けにされてしまうのでそのことをよく理解した上で医師の言うことだけを鵜呑みにして安易にドネペジルを服用するのは危険だということをよく肝に銘じておいてください。
さらに、先にあげた「正常圧水頭症」などの治るタイプの認知症にドネペジルを処方するのは危険で、病院では認知症の中のどのタイプなのかよく見極めもせずにドネペルジを処方する医者が残念ながら少なからずいるようですので注意が必要です。
認知症の中には完治するものもあるので病院で処方される薬には十分気を付けましょう。

認知症による「うつ・抑うつ」の症状を発症したら

認知症では気分が落ち込む、眠れない、食欲がなく食べない、感情が鈍くなっている、何に対しても興味を示さないなどの症状が現れることがあります。これを「うつ」または「抑うつ状態」と言います。
ふさぎこむパンダ
認知症を発症している人の「うつ」とは、うつ病と診断されているという断定したものではなく、気分が落ち込んだうつ状態にあると考えた方が良いでしょう。
抑うつも同じように使われます。うつ・抑うつはアルツハイマー型や脳血管性、前頭側頭葉型などでも見られます。
なかでも一番多く「うつ症状」が見られるのがレビー小体型の認知症だと言われています。
認知症で発症するうつ・抑うつの原因は第一に生活環境が大きく変わったことなどが原因となりやすいと言われています。
身内や親しい人が亡くなる、息子や娘と同居のため、住み慣れた場所から知らない土地へ引っ越す、介護施設への入所など、生活環境が大きく変わったときに、気分が落ち込みうつが起こることがあります。
それからまだ理解力が落ちていない認知症初期で、自分が認知症であるということを認識してうつになってしまう場合もあります。
この環境の変化によるものよりも注意していただきたいのが、飲んでいる薬が原因で発症する可能性です。
飲んでいる薬によりうつや抑うつが引き起こされることが多いとされています。
高血圧の薬や鎮痛剤、パーキンソン病の薬の副作用として、「うつ」を起こしやすいとされています。それらの薬を認知症の方でも飲んでいることがありますのでご注意下さい。

認知症と高麗人参

前述のとおり、認知症の治療薬は情報伝達を担うアセチルコリンを分解する酵素アセチルコリンエステラーゼを阻害する薬だけが厚労省から認められています。
残念ながらアルツハイマー型認知症を発症すると10年から15年で死亡すると言われています。
では認知症を発症してしまったら、何もうつ手はないのでしょうか?
悲しそうなウサギ
いいえそんなことはありません。
近年注目をあびているのが認知症と高麗人参の関係です。さまざまな研究もなされているようです。
認知症の脳の中ではアミロイドβ蛋白が神経細胞を死滅させています。
しかし、そこに高麗人参が投与されると神経細胞の死滅が抑制されることが千葉大学医学部龍野一郎先生、千葉県立東金病院平井愛山先生らの研究により確認されています。これについては同様の結果が世界の多くの研究者の間でも確認されています。
また、これ以外にも複数の研究がなされて、症状の改善に関する論文が多数発表されています。高麗人参がアルツハイマー病患者の認知成績に臨床的に効果があることを示唆した報告もなされています
さらに、高麗人参は、脳血管性認知症への効果も期待できます。
愛媛大学医学部の阪中雅広先生や中国のZhang G先生らは、それぞれ、脳血管性認知症モデルのネズミに、高麗人参を投与する試験を実施した結果、虚血による神経細胞死や学習能力の低下を抑制することが明らかになりました。これは、高麗人参が脳血管性認知症の有効な薬となりうることを示唆しています
これらの試験結果からもわかるとおり、高麗人参には、認知症の改善をサポートする働きがあります。しかし、現在の日本ではまだ漢方薬は正式な薬としては認可されてはいません。現行の薬事法では、高麗人参の病気への効能を書くことも認められていません。
ですが、今後、認知症の予防および治療の現場において、高麗人参は、大いに役立つことでしょう。
また、前述したとおり、認知症はうつ病を併発しやすいですが、高麗人参はうつ病のサポートをする力があり、高血圧の薬やパーキンソン病への助けになることもわかっています。将来的に、一度服用した一生やめられない高血圧の薬などをやめることをサポートする可能性すらあります。
高麗人参を認知症対策にプラスして認知症患者が併発しやすいうつ病への備えとしては如何でしょうか。
高麗人参は自然由来の漢方なので認知症の治療薬のような副作用も一切ありませんから、薬漬けになってしまう不安もありませんね。

まとめ

先ほど、認知症の治療薬を説明したところで、治療薬のドネペジルについてご説明しました。
この薬は自律神経に作用する効能がありますが、高麗人参にも自律神経失調症をサポートする力があるので、服用することで薬漬けのリスクがあるドネペルジの代わりに今後使用していくことも可能でしょう。
また、高麗人参は滋養強壮剤としても有名なので、認知症によって体が弱ることへのサポートとして高麗人参を摂取してみてはいかがでしょうか。認知症のあらゆる面をサポートする力が備わっているのがこの高麗人参なのです。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄