朝起きると顔が腫れぼったい、夕方になると足がパンパンに張っているなんてことはありませんか?
ドラックストアに行くと浮腫み対策グッズがたくさん売られています。世の中にはそれほど「むくみ」の悩みを抱えた女性が多いのです。
むくみは、何らかの理由で、血流が悪くなり、静脈が詰まったり、リンパ液の流れが滞ったりしたときなどに現れてきます。全身を流れている血液中の水分が、何らかの原因によって全身あるいは身体のある部分に留まってしまうという現象です。
何の問題もなければ血液としてさらさらと流れ、心臓に戻っていくべきものがどこかに留まってしまうわけです。
体にとって決して良い状態ではありません。ですから、身体にむくみが現れたときには、ご自身の生活習慣や身体の不調について振り返ってみる必要があります。
今回はこの知られざる「むくみ」の正体にせまり、どうしたら解消できるかについてご説明していきます。

「むくみ」の正体とは?そのメカニズムに迫る

最初にも述べましたが、血流に伴う静脈の詰まりやリンパ液の滞りなどが起こったときに現れてきます。言い換えれば、体内の水分が異常に増加している「代謝異常」の状態ということです。
泣いているウサギ
「むくみ」が起こる原因は一般的に以下のようなことがあげられます。
  • 塩分や当分のとりすぎ
  • 寝不足
  • 運動不足
  • 冷え
  • ストレス
それ以外にも、外食や偏食や不規則な食事時間などで、栄養にかたよりがあるとき生理の前などには、全身がむくみやすくなります。
脚や顔、まぶたなど、ある部分のみに起こるむくみの場合は水分過多睡眠不足不自然な姿勢によるものが考えられます。
原因はさまざまありますが、それによって細胞が行う代謝活動の結果生じた水溶性の老廃物がうまく排泄できずに細胞と細胞の間(間質液)にとどまり続けることで起こる、と医学的には定義されています。
そのメカニズムをわかりやすく説明すると、次のようになります。
心臓から静脈を通って、全身に送り出された血液中に含まれる血しょう成分が「細胞間液」となり細胞に栄養を送り込みます。その後、再び血液と共に心臓へ戻り、また全身へ送り出されるという動きを繰り返します。
その「細胞間液」が血液中にうまく戻れなかった場合に、身体のあちこちにむくみとなって現れてくるのです。人間の身体の80パーセントは水分ですから、どこに水分があってもおかしいとはいえませんが、そのバランスが崩れてくると、むくみとして目に見える形になってきます。
体内で生成された熱エネルギー(カロリー)を利用して細胞と間質液と血液間の物質の受け渡しを行う一連の流れを「代謝」と呼んでいます。
代謝が滞りなく行われている時は血液に溶けている栄養素や酸素の吸収と老廃物の排泄とがうまくいっているということになり、老廃物や不要物が溶けている血液やリンパ液は腎臓で濾過されて尿となり、腎臓でろ過しきれなかった残りカスは腸に送られ便と一緒に排泄されます。
ところが何らかの要因があり、上記のようなむくみの原因とされることが起こる「排泄」機能に悪影響が現れます。
そして、血液やリンパ液の中で行われる栄養素や酸素と老廃物や二酸化炭素との受け渡しがスムーズに行われなくなります。受け渡せなかった細胞内から排泄された老廃物は間質液にとどまり続けますから、間質液中のそれらの貯蔵量が増えていきます。
これが「むくみ」が発生するメカニズムになります。
困り顔の女性

なぜ「むくみ」は女性に多いのか?

ちなみに男性がむくみを気にするケースって出くわしたことがありますか?たぶん、そんなにないですよね。
男女比で考えると、「むくみ」の悩みを抱えているのは圧倒的に女性の方が多いのです。しかも体の部位的には「ふくらはぎ」が最も多いとされていますが、それはなぜでしょう?
◎むくみが女性に多い理由を挙げてみます。
①貧血や低血圧の割合が男性よりも多い(血行不良気味)
②筋肉量が男性よりも少ない
まずは理由①から見ていきましょう。
細胞は間質液を介して血液から栄養素と酸素を受け取り、老廃物や二酸化炭素ガスを戻しているというのはすでに説明した通りです。
つまり、低血圧貧血等で血行不良を起こしやすい女性は受け取ることができる栄養素と酸素の量、そして一回で排泄できる老廃物や炭酸ガスの量が少なくなってしまうため代謝効率が悪くなります。
しかし細胞ではどんどんと老廃物炭酸ガスが生じてしまい、仲介している間質液内に溜まっていってしまいます。これが、むくみが女性に多い第一の理由です。
さらに「便秘」が多い女性の場合、悪玉菌が出す毒性の強いガスが腸壁から吸収されて血液や血管の細胞を傷つけ機能を低下させてしまうことで、運搬能力が低下して代謝を落とすということも要因として考えられます。
悪さをするキャラクター
次に理由②の「筋肉量の問題」についてですが、これを説明する前に「ふくらはぎ」の役割について説明していきたいと思います。
地球には重力が働いているので、その影響を受け体内にある水分も常に地面側に引っ張られています。
血液は心臓と血管の伸縮運動、つまりポンプ機能によって身体中に運搬されていきますが、足元に溜まりがちな血液やリンパ液を心臓側に戻すには、心臓と血管だけでは足りず、もう一つ大きなポンプが必要になります。この、下半身側にある大きなポンプが「ふくらはぎ」なのです。
ふくらはぎ」は歩く、走る、ジャンプするという運動にとってとても重要な役割を担うため、伸縮性に富んだしなやかな筋肉で出来ています。
この「運動に合わせて筋肉が伸縮すること」で足側に落ちてきた血液やリンパ液を強力に押し出し一気に上半身へと戻していくのです。ウォーキングで適度にふくらはぎを動かすことで、ふくらはぎの筋肉にそなわっている強力なポンプ機能が正常に作用し、下半身の血流を促して代謝が上がります。これが、ウォーキングが健康に良いとされる理由です。
ふくらはぎのポンプ機能は筋肉の収縮によって支えられているので、男性に比べると筋肉量が少ない女性ではポンプ機能自体が弱く、ふくらはぎにむくみを生じやすいと言えるのです。

むくみ対策には高麗人参がオススメなワケ!

バンザイする医者

以上、むくみが女性に多く、ふくらはぎに起こりやすいという理由はこれでお分りいただけましたね?
具体的に「ふくらはぎに起こるむくみを撃退するにはどうしたら良いか?」とここで質問すれば、みなさんはきっと「ふくらはぎの筋肉を鍛えれば良い」と言うでしょう。
そしてそれには、足をつかう運動、つまり「歩く」「走る」という運動はふくらはぎを使うので、ウォーキングや軽めのジョギングが体に無理のないふくらはぎのトレーニングとしては最適と言えるでしょう。
しかし、忙しい現代人にとって毎日運動のために時間を割くのはなかなか容易なことではありませんよね。更に言ってしまえば、人間得意不得意がありますから、運動が苦手という人もかなりいることと思います。そんな人におススメしたいむくみ対策は、体の「めぐり」に着目することです。
前述のとおり、「むくみ」の最大の原因は血行不良です。ですから、この血行不良を改善すれば、むくみは自然となくなるのです。血液の流れがいわゆる「めぐり」です。ウォーキングなどでふくらはぎを鍛えるというのも、ふくらはぎの筋肉のポンプ機能を高めることで、体内のめぐりを促すのが目的なわけですから、体内の「めぐり」を改善させるというのはむくみの悩みから解放される根本的な方法なのです。
そこでおススメしたいのが、漢方薬としても有名な「高麗人参」です。高麗人参は古来よりめぐりの悪い状態をサポートする力があるとされていて、現代医学でもめぐりをよくする力が実証されています。
高麗人参には特有のサポニン成分である「ジンセノサイド」という物質が豊富に含まれています。「ジンセノサイド」は単一の成分ではなく、組成の違いによって働きが異なり、体内の生体バランスを良好に維持してくれる成分です。
これは、足りないものを補ってくれる栄養の宝庫というイメージですね。
喜ぶウサギ
色々なサポート力の中でも「めぐりを改善する力」に対する有用性は高く、低血圧症をはじめ、それに関連が深い「冷え性」や「貧血」のケアにも一役買ってくれます。
※ちなみに、低血圧=血が足りていないということについての詳細は「低血圧」の章を参考にしてください
このように、運動嫌いな人、あるいは体の状態によっては運動をしてはいけない人もいますから、そういう方が、高麗人参を日々の生活の中にうまく組み入れることで、まるでウォーキングなどでふくらはぎなどを鍛えたかのような、あるいは、それ以上の「めぐり」を得ることが可能になるのです。
「ジンセノサイド」は高麗人参にしか含まれていない特殊な成分ですので、他のサプリメントでは高麗人参ほどの高いめぐり(=むくみ対策)を得ることは難しいと言えます。

むくみの原因はいろいろ!だから高麗人参でまとめてスッキリ!

ここで最初に述べた「むくみ」の原因を思い出してください。
  • ストレス
  • 加齢
  • ホルモンバランス異常
  • 運動不足
  • 肥満
  • 便秘
などがありましたね。
ネコの医者
さらに、女性の場合は筋肉量が男性よりも少なく(=ふくらはぎのポンプ機能が弱い)、血の量も足りていない(低血圧症)なども女性にむくみが多い理由としていくつか挙げました。
ここまで述べてきましたように、一口に「むくみ」といっても、実は、その原因はひとつではなく、非常に多岐に渡っています。その原因、一つ一つに対処するためには、多くの時間をかけて対策を講じる必要性があります。
しかし、「体の代謝機能」を良くすることで、体の余分な水分を効率よく排泄すれば、それによってむくみは軽減すると述べました。そのために最も重要なことは「体内のめぐりを改善」することであるということも今までの説明でご理解いただけたと思います。
そして、そのために高麗人参をおススメしたいということも述べました。高麗人参特有の成分である「ジンセノサイド」は科学的にも「めぐり」が滞っている、潤滑でない状態に対してのケア力が高く、高麗人参であれば女性が抱える「むくみの悩み」に対して十分な対策が講じられることもご説明しました。(「ジンセノサイド」の詳細については「ジンセノサイド」の章を参考にしてください)
いわゆる、病院で処方される、西洋医学による薬の場合、どうしても副作用とかが気になりますが、そもそも自然由来食品由来の高麗人参なら副作用の心配もなく、安心して生活に取り入れることができます。

まとめ

このように、「むくみ」はとても身近ですが、原因や発生のメカニズムにはいろいろな要素が絡んでいるため簡単に解決することができません。
しかし結論としては「血行不良からくる代謝障害」で余分な水分が排泄されず体内にたまっていくことで起こる現象ですから、「体内のめぐりを改め、代謝を健全な状態に戻す」ことができれば自然とむくみの悩みからは解放されるはずです。
漢方の世界では、体内のめぐりを良くすることは、トータル的に生体バランスを良好に保ち、様々な健康被害のケアや対策に有用であるとされています。そのためのオールマイティな薬として重宝されてきたのが高麗人参です。あなたも高麗人参の力で快適な毎日を送ってみませんか?

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄