様々なウイルスが世界中で発生し、その感染対策が急がれる昨今、それらのウイルスから体を守るものとして、重要視されているのが「免疫」です。
これらは医学情報番組などでもよく耳にしますね。では「免疫とは何ですか?」と質問されても多くの人がきちんと答えられないのもこの「免疫」ではないでしょうか。「免疫」とは一体何なのか、体の中でどんな役割を担っているのか、ここでは、そんな免疫力について説明していきます。

知っているようで知らない「免疫」とは?

「免疫」について、ひと言で表わすならば、「私たちのからだを守る力」とですね。
その文字が表わすとおり、「“疫(疾病)”から免れる」ために働くものです。
例えば、空気中には目に見えないウイルスや細菌、カビなどがウヨウヨしていますが、それを吸い込んでもすぐに病気にならないのは、ヒトのカラダに免疫力が備わっているからです。
免疫とは体内に細菌やウイルスが侵入した時に、体内の細胞と、体外から入った異物を区別し、異物だけを攻撃し戦うことで、体を守ってくれるものです。
ウイルス
また、体内で変質した自分自身の細胞(たとえばガン細胞など)から自分自身を守るのも、免疫の機能によるものといえます。
その免疫には2種類が存在し、ひとつは白血球のマクロファージやリンパ球、顆粒球などの細胞によるもの、もうひとつはタンパク質から作られる抗体が主体となるもの。
いずれも、体に異常をきたす物質と戦い、健康を保ってくれるため、こうした免疫の機能を高めるのはとても重要なことなのです。
この免疫力は「免疫細胞」という細胞の働きによって成り立っています。その「免疫細胞」とは、血液中に含まれる白血球のことです。
血液を通って至るところに存在し、パトロールをしながら、常に病原体から体を守ってくれるため、体を守る警察官あるいはガードマンとも言えますね。
たとえば、「病気にかかると白血球の値が上昇する」ということを聞いたことがありませんか?
それはつまり、病原体を撃退するために、体の防御本能が白血球を増やして攻撃しているということです。
免疫細胞は人ひとりの体で何千億個にもおよぶと言われ、あらゆる病原体と日々戦いながら体を守ってくれています。
パトロールするパトカー
ここで少しだけ免疫細胞について説明しておきます。

マクロファージ

異物が混入した場所にすぐさま駆けつけ、細菌やウイルス、ほこりなどの異物を食べて分解します。
処理しきれなかった場合は、「外敵が来た!」とリンパ球に伝えて、助けを求めます。そして、ヘルパーT細胞と共に細胞を活性化させます。

リンパ球

免疫の司令塔です。
マクロファージから敵の情報を受け取り、その敵をやっつける武器=抗体を作るように指令を出します。
リンパ球は一度やっつけた敵を抗原として記憶するため、2度目に侵入した時は素早く攻撃することができ、発病せずに済みます。
リンパ球には、ヘルパーT細胞をはじめ、キラーT細胞、サプレッサーT細胞、B細胞、なナチュラルキラー細胞(以下NK細胞)などがあり、それぞれに役割分担があります。

顆粒球

比較的大きい異物を丸飲みする白血球で、異物を食べて分解します。
顆粒球は大きいものを飲みこむのが得意で、リンパ球はそれよりも小さいものを飲みこむのが得意と覚えるとわかりやすいでしょう。
おもに、細菌やカビを攻撃したり、寄生虫の感染による免疫力をつけたりするのが顆粒球の役割です。けがをした後にできる膿や風邪をひいた時に出る鼻水は、異物を分解し、戦った後に“名誉の戦死”を遂げた白血球の死骸(!)なのです。
ちなみにこれらの免疫細胞の中で、最初に外敵に攻撃を仕掛けるのが以下NK細胞です

免疫力向上のカギを握るナチュラルキラー細胞について理解する

はてなマークを浮かべているウサギ

さて、前述したとおり免疫細胞はチームプレイで体を細菌やウイルスなどの外敵から体を守っています。なかでも最初に攻撃を仕掛ける、言わば切り込み隊長的な役割を果たしているのがNK細胞ですが、このNK細胞が実は免疫力工場のカギを握っています。
ウイルス感染や細胞の悪性化等に対して、体を守る免疫として、最初働くのがNK細胞です。体内に異常な細胞が発生した際に、最初にそれを発見し、すぐさまそれらを攻撃する役割を担っています。つまりNK細胞は最前線で活躍しているということです。
ガン細胞や病原体などのカラダにとって望ましくない外敵を常に監視して攻撃し排除するのが、血液中の種々の白血球の役目です。
これらはそれぞれ独自の機能を持っており、チームプレイによって病を未然に防いだり、治したりしています。
ヒトの体の中では、ガン細胞が常に発生していますし、病気の元であるさまざまな病原体が鼻や口などの器官から感染する機会を伺っています。
これに対して、NK細胞が常に全身を回って、ガン化した細胞やウイルス感染細胞がいないかをパトロールしています。いわば、警備員のような存在です。
そしてそのような異常細胞を見つけると、すぐに攻撃して殺すことでガン化や感染の拡大を防いでくれるのです。見張り役のマクロファージからの攻撃指令を受けて参戦する好中球や、時間が経ち援軍としてB細胞やT細胞などが動き出してからもNK細胞は活発に攻撃を続けます。
力強く腕を上げるネコ
本来、このNK細胞が正常に機能していれば、ガン化した細胞やウイルスに感染した細胞などを自ら見つけ出し、それらを攻撃することで悪化を防ぎながら、常に体を守ります
反対に体内の免疫バランスが崩れてしまうと、NK細胞をはじめとする免疫細胞は、ウイルス等を攻撃することができず、結果的に病気の進行を防げずに病状を悪化させてしまうのです。

心当たりは?免疫力低下を招く原因

この免疫力、実は20歳前後をピークに衰えていってしまうということが解っています。いわゆる加齢よるものです。しかし、それ以外でもストレスなどによって低下します。
免疫力が低下すると、疲れや肌荒れなどの不調がおこります。また風邪やウイルス感染、さらにはガンや肺炎など生命にかかわる病気になる危険性も高まるのです。
年齢による免疫力の低下は残念ながら誰にでも起こる自然な現象です。しかし食生活の乱れや運動不足といった日々の生活習慣でさらに低下することもあり、日頃から対策を怠らないことが大切です。
なにも対処しなければ、どんどんと免疫力は弱まってしまうので、意識して免疫力を向上させるようにしたいものです。
ちなみに加齢による免疫力の低下は、加齢によって腸内の働きが悪くなることでNK細胞を鍛えることができづらくなり、鍛えきっていないNK細胞が血中に戻って仕事をしているので免疫力が低下しているのではないかという仮説が有力となっています。

免疫力を高めるための食品とは

ナイフとフォークを持つコックのクマ

免疫力を高めるためにはバランスの良い食事を摂ることが基本!ひとつの健康成分を摂るだけでなく、さまざまな栄養素をバランス良く摂ることが大切です。
ここでは、免疫力アップのために意識して摂りいれたい食品成分をご紹介します。
食品に含まれる代表的な免疫力を高める成分
  • βグルカン:しいたけなどのキノコ類
  • βカロテン:にんじんなどの緑黄色野菜
  • フコイダン:コンブなどの海藻類
  • サポニン:大豆/高麗人参
  • プロポリス:ハチミツ
  • 乳酸菌:ヨーグルトなどの発酵食品
ちなみに最近注目されているのは、フコダインという成分です。フコイダンは免疫力の向上を促す成分で、免疫細胞の約70%が集まる腸に働きかけると言われています。

毎日続けたい!免疫を高める運動法

免疫は体温と深く関わっていて、体温が1度低くなると免疫力は約30%低くなります
体温は筋肉の量と比例しているため、筋肉をしっかり蓄えることが体温UPの鍵となります。
運動すると心臓がバクバク言うと思いますが、あれは酸素を全身に送りこむために血流を増やす必要があるからです。
指先や脳にいたるまで全身の細胞は血液の中にある赤血球(ヘモグロビン)から細胞内のほぼ全部に存在しているミトコンドリアが酸素を吸収して酸素をATPというエネルギーに変換します。ATPは車でいえばガソリンのようなものです。で、酸素がミトコンドリアでATPに変換される課程で「熱」が発生します。
なので、運動をして全身に血流が流れると体が熱くなるのはそのためです。
トレーニングマシンで運動する女性
運動を定期的に行うことで基礎代謝も良くなり体温が安定して高い状態を保てるようになるのです。体を温め、免疫力を高めるためにも日頃から適度な運動を心掛けましょう。
運動をしないとどうなるかというと、酸素が全身の細胞にくまなく送らなくなります。ボーと座っていたり引きこもってテレビとかネットを見ていたりする人は、動く必要がない、つまり全身の細胞が活動しないので、当然ながらATPを必要としません
そうなると全身の細胞の多くが活動しない状態に等しいので、ATP、つまり酸素がいらなくなるので血流も必要としません
でも、血が流れないとNK細胞が体の末端まで行き届かないことになりますし、細胞が活動しないことによって細胞の活動がにぶり、それに伴ってATPが不必要になってきます。不必要になればエネルギーの元になっている酸素が必要なくなるので、血流も必要なくなります
こうやって免疫力は徐々に低下していくのです。
では、具体的にどういう運動をしたらいいかというと、上記でわかるとおり、できれば指先や足先、首などを含めて全身をくまなく動かす運動が免疫力向上に適していると言えると思います。最近、流行っているジョギングは基本的に下半身中心なので、もし行なうならば意図的に腕を大きく振るほうがいいでしょう。
行酸素運動の代表格、エアロビクスのような全身運動が最適です。
例えば足先がなぜ冷えるかというと、足の指を動かさないからです。足の指は当たり前ですが細胞でできているので動かすためにはATPが必要になります。
でも、普段足の指は動かさないですよね。特に女性は窮屈な靴を履いて動かさないどころか「指が動けない」よう束縛していますよね。指が動かなければ当然足の指の細胞はATPが必要なくなるので、そこに末梢血管で酸素を送り込む必要がないので酸素がATPに変換されないので熱も発生しません。
ショックを受ける女性
だから足先が冷たくなるのです。で、だんだんと退化していって、ほとんどの人が足の指を開いたり閉じたりできなくなります。つまり細胞が退化してしまったので、そもそも酸素が不要になり、血流も不要になります。で、足先をケガしたらどうなるか。ケガは当然治りにくくなります。血流がないとNK細胞が足先まで届きませんので。
だから、足の指を含めて全身をくまなく動かすような運動をしないと、動かしたところの免疫は向上しますが動かさないと免疫は下がります。だから全身運動が必要になるのです。
まとまった時間がなかなか取れないという人はお風呂の後や就寝前のリラックスタイムに少し体を動かすことから始めてみても良いでしょう。
運動はなによりも習慣にすることが大切!少しずつでも良いので、取り入れていきましょう。
  • 屈伸と股わり運動

膝に手を置き、ゆっくり膝の屈伸をします。両脚をできるだけ大きく開き、つま先を外に向けて腰を落とす股わりも効果的です。

  • 8の字運動

両手を頭の上に伸ばして体をひねりながら空中で8の字を書きます。ウォーキングなどでは鍛えられない上半身の筋力UPに◎。

  • ゆさぶり運動

リズミカルに行なうことが大事。膝の屈伸をしながら腰を左右に、腕を前後に動かします。全身の血行促進UPに!

  • 腕振り運動

両腕を伸ばし、体の脇で振り子のように大きく振ります。後ろに振る時に肩甲骨を意識しながら行うと肩こり解消にも有効。

腕を振って運動する女性

免疫力をアップする注目の成分を検証してみる

さて、免疫力を上げるために大切な食事、運動についてみてきたついで、今、免疫力を上げるとして注目されている成分についてちょっと検証してみましょう。

フコダイン

先ほど、免疫力をアップする食品の中にも出てきましたが、コンブに含まれているフコダイン。免疫力を上げる成分として近年注目を集めていいます。
効能は確認されているのですが、最近その効能が認められてきたため、まだ、臨床データが十分ではなく、その効能が確定するまでには、まだしばらくかかりそうです。

乳酸菌

ヨーグルトで有名なビフィズス菌に代表される乳酸菌は腸内環境を整える働きがあり、間接的に免疫力を上げる成分として近年注目されています。
乳酸菌が腸内環境を整える効果については確認出来ているのですが、問題は摂取の方法です。
実はビフィズス菌などの乳酸菌(=腸内細菌)は、経口摂取しても排出されるだけだという臨床試験の結果が発表されています。つまり、乳酸菌は腸内細菌を増やし、腸内環境を良くすることは分かっていますが、ヨーグルトやサプリなどで乳酸菌を摂取しても、便として排出されるだけで、ほとんど腸内に残らないという臨床データが出ているのです。
つまり、免疫力を高めるのに最適な腸内環境にするのに必要な量をどうやって摂取するかがまだ解らないです。

免疫力アップのサポートに高麗人参は如何?

説明してきたように免疫力を上げるためには腸内環境を整えることが重要なことはお解かりいただけたかと思います。
教壇に立つウサギ
しかし、腸内環境を整えるために直接腸に働きかけることが難しいことも同時におわかりいただけたかと思います。
では、腸内環境を整える手段は他にないのかと思われるかたも多いと思います。実はあるのです。高麗人参は腸内環境を側面からサポートする力を持っています
腸は自律神経によって動いています。自律神経は交感神経副交感神経の2つがあって相互にバランス良く働くことで腸をコントロールしています。つまり、腸が正常に働くのに一番関係が深いのが自律神経なのです。高麗人参は自律神経のバランスをサポートします。自律神経が整うことで、腸が正常に働き、腸内環境が整っていくのです。
整った腸内では、腸内細菌の一つである善玉菌が優位な状態になります。腸内には日和見菌というものがあり、日和見菌は善玉菌が優位な状態になると善玉菌に味方をするという働きをします。
また、すでに悪玉菌優位な状態に腸内がなっている場合どうなるかというと、悪玉菌優位だと活性酸素が発生して腸を酸化させてサビつかせていき腸の壁の外側にいるNK細胞をも攻撃していきます。
高麗人参は活性酸素に対して強力なボディーガード役となり活性酸素と戦ってくれる働きがあります。このように、高麗人参は腸内環境をサポートする上で大変重要な意味を持つ自然食品なのです。
ちなみに、腸内細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見菌で構成されていて、正常な割合は2:1:7と言われこれが善玉菌優位な状態です。悪玉菌優位になると1:2:7になります。

まとめ

さて、ここまで体を守ってくれる免疫力についてご説明してきました。
近年、自己免疫不全などの疾患で苦しまれる人が増えてきています。免疫力を高める食事と運動を心がけることが大切です。
けれど続けるのが難しいのが、食事療法、運動療法のデメリットでもあります。仕事上の付き合いや家事育児の煩雑さなどからどうしても続けられずに挫折してしまいがちですね。
そんな「困った」を解決するためのひとつのアイテムとして、高麗人参を紹介させていただきました。サプリメントなら簡単に摂取できますのでストレスもありません。病気に負けず、いつまでも健康で若々しくいられるようにサプリメントを上手に活用していきましょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄