急に立ち上がったときや動いたときにフラフラする、クラクラするなどのめまいに悩まされている人は多いと思います。あなたはどうですか?
すぐにおさまる軽いものから、難聴や脳血管障害などの重篤な病気によるものまで、さまざまな原因によるめまい。

原因がはっきりとしないこともよくあります。原因が判明しても不安ですが、全く判らなければもっと不安ですね。

自分自身のことだけでなく、家族など大切な人が原因不明のめまいに悩まされているとしたら、あなたならどうしますか?

今回はそんな原因不明のめまいやふらつきに悩んでいる人が、安心して生活をおくれるように、めまいの原因とその対処法について詳しく解説していきたいと思います。

あなたのめまいはどのタイプ? -めまいのタイプは症状により3つにわけられるます

めまいはその症状の出方によって3つのタイプにわけられています。まずはその3タイプについて説明していきましょう。
頭を抑える女性

回転性のめまい

自分や周りがグルグルと回わっているような感じがあります。一般的なイメージのめまいと言えばこのタイプではないでしょうか?

音が聞こえづらくなったり、耳鳴りがしたりすることもあります。多くの原因は耳(三半規管、耳石器、前庭神経)にあります。

メニエール病、良性発作性頭位めまい症(BPPV)、中耳炎などが代表的なめまいを起こす疾患です。

浮動性あるいは動揺性のめまい

フワフワとふらついたり、まっすぐ歩けなくなったりします。頭痛、手足のしびれを伴うこともあります。多くの原因は脳(脳幹、視床、大脳皮質)にあります。
脳梗塞、脳出血などが代表的な疾患です。

立ちくらみ等を伴うめまい

立ち上がるとクラッとしたり、急に目の前が暗くなったりします。多くの原因は血流や血圧の変動にあります。
高血圧、低血圧(起立性低血圧)、不整脈、貧血などが代表的な疾患です
目を回すネコ
症状として、グルグルと目が回わったり足元がフワフワとしたりといった感じがあるめまいは、耳や脳に障害が起きて平衡感覚が乱れることによるものです。
一方でいわゆる立ちくらみは血流異常により脳に酸素が十分行き渡らなくなることによるものです。あなたのめまいの症状から原因を探ってみましょう

何科を受診すべき?

めまいには3つのタイプがあることをご説明しましたが、今悩んでいる症状がどれに当たるのか、はっきりと判からないという人の方が多いはずです。

そもそも「どのタイプに該当するか」が明確に判かるのはかなり重症化してからです。「軽いめまい」の段階では、判別しにくいのが現実です。

とは言え、実際にめまいはあるので、もしめまいを感じたらどうしたらよいのでしょう?
まずは「耳」が原因であることを疑ってみるべきです。ですから、ここはまず耳鼻科を受診しましょう。

検査の結果、やはり耳に異常が見つかった場合はそのまま医師の指示に従って治療を受けましょう。この治療には長い時間がかかることもあります。

治療は腰を据えてじっくり治していきましょう。焦っても病は改善しません。

耳鼻科で原因不明と言われたら?

耳鼻科を受診して検査もしたけど、原因が分からなかったとしたら、次に疑わしいのは「脳」です。脳神経外科を受診しましょう。
その際、「既に耳鼻科の検査はしたけれど原因が分からなかった」と必ず報告してください。最初に受診した耳鼻科の医師に紹介状を書いてもらうと、その後の診察がスムーズです。
脳神経外科の検査というとなんか重病を患ってしまった感じがしますが、通常の問診から始まり、片足で立って平衡感覚を確認したりするのがメインですし、CTやMRI検査といった一般的なものばかりですから、そんなに緊張する必要はありません。

いくつかの検査で、脳幹、視床下部、大脳皮質といった平衡感覚に関連する部分が正常に働いているかを調べます。もし異常が見つかったら、医師の診断に従って治療を開始しましょう。

それでも原因が判らなければ・・・

顎に手をあて悩む女性

耳鼻科でも脳神経外科でも原因が分からなかったら、そんなめまいの原因の大半が血流に起因しています。なので、次は内科を受診してください。血圧に異常はないか、貧血がないかなどの検査をしてもらってください。
受診する順番は関係ないって思われる人もいると思いますが、内科はめまいに対してできる検査が少ないのです。

できる検査は血液検査程度ですし、万が一貧血などがあると判明しても「疲れやストレスを溜めないように」といった簡単な指導ぐらいしかしていただけません。ですから、内科は最後に訪れるべきです。

めまいを引き起こす、命に関わるような重篤な疾患の多くは耳と脳に現れるます。ですから、最初に確認するべきは、耳鼻科と脳神経外科を受診して、どこかに異常はないか、確認することが必要です。

それでも原因不明。あなたのめまいは何が悪いのか

さて、ここまで医療機関で受診する診療科と順番について解説しました。

ここで注意したいことが、最後に内科にたどり着いたとしても、これといった原因が特定できずにまた違う医療機関を受診するといったドクターショッピングに陥ってしまうということはよくあることです。めまいが悩ましい理由もそこにあるといえるでしょう。

辛いめまいの根本的な原因は、一体何なのでしょう?
頭に?を浮かべるウサギ
実はめまいの多くは、ストレスや疲労が原因なのです。過度なストレスや疲労は自律神経のバランスを大きく崩して自律神経失調症を引き起こします。

また精神的に不穏・不安定になり始めると、うつ病として現れたりします。

めまいとして症状が現れるのは、自律神経の乱れにより耳や脳の平衡器官になんらかのダメージを与えて、それが悪影響を及ぼした場合です。

例えば、メニエール病は回転性めまいの原因としてよく聞きますが、ストレスが原因で発症することが解っています。また、ふわふわとふらつくめまいは自律神経失調症の代表的な症状です。

先ほど、内科ではめまいに対して大した治療はできない、「疲れやストレスを溜めないように」という一般的な生活指導しかできないと述べましたが、これは内科のドクターたちは専門外の症状に対して踏み込めないため苦し紛れに言っているのですが、実は対処方法としては、非常に的を射たことを言っていることになるのです。

疲れやストレスで自律神経のバランスが崩れなければ、めまいもおこらないということにつながるからです。

疲労、ストレス、自律神経の乱れ。これらがめまいの原因である可能性が非常に高いということはしっかり頭に入れておいてください。

手軽に始められるアイテム – 高麗人参サプリ

指をさすネコ

ここまで自律神経の乱れがめまいに大きく影響していることを述べてきました。であれば、根本的な原因である自律神経の乱れをなんとかしたいと思うのは人間の情です。
けれど疲労やストレスを直ちに無にするというのは現実的には無理なお話です。仕事や家事、育児などからすぐに解放されることはありませんし、生活習慣をこれまたすぐに改めて睡眠時間を長く取るというのも難しいことですよね。
でも、もし自律神経の乱れに簡単・手軽にアプローチできるアイテムがあるのならば使ってみたい。

そう思いますよね。そんなアイテムをお探しの人に、高麗人参はいかがでしょうか。

高麗人参はウコギ科の多年草。人参といっても、カレーとかに入っている「にんじん」とは全く異なるものです。中国、朝鮮半島が原産地で、4000年以上前から世界中で愛用されてきました。その働きは非常に多岐に渡ります。さまざまな働きをサポートするうちでも、「体内バランスの調整」に関するサポート力が一番長けています。
疲労やストレスなど、さまざまな原因で乱れがちな体内バランスの状態をつねにチェックして、乱れがあった場合には、すぐに助けられるように備えています。

そして、身体が本来持っている恒常性を強化して、バランスを整えるサポートをします。また、体内のバランスが乱れることによるイライラや焦燥感にも働きかけてくれます。

元気なネコ
病院で自律神経失調症やうつ病と診断されると、症状にもよりますが、大抵の場合、抗うつ剤や安定剤が処方されます。

これらは自律神経を整えるために処方される薬ですが、先にあげた高麗人参と大きく違うのは体内での働きかけ方です。

抗うつ剤などは昂りすぎた交感神経を無理やり力ずくで抑え込みます

もちろん、それにより自律神経のバランスは整えることができますし、自律神経のバランスが整うことでめまいにも一定の効果は現れるはずです。

しかし、体を無理やり整えることで体そのものへの負荷も大きく、その分、副作用が強く現れることがあります。

副作用で日中に耐えられないほど眠くなったり、身体が思うように動かなくなったりしては、どんなにめまいが軽減されたとしても辛いですし、新たなストレスにもなります。

また、長く服用をつづけることによる薬に対する耐性もできてしまいます。身体がクスリに慣れてきてしまうと、服用量が増え、結果として副作用もどんどん強くなってしまうという悪循環に多く人が陥っています。
ですが、高麗人参は自然由来の漢方です。人間が本来持っている回復力を優しくそっと支えて体に働きかけるというのが高麗人参です。

身体に無理をさせないので、副作用に悩まされることもありません。

体内のバランスが調整されることで、それまで起きていた様々な不調は緩和され、体は大変楽になる筈です。そして、不快な目がぐるぐると回る感覚やふらつきも徐々に治まってくるでしょう。

また、飲み続けることによって体のめぐりに働きかけ、立ち上がるときに悩まされるクラっとした不快感を緩和するためのサポートもしてくれます。

さらにクラクラ、フラフラが頻発している体の不調により、弱ってしまった体を労わる滋養強壮にもそのサポート力を発揮します。本来の服用の目的以外にもこんなたくさんのサポートがついてくるのですから、高麗人参を試してみたいですよね。

にこやかな女性
慢性的なめまいを自覚しているのであれば、医療機関を受診して検査を受けて、治療を受けることが何よりも大切です。

けれどいくら検査をしても原因が判らない、治療をしても症状が改善しないのならばストレスによる自律神経の乱れや血流の悪化も視野に入れる必要があります。

そして、生活習慣を改めたり、ストレスを軽減させたりするのがまずは第一です。それでも症状の改善が難しいときには高麗人参サプリメントを服用してみてはいかがでしょうか。きっと、あなたの力強いサポーターになってくれるはずです。

まとめ

ここまでめまいの原因や対処法について述べてきました。慢性的なめまいで悩まされている場合はまず医療機関を受診しましょう。

その場合は「耳鼻科」→「脳神経外科」→「内科」の順番で受診してください。各診療科でそれぞれ検査を受け、異常が見つかれば医師の診断に基づいて速やかに治療を開始してください。

ただし、明確な原因が突き止められないことはよくあることです。そういった場合はその体の不調の原因が「自律神経失調症」にあることを疑ってみてください。

そして、自律神経のバランスを整えるためのアプローチをしていきましょう。過度のストレスや疲労がある場合はまずは体を休めて、さらにストレスとなっている大元の原因を取り除いていくようにしましょう。

何かお手軽に試せるものがないかとお探しなら、高麗人参という選択肢もあります。

サプリメントは通院の必要もなく、店舗やインターネットですぐに手に入れることができます。副作用もないため気軽・気楽に始めることができます。一度試してみてはいかがでしょうか。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄