環境や人間関係の変化が目まぐるしい現代社会はストレスでいっぱいです。脳にかかる負担も増える一方ですね。
近年、脳が関係する病気が増えています。

ここでは、脳に関する基礎知識と脳が関連している病気について学んでいきたいと思います。

そもそも脳って何?自律神経との関係は・・・

顔のついた脳味噌
私たちの体をコントロールしているのは『』です。いわば司令塔の役割を果たしているのです。
自律神経も、脳によってコントロールされています。
脳を大きくわけると、三層構造になっています。
  • 一番外側・・・「大脳新皮質」
  • その内側・・・「大脳辺縁系」
  • 一番中心・・・「視床下部」

大脳新皮質

では、外側の脳「大脳新皮質」から、そのはたらきを見てみましょう。

大脳新皮質 は精神活動をつかさどります。別名、「知性の脳」と呼ばれています。
物事を知覚したり、刺激やショックを記憶したり、いろんな経験を蓄積して、考えて判断したり、計画を立てて行動したりと人間特有の高度な精神活動をつかさどる部分です。
知性や理性はここで生み出されます。

大脳辺縁系

大脳辺縁系は生命活動をつかさどります。別名「情動脳」と呼ばれています。

食欲、睡眠欲などの本能的欲求や、生理的な快・不快や、怒り、恐れ、驚きなどの感情(情動)で反応するはたらきがあります。 ここは人類の初段階でつくられた部分。生きていく上で不可欠な生命活動を担当しています。

視床下部

視床下部は自律神経を支配するコントロールセンター です。
「情動脳」大脳辺縁系の影響を強く受けていて、大脳辺縁系で生じた欲求や情動に応じて、交感神経と副交感神経をコントロールしています。

説明している女医さん
何かびっくりするようなことが起こった場合、心臓がドキドキするといった経験をしたことはありませんか?
ビックリする という状態は情動脳である「大脳辺縁系」に「驚き」が生じた状態です。
それが「視床下部」に伝わり交感神経を興奮させます。そして、 心臓をバクバクさせて全身に一気に血液を流して、この状況にすぐ対応するために全身を瞬時に反応させる準備をする のです。
車の運転で言えば、急な飛び出しに合ったとき急ブレーキをふむ、ハンドルを切るといった動作をすることです。 このときは、心臓はかなりバクバクしているでしょう。呼吸もかなり浅く、呼吸することすら忘れているくらいかもしれません。
そして、急いで車から降りて、どうなったか確認しますよね。 何もないことが確認されると安心して、そこから、極度の交感神経の状態から、平静へと戻っていきます。
このように感情の変化は自律神経に直結し、それがまた、心臓がバクバクしたり、手足がガクガク震えたりといった「体の変化」へと直結しているのです。
子供の飛び出しにビックリしたときのように、ビックリしたできごと、うれしいできごと、といった刺激だけでなく、大脳辺縁系がストレスを感じたときにも、自律神経に影響を及ぼすことが解っています。 大脳辺縁系は「感情の脳」。
イヤな気分になったり、つらい気持ちになったり。仕事での責任やプレッシャー、人間関係、子供の心配、家族の介護など、身体的にも精神的にもあらゆるストレスが、感情の脳である大脳辺縁系に影響をあたえているのです。
大脳辺縁系へのストレスがさらに視床下部に影響して、自律神経のバランスの乱れを引き起こすのです。 適度なストレスなら、日常的に起こっていることなので問題はありませんが、あまりにもストレスが多いと、体にも心にも不調があらわれます。それが自律神経失調症です。その不調がさらに悪化するといわゆる「うつ病」へつながるのです。
泣いているネコ

脳と高麗人参の意外な関係

古くから多くの人に重用されてきた万能の漢方と言われる高麗人参は自律神経の乱れをサポートすることが解っています。
それは、交感神経と副交感神経が本来のバランスに戻すことにつながります。

高麗人参には、自律神経を整える助けをする力があると昔から言われていますが、実際に自律神経の乱れが原因で起こるうつ病にたいする効果が確認されたという研究結果が論文として発表されています。
ただし、「高麗人参がうつ病に効能がある」とよく言われますが、これは正確な表現ではなく、実際に高麗人参が働きかけるのは自律神経であり、自律神経の乱れを整えるための助けになることで結果としてうつ病に効果があるのです。
なお、こちらの記事でうつ病への検証を実施した機関の名前や効果などの詳細について説明していますので詳しくはそちらをご参照下さい。
ただし、うつ病の原因はストレスが元になっているため、いくら高麗人参に効能があるからといって、うつ病の元となっているストレスを取り除かなければ、根治はしないので高麗人参だけに頼らず環境改善などストレス対策を行いましょう。

認知症と高麗人参

脳梗塞アルツハイマーは、何かしらの原因で脳の血管が収縮したりして血液の流れが悪くなることで起こることが解っています。
実はそういった病気の症状を緩和させるために高麗人参は力になります。

それは、高麗人参も血行を改善するためのサポート力があるとされているからです。
低血圧の方の血圧を上げたり、あるいは高血圧の人の血圧を下げたりして血圧を脳内血管に至るまで安定した状態に戻し、血流が改善することを助けることにつながるのです。それによって脳梗塞やアルツハイマーの予防に効果が期待できるのです。
元気いっぱいの女性

まとめ

ここまで高麗人参が脳の視床下部に働きかけることで、自律神経のバランスを整える助けをし、それにより血行が改善されることで様々な病気を改善することにつながることをご説明しました。
しかし、だからといって、普段からの生活の不摂生などを棚上げにしてしまっては元も子もありません。

まずは、生活を改善して、脳にかかるストレスを減らしつつ、そのサポート役として高麗人参を利用してみては如何でしょうか。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄