痛風とは、激痛のイメージが強い病ですが、その原因としては尿酸値が高くなることで尿酸が体内に塊となってしまい残り、患部に炎症が起きることをいいます。

そして痛風の一番恐ろしい点としては悪化すると同時に合併症を引き起こす可能性が高いことにあります。尿酸によってできた塊は、足の関節以外にも心血管、脳血管、腎臓、尿理路など重要な臓器の細い血管にもできることがあるので、合併症となってから表面化するケースも多くあります。

そして万が一血管が詰まると、狭心症や心筋梗塞、脳出血・脳梗塞といった重い疾患を引き起こしてしまうことになるのです。このような合併症を起こしやすい人の特徴としては、痛風患者以外にも肥満・高血圧・高脂血症といった特徴があります。

そこでこの記事ではそんな痛風を予防してくれると話題の『高麗人参』とその効果について解説していきたいと思います。

痛風はどうして起こるのか

痛風の男性

痛風が起こるメカニズムについて改めて解説しましょう、痛風が起きる前兆としては、まず血液の尿酸値が高い状態が続きます。

この状態を「高尿酸血症」と呼びます。その後はいつ痛風が起きるかは予測できずに、ほとんどの場合にある日突然痛風という強い関節痛に襲われ、よくいう足の親指の付け根の関節部分が赤く腫れあがり激痛が走ります。

一般的に痛風は発作が起こると5~10日で痛みが引くといわれていますが、その痛みは激痛なうえに発作は繰り返し起こり、その症状は徐々に悪化し関節に痛みが続いたり、腎機能が悪化したり、尿管結を引き起こしたりします。

やがて合併症という重い病を引き起こしてしまうことにつながることから、痛風は放っておいてはいけない症状なのです。

痛風の症状をチェックしてみよう

※これはあくまでも痛風の診断基準となります。最終的には医師による検査および診断のもと治療を行う必要があるので目安としてください。

  1. 症状が出てから1日以内にピ-クに達する
  2. 以前にも同じような症状があった
  3. 一度にひとつの関節だけに症状がある
  4. 関節の部位が赤くなる
  5. 関節が腫れている
  6. 足の親ゆびの付け根の関節に激痛、腫れがある
  7. 片足の親ゆびの付け根の関節に炎症がある
  8. 片足の足首の周りの関節に炎症がある
  9. 血液検査で尿酸値が高い

ただし、似たような病気(例えば回帰性リウマチ)もあるので最終判断は医師にまかせてください。
(公益社団法人痛風財団 公式HPより抜粋)

痛風とプリン体の関係について

説明する猫

痛風になる人ってビールや白子、あん肝といったプリン体を多く含む食事が多いということで有名ですが、この「プリン体」が尿酸を作る元といわれています。

そして尿酸が増えすぎると結晶化して塊となるのですが、この尿酸を作り出すプリン体は実はその他の食材にも含まれています。肉や魚から始まり、豆類、海藻、野菜まであらゆる食材に含まれていたんです

ですので単にビールや白子、あん肝のようなプリン体のイメージの強い食事だけを制限しても血中尿酸値は下がらないのです。とはいえ、私たちが食事から摂取しているプリン体の量は体内に存在するプリン体の20%だそうです。

そして残りの80%のプリン体は自らの体内でつくられ、そのプリン体は肝臓で分解、腎臓に運ばれ尿として排泄されます。通常この体内で作られた尿酸のほとんどが毎日排泄されていくのですが、このバランスが崩れることで血中に尿酸が溜まってしまうのです。

もちろん、食事でプリン体をセーブすることも大切ですのでプリン体の多い食材はなるべく控えるようにしましょう。

プリン体を多く含む食品一覧

豚

痛風で悩む人、痛風予防をしなければならない人の一日に摂取してもよいプリン体の摂取量は約400mgです。意外な食品があなたの尿酸値を上げている可能性もあるので次の表を参考に確認してみましょう。


痛風にならないための施策とは

お医者さん

痛風にならないためには尿酸値を低く保つことも重要ですが血中に結石となった塊が詰まらないように、サラサラの血液を保つことも重要です。

そのために、今長寿食品と呼ばれる『高麗人参』の血液をサラサラにする作用が注目されています。高麗人参とは朝鮮半島に自生する漢方薬にも使われるウコギ科の多年草ですが、今ではその作用に注目が集まり国内でも生産されるようになってきました。

そんな高麗人参の持つ血液をサラサラにする作用によって、血流が改善されることより、血液を送り出すために必要な心臓の負担は大きく軽減され、心筋梗塞を予防できます。

また、内臓の血流もよくなることで腎機能が回復し、結石となりそうな老廃物をスムーズに除去してくれる効果も期待できます。とはいっても生の高麗人参は日本ではまだなかなか入手はできないのでサプリメントで手軽に摂取しましょう。

痛風を防ぐための施策まとめ

いつ発症するかわからない痛風が起こる原因は、血液の尿酸値が高い状態が続き、血中に結晶化した塊ができてしまうことで起きます。その塊が関節に流れ詰まることで痛みとなって現れます。

一度痛風を発症した人みんなが口を揃えていうように、その痛みは激痛で数日間続きます。そして痛みは収まるものの二度と再発したくないと思うほどの痛みが脳裏に残るものの、痛風の再発率は高く頭を抱えている人も多いです。

痛風予防・症状緩和に高麗人参がいいとされている理由としては高麗人参の持つ血液をサラサラな状態に戻し血行を促進してくれる効果にあります。

とにかく痛風持ちの人、尿酸値が高く痛風が心配される人は高麗人参のような食品で血液をサラサラにすることを意識しましょう。そしてプリン体の一日の摂取量が多いと感じた人は医師の診断に従い食事面にも気を配ってください。

痛風は悪化すると命にかかわる病気です。そのことを念頭に置き、痛風予防・改善策に取り組み健康を取り戻していきましょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄