最近、ネットやTV番組で盛んに取り上げられるワードに『生活習慣病』があります。
普段の生活習慣によって引き起こされる病気の総称ですね。
中でも高血圧、糖尿病、肥満、脂質異常症は別名・死の四重奏とも呼ばれています。これは、これらの4つの病気が致死率の高い病とつながっているからです。
糖尿病は、日本人の罹患率が非常に高い疾患で、2012年国民健康・栄養調査結果によると950万人について糖尿病が強く疑われる人であるという統計が出ています。これは、男性で全体の15.2%、女性で8.7%の人が糖尿病であるということです。
糖尿病の恐ろしいところは、この病気の合併症での致死率が非常に高いというところです。先ほどと同じ統計によると糖尿病を罹患している人が脳卒中を発症する危険度は、糖尿病でない人の3倍、糖尿病を罹患している人の心筋梗塞・狭心症の危険度は、糖尿病でない人の3~4倍という統計結果が出ているのです。

糖尿病ってどんな病気

疑問を感じるヒヨコ

糖尿病は血中の糖分の値、血糖値が高くなる病気です。
ここでは、糖尿病をなぜ発症するのか、そして、どんなタイプがあるのかを詳しくご説明します。

糖尿病はなぜ発症するのか

前述のとおり、血中の糖分の値、血糖値が高くなるのが糖尿病ですが、これをもう少し詳細に説明します。
この糖分とは、正確にはブドウ糖のことを指します。そのブドウ糖が血液の中にどれくらい含まれているか(濃度)を指し示すのが血糖値です。
糖尿病でない健康な人だとこの値が空腹時でおよそ80~110mg/dLくらいです。食後はこの値が上昇しますが、通常は140mg/dLが上限とされています。この値を越えてしまった状態を高血糖と言います。糖尿病はこの高血糖がずっと続いている状態のことを言います。
ブドウ糖は食事よって体内に取り込まれた糖分が、小腸で分解されてできたものです。このブドウ糖が肝臓に運ばれてエネルギーとして消費されることになりますが、エネルギーとして消費されなかった、余ったブドウ糖はグリコーゲンに変換されて筋肉や肝臓に蓄積されます。このときに働くのがインスリンです。
糖尿病の人はこのインスリンがきちんと分泌されないため、余ったブドウ糖がグリコーゲンに変換されずに血液中に戻されるので、血糖値の値が上がってしまうのです。

糖尿病にもタイプがあります

説明する白衣の女性

一口に糖尿病と言っても発症の仕方とは発症が多い年齢などによっていくつかのタイプに分けられます。

1型糖尿病

インスリンを生成分泌する膵臓のβ細胞が破壊されてしまい、インスリンを自ら作れなくなってしまうタイプの糖尿病です。このタイプの糖尿病の場合、外部からインスリンを注射などで補給することが必須になります。
子供の糖尿病はこのタイプが多いとされていますが、最近の研究では、子供に限らず、あらゆる年齢層で発症することが解ってきています。
また、発症傾向として、ある日突然発症することが多いとの研究結果もあります。子供の糖尿病に多いタイプということで、小児糖尿病と呼ぶこともあります。また、インスリン注射を必要とすることなどから、インスリン依存型糖尿病とも呼びます。
注射器

2型糖尿病

1型糖尿病の場合と同じように膵臓からのインスリンの分泌が減ってしまうケースと分泌されたインスリンの働きが鈍いケースの2つがあります。それぞれのケースが単独で発症するケースとそれらが混ざって発症するケースがあります。日本人が発症する糖尿病の95%はこのタイプと言われています。
これといった自覚症状がないのが特徴で、健康診断などで発見されるケースも珍しくありません。
以前は、大人になってから発症することが多いとされてきましたが、1型糖尿病と同様に、近年、年齢を問わず発症するケースが増えています。
その原因は食生活などライフスタイルの欧米化だとされていますが、発症の危険因子とされているのは、肥満、飲酒、喫煙、運動不足、遺伝などで、まさに、ストレスフルな現代人が発症してしまうのは仕方のない病気とも言えるでしょう。
なお、この2型糖尿病を罹患している場合、その生活習慣からも高脂血症を合併する可能性が高く、脳卒中や心筋梗塞などが起こるリスクが格段に高くなります。

特定の原因や遺伝子の異常など他の病気が原因となる糖尿病

1型糖尿病は膵臓のβ細胞が破壊されてしまってインスリンが分泌されないのですが、そもそものβ細胞の遺伝子に何らかの問題がありインスリンが生成されず、糖尿病を発症するケースです。
また、他の疾患によって糖尿病を発症するケースおよびステロイドの服用が原因となって発症するケースもこのタイプの糖尿病に分類されます。

妊娠糖尿病

妊娠前から糖尿病を罹患しているケースではなく、妊娠したことをきっかけにして、血糖値が高くなるタイプの糖尿病です。
この糖尿病の怖いところは、本人が合併症を発症するだけなく、胎児や新生児に合併症が現れるケースがあることです。

糖尿病ってどんな症状なの?私の症状は糖尿病?合併症って何?

疑問を感じる看護師女性

実は糖尿病が別名「サイレントキラー」とも呼ばれています。これは、初期症状がほとんどなくて、自覚症状が現れたときには、病気がかなり進行してしまっていることが少なくないからです。
つまり、それくらい、普通には気が付きにくい症状ということも言えます。

糖尿病の代表的な症状とは

そんな糖尿病の代表的な症状としては次のようなものがあります。
  • 易疲労感(疲れやすくなります)
  • 口渇・多飲(喉が渇いて水分を多く摂取します)
  • 体重減少
  • 多尿(尿の量が増えます)
これらの症状を放置したまま血糖値が高い状態を放置しておくとブドウ糖によって血管が脆くなり、様々な合併症を発症してしまいます。

糖尿病の怖い合併症

糖尿病それ自体ももちろん怖い病気です。ですが、それよりも命の係わる合併症を発症することがもっと恐ろしいことです。糖尿病で最も発症しやすい合併症には次の3つがあります。
これらは、糖尿病の三大合併症と呼ばれています。
ショックをうけるネコ

①糖尿病性神経障害

糖尿病を罹患したことにより最初に発症する合併症です。高血糖の状態が長い間継続されたことで神経が変性したり、血流の低下により毛細血管を通じて栄養が神経に十分に届けられなかったりすることによって起こります。
神経障害は次の2つに大きく分けられます。

●末梢神経障害

高血糖が継続すると末梢神経から症状が現れてきます。
代表的な症状が手足の指先がジンジンしたり、痺れや痛みを感じたりといった知覚異常が現れます。中には虫が這っているような感じが現れる人もいます。
病状が進行すると次第に運動神経にも障害が現れます。
具体的な症状としては、
  • 筋肉に力が入りにくい
  • 顔面神経麻痺
  • 外眼筋麻痺
などがあります。
なお、外眼筋麻痺 は、目を動かす神経の動眼神経や滑車神経に障害が生じることで、物が二重に見えたりする症状が現れます。
このような障害によりケガをしても気付くのが遅れ、化膿して壊疽を起こしてしまい、さらに重い合併症を発症するケースもあります。

●自律神経障害

自律神経は、人間の生命活動に関わる全ての機能をコントロールする役目を負っています。
内臓や内分泌腺や血管などを支配してコントロールしているのです。人間は自らの意志とは関係なく恒常性を維持するのに必要なことを行っているということです。もう少しわかりやすく言うと、私たちは普段呼吸をするのは無意識です。
走るネコ
また、寒くなれば体温を上げようと体が働くのも無意識です。食事をすれば、胃はあなたがどう思おうとも食べた物を消化しますし、熱くなれば汗を分泌して体温を調節します。女性は月に一回排卵をして生殖を行います。
上げていくときりがありませんが、生きていくための必要なことはすべて無意識に行われているのですが、それをコントロールしているのが、自律神経です。
糖尿病性神経障害 では、この自律神経に障害が生ずることがあります。自律神経に障害が生ずると様々な症状が体に現れます。
例えば、胃の消化活動がコントロールされなくなると胃のもたれや便秘や下痢などを起こしますし、血流がコントロールされなければ、起立性低血圧による立ちくらみを起こしたります。
また、機能が低下するだけでなく、本来は何か体に不具合があると体からの危険信号が脳に伝えられるのですが、それが上手くなされなかったりするのです。
例えば、低血糖が起こったときに、動悸や発汗といった警告症状が現れなくて、症状の発見が遅れて、病気が重症化してしまうことさえあるのです。また、心筋梗塞が起こっても胸の痛みに気付かずに重篤化してしまい死に至ってしまったなんてこともありますから注意をしてください。

②糖尿病網膜症

糖尿病の合併症で、目に起こる障害としてもっとも重篤なのが、糖尿病網膜症です。
発症してしまうと治りにくく、最悪の場合、失明する可能性もあるからです。
網膜は目の一番奥にあって光を感ずる機能がありますが、この網膜に障害が生ずるのが網膜症です。
糖尿病により高血糖の状態が長く続くと血管が脆くなって、裂けたり、動脈瘤ができたりするのですが、それが網膜にもおこります。
網膜には栄養を補給するための毛細血管が走行しているのですが、そこに十分血液が巡らず、様々な障害が発生、それが進行して失明することがあるのです。

③糖尿病腎症

青ざめるシロクマ

腎臓は、空気清浄機のフィルターのような働きをしています。
つまり、身体の中にできた老廃物を含む血液を濾過して、引っかかった老廃物を尿と一緒に体の外に排出し、ろ過されてきれいになった血液を体に戻しているのです。
これは生命を維持する上でとても重要な働きです。血液を濾過するためのフィルター本体が腎臓の糸球体と呼ばれているところです。糸球体は毛細血管の塊です。糖尿病により高血糖が長い間続くと網膜と同じく血管障害や膜に変化が起きて濾過をすることができなくなってしまいます。これが糖尿病性腎症です。
糸球体が正常な状態のとき濾過機能は、身体に必要なタンパク質などが外に漏れでないように調節しています。しかし、腎症に陥って、正常でない場合、大事なタンパク質などが尿として身体の外に漏れ出てしまうのです。
これが蛋白尿と言われる状態です。蛋白尿が増えると血液中の蛋白濃度が下がり、体が浮腫んだり血圧が上がったりしやすくなり、老廃物の排出低下も手伝って、腎不全や尿毒症を発症してしまうのです。 合併症が更に別の合併症を併発してしまうという最悪の状態ですね。

糖尿病に有効な治療法について

解説するネコ

糖尿病はとても厄介な病気です。発症してしまうと治りにくい疾患ですが、そんな糖尿病の治療は、合併症を併発しないよう予防していくのが最大の目的です。
治療法は大きく分けで、食事療法と運動療法がありますが、症状に応じて薬物療法が追加されるケースもあります。

食事療法

食事療法でポイントになるのは、量・質・食事時間の3点を守ることです。このことを頭にいれた上で、これから記述することを読んでいただくとより内容が解りやすくなります。
これはあくまでも一般的な傾向なのですが、既に糖尿病を発症されている方や糖尿病予備軍と呼ばれる方の多くは肥満であることが多いと言われています。
肥満である方の多くが食事に関して問題を抱えていることが多いものです。一番見受けられるのが、暴飲暴食ですね。暴飲暴食をすることで、体に必要以上の糖分や栄養を溜め込むことなり、処理しきれない糖分が結果として血液中に取り残されるので高血糖になってしまうのです。
健康な人であっても食事のあとは一時的に血糖値が上がります。しかし、この場合、この血糖値は時間が経つと下がっていきますが、過剰に摂取をしている人の場合は、体がどんどん糖分をグリコーゲンに変換しようとしてもしきれないので当分は血中に残ってしまうのです。
ステーキを食べるパンダ
ですから、暴飲暴食をして過剰な栄養摂取をしないように糖尿病になると食事の仕方を指導されます。
一般的はカロリー制限から始まります。通常、医師や栄養士によって指導されるのですが、ひどい場合は、入院をして徹底的に指導されるケースもあります。ちなみに、よく言われるのは、一日の摂取カロリーを1600カロリー以内に抑えるようにということです。
また、摂取カロリーを単純に抑えるだけではなく、栄養バランスを考えた食事にしなければなりません。摂取カロリーを抑えたけど、栄養のバランスが取れていなくて栄養失調になってしまっては元も子もありませんね。
そして、カロリーを抑え必要な栄養を含んだ食事を決められた時間に食べることも重要です。
常に何かを食べている状態だと体が取り込んだ栄養を消化できず、糖をエネルギーに変換することもままなりません。簡単に言えば、正しい食習慣を身につけることが食事療法の3つのポイントを守ることにつながるのですね。

運動療法

ダンベルを持ち上げるネコ

食事療法で摂取カロリーを抑えることをご説明しましたが、この効果を高めるためには、日々の適度な運動が必要です。継続的に運動をすることでダイエット効果を得ることができます。
また、運動によってインスリンが正しく機能するという研究結果もあります。カロリー制限をして、無駄な栄養を取り込まず、さらにインスリンがブドウ糖をグリコーゲンに正しく変換できれば、血中の糖分量は確実に減っていくはずです。
しかし、普段から運動をしていない人が、いきなりハードな運動をすることはできませんし、何より体の様々な臓器に負担がかかるので、特に高血糖が長く続いて血管が脆くなっている人は注意が必要です。
激しい運動からではなく、ウォーキングや水中歩行などの緩やかな運動から始めていくことが肝心です。
徐々に運動の強度を上げなら、定期的に運動をしていくことで体を徐々に鍛えていくことが必要ですね。

薬物療法

カプセルの薬

食事療法と運動療法をしっかりいったにも関わらず、血糖値の値が下がらないという人については、薬を用いて血糖値をコントロールする薬物療法が用いられることがあります。前述の1型糖尿病の場合、インスリンを自ら生成できないため、治療開始のときからインスリンを投与する場合もあります。
また、すでに合併症を併発している場合は、治療開始のときより薬物療法を取り入れます。ただし、薬を使用する目的は、糖尿病の完治ではなくて、血糖値を下げてちょうど良い状態に保つためということを頭にいれておきましょう。
薬物療法には、飲み薬とインスリン注射の2種類があります。
ここで注意したいのは、薬物療法の場合、投与した薬が効きすぎて、血糖値が下がり過ぎてしまう低血糖状態に陥ってしまい、最悪の場合、昏睡状態になることがあることです。
ですから、薬物療法を取り入れた場合、それまでよりもより慎重に血糖値コントロールを行っていく必要があることも併せて理解しておく必要があります。

薬物療法に頼らずに治療する方法ってあるの?

猫の医者

前述の薬物療法について、薬が効きすぎて意識を失うことがあるって聞いて怖いって思ってしまう人もいるかもしれませんね。それ以外でも薬は副作用が心配だからあまり使いたくないという人もいるでしょう。
そういう人には、漢方を使用したサプリメントを服用してみることをおすすめします。自然由来の漢方は副作用が少ないと言われています。また、サプリメントであれば、忙しい日常生活のなかでも手軽に服用することができます。
例えば、高麗人参に含まれるサポニンという成分にはインスリンと似た働きをすることが解っています。
その成分が、血糖値をコントロールする助けになります。
また、糖尿病の代表的な症状である喉の渇きを軽減し、頻尿を改善する助けにもなります。
高麗人参があなたの糖尿病治療を強力にサポートしてくれるでしょう。

まとめ

まだ糖尿病という診断は受けていないけれど、日々忙しくて運動不足で、食事の量も多いし、親戚に糖尿病の人が多いから、ちょっと不安という人は意外に多いのではないでしょうか。
もちろん、糖尿病を発症しないためには、そんな日常生活の習慣を改善していくことが何より大切です。
それでも不安だという人には、副作用がなくて体にやさしい漢方のサプリメントを生活に取り入れてみては如何でしょうか。高麗人参の成分の中には糖尿病を予防するのに役にたつ成分がたくさん含まれています。
サプリメントを生活に上手に取り入れて、健康で明るい未来を築きましょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄