高麗人参を韓国のお土産でもらったり、自分で買ってきたものの、「どうやって食べたらいいの?」そんな疑問に悩んでいる人へ。

高麗人参には不老長寿の万能薬として、日本でも韓国の有名なお土産として知られるようになりました。そもそも高麗人参とは、主に朝鮮半島に自生する多年草で別名朝鮮人参とも呼ばれています。高麗人参は自然薯が肥えたヒトのような形をしていて、成長し収穫するまでには4年から6年もの歳月を必要とする食材では珍しい植物です。

また、東洋医学の漢方でも高麗人参は重宝され、料理やお茶に私用される以外には生薬としても使用されています。高麗人参はこのような栽培の難しさから日本では出回っていないのですが、お土産などで買ったりもらったりすると食べ方が分からないという人がほとんどです。

この記事では高麗人参のパワーをどうやって調理すれば摂取できるのか、高麗人参の食べ方・レシピを一挙公開していきたいと思います。

高麗人参の美味しい食べ方「生・粉末・乾燥したものまで一挙公開」

高麗人参

高麗人参には販売している形状として、主に生のもの、粉末状にしたもの、乾燥させて固めたものなどが存在します。それによって適する加工方法や調理方法が変わってきますのでそれぞれご紹介していきたいと思います。

生の高麗人参の美味しい食べ方

●参鶏湯(サムゲタン)

美容大国韓国の高麗人参を使用した代表的なレシピといえます。冷え性の改善や、コラーゲンによる美肌促進、風邪の引きはじめなどの免疫力向上にはばっちりのレシピです。

若鶏(可能であれば1羽、または手羽元)約600g
もち米1/4カップ、青ネギ1本、三つ葉1/4束
生の高麗人参(小1本約100g)、ニンニク2かけ、生姜1かけ、なつめ2~3個、白ごま、塩・コショウ少々、水1リットル

①もち米は10分ほど水に浸しておき、その後ざるに上げる。その間に、青ネギは3センチ幅にざく切り、三つ葉も3センチほどにざく切り、なつめはさっと水で洗う。
②鶏肉は1羽であれば内蔵を取りだし綺麗に洗い、お腹の中にもち米を入れてから、もち米が出てこないように竹串または爪楊枝でしっかり留めます。鶏肉が手羽元であれば食べやすいように関節部分に包丁をいれ切り分け、太ももの付け根から足先は骨に沿っては切込みを入れておきます。
③鍋に水1リットルと鶏肉、もち米、青ネギ、ニンニク、生姜、なつめ、を入れて強火にかけて蓋をします。沸騰して煮立ったらアクを取り、中火で再び蓋をして30〜40分煮立ったら出来上がりです。
④器に取り分け、三つ葉、塩コショウをお好みの加減でふって完成。
※ポイントは必ず骨付きの鶏肉を使うこと。骨から出る旨味が味の決め手となります。

高麗人参の天ぷら

高麗人参の天ぷらなんて珍しく贅沢に思う人も多いかもしれません。
でも、韓国では浸透している食べ方で、山芋を揚げたような感じで味は薄く、甘みともっちりした食感を楽しめます。

<材料>
生の高麗人参 200g〜400g
◇小麦粉 100g
◇水 150CC
◇塩 小さじ1/2
◇ベーキングパウダー 小さじ1/2
◇片栗粉 大さじ2
◇ごま油 小さじ2

1. 通常の天ぷらを上げる工程とほとんど変わらずいたって簡単です。◇の材料を混ぜて天ぷら粉を作っておきます。ダマが少々残る程度に菜箸でさっくり混ぜるのがポイント。面倒であれば天ぷら粉用の粉を使用してもOKです。
2. 高麗人参を天ぷら粉につけ、180℃の油の中にゆっくり投入します。高麗人参が浮いてきたら少し待ちます。高麗人参についた天ぷら粉が少々色づき中まで火が通ったら上げます。香ばしい人参の香りが漂っていたら完成です。

高麗人参酒

韓国に行くとお土産コーナーで高麗人参が丸ごと一本瓶に詰まった高麗人参酒を見かけませんか?凄く体によさそうだけど意外と高額だったりする高麗人参酒は自分で作ることも可能だったんです。

<材料>
生の高麗人参丸ごと1本 約200g〜
大きな丸口の密封容器(高麗人参が丸ごと入るサイズで)
ホワイトリカー1.8リットル
なつめ 10個
クコの実 20g

1 消毒した密閉容器にホワイトリカー、高麗人参、なつめ、クコの実、全て入れ蓋をします。1ヶ月〜2ヶ月そのまま待ち、完成です。
2 飲み方は好きな飲み方で1日10CCを目安に飲んでください。ストレートが飲みにくい方は、お湯とハチミツをいれてホット高麗人参酒にしてもいいですし、ロックや水割り、ジュースに入れるなどいろいろな飲み方で楽しんでくださいね。

乾燥高麗人参の美味しい食べ方

箸を持つ女性

韓国では乾燥した高麗人参は煎じて健康茶として飲むのが一般的です。漢方のように体の機能調整、体質改善のために毎日飲むと健康によいとされています。高麗人参茶は時間はかかるものの、その作り方はいたって簡単です。

●高麗人参茶

<材料>
乾燥高麗人参 約15g
水 700ml

1 鍋に水を入れ、火をつける前に乾燥高麗人参を投入します。火をつけ沸騰したら弱火でじっくり煮ます。40〜50分ほど煮詰めるとお湯の量は半分になります。その後熱いうちに茶こしやペーパーフィルターなどでこしたら出来上がりです。
2 飲み方としては空腹時に1日3回程度で1杯ずつを続けるといいとされています。高麗人参茶は苦味が苦手な方もいるので、お好みでハチミツやレモンなどを加えて飲んだり、ブレンドティーとして好きな紅茶と一緒に飲んだりしても飲みやすくなります。

便利!粉末状の高麗人参の美味しい食べ方

喜ぶ女性

粉末状の高麗人参を見たことはありますか?粉末高麗人参はさまざまな料理に代用できるので便利です。おかゆやお鍋にいれると風邪予防の効果が高まりますし、生姜とともに野菜スープなどにいれでもいいでしょう。
他にも、デザートに高麗人参ゼリーは大人からこどもまで食べやすく家族の健康にもおすすめです。ここでは高麗人参のゼリーについて紹介したいと思います。

高麗人参の寒天ゼリー

高麗人参の寒天ゼリーはヘルシーで体にもよいことからダイエット中の人には一石二鳥です。

<材料>
粉末高麗人参 約40g
三温糖またはてんさい糖 大さじ6
粉寒天 4g
水 500ml
お好みでホイップクリーム

1 鍋に水と三温糖またはてんさい糖、粉寒天をいれて煮ながら全てを溶かします。沸騰して全てが溶けたら、火を止めてから粉末状高麗人参をいれて混ぜながら溶かします。
2 バットに①の液を入れて常温で粗熱をとります。その後、冷蔵庫へ投入し固めます。
3 食べやすい大きさ(サイコロ状など)にカットし、ホイップクリームをトッピングすると、美味しく食べられます。
あんみつの寒天としても美味しく代用できます。

番外編、砂糖漬け・ハチミツ漬け高麗人参の美味しい作り方

女王蜂

韓国のお土産でもらったと高麗人参をどうしたらいいかわからない、というケースで番外編として以外に多いのが既に砂糖漬け・またはハチミツ漬けにされた高麗人参です。

また切片といって砂糖漬けされる前に乾燥しスライスされた高麗人参をも高麗人参の手土産コーナーではメジャーです。砂糖やハチミツに既に漬けられた高麗人参の食べ方は生の高麗人参を調理するよりもいたって簡単です。

そのままスライスして食べても大丈夫ですし、お菓子にトッピングしたり、先ほど紹介したようにお酒や紅茶にそのスライスや液をいれたりしても美味しいです。
砂糖やハチミツに使っているので甘みが強いことから、甘みを足すと美味しい料理や飲物にいれるだけでいいのです。ヨーグルトやホットの豆乳にいれて飲むのもおすすめです。

そして、賞味期限や保存できる期間が長いのが便利なポイントです。それでは、高麗人参を砂糖やハチミツで漬ける方法も見ていきましょう。

砂糖漬け高麗人参の作り方

<材料>
生の高麗人参 4本〜6本 600〜800g程度
砂糖 40〜50g
水あめ 10〜20g
ハチミツ 10g
お湯 1リットル

1 よく洗ってスライスした生の高麗人参を沸騰したお湯に投入し、軽く茹でます。(なんとなく柔らかくなる程度でOKです)茹でた高麗人参をざるにあげ、このときに茹で汁を少々よけておきます。
2 鍋茹でた高麗人参と砂糖、茹で汁を様子を見ながら加え、シロップ状になったら水あめを加えさらに煮詰めます。高麗人参が赤くなりしばらくしたら火をとめハチミツを加えます。

ハチミツ漬け高麗人参の作り方

<材料>
生の高麗人参 4本〜6本 600〜800g程度
ハチミツ 2リットル

1 消毒した密閉容器に生の高麗人参とハチミツを投入し、1ヶ月〜2ヶ月ほど寝かせて出来上がりです。時間はかかりますがとっても簡単です。
ハチミツは腐らないので先ほどの砂糖漬けに比べると保存できる期間もかなり長いので浸かるまでに時間はかかりますがこちらの方がおすすめかもしれません。

高麗人参の成分を効率よく摂取する方法

はてなマーク

このように高麗人参はさまざまな加工法がありますが、日本では日常的に食用とされていないため、高麗人参を調理することも楽しめる人であればいいのですが、手間がかかりここまで自分で加工するのは難しいと感じる人も多いかもしれません。

もし、高麗人参の持つ、冷え性改善や動脈硬化防止や生活習慣病予防、コレステロールの増加防止を目的として摂取していということであれば一番効率的なのは高麗人参をサプリメントで摂取するほうがおすすめです。

有効成分を既存の技術で閉じ込め、いつでもどこでも好きな量だけ摂取できるからです。高麗人参のサポニンという有効成分に注目したサプリメントは今では沢山出回っているので、高麗人参の産地や加工方法が明確に開示されていて安心できる会社を選ぶようにしましょう。

まとめ

高麗人参はこのようにさまざまな調理方法がありますが、やっぱり手間がかかるのにはかわりありませんね。だって、4年も6年も土の中で育ってきたのですから、もちろん煮込んだり、漬けたりする必要があります。

ただし、その代わりに養分を相当濃密に含むことになるのです。長寿食材と呼ばれるほど高麗人参は希少ですが、昔よりは随分入手しやすくなっています。もちろん、サプリメントで手軽に摂取することも可能な時代ですから、まずはあなたに合った方法で高麗人参を試してみてはいかがでしょうか。

お土産の高麗人参も厄介と思わず、貴重な長寿食材と思って楽しく調理してみてくださいね。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄