薄毛、抜け毛といった頭皮や育毛に関する悩みは年々不安と共に募り、乾燥した季節には頭皮の乾燥と共に薄毛が進行しないか心配になり、汗ばむ季節には頭皮の汗やあぶらで育毛がちゃんとできているか不安になってしまうものです。
そんな悩みは男性でも女性でも「あまり他人に相談したくないけれど、一刻も早く抜け毛を防止したい。」そんなデリケートな問題ですが、最近高麗人参のエキスが頭皮の血行促進に作用し、抜け毛を防止し育毛を促してくれるという効果が注目され始めています。
薄毛や抜け毛は年齢に限らず、頭皮の老化とホルモンバランスによるものです。その根本の原因に対して、高麗人参は一体どのような作用を促してくれるのでしょうか。
この記事では、漢方の万能薬として人気の高い高麗人参エキスが持つ、頭皮の薄毛への薄毛・抜け毛を防止してくれる作用は本当なのかどうか詳しく解説していきたいと思います。

韓国で人気沸騰!高麗人参エキス入りシャンプーとは

シャンプーする猫

韓国は日本と同様に女性の美しい髪は命とされ、そのヘアケアへの意識やこだわりはとても強い国といえます。その中でも韓国国内のさまざまな賞を受賞し、ヘアケアブランドNo.1と謳われている噂の「呂(ろ)」シャンプーを紹介しましょう。
「呂」シャンプーは発売以来既に2013時点でも41冠もの賞を受賞し、美容大国韓国で技術研究院を持つ化粧品トップメーカーが開発したシャンプーとして日本でも少し話題になりました。
その「呂」が誕生するまでの開発背景は、400種類を超える韓方から頭皮に作用してくれるより良い成分を厳選し、長年の研究による韓方の知恵と最新技術によって、頭皮の循環機能を整えて、頭皮環境のバランスを保つことで美しい髪が生まれやすい頭皮づくりと理想の髪へ導くヘアケア商品が誕生したのです。
そのパッケージからも韓国の伝統と文化を最大限に活かしたブランドの重厚感が覗えます。この「」シャンプーの気になる成分ですが、高麗人参を始めとした厳選された韓方成分なのです。
ところで、「韓方」とは一体何なのかご存知でしょうか。あまり聞き慣れない韓方について少しご説明しましょう。

「韓方」とは何か

“韓方”ではなく“漢方”の方が日本では一般的によく聞く言葉かと思いますが、漢方は中国の歴史から成り立つ伝統医学で、韓方は韓国の歴史の中で構築されてきた伝統医学です。
その韓方のチカラは韓国コスメや健康食品にも活かされています。日本では西洋医学が主流ではありますが、韓国では西洋医学と韓方の2つの考え方を融合し病気を防いだり、治療を行ったりしています。
日本では江戸時代まであった東洋医学は西洋医学の流入と共に衰退し民間医療となってしまいましたが、韓国では韓方医になるために大学6年、その後さらに研修医としての経験を積むと行った現代医学と同等の学問の知識が必要になります。
最新のデータに基づいた韓方ならではの治療を行い、日本でも人気が出ているのは美容と連携した漢方病院での美容鍼や美容皮膚科です。西洋医学と違い、根本的原因を完治させることを目指す韓方ならではの手法も注目すべき点といえるでしょう。

頭皮に嬉しい、シャンプー選びのポイントとは

チェックポイントと言っている猫

シャンプーは毎日使うものなのでその成分にこだわりを持つということはとても重要です。
シャンプーは化粧品と違い頭皮や髪自体に使うものなので、その成分が体に良くないものだったとしても気づきにくいのがシャンプーの怖いところでもあります。髪に良くない成分と髪に良い成分、両方の成分を詳しくみていきましょう。

頭皮に良くないシャンプーの成分

シャンプー選びで特に注意したい成分は「ラウリル硫酸Na」と「ラウレス硫酸Na」です。主にどちらもシャンプーの洗浄剤で界面活性剤の一種です。界面活性剤なので非常に強い洗浄力で整髪料から頭皮の皮脂まで根こそぎ吸着し、すすぐことで流落とします。
そして「ラウリル硫酸Na」とはとても小さい分子という特徴があり、頭皮の毛根からキューティクルの隙間へ浸透し余分な汚れだけでなく必要な脂やキューティクルまでも落としてしまうため、頭皮と髪自体を乾燥させてしまうのです。
ラウレス硫酸Na」は先ほどのラウリル硫酸Naにポリオキシエチレンという分子がくっつき、一つ一つの分子が強大化したものになります。こちらの洗浄力はそのまま強くあまり頭皮や髪に浸透しない成分となります。
これらの成分はとても安価なため、広告宣伝費用が過大にかかっているシャンプーや成分自体にお金をかけていない製品を選んでしまうとよく配合されている成分ですので注意してください。

頭皮に優しいシャンプーの成分

嬉しそうなうさぎ

頭皮に良いシャンプーとしてはやはりアミノ酸系シャンプーです。
アミノ酸系シャンプーは合成界面活性剤の中にアミノ酸を含んだ形で、非常に安全で低刺激、そして弱酸性のためタンパク質である髪の構造を守りながら洗浄することができる成分です。
界面活性剤の入ったシャンプーに比べて泡立ちにくいという点が難点ではありますが、敏感肌の人にも最適で髪の修復効果もあるので少し時間を置いてからしっかり洗浄する方法をおすすめします。他にも石鹸シャンプーといって脂肪酸ナトリウムから作られる合成界面活性剤を使用したシャンプーで、洗浄力はとても高く低刺激なのが特徴的です。
弱アルカリ性なので髪がきしみやすいという特徴があるものの、その後のトリートメント等でカバーすることも可能です。この2つのシャンプーは頭皮に優しい成分なので毎日のシャンプーで頭皮への刺激を与えてしまうことを防ぎながら洗浄できるので薄毛、抜け毛に悩みを抱えている人には特におすすめします。

育毛対策に体の内面からダブルで促進

説明する猫

これまでご紹介してきたように、案外自分の使っていたシャンプーに「気づけば頭皮に悪い成分が入っていた!」という人は多いでしょう。
ただしやはり裏面表記の成分一覧を確認しつつも、一般の人にはその成分がいいのか悪いのか判断できない成分がいくつもあると思います。
また、アミノ酸系シャンプーを始め頭皮に良いとされるシャンプーはやはり高額なものが多く毎日使用するには経済的にあまり気がすすまないという人もいるでしょう。他にも、前方で紹介した「呂」というシャンプーもそうですが高麗人参入りのシャンプーはニオイが苦手だという人もいますよね。
そんな人におすすめなのが高麗人参入りシャンプーを使用してもしなくても、内面からも育毛環境が整うように高麗人参をサプリメントや濃縮エキスなどで摂取するという方法です。
もちろん、薄毛・抜け毛対策には頭皮や毛根、髪の毛自体には低刺激のシャンプーを使ってあげることも重要ですが、本来の希望は内側から健康的な髪の毛がちゃんと生成できる体質になることだと思います。
高麗人参は全身の毛細血管にまで血液を促進さえ栄養と酸素を運び、新陳代謝を活発化させてくれる作用を持っています。毎日の生活に高麗人参を内側から摂取する習慣をつくることも有効な育毛対策になるのです。

まとめ

日本人を始めとしたアジア人は薄毛になってしまうと元々が黒髪であることもあり、目立ってしまうので大きな悩みとなってしまいやすいです。欧米人のようにスキンヘッドが似合えばいいのかもしれませんが、そもそも女性であればそう諦めるわけにはいきません。
昔から東洋には東洋における医学があるので、私たち日本人は西洋医学にばかり目を向けていないで自分たちの特性に近い東洋医学を取り入れてみるのも効果的なのかもしれません。
特に、高麗人参は何千年もの間私たちアジア人の健康を支えてきた万能薬ですから、内側からサプリメントなどで手軽に摂取し、育毛に最適な体内環境を整えて、外側からは頭皮に嬉しいシャンプー選びをすることで薄毛を防止し、ハリやコシのある美しい髪と健康的な頭皮を取り戻していきましょう。
そして健康におけるひとつの原因から、いくつもの問題を引き起こしているケースは多いです。あなたの育毛環境が整った健康的な体を取戻したとき、きっとその他の体への良い変化が起きることでしょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄