「最近、満足のいく性行為ができなくなってきた…」「ときどき途中で中折れしてしまう…」「以前のように全く勃起が起きない」など、EDと呼ばれるErectile Dysfunction:勃起機能の低下は軽度なEDの症状の発症も含めると日本人男性の4人に1人がそんな症状を抱えているといわれています。

自分の意思とは裏腹に体の機能が追いつかないことが増え、思うようなセックスがうまくできなくなるのです。

一般的には特に40代以上の男性からEDが発症する割合が増加し60代以上になると2人に1人がその症状を自覚しているといわれています。

さらにこのED発症の年齢層が最近では若年層にまで広がっていることから、年齢を問わず男性にとっては他人事ではない症状になってきているのです。

そんなEDの改善に今、漢方では万能薬と呼ばれる高麗人参の効果が注目されています。この記事ではEDを発症してしまう原因と高麗人参の持つ効果効能について詳しく解説します。

EDとは一体どうして起こるのか、そして勢力がさらに減退する理由とは

ため息をつく男性

そもそも性的興奮とは神経を伝ってペニスに伝わり、ペニスにある陰茎海綿体という部分の血液量が増加することで勃起という状態が起こります。

しかし、この流れの中で何らかの原因があると陰茎海綿体にまで血液がうまく送られず、勃起が得られない状態(=ED)になってしまうのです。その原因はいくつか考えられますので次の項目ごとに確認していきましょう。

EDの考えられる原因①「精神的ストレス」

体の機能には問題がなく精神的ストレスや心因的な問題で起こるEDを別名心因性EDと呼ばれています。

まず、勃起という現象が起こるためには大前提として健康であることも大切ですが、男性も精神的に性行為に挑める状態になることが重要なのです。

たとえば精神的に大きなストレスを抱え、大きな心配ごとがあったり、性行為に対してうまくいかないのではと過度に意識することで緊張感や焦りがでてしまったりして、勃起という状態になれないケースもあります。

さらに、心因性EDの中には日常のささいなストレスやパートナーとの感情的なトラブルで起こる「現実心因」と幼少期に受けた心的外傷体験や憎しみ、葛藤といった「深層心因」が原因となってしまっている場合もあり、本人がその原因に気づきにくい場合もあるのです。

もちろん、うつ病やアルコール依存といった精神の疾患を抱えていると同時にEDになりやすいともいわれていることから、心の健康を保つことはED患者にとって重要な改善要素といえます。

本を片手に説明するうさぎ

EDの考えられる原因②「身体の老化・不調」

身体的な問題でEDになってしまう原因としては、老化によって血管が衰え動脈硬化や高血圧、糖尿病、生活習慣病などで神経からのサインがペニスに伝わりにくくなることがあります。

加齢に伴うEDは一番避けられない要因ではありますが、加齢による血管障害予防するためには日常からEDの原因、EDを引き起こすとされるその他の病を予防するために生活習慣の見直しを行うことも大切です。

動脈硬化や高血圧、糖尿病、生活習慣病というこの4つの病気はその人の趣味嗜好が原因となり発症するケースが多いので医師やパートナーなどの力を借りて生活習慣を見直してみましょう。

EDの考えられる原因③「服用している薬剤の影響」

年齢を重ねるといくつか複数の薬を飲むことが増え、そのうちのどれかの薬が知らぬ間にEDを引き起こす原因となっている場合があります。

神経に影響を起こす薬の種類としては、解熱・消炎鎮痛剤、抗うつ薬、鎮けい薬、血圧拡張剤、利尿剤など他にも複数の薬がありますが、このような神経系に影響を起こす薬が返ってED症状を助長させてしまうことがあるので、思い当たることがあれば受診先の病院の担当医へ一度相談してみてください。

初めは恥ずかしく中々相談できない人もいるかと思いますが、男性同士であれば気持ちは分かるはずですから悩み続けるよりも、信頼できる医師へ思い切って相談しましょう。

病院の薬

高麗人参が勢力回復に効果的な理由とは

漢方薬でも人気のある高麗人参がEDにも効くといわれている理由は高麗人参の持つ次の作用によって改善されるといわれています。高麗人参の持つ作用を改めてみていきましょう。

血流の改善

高麗人参の持つ作用の中で老若男女問わず人気があるのは血流の改善作用です。

私たち人間は様々な理由で血行が妨げられ、肩こり腰痛、頭痛、めまい、冷え、勃起不全、不眠といった様々な体調不良を引き起こします。

血行不良は健康の大敵なのです。高麗人参の主成分はサポニンという成分ですが高麗人参のサポニンは特有の作用を持つことからジンセノサイドとも呼ばれています。

たとえば、高血圧気味の人には血圧を抑制させ、低血圧気味の人の血圧を上げてくれるような作用から、血流が改善することにより陰茎海綿体への血流量が増加して、 EDといった症状も改善できる可能性があるのです。

精巣の活性化

最近では若年層の男性でも精巣が活性化されていないことがあり、男性側の理由で不妊に悩んでいる人も増え、精子の数と精子の運動率が低下してるといわれています。

神戸大学の臨床検査によると、ある精子症患者グループに3年間にわたって高麗紅参の抽出物を投与したところ、精子数の増加有効率が約70.%も上昇し、精子運動の増加有効率が約66%も上昇したという驚きの結果を確認しています。

また、韓国の延世大学の研究チームは90人のEDに悩む患者に対し、高麗人参を投与する臨床実験を行った結果、約60%以上が向上したとの報告がありました。

このことから、高麗人参には男性ホルモンの増加と精巣の活性化の作用が大きく期待できると判明しているのです。

精神的ストレスの解消効果

高麗人参にはアダプトゲンという抗酸化物質を含んでおり、アダプトゲンは内分泌系に働きかけ精神的な安定とストレスへ抵抗する能力を高めてくれる作用があります。

アダプトゲンは日本ではあまり馴染みがないものの、アメリカではハーブなどでも人気があり精神的なストレスだけでなく、肉体的疲労からくるストレスに対しても抵抗力を高めてくれるといわれています。

EDの原因にもなる精神的、心身的ストレスを高麗人参は緩和させてくれる効果が期待できるということです。

青空と海

EDの原因とその改善策まとめ

EDという勃起不全はその人の体質もありますが、大きな原因としては「精神的ストレス」「老化」「服用している薬の影響」が関係していました。

神経を通って伝わるデリケートな人間の機能なのでちょっとした負担がEDを引き起こしている可能性も高いです。自分では気づいていない原因がそこには関係しているはずなので自分の生活習慣や生活環境を一つずつ振り返ってみてください。

その様々な要因に対応してくれるのが高麗人参の持つジンセノサイドの改善作用といえますが、まずはあなたのEDの原因を突き止め、その習慣を改善させましょう。

ストレスだって、老化だって自らの医師で予防・改善できるのです。その気持ち次第でEDが改善できるかどうかが決まります。人生は誰もが一度きりですから、健康的な体を取り戻し、EDを卒業と楽しいライフスタイルを目指しましょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄