高麗人参は、古来より「神秘の霊薬」として王侯貴族の間で高値で取引されてきました。
古代中国の文献には、「瑤光星散りて人参となす…」という漢詩がのっています。
これは、「その昔、北斗七星の一番下に輝いている星(瑤光星)が地球に散って人参となった」という意味です。
神秘的な扱いをうけていた高麗人参のことがよくわかる一文です。
では、この高麗人参のパワーの源は一体何なのでしょうか?
そのカギを握るのが【サポニン】です。今回は、高麗人参に含まれるサポニンについて詳しくご説明していきます。

サポニンって何?

説明するひよこ

【サポニン】という言葉を初めて聞いたという方もいらっしゃるでしょう。
サポニンは、様々な植物の茎・根・葉などに含まれている成分の総称です。
私たちが普段目にする植物にも、体に良い植物と毒になる植物があります。
それと同じように、サポニンにも、
  • 体に良いもの
  • 有害なもの
にわかれています。
そして、体に良いサポニンの代表選手が高麗人参に含まれるサポニンなのです。
次に、サポニンの性質について見ていきましょう。
サポニンが泡立つ性質について
サポニンという名前の由来は【シャボン】からきています。
水に溶け、またその泡で汚れを落とすこともできます。
高麗人参に含まれるサポニンも水溶性です。
つまり、【水(血中)にとけるために、高麗人参の成分を体の隅々まで届けることができる】ということになります。
では、高麗人参に含まれるサポニンの有効成分についてみていきましょう。

高麗人参のサポニンについて~その驚くべき効能~

疑問を感じるウサギ

高麗人参のサポニンは、約30種類に分類されています。これらをあわせて『ジンセノサイド』とよびます。
初めて高麗人参の栽培に成功したのは18世紀の朝鮮半島の人々です。
現在では、韓国だけでなく中国・日本でも栽培されていますが、やはり本場の韓国の高麗人参にはかないません。
韓国産の高麗人参には、30種類ものサポニンが含まれており、その分有効成分が豊富に含まれているのです。
また、サポニンは高麗人参を加工する際にも増加することがわかっています。
高麗人参の加工方法には
・白参(皮をむいたあと、乾燥させたもの)
・紅参(蒸したあと、乾燥させたもの)
の2種類があります。
サポニンの含有量が増えることがわかっているのは、『紅参』の加工法です。少し手を加えるだけで、体に良い成分が増えるのですから嬉しいことですね。

長期にわたって服用できる高麗人参

高麗人参が漢方薬として使用されたのは5000年以上も前からであると言われています。
この長い年月における経験から『長期間の服用に適する薬である』とされています。
漢方薬は、『下薬』『上薬』などにわかれています。
下薬は、毒性(副作用)が強いため長期間の服用は控えるように指示されます。
一方で、高麗人参の加工方法は安心して長期服用できる『上薬中の上薬』とされています。
漢方を作るおじいさん

ジンセノサイドの種類について

先ほど、高麗人参のサポニン(ジンセノサイド)は30種類以上にわけられていることをご説明しました。
高麗人参のジンセノサイドは、大きくわけて3つの種類にわけられます。
1 ジオール系…脳の中枢神経に働きかけ、各器官をリラックスモードにして休息させます。
2 トリオール系…脳の中枢神経に働きかけ、各器官を緊張モードにして活発化させます。
3 オレアノール系…免疫細胞を活性化させ、免疫システムをサポートします。
特に、ジオール系(リラックスモード)とトリオール系(活発モード)の2つのサポニンが含まれているのが、高麗人参のパワーの秘密です。
緊張と休息という、二つの反対の作用をもつサポニンを同時に摂取したら、効果がなくなるのではないか?
と思う方もいらっしゃることでしょう。
しかし、高麗人参に含まれるサポニンは、自律神経の交感神経(緊張活発モード)と副交感神経(休息リラックスモード)の両方のバランスをとることがわかっています。
つまり、
交感神経が活発な人➡副交感神経を活発化させるよう働きかける
副交感神経が優位な人➡交換神経を活発化させるように働きかける

ことができるのです。
服用した人の症状にあわせて作用がかわるのが、高麗人参のサポニンが特別だといわれる理由の一つです。
高麗人参を継続して飲むことで、各種病気の予防や不快な症状を軽減することができます。
次のパートで、様々な病気と高麗人参の関係についてみていきましょう。

不老長寿の霊薬と呼ばれる理由は?~ジンセノサイドの働きについて~

嬉しそうなパンダ

ジンセノサイドで期待できる効能としては、以下のものがあげられます。
ご自分が気になっている症状があれば、チェックしてみてください。
□血流改善効果…ジンセノサイドRg1は、血小板が固まるのを防ぎ、血液をサラサラに保ちます。【動脈硬化】【高血圧症】などの予防に効果的です。
□血流改善効果…自律神経のバランスを整えることで血流を改善します。【冷え性】【美肌】に効果的です。
□糖尿病を予防する…ジンセノサイドRb2には、糖代謝を助ける働きがあります。
□高血圧・低血圧を予防する…自律神経を整えることで、血流を調整します。
・高血圧の方➡正常血圧に
・低血圧の方➡正常血圧に
なるよう働きかけます。高血圧の方が高麗人参を摂取したからといって、血圧がさらにあがることはありません。
また、低血圧の方が飲むことで高血圧になることもありませんので、安心してください。
□肝臓の働きを助ける…ジンセノサイドckという成分は、肝臓の働きを助け、代謝をアップさせます。お酒が好きな方、肝機能に不安がある方は飲んでおくと安心です。
□抗ストレス・更年期障害に効果…ジンセノサイドpptという物質は、ストレスをやわらげ、ストレスからくる不眠・頭痛なども予防できます。
このように、高麗人参に含まれる30種類以上のジンセノサイドの相乗効果によって全身によい影響を与え、様々な病気を防ぐことができるのです。

まとめ

抗生物質の発見や外科手術の進歩によって、数多くの難病が治る時代になってきました。しかし、西洋医学は、『病気を治すための医学』です。
最近では、高血圧症・脳卒中・糖尿病・ガンなどが日本人の死因の半分以上を占めています。
そのような病気になってしまったとき、薬や手術で治すことができるかもしれません。
しかし、副作用に苦しんだり、定期的に通院しなければならなくなったり…という状況になってしまうと、今まで通りの生活を送ることはできません。
まずは、『病気を防ぐ』『健康であり続ける』ことが大切なのです。
高麗人参は、長期間服用することで【気】のめぐりを改善し、様々な病気を防ぐ体の土台となってくれます。
10年後のあなたは、
あのとき高麗人参を飲み始めておいてよかった
と今のあなたに感謝しているかもしれませんね。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄