女性であれば誰でも起こる更年期ですが、最近では更年期障害が起こるといわれてきていた年齢も40歳後半から50歳代と幅が広くなり少し若年化しているのも事実です。

だんだん、生理不順が慢性化して生理周期が乱れ始めたり、ほてりのぼせが激しくなって汗が止まらないときがあったり、頭痛や吐き気、目眩が激しくなる人もいれば、腰痛や肩こりがひどくなる人などその症状はさまざまです。

なんとなく体調が悪い日々が続くと、仕事や家事が少しずつ疎かになってしまうことがあって周囲からは「最近なんか怠けてない?」なんて思われてしまうこともしばしばあります。

だからといってそのまま体を休めず働いてしまってはその症状は重くなる一方です。

そんなとき症状の改善には生活習慣を変えることが重要ですが、症状改善に大きく役立ってくれる、漢方でも注目されている“高麗人参のチカラ”を大解剖していきたいと思います。

更年期に起こりうる症状の種類

困り顔の女性

加齢による体調不良が更年期障害かどうかって見分けがつきにくいと思います。もちろんただの疲労や風邪、その他の病気がその体調不良の原因ということもありますから、まずは更年期障害の症状の特徴についてチェックシートで確認しながらみていきましょう。

  • 更年期障害の症状チェックシート
身体的に起こる主な症状
  のぼせ、ほてり、発汗が急に起こる
  肩こり、や腰痛がひどくなった
  目が疲れやすく、頭痛、目眩がする
  体がむくみ、むくみがとれない
  手足がしびれる
  関節が痛む
精神的に起こる主な症状
  些細な事でイライラしてしまうことがある
  気分が落ち込み、うつを感じる
  集中力が低下した気がする
  もの忘れがひどくなった
泌尿器・生殖器に起こる主な症状
  生理不順や生理周期の乱れ、生理痛がひどい
  膣が乾きやすく性交痛がする
  頻尿や残尿がある

さてあなたの症状はいくつ当てはまりましたか?

これらの症状は更年期障害のときに起こりうる基本的な症状です。

更年期障害の症状は幅広く、一般的な身体的な症状から、精神的な症状、泌尿器・生殖器に起こる症状まで、その症状の重さや起こりうる症状の種類には個人差があり、軽度の人から日常生活に支障が出てしまう人までいます。

あまりにも日常生活に支障がでてしまうようであれば病院で診察する必要がありますが、そこまででもないという人は日常生活から生活習慣を改善してあげる必要があります。

更年期障害の起こるカラダのメカニズムとは

手をさしだす看護師女性

更年期障害はひとことでいうと加齢による卵巣の機能低下によって起こります。

女性が40代後半から50代を迎え、閉経を迎える準備の中で徐々に体の内側の機能も老化が始まりますが、卵巣の機能が低下してくるのがこの時期です。

卵巣の機能が低下すると、女性ホルモンであるエストロゲンが分泌できにくくなり、体内のエストロゲンの量は大幅に減少していきます。

エストロゲンの分量を調整しているのは脳内の視床下部という器官ですが、エストロゲンが減少すると、卵巣へもっとエストロゲンを分泌するよう指令を出します。

どんどん指令は来るものの、卵巣は機能が低下してしまっているために一向にエストロゲンは分泌できず、脳の視床下部では混乱が生じます。

視床下部では同様に自律神経もコントロールしている器官になるのですが、この混乱が自律神経にまで影響を及ぼし、自律神経がコントロールしていた体のあらゆる器官や機能、臓器の働きにまで影響が出てしまうのです。

このように更年期障害の症状はなかなか防ぎようのない症状にも思えますが、更年期障害の症状を感じずに閉経を迎える人もいることは事実です。

これはその人の持つ体質なども大きく影響していることがいえますが、更年期障害が起きにくい体質へサポートしてくれるのが高麗人参なのです。次の項目では高麗人参のサポート力について詳しくみていきましょう。

高麗人参に含まれる成分とその効果について

高麗人参

高麗人参とは別名オタネニンジンとも呼ばれ、朝鮮半島から中国東北部、ロシア沿岸州の評価王400m〜2000mまでの高地の厳しい環境地を好み自生するといわれています。

日本へは東洋医学である漢方薬とともに何千年も前から伝わってきている自然の植物で、この高麗人参の持つサポニンが自律神経のバランスに大きく作用してくれるのです。

そんなサポニンの効能とその他に含まれている成分を併せて確認し、高麗人参の持つチカラをみていきたいと思います。

ジンセノサイド

高麗人参の持つ主成分サポニンで、高麗人参には30種類以上のサポニンを配合しているといわれていますが、そのサポニン群は高麗人参特有の成分とされ「ジンセノサイド」と呼ばれています。

一般的なサポニンは毒性を示す場合がありますが、高麗人参に含まれるジンセノサイドには毒性はなく、さらに驚きの2つの性質を持つことで話題になっています。

それがトリオール系のジンセノサイドとジオール系のジンセノサイドの2種類です。

トリオール系のジンセノサイドは主に中枢神経を抑制する機能があるので、例えば血圧が上がってしまい頭痛が起きている場合には血圧を下げ頭痛を和らげるような効果が期待できます。

反対にジオール系のジンセノサイドには中枢神経を興奮させる機能があることから、貧血や冷え性など血流の圧迫により何かしらの体調不良を引き起こしている場合には血圧を上げたり、血行をよくしたりすることでこれらの症状を改善させます。

血圧を測る女性

高麗人参の持つジンセノサイドはこのジオール系とトリオール系、どちらもバランスよく配合されていることが重要でその2つが配合されていれば、その人の身体に合わせて必要な方の機能が活発に働くのです。

このようにしてジンゼノサイドのトリオール系・ジオール系が、自律神経の乱れをもバランスを整えていくと、更年期障害の体温調節機能が回復し、ほてり、のぼせ、発汗といった症状が改善されたり、血流改善によって肩こり腰痛などまでも改善されていくのです。

なんだか都合よく思えますが万能薬として何千年という歳月もの間東洋医学で伝えられてきている理由はそこにあったのかも知れません。

あまり知られていませんが、高麗人参には他にも更年期に役立つ成分が配合されています、次の項目で確認していきましょう。

アルカロイド

アルカロイドというと一般的には毒のイメージがあり、コカインやニコチンなどその一種といわれていますが、実は麻酔薬、鎮痛薬、高血圧治療のレセルピンという薬などもその一種なので解毒成分としても使用されています。

高麗人参のアルカロイドには免疫作用があり風邪などへの抵抗力やストレスへの抵抗力を高めます。

そしてストレスに抵抗するホルモンを分泌する副腎皮質ホルモンの働きを促し、ストレス以外にも体内の糖利用の調整を行ったり、血圧を正常に保ったりと体のバランスを調整してくれるのです。

この機能は高麗人参のあまり知られていなかった効能のひとつともいえるでしょう。

マグネシウム

エストロゲンは実はコレステロールもコントロールしてくれていたのですが、それが減少することによってコレステロール値は高めになりやすくなっています。

更年期を迎えてなかなか痩せられず、どうしても太りやすくなってしまう人が多い背景にはこんな原因もあったのです。

高麗人参に含まれるマグネシウムには血液中のコレステロールを下げる作用があります。さらに、更年期に起きやすい骨粗しょう症を防ぐためにも必要な成分ですから更年期には欠かせない成分といえるでしょう。

ビタミンB群とビタミンC

肌の綺麗な女性

ビタミンB群でいう、ビタミンB1、B2、B12、葉酸などこれらに加えてビタミンCが高麗人参には配合されています。

ビタミンB群は女性に欠かせない栄養素で、月経不順の改善や不眠症の改善などにも効果を発揮し、葉酸は貧血を予防、赤血球の生成を助けます。

ビタミンCは美肌効果を持ち、コラーゲンの生成を促し、血管や筋肉をつくり風邪などに対する免疫力を高め、イライラ防止にも効果があります。

これらの栄養素は高麗人参を摂り入れるだけで摂取できるなんでなんだか一石二鳥な感じがしますね。高麗人参には幅広い養分のサポート力があることがわかります。

まとめ

つらい更年期は生活習慣の改善が症状緩和の大きなカギとなりますが、ひとことで生活習慣の改善といてもなかなかうまくいかないものです。

しかし、既にあなたが先程挙げたようなほてりやのぼせ、頭痛、生理不順、イライラ、うつ、手足のしびれなど少しでも更年期障害の症状を感じ始めていたとしたら、早期の対応がその後の症状悪化を防ぐポイントとなるでしょう。

適度な運動で血行促進とストレス発散に加え、コレステロールの増加を防ぎ、食生活を少し見直してそのサポート役として高麗人参を摂り入れてみましょう。高麗人参には更年期障害だけでなくあらゆる健康と美容をサポートするチカラを持っています。

高麗人参は日本ではなかなか手に入りませんが、サプリメントや栄養ドリンクなどであれば今やネット通販等で簡単に手に入れることができるので高麗人参のチカラを試してみてはいかがでしょうか。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。