最近では、男性だけでなく女性にもお酒好きが増えています。
『会社でクタクタに疲れた心身に、アルコールを流し込む瞬間は最高!』
『おいしいお酒を飲みながらストレス発散するのが唯一の楽しみ』
そんな方も多いのではないでしょうか。

ただ、お酒好きな方には共通の悩みがあるはずです。
そうです。
肝臓の健康は大丈夫かな…?
という不安です。

毎日日本酒を3合(ビール大瓶3本相当)を毎日2~3年間飲み続けると、肝臓の機能が低下していくと言われています。
肝臓は、【沈黙の臓器】といわれ、症状に気づいたときには深刻な状態になっていることが多いのです。

『飲みすぎかな?』
と思った方は、早めに対策をすることが大切です。今回は、肝臓病の種類とその対策について、詳しくご説明していきます。

あなたの肝臓は大丈夫?~肝臓の役割と肝臓病の種類について~

肝臓のキャラクター

ご存じですか?~肝臓の役割~

まずは、肝臓の役割についてご説明します。

肝臓では、

  • アミノ酸、たんぱく質の合成
  • アンモニア、アルコールなどの老廃物の解毒や排出
  • 鉄分、ビタミンの貯蔵

などを行っています。

肝臓の機能が停止すると、栄養素を合成することができなくなりますので、生命活動を維持することができません。

肝臓は生きるために必要不可欠な臓器なのです。
肝臓が正常に働かなくなることの総称を『肝臓病』とよびます。

次に、肝臓病の種類と症状についてご説明していきます。

ガンの原因にもなる?~肝臓の病気について~

肝臓の病気には以下のものがあります。

①肝不全…肝臓の機能が大幅に低下します。
症状】黄疸・疲労感・食欲不振・あざ・腹水など
原因】アルコールの過剰摂取・薬物による副作用・ウイルス性肝炎などの進行によっておこります。

②肝不全脂肪肝…中性脂肪が肝臓に蓄積する病気です。
症状】自覚症状は特にありませんが、慢性疲労・肩こりなどの症状が出ることもあります。狭心症や心筋梗塞を引き起こすとも言われています。
原因】アルコールの過剰摂取・食べ過ぎなどでおこります。

③肝硬変…肝臓の損傷を修復する際にできる『線維』というたんぱく質が肝臓全体を覆った状態です。肝臓が石のように固くなり、肝機能が低下します。
症状】体に赤い斑点ができる(くも状血管拡張)・腹水・黄疸・手の震え・こう丸の萎縮など
原因】ウイルス感染・アルコールの過剰摂取などでおこります。

④ウイルス性肝炎…特定のウイルスに感染することで、肝細胞が炎症を起こし、肝細胞に大きなダメージをあたえます。
症状】自覚症状はほとんどありませんが、人によっては倦怠感・下痢・嘔吐などの症状が出ることがあります。(急性肝炎の場合)
原因】ウイルス性肝炎の場合、肝炎ウイルスに感染することが原因です。
アルコールの過剰摂取によっておこる慢性的な肝炎のことをアルコール性肝炎とよびます。

⑤肝がん…肝臓そのものから発症した原発性肝がんと、他のその他の臓器から転移した続発性肝がんにわかれます。原発性の肝がんは、慢性肝炎・肝硬変が進行した結果として発生することが多いです。
症状】初期の肝がんは、自覚症状はありません。肝がんが進行するにしたがって、黄疸・腹水・腹部の激痛・血圧低下などがおこります。
原因】アルコールの過剰摂取・食べ過ぎ・ウイルス感染などが原因でおこります。

⑥自己免疫性肝炎…免疫関係の異常によっておこる肝細胞の異常です。国の難病指定に認定されています。
症状】自覚症状はなく、偶然発見されることが多いです。症状が重いケースでは、腹水・吐血・腹部のハリなどの症状が出ることもあります。
原因】肝炎ウイルス・アルコール・薬物の過剰摂取などによってひきおこされた肝機能障害に当てはまらないケースに適用されます。原因は今のところ不明で、中年女性に多いようです。

高麗人参が肝臓にもたらす効能について

腕をあげるヒヨコ

今までお伝えしてきた通り、肝臓の病気は初期段階でほとんど自覚症状がないことが特徴です。
最近飲みすぎたかな
と思ったら、

  • 健康診断を受ける
  • セルフケアをして肝臓を労わる

ことが大切です。
有名な漢方の一つである≪高麗人参≫は、肝臓への効果が期待できるとされ大きな注目を浴びています。

次に高麗人参の肝臓への働きについて詳しくご紹介いたします。

血流を改善することで、肝臓の負担を減らす

高麗人参に含まれる「ジンセノサイド」という成分には、自律神経の働きを正常に戻す効果があることが証明されています。
自律神経は、血流のコントロールをつかさどる重要な神経です。

ジンセノサイドが自律神経に働きかけ、血流の改善することで体のすみずみまで酸素や栄養素を届けることができるのです。

①ジンセノサイドによって自律神経を整える
②自律神経が正常に働くことで血流が改善する
③肝臓をはじめ、体のすみずみに酸素や栄養素が行き渡る
④肝臓の負担を減らし、労わることができる。

という仕組みです。
血流改善効果のある高麗人参を摂取することで、肝臓をサポートすることができるのです。

ガンの原因『活性酸素』を撃退する

医者猫

活性酸素』は、血液中の酸素と結びつき、各種細胞を「酸化」させてしまうことで知られています。
もちろん、肝細胞も例外ではありません。幹細胞を活性酸素が攻撃すると、肝臓は弱っていきます。
この活性酸素から体を守るのが、「抗酸化作用」です。

抗酸化作用をもつ食品には、

  • ペクチン(りんご)
  • カプサイシン(唐辛子)
  • ゴマリグナン(ゴマ)
  • カテキン(お茶)

などがあります。

これらの食品と同じように、高麗人参にも高い抗酸化作用があることが証明されていますので、肝ガンの抑止に効果が期待できます。

活性酸素より怖い『過酸化脂質』の発生を抑える

活性酸素が脂肪と結びつくと、『過酸化脂質』という物質に変化します。
この過酸化脂質は、活性酸素よりも長く体内にとどまって各細胞に長期的にダメージをあたえます。
この『過酸化脂質』を分解するのも肝臓です。

しかし、

  • アルコールの過剰摂取
  • 食べ過ぎ

によって、すでに肝臓の処理能力が限界に達している場合に、過酸化脂質はどうなるのでしょうか。

肝臓は過酸化脂質を分解、解毒することができなくなってしまうのです。
その結果として、肝がんを誘発してしまう可能性が出てきます。

高麗人参には、この過酸化脂質を分解する手助けができることがわかっています。
ラットを使った以下のような実験があります。

①高脂肪食品をラットに投与する
②ラットの血液中の過酸化脂質が増加する
③高麗人参をラットに投与する
④過酸化脂質の値が、正常のラットと同じレベルにまで減少することを確認
※『高麗人参生活術』 編者 薬学博士長谷川秀夫・発行NPO法人日本サプリメント研究会 より)

この実験からもわかるように、高麗人参を摂取することで、肝細胞に深刻なダメージをあたえる過酸化脂質の血中濃度を下げることが期待できます。

高麗人参の摂取による肝機能数値の改善は、医学的にも証明されています。

虫眼鏡を見るウサギ

医学的根拠はあるの?』とお考えの方にも、高麗人参の効果をしっかりとお伝えすることができます。
日生病院院長山本医師によって、高麗人参に関する臨床実験が行われました。

実験内容は以下の通りです。

①慢性肝炎患者10人に高麗人参粉末3gを一日3回投与する
②3か月後、6か月後のALT(GPT)・AST(GOT)・γ‐GTP(ガンマ・ジーティーピー)の値を計測する
※ALT(GPT)・AST(GOT・γ‐GTP(ガンマ・ジーティーピー)は、肝機能をはかる指標です。数値としては、0~50以下が正常とされています。

6か月後の肝機能の数値は、実験前と比べると、すべてのALT(GPT)・AST(GOT)・γ‐GTP(ガンマ・ジーティーピー)が20以上下がり、正常値に近づいたことが証明されました。
このような臨床実験によっても、高麗人参が肝機能の働きを正常に戻すことが証明されたのです。

慢性疲労・代謝アップにも効果的

高麗人参は、古くから『不老長寿の万能薬』として有名です。

高麗人参に豊富に含まれている栄養素は、

  • ビタミン群
  • 必須アミノ酸
  • マグネシウム
  • 鉄分
  • ミネラル

などがあります。これらは、海藻・緑黄色野菜・魚貝類に多く含まれ、現代日本人に不足しがちな栄養素です。

高麗人参を通じてこれらの栄養素を摂取することで、疲労回復させ、肝細胞を含む体の各器官を元気にすることができます。

イライラするから飲みすぎ・食べ過ぎ…。そんな方にも高麗人参が良い理由

肝臓への負担を減らすためには、

  • アルコールの過剰摂取
  • 食べ過ぎ

をやめることが一番大切です。

しかし、食べ過ぎ・飲みすぎは、『ストレスからくるイライラ』が原因です。
高麗人参は、このイライラにも効果を発揮します。

自律神経は、
・交感神経(緊張モード・各器官の活発化をつかさどる)
・副交感神経(リラックスモード・各器官の休息をつかさどる)
の二つの神経を使い、『イライラ』『クヨクヨ』などの感情をコントロールしています。

イライラ』『極度の不安』を感じているときは、交感神経(緊張モード)が活発になりすぎていることが原因です。
高麗人参に含まれる「ジンセノサイド」は、脳の中枢に働きかけ交感神経と副交感神経のバランスをとるように作用します。

交感神経ではなく副交感神経を活発化させるように働いてくれますので、『にっこり』『リラックスモード』になり、飲みすぎる回数も減るかもしれません。

イライラ』が原因で、飲みすぎ・食べ過ぎがやめられないという方も多いでしょう。
そんな方は、高麗人参に含まれるジンセノサイドに力を貸してもらってもよいでしょう。

高麗人参の副作用について~肝臓への負担はあるの?~

悩む女性

今まで、高麗人参の肝臓への効能について詳しくお伝えしてきました。

一方で、賢明な読者の方は
『高麗人参を服用したら、何か副作用があるのではないか?』
『高麗人参の成分を分解することで、さらに肝臓に負担がかかるのではないか?』
と疑問を持ったからもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、高麗人参は、

・もともと韓国の薬膳料理『参鶏湯』に入れられる自然界にある「食材」である
・医学的に大きな副作用は認められていない
・中国では3000年以上にわたって漢方として利用されており、副作用がないことは3000年にわたる「人体実験」によって証明されている

などからもわかるように、大きな副作用はありません。

体質によっては、ごくまれに下痢や湿疹などの症状が出ることもあります。
東洋医学の世界では、一時的に症状が悪化することを【好転反応】とよんでいます。

このあと1週間~1か月ほどで症状の改善を実感することができるようになります。
万が一、症状が長期間にわたって続く場合には、いったん服用を中止してください。

まとめ

ついつい食べ過ぎ・飲みすぎてしまう方の場合、肝臓の健康は気になるものです。
肝臓は、「沈黙の臓器」といわれ、自覚症状がないまま深刻な病気になってしまうことが多いので、注意が必要です。

肝臓の健康が気になる方は、

  • 定期的に健康診断を受ける
  • 休肝日をもうける
  • 肝臓を労わるセルフケアをする

ことが大切です。

高麗人参は、肝機能の数値を正常値に近づける効果があることが証明されています。

その他にも、高麗人参には

  • 疲労回復
  • 血流改善
  • イライラを抑える
  • 必須アミノ酸を含む豊富な栄養素を摂取できる

などの利点があります。

『仕事がうまくいかない』
『もっとお金があったなら…』
そんな悩みは、すべて自分が健康であるからこそ言える悩みです。

肝臓が正常に働かなくなったら、生死の境をさまようことになります。
ご自分にあった方法を見つけて体質改善をするなどして、健康な体を大切にしてくださいね。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄