男性の薄毛とは年齢に限らずどこからともなく気付けばやってくる厄介な症状です。

最近ではAGAという言葉が浸透し、「AGA=男性型脱毛症」がいつやってくるのか、自分は何歳までなら大丈夫か、鏡とにらめっこしている人も多いのではないでしょうか。

AGAは最近では20代後半から30代という若さ始まる人もいるので、普段から抜け毛が多かったり、額が広めであったり、家系で薄毛の親族がいる場合には、年齢にとらわれず早めに育毛と薄毛への対策を打つ必要があるでしょう。

一度、AGAにかかってしまうとそこからまた理想の状態に戻すのはとても難しい上に、時間を要します。少しでも「まさか、薄毛になってきたかな…」と感じることがあるのなら今すぐ育毛と薄毛対策を始めましょう。

この記事では男性の育毛と薄毛の原因と今から始めたいAGA対策を紹介します。薄毛になってしまう原因を早期のうちに理解しいつまでも変わらないヘアスタイルを維持していきましょう。

「AGA=男性型脱毛症」とは何か

鏡を見て髪の毛を気にする男性

最近AGAという3文字を男性のファッション誌の後ろのページやWeb広告などいろいろなタイミングで見かけませんか?

AGAとは男性型脱毛症のことを指し、それをさらに細かく分類すると若くしてハゲてしまう「若年性脱毛症」と、中年から高年におこる「壮年性脱毛症」と呼ばれる症状の2種類に分類されます。

そしてさらに薄毛が前頭部の生え際からM字のように進行していくハゲを「M字ハゲ」と呼び、頭頂部のつむじ部分から進行していくハゲを「つむじハゲ」と呼びます。

このAGAが起きてしまう原因としては次のようなものが考えられます。

男性ホルモンDHT

男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)は“遊離テストステロン”とも呼ばれ、男性ホルモン中のテストステロンが5aリダクターゼという酵素の影響を受け生成されることがあります。

このDHTがヘアサイクルを乱す原因とされ、髪の毛の成長期を終わらせてしまうのです。

ところで、頭頂部や額はハゲていても、なぜ後頭部や側頭部がハゲている人がいないのかと疑問に思ったことはありませんか?

実は、このDHTを受取り細胞内に使用できるようにする遺伝子が存在し、それを「アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体遺伝子)」と呼びます。

驚くかもしれませんがこのアンドロゲンレセプターは後頭部と側頭部には存在していないのです。このことからほとんどの人がAGAの症状が出てハゲが進行したとしても後頭部と側頭部には髪の毛が残るのです。

遺伝性

DHTが作用するアンドロゲンレセプターはX染色体上に存在し、特にX染色体が遺伝するといわれている母親型の祖先の影響を受けやすいとされています。

母型の家系でAGAにを発症した経験がある人は特に注意する必要があるのです。ただし、遺伝的な要因があったとしてもDHTの働きを抑制すればハゲないということになりますから、まだ予防・改善できる余地があります。

実はアンドロゲンレセプターが体内に存在していたとしても、アルコールの摂取時に強い弱いといった体の反応に個人差があるようにアンドロゲンレセプターにおいても感受性が強いか弱いかで薄毛になる可能性は変わってきます。

つまり、感受性が強い人ほどハゲてしまうリスクが高いということになります。

髪の毛をつまむ男性

生活環境

髪の毛は生活のリズムが不規則で、不眠、栄養バランスの偏り、喫煙、飲酒といった要因が過剰にあると育ちにくい環境を作ってしまっています。

髪の毛には毛周期というヘアサイクルがあり、「成長期」「退行期」「休止期」というこの3つを繰り返し成長していきます。

しかし、生活環境が悪いことで毛母細胞が活発に動かず毛髪の成長が止まってしまうのです。逆にいえば規則正しい生活環境と習慣が身についている人は頭皮の環境も健康的になりやすくハゲにくい体質になるといえます。

過剰なストレス

ストレスを感じると人間は自律神経である交感神経が優位になり、その状態が続くとことで自律神経のバランスが乱れます。

自律神経は無意識の中で私たちの生命を保つ働きをしてくれ神経で活発に活動するときには呼吸や鼓動が早くなったり、休息するときには消化や吸収を促し、体を休め回復させたりしてくれています。

過剰なストレスを感じると交感神経が管理している血管や血流が悪化し体内のDHTが多くなることで抜け毛につながりやすくなります。

AGA以外に考えられる抜け毛・薄毛の原因について

医師

AGAは一般的に男性が一番引き起こしやすい抜け毛の症状です。
しかし、その他の原因で薄毛の症状を引き起こしている可能性もあるので念のため確認しておきましょう。

脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)

脂漏性脱毛症とは明らかにAGAとは症状が異なり、皮脂が過剰に分泌してしまう部分の皮膚が炎症を起こし細菌が増殖しやすい状態になってしまっている症状です。

過剰に分泌された皮膚は酸化することで炎症を引き起こし、頭皮環境が悪化し抜け毛起きます。

ひこう性脱毛症

ひこう性脱毛症は頭皮の洗いすぎなどによって頭皮が極度に乾燥し大量にフケが発生してしまうことで脱毛につながってしまう症状です。

普段出るフケとは明らかに違う大量のフケが発生するので不安に感じた人は病院を受診する必要があるでしょう。このひこう性脱毛症はアトピー性皮膚炎の人も発症しやすく、アレルギー体質の人は注意が必要です。

アトピーの男性

内分泌疾患

内分泌疾患とは脳の下垂体やのどぼとけの下にある甲状腺、副腎という腎臓付近にある小さな臓器などの内分泌器官に何か不調や異常があるとホルモンバランスに影響がでてしまい、抜け毛の原因となる場合があります。

ホルモン異常によって毛周期に影響を与えてしまうのです。内分泌疾患が予想される際はすぐに病院を受診しましょう。

円形脱毛症

円形脱毛症とは十円から五百円玉ほどの大きさのハゲができてしまう症状で、突然ごっそりとその部分の毛だけが抜けてしまうこともある突発的に発生する症状です。

円形脱毛症は主にストレスを原因とした免疫異常で起こる病気のひとつでこちらも年齢を問わず発生します。一か所のハゲだけでなく数か所にこの円形のハゲができ、ヒゲや体毛など別の場所の毛が抜けてしまう場合もあります。

高麗人参の育毛効果について

高麗人参

AGAが起きる原因は人によってさまざまですが、このように抜け毛が起きる原因を突き止め、生活環境や体内環境を改善させていく必要があります。

そこで注目されているのが高麗人参の持つ作用で、実際に世の中に出回っている育毛剤には「ニンジンエキス」という成分名で表記されていることが多く、他にも「オタネ人ニンジン」などと記載されている場合もあります。高麗人参はどのような育毛効果があるのかについて見ていきましょう。

血流改善効果

高麗人参の持つサポニンには血流促進の作用があり、頭皮に滞っている血流を促すことで頭皮へ栄養を送り届けることができます。

もちろん、頭皮のマッサージなども効果的ですが、日常から血流をよくすることは薄毛対策にはとても重要です。血流をよくすることで血液自体もドロドロの状態からサラサラになりやすくなるので、食事には気をつけてサラサラな血液を保つようにしましょう。

抗酸化作用

脂漏性脱毛症は皮脂の過剰な分泌で皮膚が酸化してしまっていることで抜け毛が起きます。高麗人参の持つサポニンには抗酸化作用があるので、皮膚の酸化を防ぐ効果が期待できます。

また、全身の皮膚の健康状態も良くしてくれるので、体を参加させる脂っこい食べ物等を摂取するのは控えましょう。

このように高麗人参の有効成分をシャンプーや育毛剤などから摂り入れることも大切ですが、体の内側から摂取することも大切です。

高麗人参をそのまま食べるのは困難ですから、手軽にサプリメントなどで摂取するのもおすすめです。体内環境の改善には時間を要しますが、抜け毛が起きにくい体内環境を整えることが最も効果的な対策になるので、まずは高麗人参のような食材を継続的に摂り入れてみましょう。

男性の薄毛対策についてまとめ

AGA(男性型脱毛症)が起こる原因は男性ホルモンDHTの影響、遺伝によるアンドロゲンセプターの感受性、そして生活環境と日常のストレスなどこれらのの影響を強く受けている可能性が高いです。

AGA以外でハゲが進行してしまっている場合には専門の病院を受診する必要がありますがAGAでハゲや薄毛が進行してしまっているとすればセルフケア対策や私生活の見直しで改善できる可能性は大いにあります。

手軽な育毛ケアとしては高麗人参のような体の内側から育毛を促す成分を積極的に摂り入れ、脱毛が起きにくい環境を整えてあげることが大切です。

シャンプーや育毛剤などによる薄毛対策は当たり前として、さらに内側から働きかけるような対策もダブルで打っていきましょう。

薄毛対策は早期の内に取り組むことで以前の状態に戻れる可能性は高まります。まだ大丈夫だと思う前に、10年・20年後を見据えて育毛対策を行っていきましょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄