健康は維持したいけどお酒を飲む機会が多く、「ついつい飲み過ぎて二日酔いになってから後悔する」こんな経験を繰り返していませんか?

仕事柄会食など付き合いが多い人、毎日の一杯がストレス解消であるという人、お酒が好きで飲み始めたらストッパーが利かないという人、お酒を飲み過ぎてしまう理由はいろいろあると思います。

残念ながら私たち人間は二日酔いが起きてから後悔するので、なかなかその予防策は実行されないケースが多いです。

そこで、今新たに翌日にお酒を持ち越さない、または二日酔いを軽減する効果的な手段として漢方の『高麗人参』が注目されています。

この記事では、まず人はなぜお酒で酔ってしまうのか、また高麗人参がどのようにその酔いを防止してくれるのかについて詳しく解説したいと思います。二日酔いの原因を理解し、今度こそ二日酔いを防止していきましょう。

人はなぜ酔ってしまうのか

疑問を感じる猫

人間が酔うときの原因として挙げられる理由は大きく分けると2つあります。それは次のようなものです。

アルコールによる影響

人間はお酒を摂取するとお酒に含まれているアルコール(エタノール)によって麻酔作用が起こるため脳が軽い麻痺状態になることで精神的なコントロールが利かなくなります。

どのくらい酔っているかについては摂取したアルコールによりどのくらい血中のアルコール濃度が高くなったかを調べることで判定できます。

この数値が高ければ高いほど、人は酔って大声をだしたり、怒ったり、泣いたりするといった現象が起きやすくなります。

アセトアルデヒドによる影響

アセトアルデヒドという言葉を聞いたことがありますか?

アセトアルデヒドとはアルコールを摂取した後に、人間が体内でアルコールを分解する過程でできるとても毒性の強い物質になります。

このアセトアルデヒドが顔を赤くし、動機、吐き気といった症状を引き起こします。ただし、このアセトアルデヒドの活性の高さには個人差が大きく、お酒を飲んでも、飲んでも酔いにくい人とお酒がなかなか分解できない人に分かれます。

アルコールを分解する肝臓の働きについて

元気のない肝臓

アルコール分解の救世主、肝臓の働きを改めて確認してみましょう。

アルコールが分解される流れ

1 吸収
アルコールを飲むと、アルコールは胃と腸で吸収された後、血液をつたって肝臓へ運ばれていきます。実はその90%以上が次の順序で分解・解毒・代謝されます。

2 分解
アルコール脱水素酵素(ADH)が、アルコールをアセトアルデヒドに分解します。

3 解毒
アセトアルデヒト脱水素酵素(ALDH)がアセルアルデヒトを無害な酢酸に分解します。

4 排出
無害になった酢酸は再度血液に運ばれていき、さらに分解されて水や二酸化炭素となり、汗・尿・呼気となって排出されます。

分解しきれなかったアセトアルデヒドはどうなるの?

このアルコール分解過程で90%の以上のアルコールが分解できるとはいえ、自分の通常の肝臓の処理能力を超える大量の飲酒をしてしまった場合、アセトアルデヒドが血中に流れ出します

アセトアルデヒドは毒性がとても強く大脳の嘔吐中枢を刺激し、再び肝臓に戻ります。そして体内のアセトアルデヒドが分解されるまでこの症状が続きます。

お酒を飲んだ翌日に吐き気や胃の不快感、頭痛やめまいが残っているのはこのアセトアルデヒドが残っているということになります。これを二日酔いといいます。

知っておきたい、二日酔いにならないためのコツとは

二日酔いで目覚める猫

二日酔いを防ぐために最も有効な方法はお酒を飲む前の予防策が大切です。

なぜ飲酒前の予防が重要かというと、アルコールが胃腸から肝臓へと吸収される速度がゆっくりであればゆっくりであるほど、その後の分解する機能に余裕ができるということが考えられます。具体的な予防策としては次のことを意識しましょう。

  • 空腹痔の飲酒を極力避ける
  • 飲酒前、食前にオリーブオイルまたはナッツ類のかかったサラダなどで胃を保護する
  • 飲酒前に栄養ドリンクを飲む
  • 飲酒後すぐに寝ないこと
  • 二日酔いしにくい蒸留酒を選ぶ(ウイスキー、焼酎、ジン、ウオッカ等)

二日酔い防止に話題のサプリメント

二日酔い防止のコツは飲む前の予防策にあるといいましたが、もちろんウコンやヘパリーゼといった肝機能を助けてくれる栄養ドリンクもいいでしょう。

そして最近新たに話題になっているのが「高麗人参のサプリメント」です。

高麗人参とは漢方薬や長寿食品として親しまれていますが、その健康への効果は幅広く、特に高麗人参に含まれるジンセノサイドという成分の血行促進効果は高く、内臓の血行もよくすることで肝機能も活発にしてくれる効果が期待できます。

さらに高麗人参は高コレステロールを抑制し、血圧の調整や新陳代謝を活発にしてくれる作用もあるので、単に肝機能を活発にするだけでなくお酒を飲んだ後の健康もサポートしてくれる万能薬といえるでしょう。

二日酔いの防止策に関するまとめ

私たち人間が二日酔いになるメカニズムとしてはアルコールを肝臓が毒素として分解し排出するまでの過程で容量をオーバーしてしまった際に起こります。

アルコールはアセトアルデヒドという強い毒素になり体内に残ってしまうことで二日酔いとなって現れますが、その症状は肝臓がアセトアルデヒドをすべて酢酸へと分解し排出するまで続きます、この状況を脱するためには飲む前のひと工夫がとても重要になってきます。

お酒は空腹で飲まないよう心がけ、食前にオリーブオイルやナッツなどの脂質を一緒に摂取しましょう。また、アルコールを徐々に分解できるよう一気に飲むのは止め、飲んだ後にすぐ寝ないようにしましょう。

そして日常から高麗人参のサプリメントなどを摂り入れ、肝機能と健康な体を維持することで二日酔いになりにくい体質づくりを行っていきましょう。

国内売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は国内的にはすでに決着がついていて、神秘の健康力という商品が8年連続で日本一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。