高麗人参が更年期障害予防、糖尿病予防、生活習慣病予防、風邪予防、性欲減退予防などこんなに幅広い症状へ効果があるって聞くと、「やっぱり副作用でもあるのかな」と考えてしまうこともあるでしょう。
もし、こんなに効果があるのなら、妻の更年期予防や、夫の糖尿病、性欲減退、子供の風邪予防など、老若男女問わず自分を始め家族で飲みたいですよね。
ただし、薬選びで心配になるのは作用が強すぎて副作用がないかどうかということです。家族の健康を守る立場であれば尚のことですが、どこの家庭にもあるバファリンでさえ眠くなるなどの副作用はあるものです。
心配があってもその特徴さえ掴んでおけば、日常の中で服用しても問題ありませんし、治りにくい風邪さえ改善させてくれるのです。
この記事では最近再度その効果が注目をされている高麗人参に焦点をあてて、その副作用はどんなものか詳しく解説していきたいと思います。

高麗人参で起こりうる副作用について

頭痛でひたいを抑えるシロクマ

高麗人参は漢方薬でも生薬のひとつとして使用される植物で、東洋医学ではよく登場します。
そして東洋医学の考え方では自然治癒能力や新陳代謝を高め治していくため、治癒中の過程において身体機能が著しく向上することで『好転作用』という反応の症状がでる場合があるといわれています。
反対に西洋医学の考え方では病気ごとに薬を処方したり、悪いものは取り除いたりなどの処方をして治していくといったように違いがあります。
最近では、東洋医学に注目が集まっており、病などの症状への表面的な対処が必要なケースもありますが、同時に東洋医学のような根本的な体の免疫から改善していくという医療の考え方にも高い評価がされているといえます。
東洋医学でいう『好転作用』は回復している前兆として自然治癒力が働いているとみなされています。
好転作用という症状にはどのようなものがあるか確認してみましょう。

高麗人参の好転作用で起こりうる症状の種類

説明する猫

高麗人参を摂取したときに起こりうる好転作用の種類としては下痢、頭痛、動機などの症状が起こる場合があります。高麗人参には血行を良くして体を温めることで本来の体内の機能を活性化させます。
血流が良くなりすぎて健康な人は熱が出るといったケースもあるそうですが、頭痛、や動機もこのメカニズムに当てはまるでしょう。収縮していた血管が拡張して血流が改善されると、普段から血行不良が慢性化していた人はこのように感じることもあるかもしれません。
また、下痢に関しては内臓が活発になることで腸の働きがよくなり、結果として下痢として溜まっていた悪いものが排出される場合もあります。
このような副作用も考えられますが世界保健機構(WHO)より、高麗人参は副作用のない食品として認められてもいるので、まれにこんな好転作用も考えられるということだけ認識しておくだけでいいかもしれません。
結果としては、副作用が起こったとしても好転作用ですので安心して摂取してできる食材といえます。ただし、このような症状が1~2週間しても治らないまたは症状が重い場合には病院で診察を受ける必要があるでしょう。

持病ですでに服用している薬がある人へ注意してもらいたいこと

バツのプレートを出す猫

持病があり、すでに何らかの薬を常時服用しているひとは高麗人参の摂取は注意しなければなりません。高麗人参は作用が強いので相性の悪い医薬品と摂取してしまうと本来飲んでいた薬の作用を阻害してしまたり、効果を高めすぎてしまうといったことも考えられるからです。
いくつかその例をみていきましょう。

糖尿病と肝臓病を持つ人は要注意

高麗人参を摂取する際に一番気を付けてほしいことは「ワルファリン」同時摂取です。ワルファリンは高血圧の病を抱えている人に処方される薬で糖尿病、心筋梗塞、血栓症、閉塞性動脈硬化症などを患った際に処方される‟溶血作用“のある薬です。
ワルファリンはこのような重圧な病への薬なのでそもそも食事の食べ合わせでさえ注意する必要があるのです。
ワーファリンには固まってしまった血の塊を溶かして血行を改善させていくための薬なので高麗人参のように血流が良くなる成分を摂取すると過剰反応し血液中のタンパク質までも分解してしまう危険性があるからです。
このように、血液の溶血作用が進みすぎてしまうと低血圧や貧血を起こす可能性が高まることから糖尿病の治療中の人は高麗人参の摂取は避けましょう。
また、肝臓病の人の場合にも、薬と一緒の服用を避ける必要があります。高麗人参自体は肝臓が悪い人へも新陳代謝や血行促進など改善へ導いてくれますが、肝臓病の治療薬として「クロザピン」、「コデイン」、「デシプラミン」、「アミトリプチリン」などと一緒に摂取してしまうとその薬の持つ効果を阻害し、意味がなくなってしまうのでこれらの飲み合わせには注意しましょう。

高血圧の人は「白参」高麗人参には注意

白参とは高麗人参の加工方法についての名称です。白参の高麗人参とは主に4年根の高麗人参の皮をむいて乾燥させたものとなります。

そもそも高麗人参は土づくりに2年から3年の月日を必要とし、栽培開始後4年~6年後に収穫します。その間にその畑に蓄えられていた養分をほとんど吸い尽くしてしまうといわれています。

そんな手間暇をかけた高麗人参なので、白参の特徴としては滋養強壮作用が強く、新陳代謝の向上、血行促進、興奮作用があるため高血圧の人が摂取すると血圧が上がってしまうので注意が必要です。

高麗人参アレルギーの人もいる!?

腕に湿疹が出る女性

高麗人参はアレルギー体質の人におすすめできる場合とそうでない場合があります。
高麗人参は免疫力を上げ、血行を促進し、新陳代謝を高めますが、アレルギーがそれで治まる人もいれば、逆に食物アレルギーのように皮膚のかゆみが出たり、湿疹、目のかゆみ、酷い場合には呼吸障害、意識障害といった症状が起きる可能性もあります。
かぼちゃでも倒れてしまうという人がいるのですから食物アレルギーというのはいつ誰にどの食材で起こるかは正直わかりません。
このような症状が起きることは稀かと思われますが、日本人の人だと普段から高麗人参を食べなれていないということもあるので、アレルギー体質であるという人は摂取する前にかかりつけの専門医へ相談してから摂取するようにするといいでしょう。

過剰摂取には用心すること

高麗人参を摂取する上での注意点としては過剰摂取も注意しておきたいポイントです。医薬品と同じで飲めば飲むほど効くというものではなく、適度な量を継続して摂取することが重要です。
食事と同じですが、偏った成分の過剰摂取は体に負担となってしまう場合もあるのです。また、高麗人参の過剰摂取はイライラすることもあるそうです。もし摂取しようとしている高麗人参がサプリメントや濃縮エキスなどの加工品であれば容量用法を守って摂取するようにしましょう。

まとめ

高麗人参は万能薬だからこそ起こりうる、好転作用と副作用の可能性があるということは十分お分かりいただけたと思います。
試すか試さないかはあなたの判断ですが、せっかくすごい成分が配合されている食物なので、先ほど挙げた糖尿病や肝臓病、高血圧、食物アレルギー体質に該当しない人は少量から試してみて体の変化を感じてみてから継続してみるのが一番いいかもしれません
4年も6年も土の中にいる食材は日本では自然薯くらいでしょうか。同じくらい秘めたるパワーを持っている高麗人参を一度試してみる価値は十分あるのかもしれません。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄