ガンの新薬が開発されたけど、まだ日本では使用が認められていないらしい
そんな話を聞いたことはありませんか。
日本では、一つの新しい薬が患者さんのもとに届くまでに、9~17年もの長い年月がかかります。さらに、1つの薬の開発費用は平均で500億円程度と言われています。
新薬の開発に、莫大な費用と長い年月がかかる理由は、
その薬の【有効性】【安全性】【毒性】などを調べるために臨床試験を繰り返し行う必要があるからです。
(※臨床試験とは、実際に人間に投与して安全性を確認する試験のことです。)
つまり、
新薬に副作用がないかどうか
ということを長期にわたって慎重に検討する必要があるのですね。
一方で、漢方薬は数千年にわたって多くの人が使用してきました。
つまり、10年程度の年月ではなく、数千年もの間臨床試験が行われてきたのと同じなのです。
漢方薬は副作用が少ないといわれていますが、副作用が大きい漢方は長年の経験によって使用されなくなっていったのでしょう。
そんな漢方の中でも、高麗人参は特に副作用が少ないと言われています。
中国の漢方に関する医学書『神農本経』には、
人参は、寿命を延ばし、全く毒がなく、長期間飲んでも人体に害をあたえない上薬中の上薬である
と書かれています。そして、高麗人参は、秦の始皇帝や徳川家康も愛用していたのです。
では、本当に高麗人参には副作用がないのでしょうか。
今回は、高麗人参の副作用についてご説明していきます。

高麗人参と副作用について

説明する猫

病気を治し、体のつらい症状を抑えることを『薬の主作用』と言います。
反対に、薬の服用によって体に好ましくない症状(肝機能の悪化・吐き気・眠気など)がおこることを『薬の副作用』とよびます。
高麗人参は医薬品ではありませんので、そもそも『副作用』という概念はありません
仮に高麗人参を服用したことで体調が悪化した場合でも、服用をやめれば体調はもとに戻ります。その後何年にもわたって健康に悪影響が出るようなことは、まずありません。
これは、3000年以上にわたって多くの人が高麗人参を服用して出た結論ですので、ほぼ間違いないと言えるでしょう。
また、東洋医学の世界では、体に新しい刺激を受けることで一時的に症状が悪化することを『好転反応』と呼びます。
漢方を服用し、一時的に体調が悪化したあとに、体質や症状が改善します。

高麗人参の好転反応について

高麗人参の好転反応には、
  • 頭痛
  • 下痢
  • 胃の痛み
  • むくみ
  • 動悸
などの症状があります。
これらはすべての人に出るものではなく、一部の人にあらわれる症状です。
また、
  • 我慢できないほどの胃の痛み
  • 激しい頭痛
などの強い不快症状が出ている場合、深刻な病気が進行している可能性もあります。
1~2週間服用しても不快な症状が続く場合は、すぐに病院で診察を受けてください。

医薬品と高麗人参の併用について

薬

現在、病院で処方された薬を服用している方は注意が必要です。
高麗人参は、
  • 四君子湯
  • 補中益気湯
  • 小柴胡湯
などをはじめとする様々な漢方薬に配合されています。
病院で処方された漢方の名前が『高麗人参』でなくても、処方された薬に高麗人参(ニンジンとも言われます)が配合されている場合もあります。
サプリなどで高麗人参を摂取すると飲みすぎになってしまいますので、あらかじめ医師に相談の上服用してください。
また、以下に該当する方は、高麗人参を服用する際には医師に相談してください。
うさぎの看護師
1 高血圧・糖尿病などの治療にインスリンを服用している方
高麗人参には、
  • 血糖値を下げる
  • 血中の脂肪酸を下げる
などの働きがあります。
これは高血圧や糖尿病に有効なのですが、インシュリンと併用すると効果が増大しすぎることがあります。医師と相談の上服用するようにしてください。
高麗人参は、
病院でインシュリンを処方されているわけではないけれど、血圧が気になる
という方に向いています。
2 心臓病などでワーファリンを服用している方
深部静脈血栓症・肺梗塞・人工弁置換術後・心筋梗塞・細い移植血管術後の治療などにワーファリンが処方されることがあります。
ワーファリン(ワルファリン)は、ビタミンKと一緒に摂取すると薬の効果が弱まってしまいます
高麗人参・青汁・クロレラ・納豆などにはビタミンKが豊富に含まれていますので、ワルファリンを服用しているときには高麗人参などは控えてください。
また、ワルファリンは心臓病や脳梗塞で手術が必要な場合など、病状がかなり進行している場合に処方される薬ですので、高麗人参以外の健康食品についても、医師と相談の上服用した方が良いでしょう。
ワルファリンは処方されていないけれど、脂っこいものが大好きで、ドロドロ血が気になる。サラサラの血液にしておきたい
そんな方に、高麗人参は向いています。
3 肝臓病の方
高麗人参は肝機能の働きをアップさせることが証明されています。
そのため、慢性肝炎の方には『小柴胡湯』という漢方が処方されることがありますが、これには人参(高麗人参のこと)が配合されています。
肝臓病の薬とともに高麗人参を飲むと、薬の効果が増大して医師が適切な診断を下すことができません。
肝臓病の薬とともに高麗人参を服用する際は、医師と相談の上服用するようにしてください。

高麗人参の種類に注意しよう~白参と紅参~

ウィンクするイタチ

高麗人参は、加工方法によって3つの種類にわけられます。
それぞれの特徴は以下の通りです。
・水参…収穫したばかりの生の人参
・白参…4年根(収穫するまでに4年かけて育て、自然乾燥させたもの)
・紅参…6年根(収穫するまで6年かけて育てたもの)を蒸して自然乾燥させたもの
このうち、白参には強壮作用が強くでます。この強壮作用は血圧を上げる効果があります。低血圧の方には有効ですが、高血圧の方には逆効果になることがありますので注意が必要です。
一方で、紅参は脳の中枢に働きかけ自律神経のバランスを調整する成分(ジンセノサイド)が豊富に含まれています。
ジンセノサイドは自律神経を整えることで血圧を調整する働きがあることが証明されています。
高血圧の方➡血圧を下げる
低血圧の方➡血圧を上げる
という、ジンセノサイド独特の働きがあります。
  • 健康診断で高血圧と指摘された
  • 脂っこいものやお酒が好きなので、ドロドロ血が心配
  • 低血圧で朝がつらい
という方は、白参ではなく紅参を選ぶとよいでしょう。

高麗人参の食べ物アレルギーについて

目をこする女性

最近では、そば・桃・キウイフルーツ・卵・小麦など様々な食べ物アレルギーが問題になっています。
ごくまれにですが、高麗人参を服用してアレルギー反応が出る方もいるようです。
症状としては、
  • 目のかゆみ
  • じんましん
  • にきびや吹き出物
  • 発熱
などがあります。
特に、
  • 小さなお子様
  • 高齢の方
  • 食べ物にアレルギーをお持ちの方
は、高麗人参を摂取する際に最小限の量から始めてください。
アレルギー反応がおきないかどうか慎重に様子を見てから継続して利用してください。

過剰摂取には要注意

どんな食品、どんな医薬品にも言えることですが、過剰摂取は厳禁です。
高麗人参には特に決まった量はありませんし、少し飲みすぎたくらいで健康に影響が出ることはほぼありません。
しかし、
一度に高麗人参サプリを30錠飲む
など大量に飲むと、イライラしたり動悸がおこることがありますので注意してください。

様々な加工品とサプリ

サプリメント

高麗人参には
  • 水参
  • 白参
  • 紅参
3種類があります。このうち、紅参にはジンセノサイドが豊富に含まれています。
ジンセノサイドは、
  • 血流を改善する
  • 血中の脂肪酸を減少させる
  • 自律神経に働きかけ、血圧や精神をコントロールする
などの作用があることが証明されています。
『病院で薬を処方されているわけではないけれど…』
  • 高血圧や低血圧で悩んでいる
  • 脂っこいものが好きなのでドロドロ血が心配
  • お酒が好きで、肝臓が心配
という方は、ジンセノサイドが豊富に含まれている紅参を使った加工品を選ぶと良いでしょう。
特にサプリは高麗人参独特の苦みが気にならないので、おすすめです。
高麗人参のサプリの中には紅参の成分を豊富に含んでいる製品があります。
有効成分が豊富に含まれている加工品を選ぶことで、高麗人参のパワーを実感することができるでしょう。

まとめ

高麗人参には、体に大きな影響を与えるような副作用はほとんどありません。
数千年前からたくさんの人に愛されてきた高麗人参は、安全性が高い漢方です。
そのため、長期にわたって安心して服用できます。
ただし、
  • インシュリンを処方されている方
  • ワルファリンを処方されている方
  • 肝臓病の薬を処方されている方
  • 食べ物アレルギーがある方
は、注意が必要です。
医師や薬剤師に相談の上服用してください。
そして、そのような病気を予防したい方に高麗人参はピッタリです。
継続して飲むことで、体質が改善されていくことを実感するとができるはずです。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄