万能薬で不老長寿の薬ともいわれる高麗人参ですが、近その効果が注目され数多くのサプリメントが発売されていますが、一体どのサプリメントが一番リーズナブルで効率よくその成分を摂取できるのか知りたいですよね。
高麗人参とひとことにいっても、美容効果、新陳代謝の促進、老化防止作用、免疫力の向上、動脈硬化の防止、肥満予防など幅広い効果があります。
せっかく摂取するのであれば、どれが一番自分に必要な効果を持っているのかどれが効率よく摂取できるのかをしっかりと認識してから摂り入れたいと思いませんか?
この記事では、高麗人参のサプリメントの中でも最も人気の高い3大有名ブランド「金氏高麗人参」「正官庄」「紅麗珠」の違いとその効果についてそれぞれを比べつつその特徴について徹底解説していきたいと思います。

金氏高麗人参と紅麗珠(こうらいじゅ)を比べてみました

比較する女性

商品の特徴

「金氏高麗人参」は体にメリハリのある活動をサポートし、休息時間は体をしっかり養い、活動的な日中はハツラツとした動きができるよう、健康面と若々しさなど幅広くサポートできるところを全面に出し老若男女問わず使用できるような宣伝をしています。
一方で、「紅麗珠」は高い年女性の更年期障害で、めぐりの作用(血流の改善)を全面にだしエイジングケアもできるところを売りとしています。

品質管理

「金氏高麗人参」は最も高級とされる紅参を使用し、独自の抽出方法と昔ながらの方法をミックスした手法でジンセノサイドをより効果的に抽出。
さらにその抽出エキスを高めるためにじっくり熟成。安心安全への取り組みでも、研究開発室を工場と一貫管理するなど徹底した原料選と品質管理を国内工場によって行っているそうです。
一方で、「紅麗珠」は紅参を酵素処理することで吸収率を上げる手法を取り入れ、希少な高麗人参の実を配合し、高麗人参の実から根まで丸ごと配合し独自の配合方法を取り入れています。どちらも抽出方法とジンセノサイドの栄養素と質の高さは安心できるといえそうです。

販売価格

「金氏高麗人参」は1日3粒(推奨摂取量)で3ヶ月続けた場合1日あたり270円、一方で、「紅麗珠」は 1日2粒(推奨摂取量)で3ヶ月続けた場合1日あたり270円と金額的な差はなくほぼ同じです。
このことから「金氏高麗人参」と「紅麗珠」の成分や金額面を比べてみましたが大差はほとんどないということが伺えます。

金氏高麗人参と正官庄を比べてみました

指差すうさぎ

商品の特徴

先ほど「金氏高麗人参」は健康面と若々しさなど幅広くサポートできるところを全面に出しいているとお伝えしましたが、一方で「正官庄」の公式サイトをみるとあまり売りがわかりません
ただし、「正官庄」は会社概要をみるとなんとなく分かると思いますが韓国の準国営企業のような会社なので韓流が好きな方は「正官庄」を選ぶというのもいいかもしれません。

品質管理

「金氏高麗人参」は日本国内の工場で世界的に見ても徹底した厳しい管理を通過している一方で、「正官庄」韓国政府基準の厳しい審査基準を通過しいくつかの賞を受賞しています。
日本の審査基準とどう違うかは分かりませんが、6年根を100%使用し徹底した土壌管理のもと栽培しています。

販売価格

「金氏高麗人参」は1日3粒(推奨摂取量)で3ヶ月続けた場合1日あたり270円と伝えしましたが、「正官庄」は1日2粒で3ヶ月続けた場合1日あたり288円(推奨摂取量)と18円ほどですが「正官庄」の方が価格は上がります。
こちらも両者にあまり違いはありませんが、成分についても正直ほとんど互角で大差はありません。そうなると毎日飲むのであればコスト面からいうと「金氏高麗人参」を選ぶというのもいいでしょう。
もちろん日本のシェア率でいうと日本の安全基準をクリアしている「金氏高麗人参」の方が断トツで高いです。

「正官庄」と「紅麗珠」の違いとは

疑問を感じるくま

商品の特徴の違い

「正官庄」は韓国政府お墨付きのアピールに対して、「紅麗珠」は更年期障害への作用や血の巡り、エイジングに関する効能を推しています。
やはり韓国の企業が売り出している「正官庄」と、日本の通販の大企業エバーライフが売り出している「紅麗珠」だと公式サイトが見やすいのは「紅麗珠」ですがあまり特段取り上げるほどの違いはないかもしれません。

品質管理の違い

やはり品質管理では韓国が認めた政府基準を通過している「正官庄」と、日本の厳しい基準を通過している「紅麗珠」を比べてみるとすればそこはどちらが信用できるかは個々の考えによるのかもしれません。

販売価格

販売価格はこれまでの通り、どちらも大差はありませんが「正官庄」が18円1日高くなります。
ここでも大きな違いでいえば「紅麗珠」はとくに更年期障害で悩む人、血の巡りをよくしたい人に特化しているということくらいなので、それ以外の悩みで高麗人参の摂取を考えているとすればどちらでも問題なさそうです。

「金氏高麗人参」「紅麗珠」「正官庄」の3択で迷ったときの違いまとめ

高麗人参のサプリメントで一番悩むのはやっぱりこの3択の人が多いでしょう。何を買えばいいか迷っているとすれば、国内シェアNO.1のベストセラーの「金氏高麗人参」が一番安心できます。
高麗人参は4年〜6年も土の中で育つのでその土壌や環境はとても重要です。韓国で自生できるからといって放っておいてできた高麗人参と日本の安全基準と研究開発に沿って作られた高麗人参ではその安全性を含めたトータル面での信用度はやはり高いのかもしれません。
そして、更年期障害に悩んでいるという人、家族へ試しに飲んでもらいたいという人は「紅麗珠」を試してみましょう。エバーライフであれば中高年層にはうけがいいかもしれません。
また、少し高くても韓国好きで現地の製法を試したいという人は「正官庄」を試してみてから日本製のものを飲んでみてはいかがでしょうか。
結局、「金氏高麗人参」が一番よかったらそのまま続ければいいのですから。不老長寿で噂の高麗人参をまずは試しにどちらかを選んでみてはいかがでしょうか。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄