ついつい、「手足の冷えはいつものことだから」といって気にしながらも放っておいていませんか?
手足の冷えはただ単に体の末端だから冷えているわけではありません。冷え性には恐ろしい病気のリスクが潜んでいます。
冷え性や低体温になっている原因はまず血液循環の悪化にあります。血流が悪化すると、全身に張り巡らされた細胞に栄養を送り出す血管の流れが悪くなるわけですから、次第に老廃物が溜まり老化していきます。
私たちの細胞は血液から栄養が送り込まれることで栄養を取り込み、新陳代謝をすることができますが、それが滞ることで代謝機能は低下し、胃腸の活動までも鈍ってきます。
そして脂肪が溜まりやすい環境になり、脂肪が溜まることでさらに血流を悪化させます。冷え性は魔の悪循環のループへと導く、放っておけない症状なのです。
この記事ではなかなか治らない冷え性の原因とその改善策・予防方法について詳しく解説します。

なぜ体の冷えはやって来るのか

寒がるうさぎ

あなたの平熱は何℃ですか?
平熱が35℃代の人は「低体温」といわれ、がん細胞が活発になってしまう体温といわれています。最近は慢性的な冷え性女子がどんどん増えているといわれています。
一般的な冷え性は、末端の血液が収縮してしまい、血行不良を起こすことで硬直し体温が部分的に低下している状態です。体は火照っていても手足を触ってみるといつも冷たかったり、夏でも末端が冷たかったりする人は典型的な冷え性です。
また、皮下脂肪が厚いと血行が悪くなったり、気づかぬうちに習慣で体を冷やす食事ばかりしていたり、冷房がやめられない人、タイトで体を締め付けるような服装を好む人、更年期やストレスで自律神経が乱れているといったことがよくある原因でしょう。
原因はいくらでもありますが、男性はほとんど冷え症だなんて人を見かけないですよね?女性は男性に比べ筋肉量が少なく、皮下脂肪は多いため冷えが起こりやすい体をしています。些細なことで冷えは起こりやすいためその原因はさまざまになっているのです。

更年期に起こる「冷えてるのに、のぼせてる」この症状はなに?

更年期障害の症状で一番発症率が高いといわれているのがホットフラッシュ・冷え性です。
更年期にはホットフラッシュと呼ばれる、突然暑くなり汗が止まらなくなったり、顔がほてったりする症状があります。ホットフラッシュと冷えは一見相反する症状かと思われがちですが、思い出してみて下さい。上半身や顔は体温が上昇して暑いと感じているのに、下半身や手先・足先だけがずっと冷えるということがありますよね。
これは更年期障害の場合、女性ホルモンが低下し、それが影響し自律神経のバランスを崩すことで血管収縮の調整などの機能が混乱し起きます。更年期障害だけでなく、ストレスや不規則な生活でも自律神経は乱れるので、夜型で睡眠不足の人には冷え性の人が多いです。
冷えるか、のぼせるか部位によって変わりますが冷え性とのぼせは似たようなメカニズムで起こるケースもあるのです。

長年の冷え性を改善するためのセルフケア策とは

厚着のうさぎ

冷え性はあなたの体質で起こりやすいということもありますが、あなた自身が行っている生活習慣が冷えやすい体を生み出しているといっても過言ではありません。
寒いから冬中ホッカイロを貼り巡らせていたり、暖房ばかりに頼っていたりしていてもその冷えに対する根本的解決にはなりません。もちろん体を冷やさないことは第一ですが体を冷やさない体内環境づくりを行うことが先決です。自宅でできる冷え性改善のセルフケア対策を紹介します。

体を冷やす食べ物と体を温める食べ物を見分ける

食事こそ、私たちの体を作り出している重要な資源です。そして私たちが食べたもので私たちは生成されていきます。そんな風に考えながら食事を選んでいるでしょうか。
食べ物には体を冷やすものと体を温める食べ物が存在します。冷たいものさえ食べなければいいというわけではないのです。冷え性がつらいという人こそ食事の改善が必要です。

冷え性対策の食べ物見極めポイント

1 その食材が育った場所は地上か地下か見極める

例えば夏野菜は体を冷やしてくれる効果があるので夏に食べるといいとかいいますよね。
そうです夏野菜は地上でサンサンと照った太陽の下で育ったものが多くないですか?トマトにレタス、キュウリにナスにスイカになどこれらは体を冷やす性質を持つ野菜です。これらの野菜を食べるときは温野菜にして食べると体を冷やさなくて済みます。
また、体を温める食材は地下で育った物となるので人参、大根、じゃがいも、カボチャ、そして生姜などです。このような根菜類は体に熱を蓄えてくれる性質があります。

2 産地の気候は温かいか寒いかを見極める

先ほど夏野菜は体から熱を逃がすので体を冷やし、冬野菜に多い根菜類は体を温める性質がある、と伝えましたがこれは産地及び国や地域の気候によっても左右されます。
例えば南の熱い国で育つバナナ、パイナップル、キウイ、レモンといった果実は体を冷やします。そして寒い地域で育ったカリフラワー、白菜、しゅんぎくなどは体を温めます。そういわれるとそんな気がしてきますよね。
白菜

3 調味料を見極める

一見、体によさそうなお酢は体を冷やします。夏に南蛮付けの料理が食べたくなるのは体を冷やしてくれる効果があるからなのです。体を温めたいのであればお酢を始め、白砂糖、マヨネーズ、化学調味料がたくさん入った食事は避けましょう
逆に体を温めてくれる調味料も存在します。唐辛子や醤油、ラー油、黒砂糖、味噌、明太子は体を温めます。塩辛い食べ物と辛い食べ物は体を温める作用があるのです。何か体を冷やす食材をどうしても食べなくてはいけないときは体を温める調味料をMIXさせると体を冷やす作用が緩和されます。

体を冷やさない服装を常に心がける

女性は下半身を冷やしてはいけないと昔からいいますが、これは本当に必要なことです。
冷え性の人が一旦冷えてしまった体をもとの温度に戻すには、女性は筋肉量も少ないため倍以上の運動などで血管に収縮運動を起こし血行を促進しない限り、どれだけ暖房やホッカイロ等で体を温めようとしても体を芯から温めることはできません
ですから、体を冷やさないということがとても重要になります。冬はできればパンツをおすすめしたいですがパンツばかり履いていられない人も多いでしょう。最近はヒートテックも豊富ですし、タイツに発熱効果があるものも手頃な価格で発売しています。
他にも腹巻きや5本指ソックスなど温活をテーマにした衣類が増えているので、体を冷やさない工夫していきましょう。

適度な運動で筋肉を鍛える

運動する猫

冷え性の人には、有酸素運動が冷え性改善の大きなカギです。有酸素運動は一時的に体を温めるだけでなく、日常生活では使い切れない筋肉を使うことによって、体の隅々の毛細血管にまで血液が行き渡り、その刺激が更なる毛細血管を作り出します。毛細血管は放っておくと減少していきます。
毛細血管を十分に保つことで手足など体の末端にまで酸素を運びやすい体内環境を整えることができます。日常生活の中で血液が循環しやすい体づくりをすることができるのです。筋肉をポンプとし、血液の循環を繰り返すことが冷え性改善の大きなカギです。

サプリメントでも冷え対策を

冷え性を改善したくてもなかなか忙しいという人や、今まで散々冷え性対策を行ってきたけれど一向に改善されないという人は冷え性対策に作用してくれるサプリメントを摂り入れてみるのもいい習慣です。
冷え症体策のサプリメントとして人気のあるサプリメントとしては生姜・ニンニク・マカ・高麗人参といったものが定番的に人気です。どのサプリメントが合うかは人ぞれぞれですので自分で調べてみて自身の体質に合いそうなサプリメントを選んでみましょう。
女性におすすめなのは生姜やニンニクは食事で手軽に摂り入れて、サプリメントで高麗人参を選ぶ方法です。これならコストが安価に抑えられ万全な対策がとれるますよね。

冷え性を根本から改善してくれる漢方のちからとは

運動する猫

先ほどサプリメントの紹介で高麗人参を挙げましたが、高麗人参とは東洋医学の漢方にも生薬として使われる、韓国や中国で自生している多年草です。
冷えの改善に高麗人参はどのように作用してくれるかを説明しましょう。高麗人参にはサポニンという成分が30〜40種類配合されています。これらの成分が体の自律神経に働きかけ、血の巡りを改善してくれるのです。自律神経は血管の収縮などをコントロールしているので、ストレスや更年期などで自律神経の働きが悪いと血行も悪くなってしまうのです。
更年期でいうと、ホットフラシュといわれる冷えとのぼせが同時にくる症状が自律神経のバランスが崩れているときの症状です。高麗人参は全身の血の巡りを改善し、免疫力や新陳代謝の向上に作用してくれるので、冷え性の根本の原因も撃退してくれるでしょう。万年冷え性から脱出するためにも高麗人参を試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

世の中の女性の半分以上が悩んでいる冷え症は、代謝機能の低下と脂肪や老廃物の蓄積など老化だけでは済まない病気の引き金となりえるということがお分かりいただけたでしょうか。
しかし、冷え性の改善の秘訣は意外と日常のセルフケア対策にありました。体を温める食べ物を選ぶように心がけ、体を冷やさない服装と適度な運動を始めましょう。そしてそのサポート役高麗人参などのサプリメントを追加してみてください。

<

これらのポイントさえつかめば、万年冷え性であったあなたの体も冷え性からきっと脱出することができるはずです。冷え性を引き起こしていた日常生活を見直して、楽しく温活を始めてください。冷え性が改善されればダイエット効果も期待できるはずですから一石二鳥です。

冷え症対策には美健知箋(びけんちせん)がオススメです

冷え性対策で重要なのは、短期的には生姜の摂取、長期的には高麗人参の摂取を当サイトではおすすめしています。

特に滋養強壮で有名な高麗人参は、温もりを感じ「巡り」も改善する効果がある有用成分で、冷え性に悩む欧米の主婦層に圧倒的な支持を受けている漢方成分なのです。

その生姜と高麗人参の両方が含まれている商品でおすすめしたいのが「美健知箋(びけんちせん)」です。

イチローが愛飲しているユンケルを販売している佐藤製薬製なので信頼性も抜群です。

あのポリフェノールまで含まれているので、冷え性対策だけでなく女性の体全般をサポートしてくれることは間違いないでしょう。