一般に閉経を挟んだ前後10年を更年期と呼びます。日本人女性の閉経の経近年齢は50歳位ですから、45~55歳がその期間に該当します。
この時期、女性は、女性ホルモンの分泌の変化により体に様々な変化が現れます。中には、体の不調となって変化が現れることがあります。不調には様々な症状があり、これらを総称して更年期障害と呼びます。
更年期障害の症状は人によって様々ですし、不調の感じ方の度合いも様々ですが、代表的な症状として、生理不順、不眠、のぼせ、火照り、発汗、頭痛、めまい、手足の冷えなどがあげられます。中でも頭痛に悩まされる方はとても多く、更年期障害を発症されている女性の約7割が頭痛に悩まされています
また、頭痛を発症した人は頭痛だけでなく、めまいや肩のはり、吐き気なども同時に感じる方が多いため、更年期障害による頭痛なのか、それ以外の病気による頭痛なのかしっかり見極めて対処する必要があります。他の病気の場合、命に関わる場合もありますので注意が必要です。
ここでは、様々な症状がある更年期に起こる頭痛について説明したいと思います。その症状と対処法についてしっかり理解して、辛い更年期障害を乗り越えていきましょう。

タイプ別頭痛の症状 ~あなたの頭痛はどんな症状ですか?

頭痛の女の子

一般に頭痛と言った場合、突発的に起きる急性頭痛と慢性的に起こる慢性頭痛の2つのタイプに分けることができます。
急性頭痛は、「くも膜下出血」、「脳腫瘍」、「脳出血」、「頭部外傷」などによって起きる突発的な頭痛です。
急性頭痛の多くは、命に関わる病気や外傷によって発症しますから、即、命に関わる場合がありますので、急性頭痛と思われる場合は、直ちに医療機関を受診して、適切な処置を受けるようにしてください。
それに比べて、痛みが数週間続く慢性頭痛の場合、その痛みには波があり、急性頭痛のように痛むときもあれば、全く痛みを感じないときもあります。
更年期障害による頭痛の場合、こちらのタイプの場合がほとんどですが、この慢性頭痛はさらにいくつかのタイプに分けられます。中でも代表的なのが、「偏頭痛」と「緊張性頭痛」です。
それぞれのタイプについて、その症状をご説明します。

片頭痛

偏頭痛と表記される場合もありますが、正式名称は、片頭痛です。
一般的に頭の片側がズキンズキンと痛み、吐き気を伴うとされていますが、片側だけでなく、頭の両側で痛む場合もあります。その特徴として、痛み以外に、明るい光を見たり、音を聴いたりするだけで痛みが増すことがあります。また、温度の変化に対しても敏感になる場合があります。
頭痛以外の症状として、吐き気以外にも下痢、嘔吐を伴う場合があります。片頭痛の場合、痛み始める前に前兆が現れる場合もあります。更年期障害による頭痛として起こりやすいのは、この片頭痛とされています。

緊張性頭痛

頭をぎゅっと締め付けられるような痛みと圧迫感が特徴的な頭痛です。これは、ストレスや緊張によって頭蓋骨を包む筋肉や膜が異常に収縮して痛みを発するとされています。
時間帯的に夕方にかけて痛みが強まり、寝ると良くなることが多いとされています。寝ると痛みが取れることにもつながりますが、疲れると頭痛を発症し、入浴で体が緩まると楽になるのが特徴とされています。

頭痛以外の更年期障害の代表的な症状とは ~あなたのその症状は更年期障害?

疑問を感じるウサギ

更年期障害とは、閉経に伴う女性ホルモンの分泌が減少することで起こる体に起こる不快な症状の総称です。
今回は、更年期障害による頭痛を解説しているのですが、ここで頭痛以外の更年期障害の症状について少しまとめておきます。更年期障害による頭痛の場合、それ単独起こることは稀で、他の症状も発症していることも多いので、他の症状について知っていることで様々症状に対応ができようになります。
まずは、あなたが抱えている体の不調は更年期障害によるものなのか、ちょっと確認してみましょう。
以下の症状に3つ以上当てはまれば、更年期障害である可能性があります。ただし、ここであげる症状はあくまで一般的なものですので、どうしても気になるのであれば、専門の医療機関で検査をすることが必要になります。
□生理不順
□不眠
□のぼせ、火照り
□発汗
□頭痛
□めまい
□関節痛
□手足の冷え
□動悸
□息切れ
□イライラ
□不安
□鬱
□意欲低下

更年期障害 なぜ頭痛は起こるのか?頭痛が起こる原因には何?

体調の悪そうなウサギ

前述の頭痛以外の症状、いくつ当てはまりましたか?それらの症状と頭痛がなぜ一緒に起こるのでしょう。
そもそも、なぜ頭痛が起こるのかその原因について探っていきましょう。
ただし、実は更年期障害で起こる頭痛については、その原因は未だにはっきりと判ってはいません。ですので、これから申し上げることもあくまでも仮説の域をでないのです。
このことを踏まえた上で、更年期になって頭痛が起こるプロセスをご説明します。
①閉経に向けて卵巣の機能が低下する
②女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減る
③エストロゲンの分泌を増そうとして脳がホルモン放出ホルモンを出す
④③で命令されたにも関わらず、エストロゲンの量は増加しないためホルモンのバランスが乱れる
⑤体をコントロールしている自律神経も乱れてしまう
⑥脳への血流が不安定になり、酸素欠乏や血管の圧迫が起きて頭痛が発生する
脳が正常に機能して、生命を維持するために働いたり、考えたりするためには大量の血液を必要としますが、上記のプロセスにより血流量が不安定になると脳内の酸素が不足するため、めまい、頭痛というような状態が引き起こされるのです。
あくまでも仮説ではありますが、血流量の不安定が解消されれば、頭痛は起こりにくくなるということですね。
ただし、血流量に変化がなくても体のゆがみなどが原因で起こることもありますのでご注意ください。

更年期障害の頭痛への対処方法として頭痛薬がNGなワケ

錠剤

更年期障害だからというわけではなく、通常頭痛が起こっていると、市販の頭痛薬で痛みを抑えようとする方が大半ではないでしょうか。
しかし、更年期障害による頭痛の場合、女性ホルモンの乱れが関わっているので、薬が効かない場合が多いそうです。
むしろ、頭痛薬の成分により、脳の血管を収縮させ過ぎて、血流をさらに悪化させてしまう可能性があります。また、その副作用で胃や肝機能を傷めてしまうことさえあります。
また、市販の頭痛薬を飲み続けていると、薬に対する耐性ができてしまい、薬が効かなくなることもあります。それにより服用量が増えて、薬物依存になってしまう危険性もあります。それにより薬剤誘発性頭痛と言われる薬が切れると激しい頭痛に襲われる症状を発症する場合もあるのです。
青ざめるウサゴ
なぜ、更年期障害の場合、薬が効きにくいのでしょう。
頭痛薬が痛みを抑える仕組みは、脳の痛み物質であるプロスタグランジンの生成を抑えることで痛みを抑えるというものです。
また、痛みを抑えている間に痛みそのものが自然となくなるのを待つのも狙いなのですが、更年期障害の場合は、女性ホルモンのバランスが乱れることで自律神経が乱れてしまうことで脳の血流が不安定になり頭痛が起こると考えられているので、痛み物資の生成を抑えても、根本的な原因を断っていないので、頭痛薬で痛みを抑えることはできないというわけです。
更年期障害による頭痛は、根本原因である女性ホルモン・自律神経のバランスを治し、血液の流れを良くすることが肝心ということですね。

更年期障害による頭痛の自宅でできる簡単な対処法

前述のとおり、更年期障害による頭痛では、頭痛薬は効果がないと言われていますので、薬に頼らない治療法をいくつかご紹介します。

軽い運動する

ラジオ体操をするネコ

軽い運動をすることで筋肉を動かして、ホルモンバランスの崩れによって引き起こされた血流の滞りを解消させることで頭痛を緩和します。
特に緊張型の頭痛の場合、肩や首がこるなど、筋肉が緊張していることが多いので、筋肉の緊張を緩めることで頭痛が緩和されます。筋肉をほぐすためにはストレッチも有効です。

静かな暗い場所で休む

保冷剤

片頭痛の場合は、光や音に敏感に反応することがあるので、ズキズキと痛んだら暗くて静かな場所で体を休めましょう。できれば横になり、アイスノンや氷嚢などで頭を冷やすのも有効です。
ただし、緊張型頭痛の場合は、冷やすと血流が不安定になり、却って頭痛を悪化させてしまいますので、その場合は、冷やすのではなく温めるようにしてください。

冷えを防止し、体を暖かくする

風呂に入るネコ

更年期障害の代表的な症状である「冷え」も筋肉の緊張を引き起こします。ですので、冷え性対策をすることにより頭痛予防にもなるのです。下半身が冷えないよう、靴下、タイツ、カイロなどで温めることを心がけましょう。夏でもエアコンにより冬以上に冷えてしまうこともあるのでその場合の対策も打っておきましょう。
また、入浴する場合は、をシャワーで済ませてしまうのではなく、しっかり湯船に浸かるように心がけましょう。湯船に浸かることで体の芯から温まるだけでなく、心身共にリラックスできます。

カフェインを含む飲料を適量飲む

コーヒーを飲むウサギ

頭痛薬にも含まれる成分カフェインは頭痛を抑える効果があるとされています。カフェインを含むお茶やコーヒーなどを飲むことも有効な対策です。
ただし、過剰に摂取することは、体にとっては負担になりますので、あくまでも適量を飲むように心がけましょう

頭痛が起きやすい食べ物は避ける

チョコレート

頭痛が起きそうなときは、赤ワイン、チョコレート、チーズ、柑橘類などの頭痛を起こしやすいと言われている食物は避けるようにしましょう。

高麗人参を摂取する

ninnjinn6-f

頭痛を起こさないようにするためには、根本原因である自律神経の乱れを整えてやることが肝心です。そのための助けとなる漢方薬として有名な高麗人参を試してみることをおすすめします。漢方は薬ではありますが、そもそも自然由来のものですので、頭痛薬のような副作用はほとんどないと言われています。
また、高麗人参は古くから各地で使用されており、体の不調を改善するためのサポート役として知られています。
特に自律神経のバランスに働きかけたり、女性ホルモンの分泌を促すための助けになったり、体の巡りをよくして、冷え改善のサポートをすると言われています。

まとめ

更年期障害に限らず、頭痛は嫌なものです。頭痛が起こると早く治まって欲しいと思うのは誰しもですね。

できれば、薬に頼ってでも早く楽になりたいと思ってしまうのも仕方ないことかもしれません。
しかし、それによって、後々、別の嫌な症状に悩まされることになるとしたら。
運動をしたり、休息をとったりすることは有効な予防法の一つです。しかし、更年期の女性は、仕事でも日常生活でも多忙を極めていることが多くて、頭痛の対処のためにゆっくり時間をかけることは至難の業であることがほとんどではないでしょうか。
体に負担をかけることなく、忙しい日常生活の合間にも試せる頭痛の予防法として高麗人参を取り入れてみるのも有効な手段ではないでしょうか。自分の生活パターンにあった対処法を取り入れて、辛い頭痛から開放されましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。