40代〜50代頃にやって来る更年期。走ってもいないのにほてったり、のぼせたり、汗が異様に止まらなくなってしまったりとそんな症状が徐々に増えていきます。

他にも一般的な更年期障害の症状としてはめまい、頭痛、肩こり、腰痛、関節痛に加えて、イライラやうつなど本当につらい症状ばかりが襲ってきます。しかし、更年期障害の症状には個人差がとても大きく現れ症状の重さや頻度、種類も人によってさまざまです。

もちろんこの症状全てが発症するわけではないのですがほてり・のぼせ・発汗といったホットフラッシュの症状における発症率は40%〜70%の人は発症しているであろうといわれています。

そんな中、これらの更年期障害にならない人も実際に存在します。出来ることなら更年期障害になんてなりたくないですよね、果たして更年期障害にならない人とはどんな人なのか、どんなところに違いがあるのかについて詳しく解説していきたいと思います。

更年期障害になる人とならない人。その違いとは

疑問を感じる女性

更年期になると加齢とともに卵巣が機能低下していくことで、体内の女性ホルモン(エストロゲン)が減少していきます。この発症期間については個人差がありますが、主に閉経を迎える前後の期間をあわせた約10年間に発症し、閉経の準備期間から閉経後の数年間ほどかかります。

このホルモンが減少していくスピードが早い人ほど更年期障害の症状は重くなり、そのスピードが遅い人ほど更年期障害の症状の出方も緩やかになるといわれています。さらには生活環境や日々のストレスもともと本人が持っている性格などが複雑に絡み合うことで大きな個人差がでてくると考えられています。

一概にはいえないのですが、昔不規則な生活が続いてしまった後の生理、またはストレスがかなりかかった後の生理が異様に重かったことはありませんか?イメージとしてはこのような理由に近く、ひとつの原因だけでありませんが身体に負担のかかる生活をしている場合には更年期障害の症状も重くなってしまうケースが多いということです。

更年期障害にならない人の特徴とは

更年期障害にならない人の特徴には一貫性があります。あなたの生活や状況と照らしあわせてみてください。
これらの項目は思っているよりも身体に負担をかけていたのです。

楽観主義で考え込まない性格

元気な女性

あなたにはこれだけは譲れないということはいくつありますか?

更年期になると人は考え込みやすくなり、さらには些細な事でイライラしたり、クヨクヨしたり神経質になりがちです。しかし、もともとの性格がおおらかで何事にも楽観主義であるという人は更年期障害におけるイライラやうつになりにくいのです。それは普段から人に流されず、いいことも悪いことも前向きに流せるクセができているからです。

あまりにも自分や人に対して決め事をつくってしますと自らの首を締めることになり兼ねません。更年期に限っては、考えこまずに楽観でいることを心がける方が身体にとっては健康的で楽ちんともいえますね。

夫婦仲や家族との関係が良好であること

仲良し家族

家族やパートナーとの関係性は毎日のことになるのでとても重要になってきます。更年期障害に悩まされなかった妻の声を効くと、全くもって旦那と家族とは仲良しですと言い切れる人が多かったのです。

万が一、「旦那とはうまくいっていない」ですとか「姑と同居していて肩身が狭い」だったり、「子供の成績不振と思春期の非行」といったような日々に悩みを抱えがちな状況で毎日を過ごしているとしたら、気づくかないうちにあなたは日常的ストレスを溜め込んでしまっているでしょう。

ストレスは自分で防ぐということは難しいのかもしれませんが、悩み事は病の種となりますので、なるべく作らずに家族内でも相談や話し合える環境づくりが大切なのです。

職場やママ友との人間関係も良好である

ママ友の集まり

家庭以外の他人とも人間関係は良好であるという人はやりくり上手とでもいいますか、非常にストレスを抱えにくいです。職場でもママ友との会話でも楽しめるという部分が重要になります。付き合い程度の他人とトラブルや問題が起きるととても身体にはとてもストレスが溜まります。

他にも「職場で居場所がない」ですとか「ママ友との付き合いが億劫である」など意外と悩んでいる人は多いはずです。無駄な人間関係でストレスを溜め込むのではなく、この時期は自分にとって心地の良い人といるようにしましょう。

夢中になれる趣味や、リラックスできる環境を持っている

グランドピアノ

あなたには夢中になれる趣味がありますか?
趣味は更年期障害を軽くするとさえいわれるほど、夢中になれる趣味があるかないかでは症状の重さはかなり変わってくるといえます。

ある女性で50歳になり健康のために人生で始めてピアノを買ったという方がいました。ピアノを始めた途端に、物忘れがなくなったことに本人は驚いたそうです。今までぼんやりしていた頭が急に鮮明になったような感覚だったそうです。それから彼女はメキメキとピアノが上達していったそうですが、趣味とはあなたが楽しいと感じられるものでなくては意味がありません

例えば、その女性のように新しい楽器を買ってみるとか、ウォーキングでは歩く街を毎回変えるだとか、フラダンス教室にいってみるなど、楽しみにならなければ継続はできないからです。またリラックス出来る空間や時間も神経を休める時間にとても必要です。近所のカフェで緑を見ながらお茶をするなどでもいいので少しでも無になれる時間を持っておきましょう。

栄養バランスのよい食生活を送っている

食事をする女性

毎日の食生活で栄養バランスがよい食事をとっている人も更年期に悩まされないで過ごせる可能性が高まります。

私たちの細胞は3ヶ月で生まれ変わり、半年ほどで別人に生まれ変わっているとさえいわれたりしますが、その全ては私たちが食べた食べ物でできています。しっかりとした栄養バランスが摂れている人は食生活が乱れている人に比べ、肌ツヤもよければ髪のツヤ、また更年期障害まで起きにくい状況をつくれている上に、免疫力も高いです。

逆に、偏った食生活の人は食事のタイミングも不規則で好きなモノばかり食べてしまいがちなので体内環境はとても悪くなっています。あなたの身体はあなたが食べた食事でできているのですから、マルチビタミン、ミネラル、タンパク質をしっかり摂りましょう。30品目なんて食べなくてもいいんです。肉・魚・野菜・大豆・フルーツなどの基本的な食材をバランスよくとってください。

適度な運動を継続する

エアロバイク

運動は老化を食い止める最善の手段です。更年期障害に悩んでいない人に一番良く聞く共通点です。

運動を行うだけで滞ってしまった血液やリンパが流れたり、若返りホルモンの分泌、脂肪燃焼などいいことずくめの効果が働き始めます。もちろん、怪我をしてしまうくらい急に運動をしてしまったり、肘や膝などの関節を痛めてしまったりするような激しい運動は好ましくありませんが、適度な運動の継続は一日20分続けるだけで、更年期障害の症状の重さもグンと変わってくるのです。

おすすめの運動は、水中ウォーキングやトレーニングジムのサイクリングなど負担の軽い有酸素運動です。もちろん、継続さえできれば何でも良いです。孫と縄跳びをやろうがフラフープをやろうがなんだっていいのです。まずは、体を痛めずに継続できる運動を必ずひとつ見つけましょう。

体を冷やさない努力

クーラー

更年期になると体に冷えを感じる女性が多いのですが、メカニズムとしては女性ホルモンの低下と自律神経のバランスが崩れることで特に下半身が冷えやすい状態になります。

冷えはあらゆる病気の元凶ともいわれますが、体にとってはとても負担で悪い状態です。体を冷やさない努力を日常からしている人はとても賢いです。例えば半身浴は38度以下にしてゆっくり浸かると全身に血が巡り、体がポカポカになります。冷えやすいお腹や腰が隠れるように寝るときは腹巻きまたは長めのトップスをインして着るとかちょっとしたことで変わってきます。

真夏のクーラーも女性にとっては体にいいものでなはないので熱中症にならない程度に設定温度を上げるなど工夫が必要です。このような形で体が冷えない状態でい続けている人は免疫力も高いです。病気が入ってくる隙間がないのです。冷え性をなんとか改善し、更年期障害の症状が重くならないよう取り組みましょう。

更年期障害が起きない人の習慣まとめ

更年期障害がほとんどない女性ホルモンの減少スピードが遅い人のヒミツは生活習慣が大きく関係していたのです。もちろん全ては個人差がありますが、更年期障害の症状があまりない人の共通点がわかった今、これを試さない手はないですよね。

やっぱり、ストレスでも食生活でも体を酷使して無理を続けているといつか体に歪がでるといわれているのがこの時期なのかもしれません。真面目すぎる人ほど自律神経が崩れやすいともいわれていますから、この更年期障害に大変な時期を乗り越えるコツは、物事は何事も考えすぎず、早寝早起き、腹八分目、栄養バランスのよい食生活、適度な運動の継続、ストレスからの開放これに尽きるわけです。

人間の基本的な健やかな生活といった感じにはなりますが、今こそこんな風に生活習慣を見直すべき時です。この記事をきっかけにあなたが更年期障害にならない人側へ転身していただけたらとても嬉しく思います。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参