一般に40~50代の10年を更年期と呼びます。この時期には男女を問はず、体に様々な変化が現れてきます。
特に女性は、女性ホルモンのバランスの乱れにより、この変化が体の不調となって現れることが多いのですが、この体に感じる不調を総称して更年期障害と呼びます。
生理不順、不眠、のぼせ、ほてり、発汗、頭痛、めまい、関節痛、手足の冷え、動悸、息切れ、イライラ、不安、鬱、意欲低下など様々な症状が更年期の症状として知られていますが、これ以外にも胃痛もその症状として現れることがあります。
ただし、この胃痛の場合、更年期障害だけではなく、それ以外の消化器系の疾患やストレスなどによっても引き起こされることがありますし、中には重篤な疾患が引き起こすこともあります。
もしあなたが更年期で、今、胃痛を抱えているのであれば、その胃痛が何によるものなのかを確認する必要があります。ここでは、そんな更年期障害で引き起こされる胃痛について、みていきたいと思います。

なぜ、更年期障害で胃の不調は起こるのか?胃痛・下痢・吐き気・・更年期以外の原因も

つらそうにしている胃のキャラクター

◎胃痛はなぜ起こる 原因その1 ストレス

更年期の時期は、女性に一生のうちでも忙しい時期ですね。子供の進学や独立、親の介護、そして仕事もある程度責任のある地位に就いてなどなど。
日常生活で感じるストレスは多大ですね。そんなストレスが、自律神経のバランスを乱すことで、自律神経に支配されている胃の働きが悪くなり胃痛を引き起こすことがあります。これが、神経性胃炎です。

◎胃痛はなぜ起こる 原因その2 女性ホルモンのバランスが乱れる

更年期障害は女性ホルモンのバランスが乱れることより起こると言われていますが、これは、加齢に伴い卵巣機能が低下し、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減ることを指しますが、この女性ホルモンの分泌をコントロールしている脳の視床下部は自律神経のコントロールとも密接な関わりがあるため、女性ホルモンのバランスが乱れることにより自律神経のバランスも崩れることがあります。これにより、胃痛が現れると言われています。

◎胃痛はなぜ起こる 原因その3 それ以外の原因

上記の2つ以外にも胃痛が起こる原因がありますので、簡単に説明しておきます。

▲急性胃炎

安静にして、薬を服用するなどで1~2日で症状が治まる胃痛のことを急性胃炎と呼びます。この胃痛の原因として、暴飲暴食ストレスなどの刺激、感染症やアレルギーなどが上げられます。ただし、症状の種類や程度によっては医療機関で専門家の診断が必要な場合もありますので注意が必要です。

▲慢性胃炎

常に胃に不快感があったり、食後に胃もたれや腹痛などが長いこと続くことを慢性胃炎と呼びますが、これは、様々なストレスが胃にかかりたり、過度な飲酒が続いたり、ピロリ菌に感染するなどして胃が不調をきたします。症状が急性胃炎比べると明らかに長い状態です。

▲胃アトニー

一般に女性に多いと言われているものですが、胃下垂により胃の筋肉がたるむことで胃の働きが悪くなることで胃痛を引き起こします。体型によるところが大きいのですが、中には、甲状腺機能亢進症脳下垂体不全などホルモンの病気などによっても起こることがあります。

更年期障害による胃痛を改善するための治療法と薬

カプセルの薬

様々な原因によって引き起こされる胃痛ですが、中には重篤な病気が隠れている可能性もありますから、胃痛を感じたら、医療機関を受診することをおすすめしますが、更年期障害による胃痛の場合には、セルフケアによってある程度緩和することが可能です。
ここでは、医療機関で行われる治療方法から、自分でできることまで説明していきましょう。

七転八倒するような痛みなら、すぐ医療機関へ

ネットで検索なんてしている余裕もないほどの痛みならば、まずは医療機関を受診しましょう。ただの胃痛と思って放っておくと手遅れになる場合がありますから、すぐにでも医療機関で検査を受けることをおすすめします。
医療機関では、医師による問診、触診のあと、血液検査、場合によっては、レントゲンや胃カメラなどによって検査が行われます。
そして、症状に即した薬が処方されます。
検査によって問題なしとされた場合、その胃痛の原因は、ストレスか更年期障害と判断されるケースがほとんどです。

胃痛が起こったとき自分でできる対処方法 その1 食事

胃は食べ物を消化するための臓器ですから、そのケアも食事によって行うことができます。以下のことに注意を払うだけで、多くの場合、薬を使わなくても症状を緩和することが可能です。

〇しっかりよく噛んで食べる

早食いと言われる人は、大抵の場合、食べ物をよく噛まずに飲み込んでしまうことがほとんどです。そうするとその食べ物を消化するために、胃は余計に働かなければなりません。胃が余計に働く状態=胃にストレスがかかり、胃痛が引き起こされます。

〇消化の良いものを食べる

よく噛まないで食べ物を食べたとき同じように、消化に時間のかかるもの、消化の悪いものを食べることは胃に負担です。胃痛を感じているときは、なるべき消化の良いものを食べるように心がけましょう。

〇調理法を変える

同じ野菜でも、生野菜より、茹でたり蒸したりしたものの方が、消化の助けになります。普段サラダが好きな人でも、胃痛のときは、おひたしや煮物など、胃に負担をかけないように調理されたものを食べましょう。

〇胃痛のときに避けたい食べ物

消化の悪いものはもちろんそれ以外にも避けたい食べ物があります。なかでも、胃酸が出過ぎると、胃の粘膜に炎症が起きて胃痛の原因になりますから、胃酸をたくさん分泌させて胃粘膜を刺激する食べ物は避けるようにしましょう。 食事の内容を見直してみてください。
×レモンなどの柑橘類や酢の物など酸味が強いもの
×唐辛子やわさびなどの香辛料、カフェインを多く含むコーヒーや濃い緑茶などの刺激物
×ハムやソーセージといった加工食品、脂身の多いバラ肉やひき肉、大トロ、揚げ物などの脂質を多く含んでいるもの
×タコやイカ、貝類や、ゴボウやタケノコ、れんこんなどの野菜類、きのこ類も繊維が崩れにくく消化しにくいもの
ステーキを食べるパンダ

胃痛が起こったとき自分でできる対処方法 その2 生活習慣

胃にやさしいものをいくら食べても、食事の時間が不規則だとあまり効果はありません。三食しっかりとること食事のタイミング寝る前には食べ物を口にしないといったことに注意を傾けるようにしましょう。

また、寝不足は、脳にストレスを与えることが様々な研究により解っています。普段から寝不足気味な人は、できるだけ多くの睡眠時間を確保できるように日常生活の時間から見直してみましょう。
健康的な生活をおくることが胃痛緩和への第一歩です。

時間も余裕もない人のための更年期障害による胃痛の対処方法

指さすウサギ

食事、生活習慣の改善は今すぐには難しいし、即効性もあまりありません。そもそも更年期の女性はとっても忙しいですよね。
なので、時間も手間もかけずに、辛い頭痛を緩和できたらと思っている人は多いことでしょう。
また、更年期障害を発症している方は、胃痛以外にも腰痛も同時に起こしている人もいるはずです。また、症状が出たときにその症状を抑え込むだけでは、対処療法と同じなので、症状の再発の可能性は下がりません。なるべくなら辛い症状が起こらないようにしたいですよね。
そのためには、女性ホルモンの減少によって影響を受けてしまった自律神経のバランスを整えて、胃痛が起こり難い体を手に入れる必要があります。
そんな女性の体質改善を助けてくれる強い味方が漢方で有名な高麗人参です。
高麗人参は、体の巡りの改善を助けて、冷え性などの女性の悩みを緩和するお手伝いをすることで有名ですが、体の巡りを改善するためには、そもそもの乱れた自律神経のバランスを整えてやることが肝心です。高麗人参には、自律神経のバランスを整えるための助けになる力があることが、多くの研究機関によって証明されています。
また、植物由来の物ですが、医療機関で処方される薬などよりは、副作用がほとんどありませんから、安心して摂取することができます。あなたの症状に合わせたものを取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

更年期障害で感じる様々な体の痛み、なかでも胃痛は辛いですね。酷いときには、日常に生活に支障をきたすことすらあります。
また胃痛など胃の調子が悪いと食べ物が美味しく感じられません。どうせなら美味しく食事をとりたいですよね。
そのためにも胃痛を取り除いて、健康な胃腸を手に入れましょう。
そのためにも、食事内容や日常生活での習慣を見直して体質改善を目指しましょう。そのための助けとして、高麗人参などの体に負担のすくない漢方なども取り入れることをおすすめします。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参