つらい更年期障害の症状。「これっていつまで続くの?」何度もそんな風に思っている女性は多くいると思います。

のぼせたり、ほてったり、それだけでなく頭痛、めまい、関節痛などさまざまな症状に襲われ、「私の体どうなっちゃうんだろう。」と思い続けていると元気や活力までなんとなく失っていきます。それほど更年期障害の症状はつらいんです。

人それぞれ個人差があるので「これって私だけ?」そんな風に不安に思っているのはあなただけではありません。

なかなか他人に相談しにくい問題なので一人で悩んでいる人も多いですが“大丈夫です。更年期障害には必ず終わりが来るんです

この記事ではつらい更年期障害の症状を緩和へ導く方法と万が一、通院へ通院するということを選んだ場合にはどんな治療法が施されるのかについて解説します。

この記事を読んであなたの更年期の症状やその症状に対する不安が少しでも改善されたら幸いに存じます。

更年期障害の症状はいつまで続くの?その年齢とは

額を抑えてつらそうにしている女性

そもそも更年期といわれる期間はいつなのかご存知でしょうか。

「ある程度おばさんになったら」=「更年期」ではありません。更年期は女性が女性としてのひと仕事を終えて閉経を迎える前後の10年間のことをいいます。

閉経を迎える時期の世の中の平均年齢は50歳といわれています。しかし、これは生理開始時期がかつてバラバラであったようにとても個人差が大きく、更年期の開始や終了までの期間、またその症状の重さまで違います。

平均的な年齢でいえば45歳から55歳までの期間に起こる人が多いということになるのですが、更年期障害に10年以上悩まされたりする人もいれば、一生更年期障害の症状を感じることもなく閉経を迎える人だっているのです。

これほど個人差が大きいのです。一般的な期間としては強い症状が現れるのは2〜3年長くても5年といわれています。

“そう、必ずいつかは終わるんです。”

しかし、症状がつらい人ほど長く感じるかもしれません。更年期障害は始まる年齢が早ければ早いほどその症状は重く、年齢を重ねている人ほど症状が軽いそうです。

年代別更年期障害の起きやすい症状

●40歳〜45歳
・手足、腰が冷えやすい
・怒りやすく、イライラする
・うつを感じる
・頭痛、めまい、吐き気がする
・疲れやすい

●45歳〜50歳
・手足、腰が冷えやすい
・怒りやすく、イライラする
・うつを感じる
・頭痛、めまい、吐き気がする
・疲れやすい
・肩こり、腰痛、手足などの関節の痛みがある
※40〜45歳の症状をほとんど同じだが、症状は軽い

●51歳〜55歳
・肩こり、腰痛、手足などの関節の痛みがある
・顔がほてる
・寝付きが悪い

●56歳〜60歳
・息切れ動悸がする

このように症状の種類や重さは40代前半の人の方が断然強い更年期障害を患わせてしまう傾向にあります。

現代の40代〜50代は女性の社会進出が強化され始め共働きであったり、晩婚化で子供が幼かったり、女性の社会的負担が大きくなっています。また、真面目で几帳面な人ほどストレスを抱えていて更年期障害の症状が重症化しやすいというデータもあります。

もし、40代前半で始まってしまったら症状は重い可能性が高いですが、どちらにしてもいつかは終わります。閉経を迎えしばらくすると体内環境がそれに順応していくのです。

更年期障害の治療っていつまで続く?薬をやめるタイミングとは

袋に入った薬

更年期障害の症状が重いという人は医師の診断により薬を処方されているでしょう。

しかし病院への通院は時間とお金がかかる分、「これっていつまで続けなくちゃいけないのかな?」とふと心配になっているでしょう。または、症状がつらいから病院の薬の処方に頼るか悩んでいる方へ。

これから更年期障害の際に病院で処方される治療として一般的な「ホルモン補充療法」と「プラセンタ注射」について説明していきます。

ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法とは卵巣の機能低下により、女性ホルモンのエストロゲンを分泌できなくなった体内に人工的にホルモンを注射や飲み薬、貼り薬等で補充するという療法ですが、そのホルモン量の基準値の測定として採血をします。

ホルモン補充療法の開始目安としてエストロゲンは30〜50pg/㎖以下、卵胞刺激ホルモンは30mlU/㎖以上の場合が処方の一つの基準となっているようですが、個人の判断で症状がつらすぎるようでしたらこの基準値外でも開始可能です。

大病院

基本的には医師との相談で個々の症状や状況に合わせ決めるので、病院に行ったからといってホルモン補充療法を絶対に始めなくてはいけないということもありませんし、治療期間としては基本的には個々の判断で止めることができます。

しかし閉経後すぐに止めてしまうと更年期障害の症状はまだ続いていて再発ということもあり得ますので、閉経後でも数年は続けたほうが良さそうです。

また、更年期障害がおさまっても治療を継続するケースもあります。今まで女性ホルモンが体内で分泌されていたことによって回避されていた、骨粗しょう症や高脂血症などの生活習慣病の予防目的でホルモン補充療法を継続するという選択をする人もいます。

これも医師と十分に相談し納得した上で選択するべき事項といえます。結論からいうと、信頼できる医師のもとで相談しいつ止めるかを判断するべきであるということです。

プラセンタ注射

プラセンタ注射とはヒトプラセンタという人の胎盤のエキスを原料としその豊富な栄養分を注射で補充する療法です。

更年期障害の症状以外にも美容やアンチエイジングの目的で使用されたてりしています。このようにプラセンタ注射は美容目的でも使用されているくらいなのでいつでも始められますし、止めることも可能です。

病院では効果を実感してもらうために初めの2週間は毎日の投与を、その後は週に1〜3回程度ですすめられるでしょう。

もちろん投与の回数が多ければ多いほど費用はかさみます。いつでも止めることはできる代わりに美容効果のマジックもあることから止めるのが怖くなってしまう傾向にある人が多いです。

やはり、こちらも信頼できる医師への相談によって期間を決めるべきといえます。(商業目的のお医者様もたくさんいるので注意しましょう)

長く続く更年期障害の症状へ。緩和に効果的な対処法とは

更年期障害との戦いは長く険しい道のりという人もいれば、緩やかな山という人もいるでしょう。

どちらにしても更年期障害の症状だけでなく、閉経という体内環境の変化に対応できる体質づくりが重要です。効果的といわれている更年期障害の対処法について見ていきましょう。

食生活の見直しと改善

食事をする女性

私たちの体は自らの食べた食べ物でできています。日常の食生活をこの機会に見直してみましょう。

もともと健康に気をつけていたという人でも、案外思い過ごしの情報だったり、更年期に特に必要とされる栄養素が足りていなかったりする場合もあるはずです。栄養素が偏った食事になっていないか、脂っこいものを多く取りすぎていないかなど一から見直してみて下さい。

そしてプラスアルファで更年期に減少するエストロゲンの役割を補うような栄養素を摂取しましょう。大豆イソフラボンはエストロゲンに似た作用を担ってくれます。豆腐、豆乳、油揚げ、きなこ、味噌。大豆、納豆などを意識して摂取するようにしましょう。

ただしとりすぎは禁物です。大豆イソフラボンの1日の摂取目安は70〜75gです。

サプリメントなどの健康食品で摂取する場合は30mgまでとされています。しかし、食品から摂取している場合にはあまり気にしなくても良さそうです。

市販の漢方系医薬品について

瓶に入った薬

CMでもよく見かける漢方系市販薬っていったいどんなものものなのでしょうか。有名な漢方系医薬品の効果・効能副作用についてみてみましょう。

◯小林製薬「命の母A」

3種類の生薬を配合し、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸などの更年期に良いとされるビタミンB群とカルシウム、タウリンを配合。婦人病特有の症状に対して独自の漢方処方にプラスしてその他の栄養素を配合し、第二医療薬品に分類されています。

ドラッグストアでも購入は可能ですが薬剤師との相談の上、購入するという形となります。命の母Aは薬なりますので、口コミでは人によってはめまい、かゆみ、下痢、吐き気など副作用があるケースもあるようでその症状はさまざまなようです。

しかし市販薬なのでそれほど薬効は強いわけではないので、少し試して様子を見てから摂取を続けるか判断するのがいいでしょう。

◯タケダ漢方薬「ルビーナ」

漢方処方の「連珠飲(れんじゅいん)」という考え方を基に組み合わせられた処方で“四物湯(しもつとう)”という血の巡りを良くしてくれる漢方と、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)という水分代謝と自律神経の調整に有効とされる生薬を配合。ルビーナも薬に分類されるので人によってですが胃の炎症やアレルギー症状、下痢などの症状が出る人もいるようです。

しかしこちらも薬の強さからいってそれほどしん心配する必要はなさそうです。
やはり、2週間〜1ヶ月でも少し試してから継続した摂取を検討するべきといえます。

「病院の治療を受けるほどでもないんだけど・・」という人には

サプリメント

更年期障害の症状がそこまでひどくはないけれど抑えていきたいという人にはサプリメントを始めてみるというのもひとつの手段といえるでしょう。更年期に不足する成分と必要とされる成分をみていきましょう。

◯大豆イソフラボン・・・大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きに似た作用を持っています。大豆や豆腐、豆乳、納豆などの食品からも摂取できますが、サプリメントで補助すれば継続的に適した量が摂取できます。(※サプリメントでの摂取の場合1日の上限摂取量は30mgと制限がありますので注意しましょう)

◯ローヤルゼリー・・・ローヤルゼリーには血糖値を下げ、血中コレステロールの低下や自律神経の働きを整える作用に加え、女性ホルモンに似た作用も持っています。少し高額ということもあり継続した摂取は金額的に負担という人も多いのが難点ですが、成分的には美容にも健康にもとてもいい成分です。

◯エクオール・・・エクオールとは大豆イソフラボン腸内細菌で代謝することによって作り出される、女性ホルモンに似た作用をもつ成分です。日本人では二人に一人の人しかこのエクオールを代謝するために必要な腸内細菌を保有していないそうです。少し摂取してみて効果を試してみる価値はあるかもしれません。

◯プラセンタ・・・プラセンタとは哺乳類の胎盤をエキスにした成分です。よく美肌対策に用いられますが、最近では婦人科でも更年期障害の症状に使われるようになってきました。自律神経を整える働きがあります。(※サプリメントの場合、原料はブタ、ウシなどの胎盤が使用されています)

◯高麗人参・・・高麗人参とは漢方の生薬に用いられてきたニンジン。不老長寿の薬としても名高く、ジンセノサイドという高麗人参特有のサポニン、ビタミンB群、ビタミンC、アミノ酸やミネラルが含まれていて自律神経のバランスへ作用し、更年期障害のその他の症状にもいいといわれています。高麗人参は生のまま調理することは日本国内ではまだ難しいのでサプリメントなどで摂取するほうが望ましいでしょう。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

更年期障害の“いつまで続くか”のまとめ

更年期障害は45歳から55歳までの期間に始まり、そのうちの2年から3年が一番つらい時期といわれています。しかし個人差が大きく、40代前半など早い時期にスタートする人の症状はとても重かったり、症状が5年〜10年続いたりする人もいるそうです。

まずは、生活習慣や食生活の見直しなど日常から取り組める治療法を試してください。食事にプラスしてローヤルゼリーや高麗人参といった何か更年期障害に効くとされるサプリを取り入れてみましょう。

それでも症状が緩和されなかったり、生活に支障が出るほどのつらさであったりする場合には病院での治療も検討しましょう。

病院での治療は医師へしっかり相談した後に、使用していくか決めましょう。
“更年期障害の症状はいつの日か必ず終わります。”還暦を迎えて女性は元気になるという説は案外間違っていないのです。あなたが明るい更年を過ごせますように、女性みんなで立ち向かっていきましょう!

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。