40~50代の約10年を更年期と呼びます。この期間には、男女を問わず体に様々な変化が現れます。
特に女性は、その変化が不調となって現れることが多いと言われています。この体に起こる不快な変化を総称して更年期障害と呼びます。
更年期障害には一般に知られているだけでも様々な症状があり、その感じ方も人それぞれです。寝込んでしまうほど重い症状を訴える人もいれば、まったく感じない人もいるのです。
一般的に知られている更年期障害の症状としては、生理不順、不眠、のぼせ、火照り、めまい、吐き気、腹痛、頭痛、肩こり、食欲不振、冷えなどがあります。
中でも吐き気は、更年期障害の症状について、経験された方に質問をすると多くの方が辛い症状の一つとしてあげられます。
あまりの辛さに医療機関を受診しても特にこれといった原因が突き止められず、不定愁訴として扱われることも多く、症状あった治療を受けられることも少ないのが現状です。
ここでは、そんな更年期障害による吐き気について様々な視点からまとめていきたいと思います。

更年期障害による吐き気の症状とその他の症状について

グッタリしているネコ

吐き気の症状

まずは、更年期障害による吐き気の症状についてご説明していきましょう。
更年期障害による吐き気は、暴飲暴食といった特別胃に負担かかかるようなことをしたわけでもないのに急に吐き気に襲われるケースが多いものです。症状が治まるのも突然です。さらにそのまま嘔吐してしまう人も多いのが特徴といえます。
また、吐き気に悩む方の多くは同時に食欲不振にもみまわれることが多いようです。好きなものを食べても美味しく感じない、特に食欲はないのだけれど空腹のままでは眠れないから、無理やり、押し込むように食べるという人もいるくらいです。
前兆、予兆というようなものもなく突然症状が襲ってくるので、怖くて外出できないという人も多いようです。

その他の更年期障害の症状

更年期障害の症状を訴える人の多くが感じている症状は、一つではなく複数であることがほとんどです。
ですから、吐き気を感じている人は、それ以外にもいくつかの症状を感じているのです。単に吐き気だけでは、それが更年期障害によるものなのか、そうでないのか判別をし難いものですが、いくつかの症状が同時に現れている場合、更年期障害を発症していると判断しやすくなります。
もちろん、正確な判定は、医療機関で検査をしてもらうことが必要ですが、あらかじめ、自分は更年期障害を発症しているかもしれないと認識することで、日々の生活の中で症状を改善しやすくなるものです。
以下に、更年期障害の代表的な症状をピックアップしましたので、自分に当てはまる症状がないか確認してみましょう。
当てはまる項目が多ければ多いほど、更年期障害である確率は高くなります。
  • 生理不順 
  • 不眠 
  • のぼせ、火照り
  • 発汗
  • 頭痛
  • めまい
  • 関節痛
  • 手足の冷え
  • 動悸
  • 息切れ
  • イライラ
  • 不安
  • 意欲低下
鉛筆に乗ったウサギ

吐き気が起こってしまったときの対処方法について知っておく

本来、不快な症状については、その根本原因を知って治療することが肝心です。そうしないと症状を繰り返す可能性があるからです。辛い症状は、それを繰り返すことほど辛いことはないですね。症状にまた襲われると思うだけでも精神的に負担になりますから。
とは言え、突然吐き気に襲われてしまったら、一刻も早く不快な症状から解放されたいですよね。ですから、ここでは吐き気に襲われたときに即効性のある対処方法をお知らせします。

楽な姿勢で安静する

座るクマ

吐き気は消化器官をコントロールしている自律神経がコントロールされずに交感神経が興奮することによって起こる症状です。ですから、そんな状態から開放することで症状を和らげることができます。
そのためには楽な体勢で安静にします。そうすることで神経がリラックスするため興奮状態から脱して吐き気も治まります。

右側を下して横になる

横になるイヌ

吐き気とともに襲われること嘔吐は胃の筋肉が正しく動かず、胃液ごと口から胃の内容物を吐き出させようとする動きです。つまり、胃が何らかの原因により、オーバーワークだと感じて、食べたものを胃から取り除くために吐き出させようとするのです。
これには、胃のはたらきを促進させることで消化を促すことそのような動きを抑制でき、症状を緩和できます。そのためには胃酸がたまりやすい胃の右側を下にして胃の中の物を胃液につけて消化し易くするのが、一番効率的なので、右側を下にして横になるのが一番なのです。

ミントのガムやタブレットを利用する

ガム

突然、吐き気に襲われ酸っぱいものがこみ上げてきて嘔吐が始まるのが通常の吐き気→嘔吐のプロセスですね。
ですから、吐き気をもよおしそうになったら、リフレッシュするためにハッカ系あるいはミント系のチューインガムやフリスクなどを口にすることで、口の中の不快感を和らげ、吐き気を抑えられる場合があります

なぜ更年期障害で吐き気をもよおすのか - その原因について

先ほど、吐き気が起こってしまったときの対処方法をお知らせしました。しかし、それらはあくまでも緊急時の応急処置です。また、起こる可能性は残っています。
ここでは、吐き気がなぜ起こるのか、その原因についてご説明します。原因を理解することが症状を起こりにくくする治療への第一歩です。
吐き気を伴う病気は、更年期障害以外にも風邪や食中毒、虫垂炎や胃潰痕、胃がんやメニエール病など様々です。 中には命に関わる病気が隠れている場合がありますので、更年期障害ではないのに吐き気がある場合には医療機関を受診しましょう。
ここでは、あくまでも更年期障害による吐き気についてご説明します。
白衣を着たシロクマ
では、更年期障害で吐き気がなぜ起こるのか、そのメカニズムをご説明します。
  1. 閉経に伴い子宮の機能が低下してエストロゲンの分泌量が減る
  2. エストロゲンの分泌が減少すると、女性ホルモンや自律神経のバランスが崩れる
  3. 特に自律神経のうちでも交感神経が強くはたらくようになり、胃腸のはたらきが低下する
  4. 胃腸のはたらきが悪くなり、食欲不振、胃もたれ、吐き気が起きる
簡単に吐き気が起こるメカニズムをご説明しました。女性ホルモンと自律神経のバランスには密接な関係があるためこのような症状が起こるのです。

吐き気を無理やり抑え込んではいけない場合ってどんな場合

泣いているパンダ

更年期障害による吐き気以外の吐き気の中には、重篤な病気の前兆である場合があることは先ほど少し述べましたが、そんな、更年期障害以外の吐き気の中には、無理に症状を抑え込んではいけない場合があります。また、薬などによって無理やり嘔吐させてしまうというのはもってのほかということもあります。
吐き気の中には、ノロウィルスなどのウィルス性の胃腸炎により発症している場合があります。
その場合、胃腸の中にいるウィルスはなるべく早く胃腸の中から追い出してしまうことが肝心です。そんな場合に、吐き気を薬によって抑えてしまうと嘔吐によって吐しゃする筈のウィルスがいつまでも胃腸の中に残ってしまい、病状を悪化させる場合がありますのでご注意ください。
逆に嘔吐によって胃の内容物がなくなり、吐く前より胃腸を痛めてしまう可能性もありますので、どちらの場合でも医療機関を早急に受診することが大切です。

更年期障害による吐き気を根本的に直すための治療方法とは

更年期障害による吐き気の治療にはいくつかの方法がありますので、ここで紹介していきます。

医療用の医薬品

病院の薬

いわゆる病院なのどの医療機関で処方される医薬品の多くは、吐き気を和らげるために処方されることが多いので、どちらかと言えば、対処療法がメインですね。
吐き気にフォーカスした場合は、吐き気は治まるけど、それにしか効かないから更年期障害そのものが軽くなるわけではないことがほとんどです。
また、無理やりに症状を抑え込むので、体にも負担がかかるため副作用も起きやすいです。 根本治療ではないことから、症状が再発することが多いものです。
できれば根本から治したいと思いませんか?
また、症状が緩和されるだけなのに、通院にはお金も時間もかかります。

運動療法

ウォーキングするネコ

吐き気の原因が重篤な病気でなければ、適度な運動をすることで、リラックス効果もえられることから吐き気が緩和されることがあります。また、適度な運動は健康な体を作りますから、将来的に吐き気を抑える効果があると考えられていますので、日常生活で軽い運動を取り入れていくようにしましょう。
ただし、少し吐き気がするなど、あまり体調が良くないときは無理に運動せず、安静にすることが肝心です。また、急に激しい運動をするのは却ってよくないですから、今まであまり運動をしてこなかった人は、最初は軽いラジオ対象やウォーキングから 運動を始めて、習慣づけていきましょう。

鍼灸によって吐き気を緩和する

鍼をうつ手

吐き気が起きた場合には、関衝(かんしょう)や公孫(こうそん)、内関(ないかん) といった名前のツボを刺激すると吐き気が緩和されると言われています。ツボを刺激するだけですから、西洋医学による医薬品に頼るよりは体に負担はかかりません。
しかし、これらはあくまでも吐き気を緩和するだけですので、これも対処療法です。根本治療で症状の緩和ではなく、発症しない体作りが肝心です。

食事療法

説明するネコ

医薬品のように即効性はありません。しかし、バランスよくいろいろなものを食べることは 健康に良いです。更年期に良いとされる食べ物を積極的に摂取することで、更年期障害に強い体を目指しましょう。
更年期の時期に摂取すると良いと言われている食べ物には、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンC、亜鉛、大豆イソフラボン、タンパク質、鉄分などがあります。
また、中でも吐き気を抑える食べ物としては、ピーナッツ、バナナ、ショウガ湯、ペパーミント などが上げられます。

漢方

漢方を作るおじいさん

東洋医学では、根本的に体質を変えていくことを目指しますが、中でも有名な漢方成分として 「高麗人参」があります。この高麗人参には、先ほど、吐き気の原因の中で出てきた 自律神経のはたらきをサポートすると言われています。
富山大学和漢薬研究所の渡辺先生の研究によると、 「ストレスを与えたマウスは胃が溶けてしまう症状が見られましたが、 高麗人参を与えたマウスには、その症状があまり見られない」という効果が確認されたそうです。胃が溶けてしまう症状がそのまま吐き気につながるわけではありませんが、摂取することで、胃をストレスから守る助けにはなりそうですね。
健康的な食生活や運動療法とともに漢方を生活の中に取り入れることで、自律神経のバランスを整えて吐き気に強い体を手にいれましょう。

まとめ

更年期障害には様々な症状がありますが、中でも吐き気は、辛い症状と言われています。吐き気が起こると思うと安心して外出することができず、更年期になって、めっきり外出も減って老け込んでしまったと言われる方がたくさんいます。
そんな辛い症状をその場しのぎの方法を抑え込むのでは、運動や食事、そして漢方の高麗人参などを日常生活に積極的に取り入れて、体を根本から改善して、辛い更年期障害に強い体を手にいれましょう。そして、人生の後半を目いっぱい楽しんでは如何でしょうか。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参