40代で起こる更年期障害、イメージだと50歳ぐらいで始まるのかなと思いきや早期に閉経を迎えてしまう女性や年々増加傾向にあり更年期障害のような症状に40代で悩まされる人も増加しています。

40代前半のうちはまだまだ早いと思われがちですが実は更年期障害対策は早期対策がカギだったんです。

40代後半の45歳以降は症状が現れやすいのですが、40代前半の場合は症状は自覚しにくいと思います。自覚はなんとなくあってもなかなか家族に相談できないし、気さくに話せる同年代のお友達も近くにいないという人は一人で悩み込んでしまっていませんか?

更更年期障害が起きたらどのように治療したらいいのかその事前の対策も含め、40代向けの治療法など詳しく解説していきたいと思います。

早めの対策は軽度の更年期障画で更年期を迎えられる大きなカギです。まずは今できる対策を知ることから始めましょう。

40代で起こる更年期障害の症状とは

疑問を感じる女性

まず更年期障害のメカニズムとはどういったものでしょうか。

更年期障害とは女性が閉経を迎える前後の期間に起こるさまざまな体調不良の症状のことをいいます。閉経に時期については個人差が大きく出るので40代後半で閉経してしまう人もいれば50代後半で生理が続いているという人もいます。

女性は加齢と共に卵巣機能も低下していくのですが、卵巣から女性ホルモンが分泌されにくくなると、脳のホルモンバランスをコントロールしている視宋下部という器官が混乱ストレスを抱えます。

視宋下部は他にも自律神経をコントロールしているので、ホルモンバランスが乱れることで自律神経にまで影響を与えてしまい、さまざまな体調不良が起こるのです。これが更年期障害です。

それでは40代で起こりやすい更年期障害とはどういったものなのか見ていきましょう。

40代で起こる更年期障害① 「汗」

40歳45歳頃に一番起こりやすい更年期障害の症状といわれているのがホットフラッシュという症状です。走ってもいないのに外出先で急に汗が吹き出てしまったり、のぼせ・ほてりといった症状が同時に起きたりします。

外出先では一緒にいた相手が心配してしまうくらいほてって汗が吹き出たり、汗のせいで化粧が落ちてしまったりするくらい、上半身からすごい量の汗が突然吹きだします。

しかし末端の手足は冷えていたりと、症状には多少個人差はありますがこのような症状をホットフラッシュと呼んでいます。ホットフラッシュは突然やってくるので、もし外出先でホットフラッシュが起きてしまったら、次のことを試してみてください。

◇ホットフラッシュの対処法

①濡れたタオルやティッシュなどで首筋を冷やす
②体温調整がしやすい服装にする
③センスを持参する
④トップスには汗脇パッドやユニクロのエアリズムなどを着用
⑤症状がでたら冷たい飲み物を飲みクールダウン

汗がすごいと汗の匂いが気になってしまい制汗スプレーを常備する人がいるのですが、パウダー入りの制汗スプレーは実は汗腺を塞いでしまうので、毛穴が詰まりその後に匂いが発生したり、他の部分から大量に汗が噴き出てしまったりする場合があるので可能であれば、こまめに汗を拭き取り清潔を保つことをおすすめします。

40代で起る更年期障害② 「うつ・イライラ」

更年期になり女性ホルモンであるエストロゲンが低下することによって、うつや不安感に駆られたり、イライラしやすくなったりと感情のコントロールが難しくなるときがあります。

脳は非常に多くの神経細胞からできており、ホルモンバランスがうまく調整できなくなるだけで他のあらゆる神経にまで影響を及ぼしてしまうのです。

例えばイライラしてしまっているときは、ストレスを感じると急増する「ノルアドレナリン」が過剰に分泌してしまい、精神を落ち着かせる「セロトニン」が減少し効かなくなります。

これはエストロゲンの欠乏が原因といわれています。うつもホルモンバランスの崩れに伴い、生活環境の変化や夫婦関係の悪化、子供の旅たちなどさまざまな環境の変化などが重なったストレスの負担が増えることで起こるといわれています。

◇イライラの対処法

①カルシウム・ビタミンCを積極的に摂る
②朝日を浴びて「セロトニン」を活発にする
③ストレッチをしてリラックス、血の巡りを活発にする

◇うつの対処法

①大豆イソフラボンを摂る
②ストレッチをしてリラックス、血の巡りを活発にする
③心療内科・精神科の受診を検討する

「イライラ」も「うつ」も、女性ホルモンの低下により起る症状ですが対処法を試してもいっこうに良くならない場合は、心療内科や精神科のカウンセリングを受けることも検討した方がいいかもしれません。

イライラする女性

40代で起る更年期障害③ 「不正出血」

40歳から45歳の女性は基本的には閉経の前で、閉経に向かっていく上で女性ホルモンのバランスの変化に苦しんでいる状態の人が多いので、生理不順と不正出血の見分けがつきにくい状況です。

生理不順と不正出血は異なります。基礎体温を測ってみると、今までのような生理不順に思えていた出血が不正出血であることがわかります。不正出血は生理以外の出血のことで「機能性出血」と「器質性出血」の2つに分かれます。

まず、「機能性出血」とはホルモンバランスの乱れを原因とし出血する状態のことで、「器質性出血」は子宮筋腫・子宮がん・膣のびらんなど何らかの炎症が起こることによって出血してしまう症状のことをいいます。更年期のホルモンバランスが乱れているときには「機能性出血」は特に起こりやすく、自然な現象です。

ホルモンバランスが崩れると、生理以外のタイミングでも子宮内膜が剥がれ少量の不正出血が起るのです。しかし、「器質性出血」のような病気の可能性もあるので不正出血が起きたらすぐに婦人科を受診し、「機能性出血」なのか「器質性出血」なのかを検査してください。

更年期障害をまだ感じていない、または少しずつ更年期障害の症状を感じ始めている人へ

これまで述べてきたように症状が重いという人は婦人科を受診してください。ホルモン量を測って自分の体内環境を知りましょう。

反対に、「まだ病院へ行くまででもないし」という症状が軽い、またはあまり症状はないけど事前に予防策を打っておきたいという方へはサプリメントで体内環境を整えておくのも手です。

サプリメント

ここで更年期障害によいサプリメントを紹介しておきます。

  • 大豆イソフラボン・・・・女性ホルモンに似た働きをしてくれてホルモンバランスを整える。
     1日の摂取量目安 70〜75mg(サプリメントで補う場合30g)
    (大豆イソフラボンは過剰摂取には注意が必要なのでサプリメントで補給する際は30gまでとしましょう)
  • エクオール・・・・大豆イソフラボンから体内で腸内細菌によって作られ、女性ホルモンに似た働きを担う。およそ半分の人は体内でエクオールを生成することができるが半分の人はそれができないといわれているのでサプリメントが有名になってきている。
     1日の摂取量目安 10mg
  • プラセンタ・・・・ブタやウマなど哺乳類の胎盤で更年期障害やアンチエイジングに有効とされている。注射の場合、現状ヒト胎盤の使用しか許可されていない。
    1日の摂取量目安 100mg(純末)
  • 漢方高麗人参・・・・東洋医学で生薬・漢方として使われ、ホルモンバランス・自律神経のバランスを整える働きがあるといわれている。不老長寿の薬として有名。
    1日の摂取量目安 100〜900mg(サプリメントの種類に準ずる)

更年期障害のサプリを探そうとするとさまざまな種類のサプリメントが見つかると思いますが、良いサプリメントを選ぶコツは安全面がしっかりしているということとなるべく自然の食材で作られているかどうかということです。

過剰摂取も体にはよくない場合がありますので1日の摂取量めやすを守り、継続的に摂取をしてみましょう。購入前には企業側のコメントや情報だけでなく、口コミなども参考にするとよいでしょう。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

元気な中年女性

40代における更年期障害の対策まとめ

40歳〜45歳あたりで更年期障害の対策を始めることは全くもって早すぎることはないということがお分かりいただけたかと思います。

既に症状が重い人や不正出血をしてしまっている人は早急に婦人科を受診しましょう。

まだ更年期障害の症状が重くないという人は、その後生活習慣の乱れの大きさや体質からその症状の重さが変わってくる場合もありますので、更年期障害の症状が重くなる前に免疫力や対抗力を高くするためにサプリメントなどで体内バランスを万全に整えておくとことをおすすめします。

更年期障害は病気ではありませんが、女性の誰しもが起こる可能性のある症状です。体調不良はあらゆる病気を引き起こす原因となったり、あなたの家族へ迷惑をかけることになり兼ねません。明るく元気な更年を迎えるためにも早めの対策を始めていきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。