30代になってめまい、頭痛、ほてり、月経不順といった症状が頻発して起きて「まさかこれって更年期障害?」と悩み始めている方へ。

更年期障害とは一般的には女性の45歳から55歳頃の閉経を迎える前後の期間に発送する体のさまざまな不調のことです。30代の女性となると閉経には早過ぎる年齢となるのでもし、更年期に起きるような症状が出ているとしたらあなたは「若年性更年期障害」の可能性があります。

若年性更年期障害」と「更年期障害」は発症する原因が異なります。年齢によって病名が変わるのではなく、その症状の原因によって決まるのです。どちらにしても放って置くと症状の悪化やその他の病気を招いてしまう可能性があるので早期に対処する必要があります。

この記事では、あなたの症状が「若年性更年期障害」なのか把握出来るようセルフチェックとその治療法を紹介します。
いつも美しく健康でいるために早めの予防・対策を心がけていきましょう。

30代で起こる若年性更年期障害の症状をチェック!

笑顔の看護師

まだ30代なのになんとなく更年期障害でよく聞く体調不良が続いているという人は知らない間に「若年性更年期障害」が起きていたなんてことも最近では多くなってきました。

日々の体調不良で病院へ行くのは億劫だという人はまずは、自分の体調不良は若年性更年期障害の症状にいくつ当てはまるかセルフチェックしてみましょう。

●若年性更年期障害セルフチェック項目

□月経不順が続いている(25日から38日間以外に起きる月経)
□頭痛、めまいがする
□よく吐き気がする
□汗が急に吹き出るときがある
□肩こり、腰痛がひどい
□手足や腰が冷える
□手首や膝などの関節が痛むときがある
□不眠がちである
□月経痛がひどい
□無性にイライラするときがある
□頻繁にうつや不安感を覚える

思い当たる症状はいくつありましたか?
このように若年性更年期障害になるとさまざまな症状が起こります。ひとつの症状だけでは一概に若年性更年期障害だと断言できませんがこのような症状がいくつか頻発している場合には若年性更年期障害が起きている可能性が高いでしょう。

更年期障害と若年性更年期障害発症の原因は違った!そのメカニズムとは

びっくりする女性

45歳から55歳を迎える頃に誰しもに起こりえるといわれている更年期障害ですが、しかしその年齢より若くして更年期障害のような症状を発症してしまう若年層の人たちが増加する傾向にあり、実はその2つの原因は異なるものであったのです。

原因が違うと対処法も多少なりと変わってしまいますので分かりやすく解説していきましょう。

更年期障害発症のメカニズム

更年期障害は、加齢によって卵巣機能が低下し、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量の減少することで脳のホルモンの分泌をコントロールしている器官が混乱します。

通常は体内のエストロゲンが減少すると脳の視宋下部という器官がもっとエストロゲンを出すように指令を出しますが、卵巣が機能せずエストロゲンが減少した状態が続くと、脳の視宋下部は指令を出し続けることになるので混乱をきたしストレスがかかります。

脳の視宋下部では自律神経も同じ管轄内でコントロールしており、この混乱とストレスにより自律神経までも乱れていきます。このホルモンバランスの乱れと自律神経の乱れによって更年期障害症状が発症するのです。

  1. 加齢による卵巣機能の低下
  2. 女性ホルモンであるエストロゲンの減少
  3. 脳の視宋下部よりエストロゲンを分泌するよう指令
  4. 視宋下部の混乱
  5. 自律神経のバランスの乱れ

若年性更年期障害のメカニズム

年齢に問わず、若年層の女性でも過剰なストレスやダイエットなどで自律神経が乱れてしまうことがあります。

現代女性は昔と比べると社会進出や共働き世帯の増加など、家事に育児、仕事と忙しく、負担がかかるシチュエーションが増えてきました。このような負担を原因に自律神経が乱れるとそれをコントロールしていた脳の視宋下部は混乱し、同じ管轄の女性ホルモンのバランスも乱れてしまうのです。

このようなことから自分では健康に気をつけているつもりでも気づかぬうちに若年性更年期障害を発症していたというケースも多いのが現状です。

  1. 過剰なストレスやダイエットなどによる自律神経の乱れ
  2. 脳の視宋下部の混乱
  3. 同じ管轄のホルモンバランスにも影響を及ぼす
  4. ホルモンバランスが乱れる

若年性更年期障害のチェック項目が多かった人へ。病院へ行く前に知っておこう

笑顔の看護師

若年性更年期障害の症状の種類は多岐にわたるため、何かを受診すべきか分からないという声をよく聞きますが、若年性更年期障害の疑いがあるのであればまずは婦人科を受診してください。
その後、問題がなければ頭痛・めまいなどは内科、関節痛なら外科といったようにその症状に適した病院を受診しましょう。

婦人科で行う検査は内科や外科などで行う検査とは異なり、血中ホルモン量を測定する血液検査を行います。30代という若さでここに異常があると、若年性更年期障害の診断が下る可能性が高く早期閉経や無月経といった問題が発生し、不妊症やその他の病を引き起こしていく引き金となってしまいます。

単なる月経不順が重い病の始まりとなってしまわないように、若年性更年期障害の疑いがある場合には早めに婦人科を受診することをおすすめします

若年性更年期障害の対処法とは

先ほど若年性更年期障害の疑いがある場合には婦人科を受診するようにすすめましたが、病院も大事なのですが最も重要なことは生活習慣の改善です。
更年期障害の対処法とは異なりますのでこれから紹介する事項を参考にしてください。

「生活習慣」を変える

ぐっすり眠る女性

生活習慣の乱れは自律神経やホルモンバランスを乱してしまう大きな原因です。
①睡眠不足の解消、②生活リズムを整える、③栄養バランスを考えた食生活、④ストレス解消、
この4つは基本的な生活習慣を実現することはとても難しいことかもしれません。

しかし、睡眠不足であれば毎日1時間でも早く寝ることを心がけたり、寝る1時間前にはぬるま湯ゆっくりつかったりと多少の努力で改善していけることも多いと思います。

生活リズムでいえば、起床時間や食事の時間を決め、栄養バランスは1日や3日のサイクルで調整してもいいでしょう。食べ過ぎたり、野菜が足りなかったりした日は次の食事か次の日に調整するなど工夫すればいいのです。

ストレスの解消法でいえば見つけるのは意外と簡単です。あなたが楽しいと感じることを増やしましょう。できれば運動や旅行などの体を動かすことが好ましいですが“楽しい”と感じると人はストレスを発散しています。

「生活習慣を変える」ことが難しいというあなたに

目を瞑る女性

そうはいっても30代という年齢は結婚による環境の変化や、子育てや家事に対する時間の増加、仕事での責任の増加など20代とは違ったストレスや負担を抱えやすい時期です。
子育てや残業で睡眠時間はこれ以上増やせなかったり、外食が多く栄養バランスを考えることが難しかったり、ストレスを解消できるほど自分だけの時間が余っていないとかこんな状況下の人も多いでしょう。

そんな人は女性ホルモンや自律神経のバランスをサポートしてくれるようなサプリメントの手助けを借りましょう。サプリメントであれば時短に手軽にネットで購入できますし、摂取する時間や場所は問いません。

女性ホルモンを補うようなサプリといえば大豆イソフラボンやエクオールなどが一般的です。自律神経をサポートしてくれるサプリメントといえば高麗人参などが効果的でしょう。
サプリメントそれぞれの詳しい紹介はリンク先を確認してみて、ご自身で調べてみるのもいいと思います。

生活習慣の改善を意識することが一番需要ではありますが、忙しすぎて対応できない場合にはサプリメントなどの力を借りて早期改善を試みましょう。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

30代で起こる更年期障害の症状まとめ

30代で起こる更年期障害のような症状は若年期更年期障害で更年期障害とは異なった原因で起きていたんです。
ほとんどの原因は深刻な現代病のひとつであるストレスや過剰なダイエットなどが挙げられますが、さまざまな症状が起こるため気づかないでそのまま悪化してしまう場合があるので注意してください。

そのまま放って置くと早期閉経や無月経など深刻な病の引き金となってしまう可能性も大いにありえます。体調不良に悩まされたら我慢したり、放って置いたりせずに、ひとつずつ対処してきましょう。

生活習慣の見直しは若年性更年期障害にはとても効果的で必要な治療法です。規則正しい生活へ改善することが難しい人はサプリメントなどの力も借りてみてください。何もしないでいることは体にとっては負担がかかり続けているということです。まずはできることから始めて見ましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。