なんだかイライラする…体がほてる…疲れやすい…など、病気ではないけれどなんとなく体調が優れない。こんなお悩みははありませんか?
年齢とともに感じるようになる、このような症状は更年期障害のはじまりかもしれません。
女性は30代後半から50歳前後の閉経を迎えるまでにエストロゲンという女性ホルモンの量が次第に減っていきます。更年期と言われている40代半ばころになると、女性の卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌が減って行きます。
急激に女性ホルモンが減少るする作用に体がついていけず、日常生活にも影響する症状が出る場合を更年期障害と呼んでいます。更年期障害とは文字通り、更年期の時期に起こりやすい身体的、精神的不調のことで、自律神経失調症の中のひとつであると考えられています。多くの女性が通る道でもあり、最近では女性に限らず男性にも経験する方が多くなっています。
更年期障害の症状が出るのは、閉経する前後の45~55歳前後であると言われていますが、時期や年齢に関しては個人差があります。
しかし、全体的にも一昔前より発症する年齢の若年化が進んできていて中には20~30代で発症することも報告されています。それらは若年性更年期障害、またはプレ更年期と呼ばれています。
この記事では更年期障害の症状、主な原因と対策、治療方法と合わせて、おすすめできないサプリなどの情報をご紹介します。

更年期障害の代表的な症状とチェックポイント

チェックする犬

更年期障害の症状の感じ方は人それぞれですが、ここでは代表的な症状をご紹介します。
  1. ホットフラッシュ、顔ののぼせ、ほてり、発汗など
    ホットフラッシュとは更年期障害の代表的な症状で、閉経女性の約4~8割に認められています。ホットフラッシュでは、真冬の寒い日でも大量の汗を急にかきます。運動をしているわけではないのに、顔から首筋にかけて背中まで上半身を中心にぐっしょりと濡れるほどの汗が噴き出てきます。
    顔に血がのぼるように熱くなり、ほてりやのぼせを感じることもあります。また、突然顔か赤く紅潮することもあります。このような症状が起きるのは、自律神経のコントロールが上手く出来ず血管の収縮と拡張の調節が出来なくなるからです。
  2. 冷え症、寒気
    更年期障害の症状では、ほてりなどの逆で寒気を伴うこともあります。ホットフラッシュのように体が急に暑くなったかと思えば、急に寒気で震えたり。体温調節をする機能が低下していることが考えられます。
    自律神経のバランスが崩れると血流も悪くなるので年齢と共に冷え症に悩む女性も増えていくのです。急に寒気を感じたり体が暑くなる感じを繰り返すのであれば、更年期障害の症状と言えるでしょう。
  3. 不眠障害、睡眠障害
    更年期になり女性ホルモンが減少したことよる自律神経の異常で、寝つきがわるい、安眠できない、すぐに目が覚めてしまうなどの睡眠障害があらわれます。
  4. 寝付けない女性
  5. 動悸、息切れ
    激しい動きや運動をしたわけでもないのに、急に心臓がドキドキして動悸を感じたり、息切れを起こしたりします。更年期障害の治療でも症状が改善しない時は、呼吸器系や循環器系の内科を受診することも必要になります。
  6. めまい
    めまいの症状は加齢によって感じることがありますが、更年期障害での症状で起きることもあります。急に動いたり立ち上がった時に血の毛がさーっと引いていくような感覚になったり、急に目の前が真っ暗になります。このような症状を感じたら、すぐに座ったり横になったりして身体を休ませましょう。
    また、めまいが起こりやすくなる急な動きや方向転換をしないように日頃から心がけるといいでしょう。めまいは更年期障害の症状以外のことも考えられるので、自己判断せず受診して正しく診断してもらいましょう。
  7. 頭痛、耳鳴り
    もともと頭痛持ちの方もそうでない方も、頭痛が更年期によって悪化したり起こりやすくなります。女性ホルモンの減少により、脳の血管や血管壁の収縮によって起こると考えられています。
    頭痛の症状もそれぞれで、頭全体が痛く重い場合や頭の一部に違和感があることもあります。うなじのあたりや肩まで痛みが発生することも。頭痛には重大な別の病が隠れていることも考えられるので、受診して他の病気ではないことを確認したほうが安心ですね。
  8. 精神的な症状、イライラ、怒りやすい
    たいしたことではないのに何故かイライラしてしまい、怒りっぽくなる。不安感が強くなったり感情の波が激しくなってしまうこともあります。ホルモンの変化と共に感情の起伏も激しくなるのです。
  9. 怒るパンダ
  10. うつ症状、不安感、精神障害 
    更年期障害の精神的な症状の、気持ちが落ち込む、不安が強くなる、悲しくなる、死にたいなどの症状はうつ病の症状とよく似ています。更年期障害によるものではなく本当のうつ病の可能性もあるので、専門家の診察を必ず受けましょう。
  11. 疲れやすい、意欲低下(やる気が出ない)
    すぐに横になりたくなってしまったり、だるくて疲れやすい、何もやる気が出ないなどの症状も更年期障害の特徴的な症状です。本人はとても辛いのに、楽している、なまけているなど周りから理解されにくい症状です。
  12. 肩こり、筋肉痛 
    更年期に入り、肩や首にかけてのこりがひどくなったと感じる方は多いようです。自律神経の乱れや血行不良などが症状を強めることがあります。
    私生活から肩や首に負担がかからない姿勢を心がけ、血行をよくするようなストレッチなどを取り入れると効果的です。
  13. 腹痛 腰痛 便秘 下痢など
    更年期障害の症状として腹痛や腰痛を感じることがあります。子宮が収縮することで生理痛の強い感じや下腹部がきゅーとなるような痛みが発生します。また、便秘や下痢を繰り返すことでの腹痛や腰痛の可能性もあります。腰痛は更年期ころから見られることが多く、閉経後骨粗しょう症とも関係していることもあります。
    しかし更年期の時期は、他の婦人科系疾患も非常に起こりやすいので、腹痛を感じる時は婦人科系の病院を受診し腹痛の原因を明らかにしてもらいましょう。
  14. 吐き気 嘔吐 食欲不振
    特に何をしたというわけでもないのに、突然の吐き気や嘔吐をしてしまう症状も更年期には多く見られます。同じような症状でやウィルス性の胃腸炎や風邪などでは一時的な症状で収まりますが、更年期障害の場合は比較的長期間に渡って頻繁に感じることが多いでしょう。
  15. 皮膚のかゆみや乾燥
    加齢により肌の水分や油分などが減ることにもよりますが、更年期障害によっても皮膚の不調をおこすことがあります。しわやたるみを防いだり肌にプラスの作用を与えてくれる女性ホルモンが減少することで、肌は乾燥しやすくなり健康な肌に必要な皮脂の分泌も少なくなってしまいます。
    肌を守る機能が衰えることで、肌が敏感になりちょっとした刺激でもかゆみや赤みを伴ってしまいます。夜にかゆみを感じることで、かゆさが原因で安眠できずさらに体調不良や精神的な落ち込みを引き起こすことにもなってしまいます。
  16. 顔をこするひよこ
  17. 高血圧
    女性ホルモンの変化による自律神経の乱れで、急に高血圧になる場合もあります。ホットフラッシュをはじめ、ご紹介してきた他の症状と高血圧が深く関係していると考えられていて、今まで感じたことのない身体の不調により不安感がつのり、ますます血圧が上昇してしまい、さらにほてりやのぼせなどの症状が悪化してしまうという悪循環に陥りやすくなります。
    また、うつ症状やだるさ、やる気がでないなどの症状により運動不足を招き、全身の代謝低下から体重増加になって高血圧になりやすい体質になります。ほかの症状との連鎖によっても高血圧を招くことは考えられます。
更年期の症状が気になる時はここで挙げた主な症状とご自身の感じている症状とを照らし合わせてチェックしてみて下さい。
当てはまる、または似ている症状が多くなるほどに、原因が更年期障害である可能性が高くなります。

更年期に起きる生理不順は、閉経に向けての自然現象

説明する猫の医者

更年期に入ると、「生理不順」という症状も起こります。
今までは25~38日の正常な生理周期であった生理が一定でなくなったり、24日以下で短くなったり(頻発月経)、逆に39日間以上空くように長くなったり(稀発月経)不安定な生理周期を繰り返すようになります。
このような生理周期の変化は初潮が始まってから閉経までの女性のほとんどに起こる変化で、必要以上に心配になることはありません。だんだんと訪れる生理周期の変化を経て、1年以上生理がなくなるような状況になり、閉経を迎えます。
更年期に生理不順になるのは、女性の体が閉経にむけて女性ホルモンの量が減り、卵巣の機能が低下するからです。生理周期を整えていたエストロゲンと黄体ホルモンのバランスが崩れることで、更年期の生理不順が起こると考えられています。
生理不順が続く時は、先ほどご紹介した更年期障害の主な症状をチェックし、他に更年期障害特有の症状を伴っていなかチェックしてみましょう。

更年期障害にならない人がいるのは本当?!

疑問を感じる猫

更年期障害の症状は個人差があり、とても重く感じた方もいれば、「軽く済んでしまった」または「ほとんど感じなかった」という方まで個人差があります。
実際、全体の25%の人には症状が現れなかったというデータもあります。更年期障害でお悩みの方から見ると、とてもうらやましいことですね。では、更年期障害にならない人は何が違うのでしょうか?
女性ホルモンの分泌量が減少する変化は、加齢によって誰にでも起こることです。この減少するスピードが問題で、急速に進む場合と比較的ゆっくりなスピードで進むことがあると考えられます。
女性ホルモンが徐々に減少するスピードが、その人が本来持つ「ホメオスタシス(恒常性)」を上回ると更年期障害の症状が出てしまい、そうでなければ更年期障害は起こらない、または軽く済むと考えられます。
人間の身体は恒常性の機能を持っているので、女性ホルモンの量が減少してきた状況に体が慣れてくる(恒常性といいます)はずなのです。
それでも更年期障害になるということは、本来持つ恒常性の機能よりも女性ホルモンが減少するスピードの方が早く、体がついていけなくなっているということですね。ですから、日頃から恒常性の機能を高めておくことは、更年期障害対策として大変有効になります。

更年期障害の原因は、自律神経と関係している?!

びっくりする猫

更年期障害の正体を考える上で自律神経のことについて説明し、しっかり抑えておく必要があります。
自律神経は、自分の意思ではコントロールできない循環器、消化器、呼吸器などの活動の為に自動的に働き続けている神経のことです。例えば汗をかく、体温を調節する、心臓を動かすなど自分の意思とは関係ない多くの働きをコントロールしています。
自律神経は、
  • 交感神経…体が活動している時や緊張している時、昼間の時間に活発になる
  • 副交感神経…安静にしていたり、リラックスしていり、夜になるとピークになり活発に働く
の正反対の役割をする2つの神経から成り立っています。
健康的な方は2つの自律神経のバランスが非常に良い状態です。昼間活発に動いた疲労も、夜の穏やかな時間や睡眠でしっかり回復できるからです。
人間の体のほぼ全ての臓器をコントロールして動かしているのが自律神経のため、自律神経が乱れてしまうと脳や心臓、血流まで体中のあちこちの機能に不調が生じます。
更年期障害に代表される様々な症状の原因は、ほとんどが自律神経の乱れから起きていて、医学的にも更年期障害は自律神経失調症の一種とされています。
同じく自律神経失調症のひとつである「うつ病」も同じく自律神経失調症のひとつであり、更年期障害と併発することの多い症状です。
猫の医者
次にホルモンと自律神経の関係性をご説明しましょう。
40代を過ぎると次第に女性ホルモンの分泌量が減り、生理不順の症状が起きることを先ほどお話しました。今まで生理不順を経験したことがある方ならよく分かると思いますが、生理不順になると体調が崩れやすくなります。
なぜかというとホルモンは大脳の視床下部で、また自律神経は視床下部のすぐ近くの脳下垂体というところで分泌され、密接に関わっているからです。自律神経の乱れによりホルモンバランスが崩れ、ホルモンバランスが崩れると自律神経も乱れます。
ここでは、更年期障害の代表的な症状でもご紹介した「ホットフラッシュ」を例にお話しましょう。
ホットフラッシュとは、突然体が火照ってきたり、運動をしていないのに上半身の顔や首筋、背中にかけて大量の汗をかきます。その時の環境や自分の意思とは関係なく真冬にもかかわらず突然起こるのが特徴です。
人は緊張すると汗をかくのは正常な反応で、精神性発汗といいます。ホットフラッシュが起きているときは、この精神性発汗が異常な状態です。更年期障害になりホルモンバランスが崩れることで連鎖している自律神経も乱れ交感神経が過剰に働いてしまうのです。
そのため、本当はそんなに緊張していないのに、ひどく緊張したようなウソの信号を交感神経が出してしまい、ホットフラッシュが起きるのです。
ホットフラッシュをはじめとする更年期障害に見られる特有の症状は、ほぼ全て自律神経の乱れが影響していて、医学的にも更年期障害は自律神経失調症の一種とされています。

更年期障害は40代以降だけじゃない、若年性更年期障害とは

泣いている猫

加齢や閉経前後の女性ホルモンの変化や卵巣機能の低下よって自律神経が乱れて起きる更年期障害の症状ですが、「プレ更年期」や「プチ更年期」とも言われていて若い人にも起きる「若年性更年期」にも同じことが考えられます。具体的に感じる症状は、更年期障害とほぼ同じです。
急激なダイエットや睡眠不足、ストレスの影響よってホルモンバランスが崩れることで、自律神経の乱れを引き起こします。
ただし、ダイエットやストレスなどが原因でもホルモンバランスの影響は関係なく、自律神経だけが乱れることもあるので、厳密にそれが「更年期障害によるものなのか」を判断するには病院で検査するしかありません。早い時期からのこのような症状を防ぐ為にも、ストレスや体への負担には注意が必要ですね。

更年期障害かもしれないと感じたら

更年期障害の症状を感じ、症状が辛く感じられる時は無理をせず病院を受診しましょう。病院は内科ではなく婦人科へ行き、更年期外来がある場合はそちらにかかりましょう。
更年期障害が疑われる場合は検査を受けます。まずは、問診によりいろいろな質問を行い必要であれば内診などを行います。
他にも超音波検査や血液検査、細胞検査など必要な検査を組み合わせ診察をし、その後経過観察をしたり必要な治療や薬が処方されたりします。

病院で主に行われる治療

病院の薬

更年期障害は治療によって症状を緩和させることができます。主に行われる治療方法は「ホルモン補充方法」「薬物療法」「漢方療法」です。
まずホルモン補充療法(HRT)というのは、急激に減少した女性ホルモンに対して必要量のホルモンを補充する治療法のことです。
減少する女性ホルモンの変化を穏やかなスピードにしてくれます。更年期障害で悩む全ての方が受けなければならない治療ではありませんが、更年期障害の有効的な治療法として注目を浴び期待されています。
やはり心配なのが副作用についてです。ホルモン療法では使用する薬との相性にもよりますが、いくつかの副作用が考えられます。
  • 不正出血
  • 乳房のハリ、下腹部の違和感
  • 子宮がんや乳がんのリスク
など
ホルモン補充治療が効かない症状の場合やホルモン療法をしたくない人もいるので、他の治療方法を選ぶこともあります。特に更年期障害の症状でも、うつ症状や不安、精神的な症状を強く感じる場合は、抗うつ剤が処方されます。
  1. SSRI(選択性セロトニン再取り込み阻害薬)
    ルボックス、パキシル、ジェイゾロフト、デプロメール、レクサプロなど
    副作用…むかつき、嘔吐、便秘、頭痛、ふらつき、口の渇き など
  2. SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
    サインバルタ、トレドミン
    副作用…むかつき、嘔吐、便秘、血圧上昇、動悸、眠気、口の渇き
  3. NaSSA(ノルアドレナリン作動性、特異的セロトニン作動性抗うつ剤)
    リフレックス、レメロン
    副作用…眠気、めまい、肥満、動悸など
  4. 四環系抗うつ剤
    ルジオミール、クロンモリン、テトラミド、テシプール、ビソプール
    副作用…立ちくらみ、めまい、動悸、便秘、眠気、口の渇き、目がかすむ、心臓、肝臓の負担
  5. 三環系抗うつ剤
    トフラニール、アナフラニール、イミドール、トリプタノール、アミプリン、ノーマルン、ミケエトリン、ラントロン、アモキサン、トリトレン
    副作用…めまい、動悸、便秘、口の渇き、立ちくらみ、目のかすみ、皮膚の乾燥、心臓や肝臓への負担
副作用はだいぶ少なくなってきているものの、やはり口の渇き、便秘、動悸、まめいなどの症状が出やすい傾向にあります。
また、薬を止めるといつもの症状が戻ってきてしまったり、薬を長期に飲むことで薬が効かなくなって、さらに薬の量が増えてしまうことも考えられます。
今の薬の主流はSSRIやSNRIなど副作用の少ないものから処方されますすが、少なからず副作用は感じることが多く、更年期障害においても何かしらの根本治療が有効であると考えられます

大豆イソフラボンは本当にエストロゲンの役目になるの?

豆腐

大豆イソフラボンの成分が女性ホルモン(エストロゲン)にとよく似ているため、更年期障害にも大豆イソフラボンを積極的に摂取しましょう!という話、よく耳にしますね。
やはりそう言われると、更年期を不安に感じている身としては言われた通り大豆製品を毎日摂るようにしてしまいがちですよね。しかしこの大豆イソフラボンですが、アメリカでは「更年期障害には特別な効果はなく、女性ホルモンの変化により起こる乳がんのリスクを軽減する根拠もない!」と結論づけたのです。
米国心臓協会での大豆イソフラボンの試験報告では、「更年期の症状に対しては低減効果は見られず、また乳がん及び前立腺がんなどの予防と治療に対する効果と安全性についても確立していないとし、大豆イソフラボンを含む食品や錠剤の摂取は推奨できない」と結論づけています。
ですので、大豆イソフラボンを積極的に摂取することは、更年期障害にはおすすめできないのです。

更年期障害には、ひとまずサプリメント

サプリメント

更年期に入ったかも…と感じたら、まずは市販の漢方ベースのサプリメントを服用してみようかな…と、病院へかかる前にセルフケアとして試してみる方も多いと思います。
更年期障害のサプリといえば、武田の漢方ルビーナが有名ですね。
ルビーナは江戸時代から伝わる「連珠飲」という漢方を処方しています。血のめぐりを良くして体を温める「四物湯」と水分代謝や自律神経の乱れを整える「苓桂朮甘湯」とを組み合わせた漢方をベースにしたサプリメントです。
ルビーナは臨床実験では、ほてりやのぼせ、冷え症など更年期障害の症状において改善効果が報告されています。3週間の服用では8割近くの方が有効性を感じています。
しかし、更年期障害の対策に最も有効なホルモンバランスを整えることと恒常性への効果が薄く、更年期障害を根本から改善するには物足りないかもしれません。ということは、ホルモンバランスと恒常性への対策をプラスして行うことで、さらなる効果が期待できますね。

更年期障害への完璧な対策は、これに尽きる

更年期障害の対策に完璧を求めるなら、結論から言うと「ホルモンバランスと自律神経のバランスを整え、恒常性の機能を高めること」に重点をおくことです。残念ながら、女性ホルモンの分泌が減少することを食い止めることはできません。だからといってホルモン注射は副作用もあり、あまりおすすめできません。
更年期障害の女性ホルモン対策にとって大切なのは「分泌が減少するスピードを抑え、なるべく閉経までゆるやかな変化の流れを作ること」であり、それがホルモンバランスを整えるということです。
大豆イソフラボンは女性ホルモンの代わりにはならず、乳がんのリスクも。ルビーナは血のめぐりや自律神経への働きは感じられるものの、ホルモンバランスや恒常性には効能がないことが分かりました。では、一体何をすれば一番いいのか?ということが気になりますね。

更年期障害対策を安心して任せられる強い味方とは?!

指差すウサギ

悩める更年期を生き生きと乗り越えられる味方として「高麗人参」のお話をしましょう。高麗人参に含まれるジンセノイドという成分のRb1が優れた力で、様々なバランスを整えてくれます
また、ジンセノサイドは体内の状態を正しく調整してくれる恒常性にも優れています。他にも高麗人参に含まれているサポニンには、健康のためのパワーが豊富であると国内外の論文などで多く発表されています。
高麗人参に関する商品は様々出ていて選ぶのも迷ってしいますが、中でも「金糸高麗人参」は国内シェア№1を誇り数々の実績もあります。まずは、金糸高麗人参のパワーを感じてみてはいかがでしょうか。

まとめ

以前、他の症状で抗うつ薬にお世話になった経験があります。薬にもいろいろ種類があり自分に最適な薬がドンピシャで見つかることは少ないでしょう。何度も薬を変えても何らかの副作用は出る。もともとの症状より副作用に苦しみました。
そんな経験があり、更年期対策としても自然由来の成分のものを中心に調べた結果、高麗人参にたどり着きました。高麗人参は自然由来の漢方なので安心して服用でき、更年期障害をパワフルに過ごすために必ず力を貸してくれる味方になるでしょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。