風邪の引きはじめに誰もが感じたことのある「ぞわぞわ」感が毎日続いたら、更年期障害を疑う必要があるかも知れません。

更年期障害といえば、ほてり、のぼせ、イライラといった分かりやすい症状が一般的に起こりやすい症状ではありますが、他にも背中がぞわぞわしたり、体が少し浮いたりするような体への違和感が起きるのも更年期障害の症状の一種として存在します。

熱がでたり、痛みが発生したりするわけではないのですが、「ぞわぞわ」する感じが毎日続くため、どのタイミングで病院を受診すべきか悩ましい症状が続きます。

病院を受診しようにも、一体何科を受診するべきなのか、そんな些細な症状で病院!?なんて思われないか不安もあり、なかなか改善策が見当たらないというケースが多いのです。

この記事では更年期に起こる「ぞわぞわ」感の原因とその対策について紹介します。

更年期に感じる不快なぞわぞわ感とは

ぞわぞわを感じている女性

更年期障害が起こる原因は加齢に伴って女性ホルモンが減少することで起こりますが、女性ホルモンが減少すると同時に自律神経のバランスが崩れ始めます。

この体内変化によって更年期にはさまざまな体調不良が起こるのですが、その症状の出かたには個人差が大きく、人によって悩まされる症状は異なってきます。

更年期における「ぞわぞわ」する感じについてはあまり例として挙げられにくい症状ではありますが、更年期に「ぞわぞわ」する感覚が起きる原因は次のようなものです。

更年期障害で自律神経のバランスが乱れると血行不良が起き寒気がしたり、悪寒を感じたりすることがあります。これは自律神経がこれまでコントロールしてきた体温や血流のコントロールに支障がでることで起きます。

ホットフラッシュと呼ばれている、急なのぼせやほてり、上半身の異常な熱を感じるような症状は自律神経の乱れによるものなのです。

更年期に起こる「ぞわぞわ」感はこのような体温調節機能の不調からきている症状だったのです。そんな「ぞわぞわ」感を改善するための対策としては更年期障害の根本的な原因である女性ホルモン「エストロゲン」の減少をサポートすることと、自律神経のバランスを整えるようなセルフケアを行うことが大切です。

食生活の見直しと更年期にいいとされるサプリメントの追加、適度な運動、良質な睡眠など、体質改善を始めましょう。万が一、それでも症状が改善されない場合には婦人科等で診察を受けるようにしましょう。

更年期に感じるぞわぞわ感に関するまとめ

更年期に何だか背中が「ぞわぞわ」したり、体が少し浮くような感覚の「ぞわぞわ」感が起こったりする原因は、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が低下することで自律神経が乱れることで、血流のコントロールが効かなくなることで起きていました。

「ぞわぞわ」する感覚には人によって表現の仕方や感じ方が異なることから、似たような体の異常を感じている更年期の人は案外多いかも知れません。

どちらにしても更年期に「ぞわぞわ」する感じがしたら、まずは更年期障害の症状であることを疑い、更年期障害の症状緩和させるためのセルフケア対策を行ってみましょう。

更年期は人によっては長いので、食生活の見直しとサプリメントの追加、適度な運動、良質な睡眠は長い目で行うことをおすすめします。じっくり体質改善を行い健やかな毎日を取り戻していきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。