抑うつ状態」と「うつ病」の違いって知っていますか?

抑うつはうつ病になる手前の症状で、気分が落ち込みがちになったり、なんとなく活力が沸いてこなかったり、不安になったりする状態で、うつ病はそれが悪化し、しばらくの間抑うつ状態が続き何をやっても倦怠感に襲われ活力が沸いてこず、ふさぎ込んでしまう状態のことを指します。

更年期には抑うつ状態になる人が多く、放っておくとそのままうつ病になってしまう人もいます。更年期の抑うつ状態はあまり侮ってはいけないのです。

病は気からというように人間は活力がなくなると病気になりやすくなり、更年期には特に抑うつ状態を放って置くとその他の病気を発症しやすくなってしまうのです。

この記事では更年期の抑うつ状態はどうして起こるのか、またその改善策について紹介したいと思います。

更年期障害で起こる抑うつとはどんな症状か

憂鬱そうに座り込む女性

抑うつ」とは一般的に気分の落ち込みを指します。日本でよく挙げられる5月病などもこれに該当するでしょう。

これに対して、「うつ」というのは抑うつ状態が2~3週間以上も毎日続く症状のことを指します。

女性は一般的に50代を挟む前後の期間に女性ホルモンが急激に低下する更年期という時期を迎えます。

更年期には女性ホルモンのバランスが乱れることでイライラしたり不安になったり、うつを発症したりと、個人差はありながらも感情のコントロール機能に影響が出てしまう場合があります。

そして、もともとの性格が落ち込みやすいという人は抑うつ状態が更に発生しやすくなり、うつ病へと悪化してしまうケースがあるのです。

一度、うつ病になってしまうと再びうつに陥りやすくなってしまうので、そうならないためにも特に更年期には抑うつ状態であると感じたら早期のうちに対策を打つことが重要であるといえます。抑うつ状田とは大きく分けると次のような種類に分類されます。

<抑うつ気分>
憂鬱な気分になる、気分が落ち込みがちだ、虚しさを感じる、たいしたことでなくても涙が出る etc.

<抑うつ状態>
やる気や活力が沸かない、誰にも顔を合せたくない、記憶力が低下している、頭の回転が遅くなったetc.

といったように抑うつの中でも重症度によって種類が分かれています。このような症状は一見、女性であれば生月経による気分の浮き沈みと共に起こりそうなものですが、更年期にはそれが頻発し、悪化しやすい状態になってしまうのです。

泣いている猫

さらに、抑うつ状態になりやすい人の特徴として、もともとの性格がまじめで几帳面、潔癖症、完璧主義、頑固、責任感が強いといったことがあげられます。年齢と共に決まり事や許せないことが増えてくるとその反動として抑うつ状態になりやすくなってしまうのかも知れません。

ともかく更年期に起こりやすい、抑うつというような精神的な影響は女性ホルモンが分泌されにくい体内環境の中で脳の下垂体という女性ホルモンのバランスをとっていた器官がストレスを感じ、同時に自律神経のバランスを乱すことで発症します。

または、更年期には生活習慣の中でもストレスに敏感になってくるので、そんなストレスによる負担が影響し抑うつ状態となって表面化してしまうということが大きな原因なのです。この更年期の抑うつ状態を改善するためには次の3つの対策を行ってみましょう。

1 ストレスを溜め込まない
ストレスは更年期の女性にとって更年期障害の症状を悪化させる大敵ともいえる項目です。ストレスはこまめに発散できるように、あなたが楽しいと思える趣味や発散法を見つけましょう。

2 女性ホルモンと自律神経のバランスを整える
女性ホルモンの分泌量が低下してしまうのは食い止められないことですが、食事から女性ホルモンの代わりになるものを摂取し、自律神経のバランスを整えることは可能です。たとえばイソフラボンや高麗人参といった成分や食材が更年期の症状緩和に期待されているのでいくつかのサプリメントを調べてみるのもいいでしょう。

3 よく眠ること
自律神経がみだれやすい更年期には睡眠不足になりやすい状態になっています。眠ることによって私たちの体はストレスを開放させたり、緊張をほぐしたり、疲労を回復させたりし、バランスをとっています。よく眠ることで抑うつになりにくい体内環境を作ることができるので、もしも眠れない日々が続くようであれば早寝早起きを心掛け早い時間に眠たくなる体内時計を作りましょう。

更年期障害による抑うつ状態の対策まとめ

更年期の抑うつ気分、抑うつ状態は放っておくとうつ病へと悪化しやすくなっています。

ちょっと気分が落ち込んでいるなと感じたら、早めの段階でストレスを解消できる何かに取り組みましょう。あなたが楽しいと思えることであればマッサージでもエステでも、運動でも手芸でもなんでもいいのです。この時期のストレス解消法はいくつか持っておくようにしましょう。

また、ホルモンと自律神経のバランスの調整には食生活の見直しが大切です。イソフラボンを積極的に摂取するように心掛け、栄養バランスの摂れた食生活を心掛けましょう。

食事のサポートとしてイソフラボンや高麗人参のサプリなどを追加してみるとよりいいでしょう。そしてよく眠ることを忘れないようにしてください。

更年期には自律神経の乱れによって睡眠を促す機能が低下している場合があります。眠ることで抑うつ状態になりにくい環境を整えることが大いに期待できるのでこれらの対策を早めに行い、更年期の抑うつに強い心と体を作っていきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。