ヨーグルトはどうして体に良いといわれているのかあなたはちゃんと知っているでしょうか。
なんとなく「便秘解消のために朝食と一緒に摂るようにしている」「美容のために寝る前に飲んで寝る」など人によってそれぞれ摂り入れ方は違うかもしれません。
まず、ヨーグルトに含まれる乳酸菌とビタミンB群は新陳代謝を促し、肌のターンオーバーを活性化してくれることから美肌効果が期待できるといわれています。
また、実はカルシウムの含有量は牛乳より多く、さらに液体と比べても吸収も良く、骨粗しょう症予防やイライラ予防にはヨーグルトの方が適しているともいわれています。他にも、ヨーグルトは体内の善玉菌を活発にし、ビタミンBの生成を促し、腸内環境を整えます
これを機にヨーグルトの持つ健康への作用と更年期障害対策にはどのような効果があるのかについて理解し、更年期の健康もしっかり取り戻していきましょう。

更年期障害へヨーグルトがもたらしてくれる効果とは

ヨーグルト

ヨーグルトがもともと持っている健康へのさまざまな作用があることが改めて分かったところで、次に更年期障害に対してどのような効果があるのかという視点でみていきましょう。
そもそも、ヨーグルトを含めた乳製品は更年期には積極的に摂取したい食材とされています。その理由は次の2点です。

1 エストロゲンの減少による骨粗しょう症を予防

女性は40代後半から50代の更年期と呼ばれる歳になると、加齢を原因として卵巣機能が低下し、女性ホルモンが大幅に減少していきます。
女性ホルモンが減少することで、エストロゲンが担っていた骨量を調整する機能が低下し骨の中がすかすかになることで骨粗しょう症を引き起こしてしまうのです。
更年期以降に女性の骨粗しょう症のリスクが高まるのはこのことが原因とされています。どんなに健康で骨太だといわれてきた人でも、更年期を過ぎると必ず閉経に向かうことで女性ホルモンは低下していきます。
更年期を過ぎたらカルシウムやビタミンDの摂取はとても重要になるのです。このことから、ヨーグルトを始めとした乳製品は更年期に積極的に摂取してほしい食材といわれているのです。

2 自律神経の乱れによる便秘を改善

体内のエストロゲンが減少していくと、ホルモンバランスの調整を担っていた脳の視床下部が混乱をしていきます。脳の視床下部では同じ管轄として自律神経のバランスも調整しています。
ホルモンバランスが崩れると、自律神経のバランスも乱れることで消化器系の働きに影響がでてしまい便秘になるケースがあるのです。
消化器系は自律神経の副交感神経が主にコントロールをしています。自律神経のバランスが崩れたときに出る症状は人によってさまざまではありますが、更年期に入って急に便秘になったという人はこの副交感神経の働きが鈍ってしまい、便秘を引き起こしている可能性が高いでしょう。
更年期の気分の落ち込みやイライラによるストレスもこの便秘という症状へ影響を及ぼしているともいわれています。そんな便秘の改善策としてはやっぱりヨーグルトの善玉菌の働きを利用し、便秘の改善や消化器系の働きを促すことが重要なのです。

まとめ

「更年期障害にヨーグルトが効く!?」とだけ聞くと本当かなと思ってしまいがちですが、更年期障害にはヨーグルトが効くのではなく、更年期障害のときにはヨーグルトのような乳製品やカルシウム、善玉菌が豊富な食材を必要としているのです。
つまり、更年期障害を治してくれるというよりも、更年期に引き起こしやすい骨粗しょう症や便秘を引き起こさないようサポートする力があるということです。
更年期に起こる体調不良はいくつかの症状がそれぞれを併発させやすい状況を作って起こるケースが多く、骨密度の低下は関節痛を引き起こしたり、イライラが便秘引き起こしたりといったように、なるべくひとつひとつのリスクを軽減させていくことが重要です。
更年期にはぜひ、美肌対策・骨粗しょう症予防・便秘予防にヨーグルトを積極的に摂り入れていきたいですね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。