50代を境とした更年期と呼ばれる年代で、今までおっとりしていて誰にでも優しいような性格の人が、更年期という時期に差し掛かり、気づけば人の悪口や愚痴などあら探しばかりをするような人に豹変してしまい困っている、というケースをよく聞きます。

これは更年期障害が起こっている本人を始め、その家族、周囲にまで影響を与えてしまうことからとても他人事ではありません。初めは少しストレスが溜まっているのかなと思っていたら、いつの日かその悪口や愚痴ぐせはその人の性格となり定着し、周りが迷惑を受け続けてしまうことになるのです。

そもそも、更年期の性格の変化とはどのようにして起こるのでしょうか。この記事では更年期にイライラしやすくなる原因と、そこから発生する悪口や愚痴が周りの人間関係に与える影響とその予防策・改善策をまとめて紹介していきたいと思います。

更年期障害に悪口や愚痴が増える原因と対策

愚痴を吐く女性

更年期を迎えて、どうしてもイライラしてしまうことが増え人の悪口や愚痴が多くなったという体験談をよく聞きますが、これは本人の自覚よりも周囲にいる家族や友人、知人といった周りの人が感じることの方が多いようで、この症状が起きると困るのは本人よりももっと周囲の人が困っているというシチュエーションが多く見受けられます。

更年期障害とは、女性の50代を境とした閉経を迎える前後の期間に起こる、‟体内環境の変化の時期“のことを指します。更年期には今まで女性の健康面や美容面を支えてくれた女性ホルモンが急激に減少するので、それによりさまざまな体調不良が起こるといわれています。

その中で精神面への影響としてイライラやうつ、不安といった症状がでることがあるのですが、もともとの潜在的な性格が強く出てしまうことがあるともいわれ、普段からおとなしかった人でもイライラが募ってしまい、悪口や愚痴となって出てきてしまうことがあります。

これが更年期障害でイライラが起こるメカニズムなのですが、このような性格の変化が更年期障害によるものだと知らない人や、更年期障害理解がない人にとっては、ただ単に「あの人は性格が変わってしまった」とか「あの人はいつも悪口ばかりいって性格が悪い」といった見方になってしまうのです。

これはこれまでに築いてきた人間関係や家族関係さえも崩壊させてしまう可能性がるほどに深刻な問題となるケースもあるということです。

更年期障害で愚痴や悪口ばかりをいう人の対策とは

疑問を感じるクマ

更年期障害とは先ほどお伝えした通り、女性ホルモンが減少することで起きる病気の一種です。

更年期障害の人が周囲にいて困っている人に関してはそのことを理解したうえで対応するだけでも心の持ちようが異なるはずです。人の性格を変えることはできませんが、その悪口や愚痴をいうといった性格への変化が更年期障害の症状の一種だとするならば、本人が自覚さえすれば治まる可能性があります。

自覚症状がない人には、更年期障害をすでに経験した先輩から本人に気づいてもらえるよう話をしてもらったり、説得してもらったりするような方法が効果的です。

また、自分が更年期でイライラしてついつい悪口や愚痴を繰り返してしまうことを自覚している人は、その悪口を止めることはおすすめしません。

なぜなら、悪口とは自分の中に溜まったストレスを周囲に話すことで発散させているからです。更年期にストレスを溜めるということは精神衛生上だけでなく、身体の健康にもよくありません。

ですので、悪口や愚痴がどうしてもいいたくなった時には、周囲に迷惑を掛けないよう、自分一人に対していうようにしましょう。この愚痴が誰かに聞こえてしまうと、運悪く人間関係にヒビが入ってしまうこともあるのでくれぐれも注意しましょう。

更年期のイライラや悪口や愚痴を止める治療法とは

更年期障害でイライラしている人は、その他の更年期障害の症状に悩まされているケースが多いです。
例えば、ホットフラッシュと呼ばれる、急なほてりやのぼせ、発汗や頭痛、めまい、腰痛、関節痛といったような身体的な症状も発症していませんか?

これらは女性ホルモンである「エストロゲン」が体内で減少することで起こる症状ですが、このような症状をイライラや悪口と一緒に発症しているのであれば、更年期障害対策が必要ということは明確で女性ホルモンを補ってあげるような食生活にしていく必要があります。

女性ホルモンの似たような働きをしてくれる大豆イソフラボンを摂取したり、その働きをサポートしてくれる高麗人参のサプリなどを摂り入れたりいかようにも工夫できると思います。

それだけでは症状が全く治まらないという人はホルモン補充療法を始めてみることも視野にいれ、婦人科を受診してみることをおすすめします。

まとめ

更年期障害でイライラが増え悪口や愚痴が増えることは、仕方がないことですが、周りにそんな人がいて困っているという人は、本人に自覚させる工夫が必要であるということです。更年期障害でイライラが増えていることを自覚できている人は、そのストレスを発散させる努力をしましょう。

例えばスポーツ観戦や旅行、エステ、マッサージなどあなたがストレスを発散できることを行えば悪口が減るかもしれません。そして悪口いいたくなったら、我慢せずに自分一人に対して話すようにしましょう。

そして更年期障害の改善策として食生活に女性ホルモンをサポートしてくれる食材やサプリメント等を摂り入れ、エストロゲンの不足を補うようにしましょう。

症状が重い場合には婦人科でホルモン補充療法を選択するという手もあります。これらのできることからトライすれば、イライラや八つ当たり、悪口・愚痴といったくせは徐々に減っていくことが期待できるでしょう。

悪口や愚痴は何いいものを生みません。しかし、病気でそれを言いたくなる状態にあるのであれば、その原因から解決していきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参