「最近、更年期障害でつらいのよ…」という50代前後の女性の声を聞くと、「つらそうなのは分かるけど実際本当なのかな?」と心の中で疑問に思ったころはありませんか?

自分自身更年期にそこまでのつらさを感じなかったり、実母やママ友など重症な更年期障害を抱えている人があまりいなかったりすると、更年期障害を抱えて悩んでいる人が、毎回「つらい、疲れた」と周囲へ漏らしていると、大げさに感じることもあると思います。または、その人が打たれ弱いだけなのではと思う人もいるでしょう。

ただ、もし本当に倒れ込んでしまうようなつらさの更年期障害を発症しているのだとしたら、少しは考えを改めようと思えるはずです。では一体更年期障害のつらさとはどのようなものなのでしょうか。

この記事では更年期障害のつらさと本人にしか分かることはできないといわれる更年期障害の症状について解説したいと思います。

更年期障害の「つらさ」とは

更年期障害とひとことにいってもその症状と重さには個人差があるため、人によってつらさには異なります。

「あの人毎回つらいと嘆いているけれど本当かしら」と思う方、または「自分の更年期障害つらさはみんなも同じなのかしら?」と不安に思っている方は次の更年期障害のつらさの種類について確認してみましょう。

体に現れるつらさ

汗をかいている猫

更年期障害の主な症状は、女性ホルモンが減少し自律神経が乱れることによって起こります。

自律神経が乱れると血流のコントロールがうまくいかず体中をめぐっている毛細血管に影響がでます。すると、頭痛めまいといった症状を始め、ホットフラッシュ不眠といった症状が起こることがあります。

このように体に現れるつらさは体温調節機能の異常などの体内コントロールがうまくいかなくなることで、疲れやすくなるうえに、体調を崩しやすくなり、免疫力も通常よりも低下してしまうのです。

人によっては起き上がるのも億劫に感じられるほど症状が重く出てしまう人もいれば、何となく症状はでているけれど我慢できる程度であるという人もいます。

心に感じるつらさ

落ち込む女性

更年期障害の症状が精神面や心に現れやすい場合もあります。心に現れるサインとしては、急にイライラするようになったり、家にこもりがちになり、うつ病になってしまったり、行き先が常に不安に思えてしまい、そわそわしっぱなしになったりします。

この更年期に現れる精神的な症状はもともと本人が本来持っている性格にも大きく関係していると考えられており、普段からイライラしやすい人は怒りっぽくなり、不安症な人は泣きっぽくなったり、うつになりやすくなったりするケースが多いようです。

50代前後で急に付き合いが悪くなったり、パタンと会社に来なくなったという人があなたの周囲にいたとしたら、そんな原因が重なっているのかもしれません。

周囲から受けるつらさ

悩んでいる猫

更年期障害になった人または50代前後という更年期を迎えた女性にしかわからないつらさもあります。

例えばちょっとでもイライラしているとすぐに「あいつ、更年期障害だな」と決めつけられたり、体調が悪く休んでいると「たかが更年期障害で…」と怠けているように思われてしまったり、特に男性ばかりの職場や更年期障害への理解がほぼない会社にいる人の場合、風当たりが強くなりがちです。

今でこそ育児休暇制度や産休制度が認められつつありますが、理解されている確率はほとんどの企業で低いのが現状です。更年期障害ということを名目にズルをする人がいるとすれば、呆れてしまうのは分かりますが本当に更年期障害で悩んでいるとしたら、そのつらさを少しは理解してあげなくてはいけないのです。

「更年期障害のつらさ」まとめ

更年期障害で感じるつらさは肉体的な疲労感にとどまらず、精神的なもの、周囲からの目などいろいろなものがあります。そこまで症状が酷くない人もいれば、起き上がれないほど症状が重く出てしまう場合もあります。

もし、あなたの更年期障害の症状が重いと感じているならば、すぐに婦人科を受診しましょう。また、まだそこまでではないけれどたまに自分の更年期障害の症状を感じるという人は早期のうちにセルフケア対策を行い、早寝早起き、規則正しい食生活、適度な運動などを始めましょう。

また、あなたの周りに更年期障害の人がいるとしたら、あなたの想像している以上に「彼女はつらい思いをしているかもしれない」ということを念頭に置き、気遣ってあげることも大切です。

更年期障害はれっきとした病気の一種です。そのことを胸にとどめ、健やかで明るい毎日を取り戻していきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。