更年期障害と診断されるほど女性ホルモンが低下またはゼロになってしまったときに、女性にやってくるつらさを知っていますか?

女性ホルモンは50代前後の更年期または何らかの婦人科系の病気の影響で減少することがあります。これは女性であれば誰にでもいつかは起こる可能性のある体の現象です。

ただ、女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れによって表れる症状は人によってはとても苦しく辛い場合があります。

仕事や家事が手につかず、毎日生活するだけでも必死になるくらいあちこちが痛くなったりホットフラッシュに悩まされたり、あるいは何もないのに精神的に追い込まれるような感覚になったりします。

この記事では『つらい』と聞く更年期障害の症状はどんな症状なのかその解決策はあるのかについてまとめてみたいと思います。

更年期障害の『つらい』症状とその対策

困り顔のパンダ

更年期障害の症状が始まるのは一般的には女性の平均50歳といわれており、閉経を迎える前後の期間で起こりやすいといわれています。これは加齢に伴い卵巣機能が低下することで、女性ホルモンの分泌量が激減し、ホルモンバランスが乱れることで起こります。

頭痛めまいホットフラッシュ、腰痛、関節痛など起こる症状は人それぞれですが、その症状が普通の生活に支障が出るほどつらくなり、仕事は退職せざるを得なくなってしまったり、家事さえも手につかなくなったりして、「一体これはいつまで続くのだろう…。」と更年期障害の症状に悩まされる日々が続く人もいます。

また、同時に40代から増加する乳がんなどを発症していると、更年期障害の治療のためのホルモン補充療法を受けられないとさらに精神的にも肉体的にもつらい状況になるケースもあります。

他にも、引きこもりがちでうつになりやすいタイプの人は精神科に通わなければならないほど思い詰めるようになるなど、また違うつらさを感じる人もいます。

もし、そんな更年期障害のつらい状態で治療に専念したくても仕事を辞められなかったり、親の介護で自分のケアをしている場合ではなかったりする人もいるでしょう。

更年期障害は休めば何とかなるという病気ではない上に、長期間にわたり続く症状のため『つらい』と感じる人がいいのです。ただし、皆さんに必ず覚えておいて欲しいことは更年期障害にはいつか必ず終わりが来るということです。

指差す猫

平均的には更年期障害の症状を発症後2~3年で終わることが多いようですがこれも個人差が大きく、すぐ終わる人、5年10年悩まされる人もいます。

それでもいつかは必ず終わりが来て、体は女性ホルモンが分泌されない状態に慣れ、症状がうそのように治まるときがあります。更年期障害のときに人生の大きな決断はなるべく避けた方がいいということも頭に入れておきたいものです。

そんな更年期障害の改善策は『つらい』症状がでている人の場合はすぐに婦人科へ相談することです。もちろん、食餌療法や運動療法、リラックス療法などいろいろなセルフケア方法は存在します。

ただし、まずは信頼できる専門医に相談し更年期障害の改善策を練ってください。そして同時にセルフケア対策行うことが得策であるといえるのです。

更年期障害の本当の『つらい』症状まとめ

更年期障害の症状はいつ発症して、いつまで続くのか、どのくらい『つらい』症状が起こるのかは本人にもわかりません。そのため状況を人に理解してもらうのは難しいことが多いです。

更年期障害の症状が『つらい』と感じたら一番に婦人科を受診しましょう。環境的に治療に専念できなかったり、ホルモン補充療法は受け付けなかったり、50代前後となると女性も色々な環境に苛まれますが、まずは信頼できる専門医を見つけることが心の支えになるのです。

そして、更年期障害はいつか終わるということが理解できれば少しは精神的にも楽になるとはずです。そして自分に合ったセルフケア対策を行い少しずつ改善していきましょう。

まずは食餌療法と運動療法から始めるのがおすすめなので、早期対策を考えている人も身近な方法から始めてみてくださいね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。