40代半ば頃から50代にかけて何をしてもとにかく疲れる、だるさが続く更年期障害がやってきます。

健康診断を受けてもなんの異常もないのに、しっかり寝ても起床がつらく感じたり、夜になるとどっしりと重いだるさが続いたりすることがあります。

この更年期と呼ばれる時期の症状は人によって重さや症状の種類は異なり、ほとんど何も感じない中で更年期を乗り越えていける人もいれば、人によって仕事はおろか掃除や洗濯など家事さえも手に付かないくらいの疲労感に襲われます。

ゆっくり休みたくてもその期間が長いことからなんとなくサボっているように思われているような気がしてそれがまたつらいんです。この終わりの見えない更年期障害の疲れはいつ終わるのでしょうか。そんな風に悩みながら疲労と日々戦っている女性へ向けて

この記事では更年期障害の時期に溜まる疲労感の原因とそのセルフケア対策について紹介したいと思います。

更年期障害で疲れやすくなるのはなぜか

肩を抑えるシロクマ

更年期とは一般的には40代半ばから50代女性の閉経の前後にあたる期間のことを指します。

この期間にだんだんと女性は加齢に伴って女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少していくことで、脳の視宋下部というホルモン分泌をコントロールしている器官が混乱をし始め同時に自律神経の働きが乱れやすくなります。

人間の体はバランスが崩れるとそれをもとに戻そう戻そうと動き出すため、今まではなんてことなかったようなちょっとした運動や家事でも疲れやすくなり、さらに少し休めば回復してきたちょっとした疲れもすぐには回復できなくなっているのです。

更年期障害の時期に疲れが溜まりやすいのは体がホルモンバランスの変化と戦っているということなのです。

更年期の疲れは加齢だから仕方がないなんて嘆いていてはどんどん加齢という渦に吸い込まれていってしまうので「私の体もゆっくり休ませてあげることが必要なんだ」という意識で次に紹介するセルフケア対策を行ってみてください。

更年期障害の疲労を改善するセルフケア対策

更年期という時期には加齢という理由だけでなく体内環境の変化によって疲れやすい環境になっています。

ちょっとした生活習慣の工夫や休憩のコツを掴んでいくだけで日々の疲れ度合いは大きく変わってきますので次のことを試してみましょう。

栄養バランスの工夫

食生活を見直して栄養バランスに気をつけるのは必ず行っていきましょう。

そこで疲労回復効果のある成分として、ビタミンB1、タンパク質、カルシウム、クエン酸などを意識して積極的に摂り入れてみてください。

ビタミンB1は豚肉、鮭、菜の花に豊富で糖質をエネルギーに変えてくれるので活発な活動をする際に必要な栄養です。

タンパク質は細胞を作り出すもとになることから肉類、大豆製品、卵といった食材も欠かせない食品です。

カルシウムは更年期の骨粗しょう症予防にもなりますし精神的な安定をもたらしてくれるといわれています。

クエン酸は疲労回復の代表的な成分ですが梅干しや柑橘類など以外と身近な食品に含まれているのでこれらを意識して食生活を見直してみましょう。

家事や仕事がきついときには

もしあなたが仕事をしているのであれば、なかなか自分で休めるタイミングを作ることはできない環境にいると思います。

しかし更年期障害のつらさのせいで、仕事で失敗をしてしまうともあるでしょう。この時期には失敗を挽回する体力や精神力はなかなか湧いてこないことが多いです。

職場環境でも周囲に「更年期で最近つらいのよね」など少しずつ状況を話すなどして仕事の負担が大きいときには誰かに助けを求めることのできる環境づくりをしておきましょう。

これは家庭内の家事でも同じことがいえます。更年期という時期は体内環境の変化で小さなことで疲労が蓄積するので家族の助けを借りることも必要な時期なのです。疲れていたら、無理をせずしっかり体を休めましょう。

規則正しい生活を心がけましょう

更年期の疲労感を感じているからといってバラバラの時間に昼寝をしたり、朝遅くまで寝てしまっていては、疲労は回復せずかえって逆効果になります。

①決まった時間に食事をする、②適度な運動を毎日行う、③質の良い睡眠を取る、この3つは大切な習慣です。

この生活習慣が乱れていては疲労が回復しやすい体質には戻れないといっても過言ではありません。規則正しい生活習慣は何よりも体内バランスを整え、活性化させてくれる大きなカギとなるでしょう。

更年期障害で感じる疲労感の改善法まとめ

更年期という時期は女性ホルモンのバランスが乱れているので今までの体内環境とバランスとは異なっている時期です。その症状の重さには個人差がありますので更年期障害の症状でつらく動けないとしてもあなたは怠けているわけではないのです。

この時期は決して無理をしないことが先決です。周囲の助けを更年期障害にはいつかは必ず終わりがきます。無理をして症状を悪化させたり、何か大きな失敗をしたりする前にあなたの体を休ませてあげることに意識を向けましょう。

また、セルフケア対策としては更年期に必要とされる栄養を持つ食材を積極的に摂り入れて規則正しい生活習慣を始めましょう。適度な運動や質の良い睡眠ほど良い薬はないかもしれません

まずは疲労を蓄積させないことと体を休めてあげる環境を整えて更年期も元気に乗り越えていきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参