更年期障害は女性が加齢に伴って起こる症状でおおよそ40代後半から50代半ばにかけて発症するとされていますが、更年期障害を発症する時期とその症状の重さや種類には個人差が大きく出ます。

さらに、その人の本来の性格や生活習慣、生活環境なども関係しており、同じ更年期世代だとしても何も起こらずに気づけば更年期を終えている人も少なからず存在するので、更年期障害への理解を誰でも持っているとは限りません

そんな中で友達が更年期障害で「以前とは性格が変わりイライラするようになった」、「うつ病っぽい症状で引きこもりがちになった」、「なんとなくずっと体調が悪そうだ」という場合、私たちはどう接すればいいのでしょうか。更年期障害は自覚できる人とできない人がいますが、どちらにしても家族や周囲の支えが大切になります。

親しい友達が更年期障害かも?と思ったときに私たち第三者ができることについて詳しく紹介したいと思います。

更年期障害になった友人への接し方とは

会話する女性二人

日本人女性は平均50歳前後に閉経を迎えるといわれており、その準備にあたりその時期が来ると急激に女性ホルモンの分泌量が低下をします。

この女性ホルモンの減少のスピードが早ければ早いほど女性ホルモンのバランスが崩れ、更年期障害に症状が重くなるとされています。逆にいうと、この女性ホルモンの減少のスピードがなだらかで遅いほど更年期障害の症状は軽くなるともいわれています。

この女性ホルモンの分泌量が変化してくる時期には個人差があり40代から50代頃と幅があります。同世代の女性でも更年期障害の症状を感じている人、感じていない人に差があるのは、このような更年期障害の発症時期や症状の重さなどが異なることから個人差が生まれています。

そしてその症状も人によって異なるのですが、親しい友人についに更年期障害が起きたとき、そのせいでこれまでの関係が崩れてしまったり、信頼関係がなくなってしまったりするのは寂しいし、もったいないですよね。これらを踏まえて、もしも友達に更年期障害が始まったら私たちはどう接したらよいのかシーン別に確認していきましょう。

以前の本人とはかけ離れた言動でイライラが強まっている

更年期障害には体調不良の他にも代表的な症状としてイライラや倦怠感という精神的な面で症状が起こることがあります。女性ホルモンのバランスが崩れることでイライラにつながるのですが、

更年期のイライラ防止に一番有効的なのは本人が「これは更年期障害によってイライラしているんだ」と自覚することです。イライラする原因を自覚できると、イライラという感情を制御しやすくなります。

また更年期障害を改善しようという姿勢につながることから、更年期障害によってイライラしてしまっている人にはそれとなく自分がイライラした時の対処法を教えてあげましょう。

イライラしている人は厄介に思えますが、イライラという感情をコントロールできるようになれば以前のような性格に徐々に戻ってくれるはずですから気長に見守りましょう。

ネガティブな発言や愚痴が多くなって会話に困る

ネガティブな言動や愚痴が多くなってしまうとき、人間はストレスが溜まってしまっている証拠です。

特に更年期になると精神的にも身体的にも健康のバランスが崩れやすいので些細なことが積み重なり、大きなストレスと負担になりやすい状態にあります。せっかくの友達との食事会で愚痴を多くいう人がいるとこちらまで気分が悪くなることもあるかと思います。

しかし、その人は更年期による行き場のないストレスに悩んでいる可能性が高いので大きな心で悩みを聞いてあげましょう。あなたが更年期障害を発症している立場になったらどうなるか想像し、相談に乗りつつ明るい話題に変えてあげましょう。

泣いている猫

自分が更年期障害であることに気付いていない

これは一番注意をしてほしいことになりますが、自分が更年期障害だと気づかずに体調不良に悩んだり、気性が荒くなったりしていたとしても直接本人に「それは更年期障害の症状じゃない?」ということは一言でもいってはいけません。

更年期障害は自覚することも大切ではありますが、周囲の人間から更年期障害を指摘されると、それに対する不安や嫌気から症状が悪化する場合があります。

自分の更年期障害に気付かず周囲を振りまわしてしまっている場合には「人の振り見て我が振り直せ」というように似たような更年期障害に症状の人の話と改善できたエピソードを話してみるのも効果的です。

体調不良を理由に引きこもるようになった

更年期になって体調不良のことが増え、周囲との付き合いが疎遠になることはしばしばあります。そんなときに無理に誘ったり、付き合いが悪い人呼ばわりしたりするのは絶対に止めましょう。そんなときにはそっとして置いてあげるのも思いやりです。

更年期障害にはいつかは終わりが来ますから、心も身体も元気になったらまたいつものように友達としての付き合いを始めればいいのです。更年期には誰かからの誘いだけでも億劫になってしまっている場合もあるので引きこもりがちになったら程よい距離を空けて見守ってあげましょう。

更年期障害の友達に対する接し方のまとめ

更年期障害は女性であれば誰にでも起こりうる症状です。最近では男性でさえ加齢とともにホルモンバランスが乱れることがあるともいわれ始めています。

私たちはホルモンバランスを取ることによってさまざまな身体の機能を調整したり健康を保ったりしています。更年期障害は病気の一種なのでたとえ更年期障害で友達の性格や付き合いが悪くなってしまっても仕方がないのです。

もしも、友達が更年期障害で悩んでいたり、気付かずに更年期障害を発症していたりしたときには、余裕がある方がサポートしてあげましょう。おおらかな気持ちで悩みを聞いてあげたり、その対処法をそれとなく花hしてあげたり、健康を取り戻すために更年期障害に効くサプリメントを勧めてあげてもいいでしょう。

更年期障害にはいつか必ず終わりが来ますから、こちらの接し方に工夫をし、温かく見守ってあげてくださいね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。