生理不順が慢性化し「ついに更年期に入ったのでは…」と悩んでいませんか?

生理不順は更年期障害の主な症状ですが、他にもホットフラッシュと呼ばれる、のぼせ・ほてり・発汗といった症状や、頭痛やめまいが続いたり、関節痛・腰痛に悩まされたり、イライラや鬱状態が続くなど人によって症状の種類や重さが違い、病院に行っても特別な治療もされず日々悩まされるケースが多くあります。

家事や仕事が手に付かないほど症状がきついときはほんとにつらいですよね。
女性は40歳から50歳代で閉経を迎えるにあたり、このような更年期障害の症状に悩まされます。

あなたに一番あった治療法とは何でしょうか?

更年期障害の治療を行ってきたけど効果がない」または「今まで更年期障害の治療を試みたことがない」という方へ、この記事ではいくつかの治療法について解説していきますので、この記事を読んだ後にはあなたに合った治療法がひとつでも見つかれば幸いに存じます。

笑顔の女の医者

更年期障害の治療ってするべき?それともしない方がよい?

あなたの更年期障害の症状についてどのくらい悩んでいますか?

更年期障害の症状は女性が閉経を迎えるまでの前後の期間に起るといわれていますが、それの症状の開始時期は人それぞれで、その期間にも個人差があり2年間で治まる人もいれば、10年以上も悩まされてしまう人もいたりとその期間は様々です。

またその症状の重さも生理と同じように生活に支障をきたす程重い症状の人もいれば、その症状が発症した際に少しの我慢で乗り越えられる人もいたりとこちらも個人差が大きくあります。
それ故にどこまで我慢しなければいけないのか、だれに相談すればよいのかわからずに悩み続けてしまう人も多いでしょう。

はっきりといえるのは、あなたの今までの生活に支障をきたすほどの症状であれば我慢せずに治療をしてください。不調が続いているのであれば我慢をし続けるべきではありません

更年期の女性の体内では女性ホルモンのエストロゲンを分泌できなってくることで脳や体がそれに適応しようと努力をしています。そんな大変な時期なのですから悩みを抱え続けず、その症状が少し緩和できるように生活習慣を少しだけ変えてみましょう。

あなたの心と体が健やかで元気でいることはあなた自身とあなたの家族にとっての幸せでもあるのです。

一家団欒する仲良し家族

更年期障害の治療は病院でするべきか、それとも自宅でするべきか。

更年期障害の症状の重さは先ほども述べたように個人差が大きくあるので病院へ行くかどうか悩んでいる方も多いかと思います。

病院へ行ったほうが良いケースとしては、頭痛やめまいなどで仕事に支障をきたす場合や、のぼせやほてりが酷く寝汗などの症状で不眠が続き眠れないなど、症状が重い場合に関しては病院でお医者さんと相談してみることをおすすめします。

しかし病院にいくと時間と費用が案外と掛かってしまったり、効果の高い薬や注射をしてしまうと副作用も強かったりする場合があるので注意が必要です。ほとんどの方は症状が軽い場合が多いと思います。

症状が軽い方に関しては病院には行かなくても自宅でできる治療法はいくつかあります。まずはこの後に紹介する自分にあった治療法を試してみましょう。

当たり前ですが更年期障害の症状は病院にいくから治るわけではありません。更年期障害の症状が重いなあと感じるときなど効果に即効性を求める場合は病院で治療するべきですが、日常で生活では更年期障害の症状が重くならないように自宅療法をしながら生活を改善していくことをおすすめします。

更年期障害で病院へ行くとしたら何科なの?

大きな病院

更年期障害で病院を行くことを検討している方もそうでない方も以下のチェック項目からあなたの今の症状はいくつ当てはまるか確認してみてください。

◯主な更年期障害の症状

□生理不順である

□不眠が続いている

□急にのぼせやほてり、発汗等の症状が起きる

□頭痛、めまいがする

□関節痛、腰痛に悩んでいる

□動悸、息切れがする

□うつやイライラ、不安感に襲われる

□手足だけ冷える

あなたの症状はいくつありましたか?
その中でも我慢できないほどつらい症状はありましたか?

これらのような更年期障害の症状で病院を受診するとしたら「婦人科」または「更年期外来」です。我慢できないくらいつらい症状を発症していたらこのどちらかを受信しましょう。

更年期障害とはそもそも女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量の低下が根源であると述べましたが、その原因からいうと内科でも精神科でもなければ産婦人科でもないのです。更年期障害に合った治療法を診てもらうためには婦人科か更年期外来をおすすめします。

総合的な診察をしている病院へいくと診察も総合的なものになってしまう可能性が高いので、婦人科系の病気に詳しい専門の病院を選ぶのが良いでしょう。

更年期障害の治療方法の種類について

更年期障害の治療方はいくつかあります。
様々な症状に対応するために治療方も様々ではありますが、まずはその種類について簡単に紹介するのでひとつずつ見ていきましょう。

笑顔で説明する医師

ホルモン補充療法

女性ホルモン(エストロゲン)を補うために注射で代わりとなるホルモンを体内に摂り入れる治療法です。医師の診断が必要で、効果が高いため費用高額で副作用も強いといわれています。

低用量ピル

低用量ピルは婦人科などで処方される薬で医師の診断がないと購入することができません。

低用量ピルは避妊薬というイメージが強いと思いますが、ピルを飲むと生理前の症状と生理痛の症状が軽減されると聞いたことはありませんか?

低用量ピルには女性ホルモンが配合されており、そのような作用があるのですが最近では更年期障害の症状で悩む方への処方も増えてきているようです。

その他の医療用医薬品

他にも病院で処方される注射でラエンネックメルスモン注射というものがあります。

これはプラセンタの一種で主にヒト胎盤を原料とした医療用注射薬で女性には美容目的やアンチエイジングなどで有名です。胎盤には哺乳類が赤ちゃんに栄養を与えるために豊富な栄養素を含んでおり、野生の哺乳類の母親たちは体力回復のために出産後、自ら出した胎盤を本能的に食べるそうです。そのくらい沢山の栄養素を含んでいます。

プラセンタのサプリ

プラセンタとは胎盤のことですが、サプリメントの場合はブタやウマ、ウシなどの胎盤を原料としています。

プラセンタ注射と違い、医師による処方が必要ないのでドラッグストアや通信販売でも入手することが可能です。注射に比べ比較的副作用も少ないことからはじめやすい対処法のひとつといえるでしょう。

高麗人参

高麗人参は万能薬として何千年もの歴史で伝わってきていますが更年期障害の症状緩和にも一躍をかっています。女性ホルモンが低下すると自律神経が乱れますがその両方をサポートしてくれるのが高麗人参です。

高麗人参はひとつができるのに4年〜6年という年月が必要です。ですから、高麗人参そのもの自体は希少で入手することは難しいのでサプリメントなどで手軽に手に入れるのがいいでしょう。

食餌療法

女性ホルモンと同じような働きをしてくれる食材も世の中には存在しています。
それは大豆イソフラボンです。豆腐や豆乳、大豆製品など食事から摂取することで吸収しやすくなります。

他にもローヤルゼリーが多く含まれるハチミツなども同じような働きをしてくれることで有名です。また、更年期にはカルシウムも不足しやすくなりますのでしらすやプロセスチーズなども積極的に摂取するといいでしょう。

更年期障害の治療費用と治療期間、副作用を比べてみよう

先ほど紹介した更年期障害の治療法をそれにかかる費用と期間副作用について見ていきましょう。

笑顔の女医

ホルモン補充療法

飲み薬、貼り薬、塗り薬の3種類があり、体外から女性ホルモンを補充し自律神経を安定させようとする治療法。医師による処方が必要

1.効果・・・・数日後に実感しやすい、のぼせやほてりなどに特に有効。

2.治療費用・・・・初診約\3,000〜\5,000、薬代平均月額\30,000〜\50,000(別途で検査は必要なケースが多い)

3.期間・・・・最低1ヶ月から3ヶ月

4.副作用・・・・長期間投与し続けると、子宮がんリスクが高まる。塗り薬、貼り薬は皮膚の炎症が起きる場合がある。不正出血やむくみが起きる場合がある。

低用量ピル

低用量ピルには少量の女性ホルモンが配合されているため、更年期障害の症状を軽減させる。医師による処方と定期検診が必要

1.効果・・・・症状の軽減。月経は周期的になり、PMSが改善。肌荒れが治まる。

2.治療費用・・・・月額\3,000程度(別途で検査は必要)

3.期間・・・・1ヶ月から長期(閉経まで可能)

4.副作用・・・・40代を過ぎると心筋梗塞・脳梗塞のリスクが高まる。体重の増加。(ピルの用量に注意)

ラエンネックとメルスモン注射

プラセンタとは哺乳類の持つ胎盤のことでどちらもヒト由来のプラセンタで更年期障害の治療薬として認可されている。ふたつの違いは、プラセンタエキスの抽出方法のみであまり違いはないが医師の処方が必要

1.効果・・・・美肌効果、疲労回復、女性ホルモンの乱れを整える効果がある。

2.治療費用・・・・1回\500〜\10000(保険適用内かどうかと注射の回数で金額に差がでる)

3.期間・・・・初期段階は週に1〜2回。効果の維持には一週間〜二週間に一回注射する。

4.副作用・・・・発熱やアレルギーを起こす場合がある。献血はできない。

プラセンタのサプリ

プラセンタのサプリメントは注射とは原料が異なり、ブタ・ウマ・羊などの胎盤を使用しており動物由来のものが一般的。
ドラッグストアや通販でも簡単に入手できるが、原料が動物の体内の器官ということもあり原産国や製造過程にも注意をしたい。

1.効果・・・・自律神経を整える、美肌効果、アンチエイジング、肝機能向上

2.治療費用・・・・月額\2000〜\10000

3.期間・・・・毎日摂取(1ヶ月から長期)

4.副作用・・・・アレルギー性皮膚炎の悪化、食欲不振、全身倦怠感

高麗人参のサプリ

高麗人参はさまざまな病への効果が伝えられていきていますが、主な成分はサポニンという特有成分が含まれており、ビタミン・ミネラルも豊富。自然界の天然成分という点や費用面でもスタートしやすい

1.効果・・・・自律神経とホルモンバランスのダブルの乱れを整える。

2.治療費用・・・・月額\3000〜\7000(摂取する粒数が最大数の場合)

3.期間・・・・毎日摂取(1ヶ月から長期)

4.副作用・・・・ほとんどなし

食餌療法

更年期を乗り越えるための食餌療法のポイントは、大豆イソフラボン等でホルモンバランスを安定させながら、エストロゲンが減少した際症状として起こりやすい骨粗しょう症対策にカルシウムをとったり、脳の機能を正常に保つためDHA・EPAなどが豊富な青魚を積極的に摂取したりバランスの良い食生活をするということ。効果のスピードは最も遅いが根本から健康へ導き、他の治療法とも平行して行える治療法である。

1.効果・・・・ホルモンバランスのサポート、自律神経のバランスサポート、体内環境正常化、美肌効果

2.治療費用・・・・ほぼ生活費同様

3.期間・・・・1ヶ月から長期

4.副作用・・・・なし

更年期障害の治療法の選び方について

ひらめいた女性

これまで述べた通り更年期障害の治療法はいくつかあります。治療選びで重要なポイントはあなたに合った方法を選ぶことです。それそれの治療法にはそれにかかる費用や期間、副作用まで様々です。

ただ、症状が重度でなくまだ少しは我慢できているという人には高麗人蔘や食餌療法などから試していただくことをおすすめします。

注射療法は体内で作られたものを注入しているわけではないのでひとつ楽をすると筋肉が衰えるのと同じで、必要な機能が働かなくなる可能性もあります。なるべくナチュラルに口から摂取し自らの体が必要としているものを生成できるようになれば本当の根本的治療といえるのです。

この中であなたに合った治療がみつかったらご自身でもよく調べてみてください。いくつかの方法を併用し体に最大限無理なく治療を進めていきましょう。

更年期障害の治療法まとめ

繰り返しますが、更年期障害で我慢できないくらいつらい症状の方は「婦人科」または「更年期外来」を受診しましょう。まだそんなに酷くないなという方はあなたに合ったいくつかの更年期障害の治療法を試しましょう。

40歳から50歳代の女性だれしもが悩む症状ですから一人で考え込まず生活習慣を変えてみましょう。軽い運動に加え食餌療法の取り組みや高麗人参などのサプリの併用もいいでしょう。ホルモン注射やプラセンタ注射は副作用の面からあまりおすすめはできませんが、気になるのであればご自身でよく調べてみてください。

納得の行く治療法や体にあった治療法を見つけ、予防段階でも治療段階でもまずは行動に移し少しずつ試していくことをおすすめします。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。