更年期障害の起きる原因は自律神経の乱れですが、その自律神経の乱れを緩和させるために「お茶」が効くという口コミが最近多くみられるようになってきました。更年期障害ってなかなか気軽に人に相談できない悩ましい症状ですよね。
しかし、最近のSNSやブログなどの普及によって今までクローズアップされにくかった、更年期におけるみんなの過ごし方や工夫が少しずつ垣間見えてきたのかもしれません。
可能であればセルフケアで更年期障害も乗り越えていきたいという人におすすめなのが日本人にはおなじみの〝お茶“なのです。とはいえ、お茶にはさまざまな種類があり、それぞれの特徴がありますが、更年期に発症するその人のさまざまな症状に合わせて選ぶことができるので更年期対策にも人気が高まっているのです。
この記事では更年期障害に特に効くお茶の種類とその効能について紹介していきたいと思います。

更年期障害に効く!お茶の種類

お茶を飲む猫

黒豆茶

最近の大豆ブームで健康意識の高い方は過去に一度は飲んだことがあるという人も多いかも知れません。
黒豆茶とは黒大豆を原料として使用したお茶のことでノンカフェインであるということも嬉しい点でカフェインの摂取を制限している人でも飲めるお茶です。
ただの大豆とは違い黒い皮と大豆の間に高い栄養成分が含まれており、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれています。このアントシアニンというポリフェノールは更年期障害の時期に起こりやすい骨粗しょう症の予防から、動脈硬化の予防、ホルモン低下における肌荒れを予防し、活性酸素を除去することでアンチエイジング効果も期待できるといわれています。
他にもサポニンという成分が高コレステロールを予防し代謝を促し、肥満予防、高血圧予防に作用してくれるので更年期にはもってこいのお茶といえるかもしれません。

ザクロ茶

ザクロ茶は日本であまり見かけないかもしれませんが、韓国では大ブームが起きているそうです。
原料となる赤い果実のザクロはペルシャを原産国とし古くから珍重されてきた貴重な果物でした。そんなザクロを使用したザクロ茶にはカリウム、クエン酸、ビタミンB群、ビタミンCに加え、その種子からはエストロンやエストラジオールといった女性ホルモンに似た働きをしてくれる成分が詰まっています。
それらの栄養素が更年期障害の改善、骨粗しょう症の予防など女性特有の病気を予防し、美容への効果もシミの原因となるメラニンの働きを抑制してくれる作用も期待できるとして人気が高まっているようです。少し甘ずっぱいハーブティーのような風味を好む方におすすめです。
鏡を見るうさぎ

ヨモギ茶

最近でこそヨモギが近所に生えているなんて光景はあまり見かけなくなったかも知れませんが、ヨモギはとても薬効の強い野草として昔は風邪の際に煎じて飲んだり餅に練り込んだりして食されてきましたが、もちろん今でも漢方にも使用されています。
ヨモギはビタミン、ミネラルが豊富なのと便秘などを腸整する作用があることから美容にもとてもいい効果を発揮してくれるといわれています。
また、ホルモンバランスを調整し、子宮機能の活性化や、月経異常の改善神経痛改善などあらゆる更年期障害の症状緩和に作用してくれます。味はお茶にしてもそのままヨモギの味がするのでヨモギが好きな人と嫌いな人で好みが分かれるかも知れません。

ベニバナ茶

ベニバナ茶(紅花茶)はキク科の一年草で、中国では美容と健康に効く漢方茶として親しまれています。
ベニバナ茶には主に、ビタミンE・リノール酸・食物繊維が豊富に含まれており、ビタミンEのもつ抗酸化作用により高いアンチエイジング効果や、リノール酸というコレステロールを除去してくれる成分や、食物繊維や色素成分であるフラボン・カルコンが便秘や下痢を解消してくれる効果が期待できます。
ベニバナ茶は女性に優しい成分だけでなく、動脈硬化防止や心臓病予防にも効果があるので男性、女性共に更年期障害予防摂り入れたいお茶の一つです。味も香ばしくまろやかで飲みやすいお茶なので老若男女問わず飲めるお茶であるといえます。
嬉しそうなパンダ

霊芝茶

霊芝(れいし)とはマンネンタケ科のキノコのことをいい、霊芝とは中国では養命薬として扱われています。
霊芝茶にはミネラルやタンパク質、ゲルマニウムなどの栄養素が豊富に含まれており、免疫力の向上や更年期障害の予防や改善、高血圧予防、ダイエットに効果があるとされています。
注意したい点は、医薬品との飲み合わせで出血や血圧低下作用のあるものを同時に服用してしまうと副作用がでる場合があるのでその際は医師への相談のもと服用することをおすすめします。味は特有の苦みがあるので、まずは少量試してみてから服用していくといいでしょう。

スギナ茶

スギナとは日本ではあまりなじみのない名前かもしれませんが、見た目は緑のすすきのようなつくしの子どもの野草です。ヨモギのようにあるところには自生している場合もあるそうですが、なかなか自分で見つけるのは困難でしょう。
スギナも古くから薬草として使用され、民間療法でもとても重宝されています。スギナはケイ素を豊富に含んでおり、血液をサラサラにしがん予防、糖尿病予防、肝機能・腎臓機能の改善、アトピーの症状緩和、更年期障害予防に効果が期待できるといわれており自然治癒力を高めたい人にはとてもおすすめのお茶なのです。
味は畳のような独特の香りで人によっては利尿作用が強すぎてしまうケースもあるので摂取量には注意が必要です。

まとめ

意外と健康な人の以外な共通点はお茶を飲んだり睡眠をしっかりと取ったりといった身近な習慣や、小さなことの積み重ねだったりするのです。
この記事では更年期障害に作用してくれるお茶6選をご紹介しましたがこれらのお茶は更年期障害を始め美容から健康まで私たちの体内機能を正常な状態に戻す作用が大いに期待できる原料ばかりです。
もちろん、お茶となるとその味や香り、その効果効能に向き不向きもあるかと思いますので、いくつかトライしながらあなたに合った“MYティー”を見つけてみてはいかがでしょうか。健康は毎日の習慣から生み出せるということに間違いはないのですから。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参