更年期障害の症状における悩みで一番多く聞くのは、ホットフラッシュ現象といわれる火照りや発汗、頭痛・めまい、イライラなどの症状が一般的です。日々の体調不良に悩んでいる方へ、更年期は誰しもに訪れる期間です。

一人でこんこんと悩んでるよりも、更年期障害が起きるメカニズムと原因を理解した上で、これから紹介する治療法や改善法をトライしてみましょう。

ちょっとしたことでも女性の体は症状が軽くなることが多いです。それは体質や生活習慣に大きく影響してるからです。

更年期障害の原因とされる女性ホルモンの減少における症状と向き合うことで、明るく健やかな生活を取り戻していただけたら幸いに存じます。

更年期障害とは何か、その原因について

更年期障害とは、女性が閉経を迎える際に女性ホルモンの減少によって自律神経などホルモンのバランスが崩れることにより、精神的または肉体的に体に不調が起きる現象のことをいいます。

年齢でいうと個人差がありますが、一般的には40歳後半から更年期に入る女性が多いといわれているので45〜55歳がその期間となります。

ためいきをつく女性

更年期を迎えた女性は女性ホルモンであるエストロゲン(卵巣ホルモン)の分泌、いわいる自ら生成できる量が大幅に減少します。

血中のエストロゲンが減少すると、脳内にある視宋下部がそれを察知し、卵巣に対してもっとホルモンを分泌するように指令をだします

エストロゲンは女性の体にとっては大きな影響を及ぼすホルモンです。この時に卵巣が衰え、エストロゲンが分泌できないと脳からの指令が出続ける状態となります。

しかし卵巣は機能できなくなりつつあるので、エストロゲンの分泌ができないでいると、脳の司令塔のすぐ近くにある自律神経へ影響を及ぼします。これにより、発汗や動機・息切れ、火照りなどの症状を発症させます。これを「更年期障害」いいます。

更年期障害を治療するための大きなポイント

更年期障害の症状を改善させるためには、もちろん医療機関で治療を受けるということも一つの選択肢で、症状がとても重症な方は病院へ行くべきであるといえます。

しかし、病院に行くほど大げさな症状ではないけれど毎日悩ませられているという方も多いと思います。

病院で治療を受けなくても、更年期障害の症状の緩和へ役立つ方法はいくつかありますのでこれからその方法を紹介していきたいと思います。

女性ホルモンのバランスを整える

更年期に減少してしまっているエストロゲンは、食べ物でその性質と同じ働きがあるものを摂取しホルモンのバランスを整えることが重要となってきます。

有名な食物でいうと大豆など、エストロゲンの同じような働きをつかさどる食べ物はいくつかあります。これについては後ほど詳しく説明します。

自律神経の機能を正しくする

ホルモンバランスを整えたとしても自律神経に乱れが起きていれば体調不良は起きます。自律神経とは循環器、消化器、呼吸器など24時間働き続けている神経です。

神経は交感神経副交感神経の2つで構成されています。

交感神経は昼間に活発になる神経で、運動をしたときに活発に働き、汗を出し、呼吸や心拍数が上がるなどの作用に機能しています。副交感神経は夜間に活発になる神経でおもに睡眠中、食事中に働き気分が落ち着いている時や体を休めている時に作用します。

眠る女性

交感神経と副交感神経は逆の役割を担い、このふたつバランスが崩れることによって様々な体の不調が現れます。
ですので、ストレスを溜めずに適度な運動をし、しっかり睡眠を取るなど、自立神経の働きを正常に保つことは更年期においてとても大切なことです。

血液の循環を良くする

血液循環は女性ホルモンであるエストロゲンとも深く関係しており、血液の循環が悪いと卵巣に十分な栄養が行き渡らず、エストロゲンがうまく分泌されなくなります。

エストロゲン自体には血管の拡張作用があるので女性は男性に比べ動脈硬化を引き起こしにくい傍らで、女性は筋肉量が少ないため血行が悪くなりやすい体質です。

血液を循環させるためにはポンプの役割を担う全身筋肉をバランス良く持つために、軽い運動を継続するなど血行が良い状態を継続して保つことが大切です。血液の循環を良くすれば、更年期になる時期を遅らせることができますし、更年期障害の症状も軽くなるのです。

更年期障害の症状に良い食べ物と栄養素

更年期障害は女性ホルモンの役割を担ってくれる食べ物を食事から補うことで症状の緩和をすることができるということが分かってきました。

更年期障害の症状において、「自律神経の乱れ」と「ホルモンの減少」この2つが悩ましい症状を誘発させる原因だとすれば、それに作用する栄養素を毎日の食事から補えばいいのです。

ホルモンに働きかけてくれる食べ物とその妨げになる食べ物

美容と健康に気を使っている方ならご存知かもしれませんが、ホルモンの役割を担ってくれる食べ物は以外とたくさん存在します。詳しく説明していきましょう。

まず、有名なのは大豆イソフラボンですよね。豆腐・豆乳・納豆・味噌・きな粉などが大豆イソフラボンを含む食品とされています。大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きを持っており、更年期障害を和らげることができるといわれています。

また、骨粗しょう症や循環器系疾患の予防効果もあるとされています。女性の体とってはとても必要な食材です。

次にビタミンEです。これは美肌に有効的でということはご存知の通りですが、さらにホルモンの分泌の手助けもしてくれます。

カボチャ、アボカド、ナッツ、たらこなど、ビタミンEを多く含む食品とされていますが、これらは体中の血行を促進しホルモン分泌をしやすくできるよう体を整えてくれる効果があります。

また、シワやたるみなどにつながる皮膚の老化や生活習慣病の原因である活性酸素の増加を抑制する効果もあります。

次に牡蠣・レバー・ごまなどに含まれる亜鉛にはホルモンバランスを整える作用があります。特に女性ホルモンの働きにも影響を与えていて、免疫細胞を活性化する酵素を作るタンパク質の合成を行うので、免疫力も向上します。

牡蠣

逆に、ホルモンバランスを乱す食事も存在します。

肉を極端に食べずにいると女性ホルモンを調整するために必要なタンパク質が不足します

肉食女子といわれる方は体型にかかわらずお肌がピチピチだったりしませんか?
ホルモンバランスが整っている女性は年齢問わず肌ツヤも良い場合が多いです。

さらに、化学調味料の多い食品、たとえばコンビニ弁当やインスタント食品、冷たい飲み物や食べ物は体に良くない上に、ホルモンバランスもどんどん乱していくのです。

食生活は女性にとってとても重要な生活習慣であることがわかります。

自律神経に働きかけてくれる食べ物

自律神経はストレスに対してとても弱いのですが、強いストレスを体が感じる状態が続くとビタミンB群を急激に消費するといわれています。

また、ストレスが加わった際に体は全身の抵抗力を高めるためにホルモンの分泌が必要になるのですが、この時にビタミンCはその抵抗を助ける働きがあります。

食品でいうとビタミンB1・ビタミンB12は豚肉やレバー、サバやイワシなどの食品が豊富に含んでいます。
特に、ビタミンB1は脳のエレルギー源であるブドウ糖に必須でビタミンB1により脳と自律神経は正常な機能を保つことができるのです。

ビタミンCはレモン、いちご、ほうれん草、ブロッコリー、ピーマンといった食品に多く含まれています。ビタミンCはストレに抵抗できる力の他にも、糖質の代謝に必要不可欠な食材といわれ、疲労回復にも大きく役立ちます。

さらには、自律神経の乱れによるイライラを緩和し、メラニン色素を抑制することからシミの予防や改善をする効果があります。

血液のめぐりを良くする食べ物

血液のめぐりを良くすることも更年期障害の症状緩和にとても有効的といわれています。
逆にいうと体を冷やすことは女性にとってあらゆる不調を引き起こすのです。

血液の循環を促進する食材として役立つのが、まずタンパク質です。赤身の肉や鶏肉、レバー、豆類はタンパク質を多く含む食品ですが、血液、肌、脳、内蔵などおもに人間の体を作る栄養素です。

タンパク質が不足すると、血行が悪くなる他に、子宮機能の低下・体のむくみ・肌荒れ・免疫力の低下など含め、更年期障害におけるあらゆる症状の悪化の原因となります。

肌荒れに悩む女性

また女性は生理・出産などにより、血液を多く必要とするため鉄分が不足しがちです。

レバー、あさり、小松菜、ほうれん草、ひじきなど、鉄分を多く含む食品も重要な栄養素を持っているといえます。鉄分を取ることによって質の良い血液を生成することができ、また鉄分は免疫機能の維持にも大きく関わっている栄養素です。

案外食生活に気をつけているつもりではいてもあなたの年齢や時期によって体が必要としてくる食材は多少なりとも変化します。
体の今の状態を考慮し食品を選び、摂取することは健やかな生活への近道といえるでしょう。

更年期に効くレシピ!女性に食べてほしいメニューとは

若いころ“キャベツで胸が大きくなる”なんて話をどこかで聞いたことはありませんか?
これはあながち間違っておらず、キャベツには女性ホルモンに刺激を与えてくれるボロンという成分がたっぷり含まれています。

また先ほど説明したビタミンCも豊富に含んでいる食材です。そこで簡単にクッキングできるメニューとしておすすめなのが「キャベツとベーコンの豆乳あったかスープ」です。

キャベツとベーコンの豆乳あったかスープレシピ(4人分)

材料

  • キャベツ 約1/3個(お好みで増やしてもOK)
  • きのこ(旨味が増すのでオススメ)
  • ベーコン 3枚程度
  • 豆乳 500cc
  • 水 200cc
  • コンソメ 大さじ1強
  • 塩、こしょう 適量

作り方

  1. キャベツ、ベーコンを適当な大きさに切る。しめじは石づきを取り洗っておく。
  2. 鍋に水と1を入れ中火でキャベツときのこに大まか火が通るまで煮る。
  3. 柔らかくなってきたら弱火にし、豆乳とコンソメを入れ、煮立たせないように注意し温める。
  4. 塩、こうしょうで味をととのえたら完成♡

キャベツシリーズで紹介するとこちらのレシピもかなりおすすめです。
スタミナ抜群ダイエットにも効果あり、家族も喜ぶ「牛肉とキャベツの味噌だれ炒め」です。

家牛肉とキャベツの味噌だれ炒めレシピ(4人分)

材料

  • 牛肉の切り落とし 350g
  • キャベツ 200g(お好みで増やしてもOK)
  • 塩、こしょう 適量
  • いりごま  適量
  • 味噌 大さじ1強
  • 醤油 小さじ1強
  • 酒 小さじ1
  • みりん 大さじ1

作り方

  1. キャベツは食べやすい大きさに切っておき、☆を合わせておく。
  2. フライパンに油をしき、牛肉を色がつくまで炒める。
  3. 2にキャベツを加え塩、こしょうを加えさっと炒める。
  4. 肉・野菜に火が通ったら☆の合わせた調味料を加え炒め、最後に好きなだけいりごまを振り完成♡

これは美味しくて簡単なメニューを紹介しましたが、先ほど紹介した食材をヒントにあなたらしいメニューも考案し楽しく健やかな食生活を心掛けることが最も更年期障害の症状緩和に役立つでしょう。

料理をする女性

更年期対策に出ているサプリと栄養ドリンク

先ほど紹介した食餌療法も大切なのですが、この現代社会においてもっと簡単に更年期障害の症状に有効な成分を摂取できる方法もあります。

食事だけの療法ですと栄養素に偏りがでたり、即効性がないので効果がとても感じにくいのです。時間がかかる分、気づけば好きなものに偏った食生活に戻っていたりするケースも多いです。

もちろん食生活に気をつけることはとても大切ですが、食事と一緒にサプリメントや栄養ドリンクを摂り入れることも更年期障害の症状緩和のサポート役になるでしょう。

しかし、この手のサプリや栄養ドリンクはうさん臭い商品もたくさんあるので吟味し選んでいくことが必要です。

パソコンを使う女性

サプリメントでいうとたとえば「白井田七人参」。
これは私も検索していた際によくヒットし出てきていたので吟味してみたのですが、ちゃんと会社概要を見てみると販売元は設立も間もない企業でした。

歴史がないことが悪いわけではありませんが、通販がこんなにも普及している今、高年齢社会を商売だけで考えている企業も多数存在しています。
楽天1位を取得したとはいえ、それはインターネットによる商売の長けてるだけであったり、またはお金をかけて取得した位の場合もあるのでなんともいえません。

栄養ドリンクに関してはmeijiから出ている「活参(かつじん)28」。
やっぱえり大手のmeiji1だから安心であろうという考えはやめたほうがいいです。それはmeijiが悪いのではなく、大手だからこそ1商品にかけられる原価率は商品を展開する上でコストも掛かる分、配合できる有効成分の量は限られてしまうのです。

考えてみてください。
ドラッグストアで手に入れやすい商品ほど人件費や広告費がかかっている分、内容量または成分を調整するしか、企業は利益を出す方法はないのです。

更年期障害の症状を緩和させる、最もパワーがある食材

ここまで述べてきたようにやはり食品から症状を緩和させることは体質改善を促す上でとても重要といえますが、最近さらに注目されている食材が「高麗人参」です。
高麗人参は古来より大切にされてきている漢方の一つですが、ひとつの高麗人参ができるまでに少なくとも4年~6年かかるといわれています。

高麗人参

その長い年月の間にたくさんの養分を土壌から吸い上げることで様々な症状に効く栄養素が凝縮されています。
更年期障害の「ホルモンバランス」「自律神経」「血液の循環」の3つの要因が食生活で改善を促すことができるといいましたが、高麗人参はホルモンバランスのサポート自律神経のバランスに働きかけ、血液のめぐりを良くする効果に期待できる食物です。

高麗人参は唯一年月をかけ、自然からできた食物です。
サプリメントや栄養ドリンクだからなんとなく体にも良いであろう」という考えではなく“本当に体に必要な栄養素は何か”という観点で食材や栄養素から選ぶということが最も重要なのです。

更年期において大切な食餌療法まとめ

更年期におけるつらい症状の改善や緩和に重要な治療ポイントはしっかりお分かりいただけたでしょうか。
病院に行くこともひとつの選択肢ではありますが、そんなに重症になる前に日々に習慣から予防策をトライしていくことの方が精神的にも体質的にも重要なのです。

毎日の週間を少しだけ改善することは大きな病への予防や対策にもなります。とはいってもなかなか日々の生活を改善させていくことは難しいという方には高麗人参を取り入れてみることもおすすめしたい方法の一つです。

更年期は家族からの理解も必要な時期ですから、一人で悩まずに明るく元気な生活を送れるよう以上のことを心がけ、健やかな生活を送りましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。