更年期に「タバコはよくない」という話を聞いたことがあるかも知れませんがなぜか知っていますか?

女性がタバコ好きでずっときていると、生理や妊娠や出産、更年期など色々なタイミングでタバコを控えるべきか、やめるべきか検討するタイミングがやってくると思います。

ただ、意志とは別になかなかやめられないのがタバコというものですよね。もちろん、健康でいたいのは山々だけど{そんなのとっくの前から気づいているけどそれとこれとは別!}って感じかもしれません。

更年期障害が起こる時期に、タバコはなぜやめた方が良いとされているのか、その理由を知ってから検討しても遅くはありません。

気にならなければそのまま喫煙すればいいですし、気になれば禁煙するべきなのです。この記事では更年期障害に対するタバコの影響について解説したいと思います。

更年期障害のときにタバコは控えた方がいい理由とは

タバコのイラスト

タバコが体に良くないことは誰もが承知のことかと思いますが、実際にどんな害があるのか改めて確認してみましょう。

まず、タバコに含まれるニコチン・タールといった有害物質がガンや脳卒中、心臓病などのリスクを高めるといわれています。実はその他にもタバコの煙には200種類以上の有害物質が含まれており、非喫煙者の受動喫煙リスクも高くなり、発ガンリスクも高くなります。

そんなタバコが更年期障害へ及ぼす影響は何かというと、タバコが卵巣機能へさまざまな形で異常をきたすことが挙げられます。まず、卵巣の働きを低下させ、更年期に減少していく女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量をさらに減少させてしまうことで、月経不順を引き起こしたり、非喫煙者に比べ閉経が早くなってしまったりします。

実際にもタバコを吸っている女性の不妊率は高くなり、体外受精でも妊娠率が明らかに低くなってしまうことが問題視されています。

また、タバコは免疫力をも低下させるため通常では感染しないHPVの感染率が高まるため、子宮頸がんによる死亡リスクは2.3倍にまで増加します。

タバコの女性への影響は思った以上に大きく、更年期には卵巣が老化しているところにさらに追い打ちをかけることになるのです。

更年期になっても煙草を吸い続けると、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中のリスクはさらに高まり、骨粗しょう症の進行も早まります。その他更年期障害で起こる、高コレステロールやうつ、糖尿病といった病気も併発・悪化しやすくなってしまうのです。

このようなリスクを取るのかストレス解消ができるタバコを継続していくのかについては、じっくり自分と向き合い考えていくことが必要なのです。

更年期障害とタバコの影響まとめ

タバコが更年期障害の症状を悪化させるという説は身体に対するタバコの影響を併せて見る限り少なからずとも影響が出ることは間違いなさそうです。

もちろん、その大きさには個人差があると思いますが、そもそもタバコ自体が更年期に減少しやすい女性ホルモン「エストロゲン」の減少を加速させ、さらには更年期障害として併発しやすい病気、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中、骨粗しょう症、高コレステロール、うつ、糖尿部を引き起こしやすくさせます。

タバコはストレス解消にいいという考えも分かりますが、相対的には損なことが多いということが分かります。タバコは有害物質であることに変わりはありません。

更年期の喫煙についてはこれを機に見直し、受動喫煙となっている喫煙者の家族は副流煙を浴びないよう工夫をしていきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。